【第98回全国高校サッカー選手権佐賀予選】佐賀北などが全国狙う!佐賀予選の組み合わせが決定

35チームが出場する第98回全国高校サッカー選手権佐賀予選の対戦カードが決定している。 総体予選覇者の佐賀北、前回王者の佐賀龍谷、2年ぶりの優勝を目指す佐賀東、佐賀学園などが熱戦を展開する。佐賀北は佐賀農と、龍谷は弘学館と対戦する。 冬の全国大会への出場権をかけた県予選は10月6日に始まり、代表校が決定する決勝は11月16日に駅前不動産スタジアムで行われる。 1回戦 2019.10.06 唐津工(佐賀) - 小城(佐賀)2019.10.06 三養基(佐賀) - 佐賀西(佐賀)2019.10.06 唐津海技 - 高志館(佐賀) 2回戦 2019.10.13 佐賀北(佐賀) - 佐賀農(佐賀)2019.10.13 北陵(佐賀) - 唐津商(佐賀)2019.10.13 致遠館(佐賀) - 唐津工/小城2019.10.13 鳥栖(佐賀) - 佐賀工2019.10.13 佐賀清和 - 早

全国高校サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
食野亮太郎の初ゴールに英国メディアも賛辞「独力で鮮やかにネットを揺らした」

ハーツの食野亮太郎がマザーウェル戦でスコットランド初ゴールを決めた。だが未勝利が続いていることから、サポーターからハーツ指揮官レヴェインへの風当たりも強くなっているようだ。 現地時間14日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第5節ハーツvsマザーウェルで、途中出場の食野亮太郎がスコットランドリーグ初ゴールをマークした。 食野は56分から途中出場すると61分にシュートを放ち、相手GKのディフレクトを味方FWが押し込み、決定機に絡んだ。 迎えた86分にはバイタルエリア中央から味方にはたき、ゴール前へと進み、リターンを受ける。ここで食野はターンとキックフェイントを交えながらシュートに持ち込み、エリア外から右足でネットを揺らし、スコットランドリーグでの初ゴールを決めた。 食野が2ゴールを演出する活躍を見せたものの、ハーツは2-3と敗れる結果になった。2分け3敗といまだ勝利がない

食野亮太郎
マザーウェル
ハーツ
{by} www.goal.com
元日本代表FW播戸、涙の引退表明 今後は経営者目指す「Jリーグであればチェアマン」

<G大阪・鳥栖>播戸はガンバのユニホームに袖を通し引退セレモニー掛け声をかける(撮影・岩崎哲也) G大阪やC大阪などで活躍した元日本代表FW播戸竜二(40)が14日、現役引退を表明した。パナスタで行われるG大阪―鳥栖の試合前にピッチに登場。サポーターの前で「サッカー選手を離れて半年。色々考えて決断しました。播戸竜二は本日、プロサッカー選手を引退します」と21年、のべ7クラブを渡り歩いたプロ人生に区切りを付けた。 G大阪で98年に練習生から這い上がり、プロデビュー。札幌と神戸を経て、06年にG大阪に復帰した。昨年はJ3琉球(当時)でプレーしたが、今季は無所属だった。G大阪とはこの日限りの「1日契約」。引退セレモニーではG大阪の山内隆司社長からユニホームを贈呈された。胸には新人時代の「29」、背中には06年から背負った「11」が入っており「最初に入ったクラブで最後に引退発表できるこ

G大阪
C大阪
播戸竜二
{by} sponichi.co.jp
堂安律がPSVデビュー! マレンの圧巻5ゴールでチームはフィテッセに大勝

エールディヴィジ(オランダ1部)第6節が14日に行われ、堂安律が所属するPSVが、ホームでフィテッセと対戦した。 堂安は今夏の移籍市場でフローニンゲンから名門PSVに移籍。この試合で堂安はベンチ入りを果たした。PSVはここまで3勝1分けと負けなし。一方、1試合多く消化しているフィテッセもここまで負けなしとなっている。 試合は18分にドニエル・マレンのゴールでPSVが先制すると、マレンは36分に追加点を挙げる。PSVの2点リードで前半を折り返すと、後半開始早々にマレンが再びゴールを決めてハットトリックを達成。 PSVは79分、堂安がブルマとの交代で途中出場を果たす。堂安は待望のデビューを飾った。 PSVは83分と89分にPKを獲得。マレンがそれぞれ決めて、1試合5ゴールを達成した。その後スコアは動かず、5-0でPSVがフィテッセに勝利を収めた。 【スコア】PSV5-0フィ

エールディヴィジ
PSV
堂安律
{by} www.soccer-king.jp
マンCが今季初黒星…! 昇格組ノリッジが好調プッキらのゴールで王者撃破

プレミアリーグ第5節が14日に行われ、ノリッジとマンチェスター・Cが対戦した。 プレミアリーグ観るなら7Mスポーツ! 先制したのはホームのノリッジだった。18分、右からのCKにケニー・マクリーンがヘディングで合わせてネットを揺らした。さらに28分、カウンターからテーム・プッキがディフェンスラインの背後を取ると、エリア内左への折り返しをトッド・キャントウェルが流し込み、ノリッジがリードを2点に広げた。 マンチェスター・Cは前半終了間際の45分、左サイドからのクロスをセルヒオ・アグエロがヘディングで合わせて1点を返す。しかし後半立ち上がりの50分、ノリッジは相手最終ラインのパス回しを狙い、ニコラス・オタメンディのボールをエミ・ブエンディアがカット。ゴール前へのラストパスをプッキが難なく決めて、再び2点差となった。 マンチェスター・Cはベンチスタートだったケヴィン・デ・ブ

