今日9月20日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日9月20日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本 FW山崎凌吾(湘南、1992)体格を生かした空中戦での強さに加え、スピードを兼ね備えるFW。MF坂本広大(熊本、1995)*熊本アカデミー出身で中京大を経て帰ってきたMF。GK加藤有輝(大宮、1997)*大宮ユース出身。足もとの技術が高く、大きな声でのコーチングも魅力。 海外MFユリアン・ドラクスラー(パリSG、1993、ドイツ)*切れ味鋭いドリブルにパスセンス、優れた得点感覚を兼ね備えるアタッカー。 元選手MFオブドゥリオ・バレラ(元ペニャロールほか、1917、ウルグアイ)*1950年にW杯で優勝した際のウルグアイ代表主将。MFエルウィン・クーマン(元PSVほか、1961、オランダ)*元オランダ代表。実弟のロナルド・クーマンとともに欧州選手権優

サッカー選手
誕生日
{by} jp.7msport.com
【第98回全国高校サッカー選手権山形予選】選手権山形予選の組み合わせが決まる 羽黒など42チームが熱戦

9月18日、42チーム参加の第98回全国高校サッカー選手権山形予選の組み合わせ抽選会が山形東高講堂で行われ、対戦カードが決まった。 今夏の全国総体に出場した大会3連覇を狙う羽黒や今年度の総体予選準優勝で4年ぶりの王座奪還を狙う日大山形、3年ぶりの優勝を目指す山形中央などが頂点を目指して熱戦を展開する。羽黒は創学館と新庄神室産の勝者と、日大山形は酒田東と山形工の勝者と2回戦で激突する。また、山形中央も2回戦からの登場となり初戦で新庄東と対戦する。 大会は10月12日に開幕。県代表が決まる決勝は11月2日に天童市のNDソフトスタジアム山形で行われる。 ▽第98回全国高校サッカー選手権山形予選 1回戦 2019.10.12 創学館 - 新庄神室産(山形)2019.10.12 長井工(山形) - 新庄北(山形)2019.10.12 上山明新館(山形) - 山形東(山形)2019.10.

全国高校サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
自ら定めた「JFLで優勝、J3昇格」…38歳の元日本代表DFがFC今治で戦う理由

「今年3度目のJ3挑戦で、今までは『昇格だけ』を目標にやってたみたいですけど、『優勝して昇格する』方が次につながると思います。昇格だけを目標にしていたら、今年だけで終わってしまう。しっかりと将来的なことを考えて、チームが上のステージに行ったときにいい戦いができるようにしたいと思って、優勝を目指してやっています」 まだ蒸し暑さの残る9月15日、JFL第21節で東京武蔵野シティFCと対戦したFC今治は、敵地で3-1で勝利し、HONDA FCに続く暫定2位をキープした。残りは10試合。J3昇格条件である上位4位以内がおぼろげながら見えてきた。だが、サッカーは最後の最後までどうなるか分からない。日本代表として78試合に出場し、2006年ドイツ、2010年南アフリカ両ワールドカップで天国と地獄を見た駒野友一は、その厳しさを嫌というほど味わってきた。だからこそ、「目の前の試合を1つずつ勝って

FC今治
{by} www.soccer-king.jp
旭日旗掲示「政治的宣伝にならず」…韓国の禁止要求に反論

来年の東京五輪・パラリンピックで会場内に旭日旗(きょくじつき)を持ち込むことについて、大鷹正人外務報道官は18日の記者会見で、「旭日旗の掲示そのものが政治的宣伝にはならず、禁止されるとは想定していない」との見方を示した。 韓国政府は国際オリンピック委員会(IOC)に対し、東京五輪・パラリンピック会場内での使用禁止を求めている。大鷹氏はこれを念頭に、「戦前、戦中の軍旗として初めて出たデザインではなく、日本で長い間親しまれてきた。批判は全く当たらない」と反論した。

東京五輪・パラリンピック
旭日旗
{by} www.yomiuri.co.jp
【第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選】武南、市立浦和が優勝回数トップ 優勝回数ランク

冬の選手権をかけた第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選の決勝トーナメントの組み合わせが決まり、来月から1次予選を勝ち抜いた27校と令和元年度全国高校サッカーインターハイ(総体)埼玉予選優勝校の西武台、同準優勝の聖望学園など総体上位校やSリーグ参加校を合わせた52校が冬の全国を目指して熱戦を展開する。 埼玉予選の優勝回数ランキングは全国大会優勝を4回経験している市立浦和と全国を1回制覇している武南がトップで並んでいる。市立浦和は2013年度の第92回全国高校サッカー選手権に出場しており、6年ぶりの全国を目指す。今年度、令和元年度関東高校サッカー埼玉予選を制した古豪・武南はPK戦の末に盛岡商(岩手)に敗れ16強敗退となった2006年度の第85回大会を最後に全国から遠ざかっており、13年ぶりとなる夢の舞台を狙う。また、3位には前回大会覇者で大会連覇を狙う浦和南がランクイン。今月、85歳で死

