2019年まで徳島でプレーしたMF狩野健太が現役引退を発表…かつて横浜FM、柏、川崎にも所属

現役引退を発表した、徳島の狩野(写真は2019年のもの) [写真]=J.LEAGUE 2019シーズンまで徳島ヴォルティスでプレーしていたMF狩野健太が1日、自身のインスタグラムを更新。現役を引退することを発表した。 現在34歳の狩野は、静岡学園高等学校から2005年に横浜F・マリノスに入団。2013年には柏レイソルに移籍し、以後は川崎フロンターレや徳島を渡り歩いた。今年1月には、徳島が狩野と2020シーズンの契約を結ばないことを発表しており、狩野は同クラブを退団していた。 1日にインスタグラムを更新した狩野は、以下のように現役を退く考えを明かした。 「15年間ありがとうございました。オファーも頂きましたが、考えた末に次の道に進む事を決意いたしました。振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。ケガに苦しみ、自分自身納得するプレー

徳島ヴォルティス
J2リーグ
狩野健太
{by} www.soccer-king.jp
京都U-18DF川島功奨は考える葦である。“古都のパスカル”が踏み入れる思索の向こう側

ここまで淀みなく、自身の想いを言語化できる高校生も珍しい。強気な発言が口を衝く反面、目立つのが好きではないという性格も一層興味を駆り立てる。「僕は今でもまだまだ成長していますし、自分でもその成長がわかるので、これでいいとか自分のラインを決めるんじゃなくて、行けるんだったら行ける所まで行ってやろうと思っているんです」。思い浮かんだフレーズは“古都のパスカル”。踏み入れていく思索の向こう側には、何が待っているのか。京都サンガF.C.U-18の理論家。川島功奨(3年)は考える葦である。もともと昨シーズンの開幕前はスタメン組に入っていなかったものの、先輩のケガもあって出番を得ると、高円宮杯プレミアリーグWESTでは第10節まで全試合にスタメンフル出場。少しU-17日本代表を意識するあまり、「自分で自分にプレッシャーを掛けていた所もあって、『空回りしていたな』という部分があったんですけどね」とは言い

川島功奨
{by} web.gekisaka.jp
バイエルンのサネ獲得は間近に!移籍金最大70億円超で合意、年俸27億円の5年契約

マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)のリロイ・サネは、バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ)への移籍のために今後24時間以内に渡独するようだ。 バイエルン・ミュンヘンがマンチェスター・シティとFWリロイ・サネの移籍で合意に達した。『Goal』の取材で判明した。 2016年にシャルケからマンチェスター・Cに加入したサネ。以降、PFA若手年間最優秀選手に輝くなどプレミアリーグ連覇に貢献した同選手だが、2021年夏に満了を迎える契約の更新には至っていない。契約切れまで12カ月を切る今夏に退団することが濃厚と見られ、ジョゼップ・グアルディオラ監督も新契約締結を説得できなかったことを後悔するコメントを残していた。 そんな24歳のウィンガーに強い関心を寄せるのがバイエルン。長期にわたり同選手を追いかける同クラブは、昨夏にも獲得に近づいていたが、8月のコミュニティーシールドで膝靭帯損傷

ブンデスリーガ
マンチェスター・シティ
バイエルン・ミュンヘン
{by} www.goal.com
不和報道のバルセロナ、強敵アトレティコに勝ち切れず…メッシの“大記録”弾実らず連続ドロー

[6.30 リーガ・エスパニョーラ第33節 バルセロナ2-2A・マドリー]リーガ・エスパニョーラは6月30日、第33節を各地で行い、バルセロナがアトレティコ・マドリーと2-2で引き分けた。オウンゴールとFWリオネル・メッシのキャリア通算700ゴール目で2度も勝ち越したものの、2つのPKを与えて2失点。今節で首位のR・マドリーが勝利した場合、勝ち点4差がつく状況となった。新型コロナウイルスによる中断期間を首位で迎えたが、再開後の成績は3勝2分と振るわないバルセロナ。R・マドリーに首位を譲って勝ち点2差をつけられている上、コーチングスタッフと選手の不和が報じられるなど、ネガティブなムードがチームを取り巻いている。そうした中、3位のA・マドリーとのホームゲームに臨んだ。試合は思わぬ形で動いた。バルセロナは前半11分、メッシが右からのコーナーキックをゴール前に蹴り込むと、FWジエゴ・コスタの股下に

リーガ・エスパニョーラ
{by} web.gekisaka.jp
ドルトムントでのレンタル終了のハキミ、ファンに別れ「黄色い壁は忘れられない」

ドルトムント(ブンデスリーガ)へレンタル中だったDFアクラフ・ハキミがファンに別れ。 ドルトムントへレンタルされていたDFアクラフ・ハキミが、ファンへ別れのメッセージを送った。 レアル・マドリーからドルトムントへ2年のレンタル移籍中だったハキミ。だが、ドルトムントは完全移籍を諦め、現在はインテルへ4000万ユーロ(約48億4000万円)で加入する可能性が高まっている。ドルトムントで通算73試合に出場し、12ゴール17アシストを記録したハキミは、自身のSNSでファンに別れを告げた。 「人生のとても美しいステージに幕を閉じるときがきた。素晴らしい2年間を過ごし、多くの喜びを与えてくれたクラブを去る準備ができた。最初の瞬間から、クラブと街による配慮は素晴らしいものだった。2年前にドルトムントを選んだのは正しかった。チームメイトやスタッフ、監督はどんなときも僕に愛情と信頼を示してくれた

ブンデスリーガ
ドルトムント
{by} www.goal.com
「最高の選手。欧州カップ戦出場の準備はできている」スペイン記者が久保建英を大絶賛!

