スペイン代表やバルセロナのようなコンビネーションを身につける!グリッドを使ったトライアングルパスのトレーニングを紹介!

スペイン代表やFCバルセロナのサッカーといえばポゼッションですが、キーワードとなるのは「三角形(トライアングル)」です。 トライアングルとは、ボールを持っている選手に対するサポートの位置関係のこと。3人でパスを出しやすく、受けやすいトライアングルの形を作ることで、パスが回りやすくなります。 トライアングルのサポートは、選手がこの先どのチームに行っても必要となるものなので、しっかりと身につけておきたいところ。 そこで、「YouTube」にあるグリッドを使ったトライアングルパスの動画を紹介します。このトレーニングでは、サポートのポジショニングと、リズムよくパスをつなぎ展開する感覚をつかむことができます。ぜひ、ご覧ください。 トレーニングの方法 photo:YouTube『How to play like Spain | Fast combinations | Par

バルセロナ
トレーニング
{by} sakareko.com
プレミアリーグ10大最高給料の控え選手:マンUが2席を占める 出場ゼロでもこんなに稼げる

プレミアリーグでは、出場ゼロの選手の中で、誰が一番給料が多いですか?答えはマンuのロメロ。 2019-20シーズンのプレミアリーグのゼロ戦出場選手のうち、マンuの控えGK選手の週給は7万ポンドに達し、ゼロ戦出場選手の中で最も高い。2位はトッテナムが新たに獲得したジョー・ハートの週給4万5千ポンド。3位はブライトンのコロンビア出身のエズキトだが、膝の負傷で長期欠場したため、出場できなかった。 マンチェスターはトップ10で2席を占め、gkのグラントは週給3万ポンドをもらった。

プレミアリーグ
{by} jp.7msport.com
クロップ氏はリバプール大将と交渉、残留かどうかは交渉結果次第

リバプールMFウィネルドゥムは最近、頻繁にバルセロナと連絡を取り合い、移籍説が取りざたされている。スカイスポーツによりますと、現地時間の水曜日、ヴィナルドゥム監督はリヴァプールのクロップ監督と打ち合わせを行い、彼の将来もそのあとで決まります。 リヴァプールとの再契約が実現すれば、ウィネルドゥムはチームに残るだろうと報道された。残りの1年の契約だけを残している彼は、再契約をしなければ、来年1月、他のクラブと自由に接することができるようになった。バルセロナ新監督のコマンはヴィナルドゥムを気に入っており、彼を迎え入れてバルセロナの再建を支援することを望んでいるが、両クラブはまだ実質的な接触を持っていない。 リバプールは今夏、バイエルンのMFティアゴを獲得しようとしたが、今は財力に限界があり、ビナルドゥムを売ってこそティアゴを操作することができる。しかし、もしウィナルドゥムが再契約

リバプール
{by} jp.7msport.com
[関東Rookie League]少数精鋭の桐光学園は惜敗。ループ弾のMF野瀬は得点王と全国出場を目標に掲げる

[9.6 関東Rookie LeagueAリーグ第2節 市立船橋高 3-2 桐光学園高 時之栖うさぎ島G]桐光学園高は前半21分、「相手がそこまで繋ぐの上手くなかったので、『狙っておこう』と思っていて、GKが出ていたので狙いました」というMF野頼駿介(横浜FM Jrユース出身)が相手のミスパスを逃さず、1タッチのループシュート。これを鮮やかにゴールへ沈めて先制する。狙いとした前からの守備もハマって先制したが、後半は野瀬や久保昌成コーチが指摘したように、ゴール前での守りで軽さが出てしまう。集中力も維持することができずに3失点。試合終了間際に注目FW菅江陸斗のゴールで1点を返したものの、2試合連続で1点差負けとなってしまった。今年の桐光学園の1年生は16名。例年同様、コーチ陣から一人ひとりの顔が見えやすい環境の中、精鋭たちが競い合っている。野瀬や菅江、CB豊田怜央をはじめ、各選手がAチームを目

関東Rookie LeagueAリーグ
{by} web.gekisaka.jp
今日9月10日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日9月10日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本GK松井謙弥(水戸、1985)*長身を生かした空中戦の強さと反応の良さが特長のGK。FW菅大輝(札幌、1998)*フィジカルが強く、精度の高い左足キックも売りのサイドアタッカーMF田中碧(川崎F、1998)*小学生から川崎Fアカデミーで育ったボランチ。攻撃的なポジションだったU-18時代は背番号10を着けた。DF佐藤瑶大(G大阪、1998)*明治大所属の特別指定選手。ヘディングが武器。DF松本大輔(鳥栖、1998)*中央大所属の特別指定選手。帝京三高出身。FW小松蓮(山口、1998)*産業能率大を離れ、アカデミー時代を過ごした松本に加入したストライカー。山口で武者修行中。海外DFナウド(モナコ、1982、ブラジル)*長身で空中戦に強い、ブラジル代表経験の