プレミアリーグ
マンチェスター・C
ノリッジ
{by} www.soccer-king.jp
今日9月15日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日9月15日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本DF飯田真輝(松本、1985)*体格に恵まれ、空中戦の強さが武器。リーダーシップも持ち合わせる。FW北脇健慈(秋田、1991)*フィジカルが強く、パンチ力あるシュートが魅力。FWアンデルソン・ロペス(札幌、1993、ブラジル)*札幌ドームのゴール裏の段差に気付かず、数メートル下に落下した経験をもつアタッカー。DF森本大貴(相模原、1995)*関東学院大から18年に松本へ加入。シーズン途中から武者修行に出た。FW北村知也(熊本、1996)*鵬翔高時代に全国制覇を経験したストライカー。得点感覚が高い。FW鮎川峻(広島、2001)*広島ユース出身の2種登録選手。 海外MFアーロン・ムーイ(ハダースフィールド、1990、オーストラリア)*16-17シーズンにハ

サッカー選手
誕生日
{by} jp.7msport.com
【第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選】西武台、聖望学園は3回戦からの登場!埼玉決勝T組み合わせが決定

冬の選手権をかけた第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選の決勝トーナメントの組み合わせ抽選会が9月13日に大宮ソニックシティ・大ホールで行われ、対戦カードが決定した。 1次予選を勝ち抜いた27校と令和元年度全国高校サッカーインターハイ(総体)埼玉予選優勝校の西武台、同準優勝の聖望学園など総体上位校やSリーグ参加校を合わせた52校が冬の全国を目指して来月12日から熱戦を展開する。総体県予選ベスト8校は2回戦からの登場。総体予選決勝進出を果たした西武台と聖望学園は3回戦からの登場となっている。 大会は10月12日に始まり、決勝は11月17日に埼玉スタジアムで行われる。 ▽第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選 決勝T1回戦 2019.10.12 熊谷(埼玉) - 八潮(埼玉)2019.10.12 川越東(埼玉) - 浦和西(埼玉)2019.10.12 浦和東(埼玉) - 栗橋北彩(

高校サッカー
全国高校サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
名古屋、九州国際大学付属高校DF吉田晃の来季加入内定を発表

名古屋グランパスは14日、九州国際大学付属高校のDF吉田晃が来季加入することが内定したと発表した。 吉田は2001年生まれの現在18歳。福岡県出身で身長185センチ、体重71キロの長身センターバックだ。名古屋は同選手について「スピード、高さ、柔軟性を併せ持ち、将来性豊かなセンターバック」と紹介している。 吉田は加入内定に際して、以下のようにコメントを発表している。 「来季、名古屋グランパスに加入することになりました吉田晃です。子供の頃から憧れていたプロサッカー選手として、新たなスタートができることを大変嬉しく思います。今まで自分に関わっていただいた全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、一日でも早くピッチに立ち、皆さんに認められるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」

名古屋グランパス
{by} www.soccer-king.jp
デ・ヘア、マンUと5年間の新契約締結か…年俸は驚異のクラブ最高金額の17億円か

マンチェスター・Uはスペイン代表GKのダビド・デ・ヘアとの5年間の新契約を結べる見通しが立ったようだ。14日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。 同紙によると、年俸は1330万ポンド(約17億6600万円)という驚異的な金額と見られており、実現すればクラブ最高金額となる。今回の報道で、レアル・マドリードや、パリ・サンジェルマンが獲得を狙う噂が今後出ることはないだろうと予想している。 また、マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は契約が完了することに自信を持ちつつ、「デイビッドは、このクラブが大好きで、ここに留まりたい、素晴らしい時間を過ごしている以外の話を私に言ったことは一度もない。彼は世界最高のゴールキーパーであり、長年にわたってそれを見てきた。彼がユナイテッドで最高レベルでキャリアを終えることを確実にできることを願っているよ」と

ダビド・デ・ヘア
{by} www.soccer-king.jp
マンUのラッシュフォードが現監督とモウリーニョ前監督を比較…「選手の事を理解してくれる」

マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードがオーレ・グンナー・スールシャール監督について語っている。13日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。 ラッシュフォードはスールシャール監督を称賛しているのこと。インタビューの中で、「(スールシャール)監督は選手の事を理解してくれていると感じる」とスールシャール監督との関係性が良好である事を示唆している。 またスールシャール監督とジョゼ・モウリーニョ前監督を比較し、「スールシャール監督はモウリーニョ氏とは全く異なる監督だ。前者はプレー経験があるから当たり前かもしれないがね」とモウリーニョ監督と比較し、スールシャール監督のアプローチが自分にとってはより好ましいものだとの自身の意見を述べている。

マンチェスター・U
{by} jp.7msport.com