2アシストを記録したマジョルカMF久保建英について、スペイン『as』がその活躍を称えた。6月30日に行われたラ・リーガ第33節で、セルタと対戦したマジョルカ。残留のために勝利が必要な大事な一戦で、9試合連続先発出場を果たした久保が躍動。2アシストを含む4ゴールに絡む大活躍で、5-1の大勝に導いている。この19歳の日本代表MFの活躍について、スペイン人記者ヨナス・ペレス氏は絶賛している。「クボが輝いた新たな一日。今季最高のマジョルカにおいて、最高の選手の1人として君臨した。試合のカギとなるデュエルでも素晴らしく、3アシスト(※公式では2アシスト)で試合を締めくくった」そして久保が残したスタッツに言及しつつ、「試合への影響は数字を超えたものだった。クチョ(エルナンデス)や(アンテ)ブディミルとの連携は、マジョルカ島最高のニュース」と称賛。『Opta』データによると、久保は21世紀のラ・リーガ外

久保建英
{by} web.gekisaka.jp
今日7月1日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日7月1日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本FWシルビーニョ(新潟、1990、ブラジル)*19年に期限付き移籍で加入したアタッカー。テクニックとスピードが武器。DF増谷幸祐(岡山、1993)*愛媛ユース出身で、16年に日体大から琉球に加入したSB。球際での強さが売り。FW平尾壮(群馬、1996)*G大阪の育成組織出身。スピードがあり、サイドからカットインするのが得意。GK長沢祐弥(沼津、1996)*藤枝東高時代には世代別代表経験を持つGK。明治大経由で19年に加入した。DF生駒仁(北九州、1999)*鹿児島城西高出身のセンターバック。高さと配球力もあり、日本高校選抜で主力を張った有望株。MF藤本寛也(東京V、1999)*東京Vアカデミー出身の世代別日本代表。ボールタッチが柔らかく、センスあふれるMF

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
【“天才”回顧録】早熟系FWだった森崎嘉之。「努力しなくても、なんでもできた」

市船では3年次に選手権を制覇。自身は決勝でのハットトリックを含め、大会通算8ゴールを挙げて得点王に輝いた。(C)SOCCER DIGEST ここでは、高校時代に市船のエースとして名を馳せ、3年次の選手権では優勝を飾り、得点王にも輝いた森崎嘉之の蹴球ストーリーをお届けする。 ――◆――◆―― いわゆる早熟系だったと思います。自分で言うのもなんですが運動神経の良い子どもでしたね。例えば、バク転も2、3回練習すれば、すぐできちゃう、みたいな。 身長も大きくて足も速かったし、小4から始めたサッカーも、努力しなくても、なんでもできてしまうというか。小6までに右足のキックはカーブもサイドチェンジもノンステップで蹴れるようになって、高校時代の名波浩さん(左利き)を見て真似していたら、中1で左足も完璧に蹴れるようになりましたね。 ボールを蹴るのが楽しくて、キープしたら、まずは一番遠く

森崎嘉之
{by} https://www.soccerdigestweb.com/
バルセロナがピャニッチ獲得を正式発表!アルトゥールとの大型トレード実現

バルセロナ(ラ・リーガ)は、ユヴェントス(セリエA)からミラレム・ピャニッチを獲得。実質アルトゥールとの大型トレードとなった。 バルセロナは29日、ユヴェントスからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチを獲得したことを発表した。 2016年にユヴェントスへ加入し、以降セリエA3連覇を経験したピャニッチ。加入以降は公式戦171試合に出場するなど中心的な役割を担ってきたが、すでにユヴェントス移籍が発表されたアルトゥールと入れ替わる形でバルセロナへ新天地を求めることが決定した。 バルセロナは、ピャニッチの移籍金としてユヴェントスへ6000万ユーロ(約72億円)を支払う様子。また、成績に応じて500万ユーロ(約6億円)のボーナスも付帯するようだ。なお、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFは、バイアウト条項が4億ユーロ(約480億円)に設定された2024年夏までの4年契約を締結

バルセロナ
ラ・リーガ
ユヴェントス
{by} www.goal.com
アーセナルが新9番の獲得に興味…今季20ゴールの蘭代表FWをリストアップ

複数のプレミアリーグクラブがウェクホルストの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images アーセナルはヴォルフスブルクに所属するオランダ代表FWワウト・ウェクホルストの獲得に関心を示している。29日にドイツ紙『ビルト』が報じた。 ウェクホルストは今シーズン、ヴォルフスブルクにて公式戦通算42試合に出場し20ゴール5アシストを記録。長身を生かしたポストプレーを得意としている同選手は、ゴール前での決定力にも優れている。 同紙によるとアーセナルがウェクホルストの獲得に関心を示しているようだ。同クラブを率いるミケル・アルテタ監督は今夏の移籍市場で、ポストプレーやチームメイトとの連携を得意とする新FWの獲得を希望しており、同選手の動向を注視しているという。 ヴォルフスブルクに対して、アーセナルは3500万ユーロ(約42億円)を支払う予定で、近いうちに交渉を開始する模様

アーセナル
ヴォルフスブルグ
プレミアリーグ
{by} www.soccer-king.jp