全国高校サッカー選手権
埼玉サッカー
{by} koko-soccer.com
PSGに3失点完敗…ジダン監督「インテンシティが十分ではなかった」

レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)戦のパフォーマンスに不満を持っていることを明らかにした。19日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 レアル・マドリードは18日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でPSGと対戦したが、14分と33分にアンヘル・ディ・マリアにゴールを奪われると、試合終了間際にはトーマス・ムニエにダメ押しゴールを決められ、0-3で完敗を喫した。 ジダン監督は試合後、「彼ら(PSG)はすべての局面で我々よりも良かった」と完敗を認めた一方、「インテンシティが十分ではなかったことついては残念に思っている」と不満を口にした。 「激しく始めることができなければ試合は難しくなる。彼らはチャンスを作り出すことに優れているからそこに関しての心配はしていない。でも、このようなレベルの高い大会で私のチームに十分なインテンシティがなかった

レアル・マドリード
{by} www.soccer-king.jp
【トレーニングキャンプ】U-17日本女子代表候補23人を発表 

9月18日、日本サッカー協会(JFA)は24日から27日まで静岡県内でトレーニングキャンプを行うU-17日本女子代表候補23人を発表した。今夏の全国総体を制した十文字(東京)からは4人が選出されている。発表されたメンバーは以下の通り。 ▽GK大矢内陽菜(聖和学園)野田明日香(十文字)竹下奏彩(大商学園) ▽DF杉澤海星(十文字)児玉耀(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18)百濃実結香(セレッソ大阪堺ガールズ)築地育(常葉橘)松本奈己(セレッソ大阪堺ガールズ)オモロジェバ英里香(暁星国際) ▽MF伊藤めぐみ(JFAアカデミー福島)渡部麗(JFAアカデミー福島)山崎愛海(INAC神戸レオンチーナ)松久栞南(十文字)高和芹夏(セレッソ大阪堺ガールズ)中山未咲(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)山田瑞穂(日ノ本学園)村田莉菜(十文字)渕上野乃佳(ジェフユナイテッド市原・

U-17日本女子代表
{by} https://koko-soccer.com/
【NB CHAMPIONSHIP U-16】決勝でもテクニック発揮した静岡学園の注目FW松永「やれることはまだ全然ある」

[9.16 NB CHAMPIONSHIP決勝 飯塚高 2-0 静岡学園高 時之栖うさぎ島G]試合には敗れたものの、本部席の大会関係者を唸らせるシーンはむしろ静岡学園高の方が多かった印象だ。相手の逆を取っていなすドリブル、ボール1個半分ほどの狭いコースを通してのパス交換、攻撃のアイディア……。最後の局面でパスがわずかにズレるなど1点を奪うことができず準優勝に終わったが、テクニックを見せつけた。その中心にいたのがFW松永颯汰だ。すでに名門・静岡学園のAチームに加わっている注目株。テクニックで試合を決定づけるようなプレーをするだけでなく、180cm近い長身で今後が楽しみな選手だ。松永は準優勝に終わっ決勝合後、「みんなで頑張ってアップから全力で取り組めて、ここまで上がって来れたので全然良いと思います。自分でも得点も決めれたり、アシストもできたので悪くない。でも、やれることはまだ全然ある」とコメン

NB CHAMPIONSHIP
{by} web.gekisaka.jp
2019年9月20日 UEFAヨーロッパリーグ  FCディナモ・キエフ対マルメFF【予想とオッズ】

FCディナモ・キエフ UCL2試合で強敵のクラブ・ブルッヘに敗れ、UELに降格した。マルメFFを相手にし、FCディナモ・キエフは勝利を狙い、戦意が高い。 最近5試合で12得点を奪い、攻撃面で調子が安定している。 前回両チームの対戦はスコアレスドローに終わった。 公式戦6試合で勝ったことがなくて、調子が低迷している。 最近6試合とも失点を許し、未勝利になった。守備力が足りない。 マルメFF 前節UELで4-0により勝利し、公式戦に進出した。マルメFFは実力が低くない。 最近各試合で3連勝を飾り、絶好調だ。 最近5試合で僅かに1失点を許し、守備が堅い。 最近3試合でハンディ負けがない。 概説 FCディナモ・キエフは公式戦6試合とも勝てなくて、調子が低迷している。マルメFFは最近各試合で3連勝を飾り、士気が高まった。現在FCディナモ・キエフ(-0.5)というハンディを

UEFAヨーロッパリーグ  
{by} jp.7msport.com
2019年9月20日 UEFAヨーロッパリーグ  スタッド・レンヌ対セルティックFC【予想とオッズ】

スタッド・レンヌ 最近リーグ戦5試合で3勝1分1敗となり、絶好調だ。 最近5試合で3失点を許し、守備が堅い。 前節昇格組のブレストとスコアレスドローになり、調子がごく普通だ。 最近両チームの4対戦でスタッド・レンヌは2分2敗と未勝利になった。 セルティックFC 前節アウェイで1-0によりハミルトンに勝利し、調子が悪くない。 最近各試合で5連勝を飾り、勢いが強い。 最近5試合で12得点を奪い、攻撃面で調子が安定している。 最近5試合で僅かにハンディ1敗となった。 概説 スタッド・レンヌは最近リーグ戦5試合で3勝1分1敗と絶好調だ。セルティックFCは最近各試合で5連勝を飾り、勢いが強い。最近両チームの4対戦でスタッド・レンヌは2分2敗と未勝利になった。現在スタッド・レンヌ(-0.25)というハンディをつけ、ブックメーカーはスタッド・レンヌに対する信頼が足りない。今節セルティックFCはアウェ

UEFAヨーロッパリーグ  
{by} jp.7msport.com