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
JFAのユース育成ダイレクターと考える「これからの選手育成」

新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の事態に巻き込まれたが、日常を少しずつ取り戻している。では、サッカーの育成現場は今後どうなるのだろうか?日本サッカー協会ユース育成ダイレクターの池内豊氏とともに、これからの選手育成について考える。 取材・構成/川端暁彦 写真/椛本結城、佐藤博之、中島光明、BBM 安全を確保した上で試合環境を整える ――まずは「ユース育成ダイレクター」の仕事について簡単に説明していただけますか? 池内U-17以下の代表のスケジューリングやサポート、育成年代すべてのゲーム環境の整備、そしてトレセンシステムの充実が私たちの役割です。最近ですと、中体連やタウンクラブの新たなサポート策であったり、どうしても埋もれがちになる9月以降に生まれた選手たちにチャンスを与えるプロジェクトの創設なども行なったりしています。あと、すでに行なっているGK以外のポジションの

JFA
ユース育成
{by} www.bbm-japan.com
イケメーーン! モデルのようなネイマール、最新のハンサムな写真!

2020年9月9日、日本時間、ネイマールは、「モデルのように」というコメントを含む一連のハンサムな写真をソーシャルメディアに投稿した。

ネイマール
{by} jp.7msport.com
マンuの老将がチームを離れ、いつかチームに復帰しようと願ってる

マンチェスター・ユナイテッドのU23監督であるジョン・フジョンがチームを離れ、レディングに入団した。 彼は2019年7月にマンチェスター・ユナイテッドに入団し、U23コーチとなり、U23のプレミアリーグ2部昇格を果たした。EFLチャンピオンズシップに所属のレディングでもっと良い機会を見つけた彼は、今度はレディング1部チームの監督になる。 マンチェスター・ユナイテッドのユースチーム監督は、「ユースチームのすべての人が、新しい職場で幸運を願っている」と話した。 ジョーンは選手時代、マンチェスター・ユナイテッドでプレーし、7年間126試合に出場した。彼はマンuに、自分の究極の夢はマンuの1部チームの監督になることだと語った。「私は離れて、他のところに行って監督になるが、最後の夢はここに帰ってマンチェスターUの監督になることだ」。

マンチェスター・ユナイテッド
{by} jp.7msport.com
「絶対に見返してやる…」プロ入りを決意する市船キャプテン石田侑資。プレミア開幕試合は涙の敗戦に

「次の試合に向けて、この1週間は誰よりも努力したい」と語ったワケは 市立船橋のキャプテン石田。卒業後の進路はプロ入り一本に絞ることを決意した。写真:松尾祐希 試合終了のホイッスルが鳴ると、ピッチに崩れ落ちた。唇を噛み締め、なかなか顔が上げられない。目には涙も浮かんでいた。 市立船橋のDF石田侑資(3年)にとって、約8か月ぶりの公式戦は悔しい一戦となった。 9月6日に行なわれたU-18高円宮杯プレミアリーグの開幕戦。市立船橋は浦和レッズユースとのアウェーゲームに挑んだが、37分に堀井真海(3年)にゴールを許して0−1で敗れた。 相手が試合前のスカウティングとは異なる戦い方をしてきた影響で、後手を踏んだことは否めない。実際に60分までシュートすら打たせてもらえず、自陣で相手の攻撃を跳ね返す場面の連続。中盤以降は相手の足が止まり、チャンスを作るシーンが増えたが、ゴールを奪

市立船橋
石田侑資
U-18高円宮杯プレミアリーグ
{by} https://www.soccerdigestweb.com/
昇降格なしでも『前橋育英のプライド』は変わらない! 異例のプリンスリーグで名門が開幕戦に快勝!

「昇格も降格もないので、選手権に向けていろいろ試せる」 プロ注目のボランチ櫻井。チームの司令塔として存在感を放った。写真:安藤隆人 ついに開幕したプリンスリーグ関東。プレミアリーグとプリンスリーグが融合し、スーパープリンスリーグとなった地域もあるが、関東は変更なく10チームによるリーグ戦が行なわれる。だが、関東も1巡のみの9試合で、昇降格はなし。この特別なレギュレーションをどう活用するのかが、今年のリーグ戦の注目ポイントでもあったが、前橋育英は狙いを持って開幕戦に挑んだ。 「昇格も降格もないので、選手権に向けていろいろ試せる」と山田耕介監督が語ったように、矢板中央をホーム・前橋育英高崎グラウンドに迎えた前橋育英は、いつもの4-4-2ではなく、3-4-2-1システムを採用。守備の要である大野篤生を中心に最終ラインを3枚にし、その前にプロ注目の櫻井辰徳と1年生の根津元輝の

前橋育英
プリンスリーグ
プリンスリーグ関東
{by} https://www.soccerdigestweb.com/