2019年9月14日 プレミアリーグ リヴァプール対ニューカッスル・ユナイテッド【予想とオッズ】

リヴァプール今季強い勢いを見せた。ここまで全勝をマークしてた。今節実力の普通なニューカッスル・ユナイテッドをホームに迎え、リヴァプールは連勝を目指している。今季リーグ初4試合で連続白星となった。リーグ前戦で3-0により完封勝利を収め、今首位になった。双方の最近10対戦でリヴァプールが8勝2分けとなり、心理的に優位に立った。最近リーグ2試合とも順調にハンディ勝となった。フィルミーノとワイナルドゥム、ロバートソ等の選手が今週に国代表として国際試合に出場したため、体力面には劣勢に立った。最近6試合中5試合失点を許し、守備面に課題が抱えている。 ニューカッスル・ユナイテッド今季開幕から2連敗となったが、あの後調子を取り戻した。近リーグ2試合でトッテナムを負かした後、前回ワトフォードに引分けに持ち込んだ。前回アウェイで1-0により劇的トッテナムを負した。双方の最近6対戦でニューカッスル・ユナイテッド

プレミアリーグ
{by} jp.7msport.com
主将DFセルヒオ・ラモスがベイルへの批判に反論「私生活は関係ない。彼を尊重すべき」

レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが、同僚のMFギャレス・ベイルに対する批判に言及している。イギリス『デイリー・メール』に語られた内容をスペイン『マルカ』が伝えた。 昨シーズンのレアル・マドリーにおいて、負傷を繰り返していたことや低調なパフォーマンスが大きな批判を集めたベイル。過激なバッシングの中では、同選手がプライベートでゴルフに熱中していることもやり玉にあげられていた。 しかし、一時期は退団報道が過熱したものの結局はチームに残留することとなったベイルへの批判について、主将のS・ラモスは私生活が尊重されるべきだと主張している。 「彼(ベイル)が私生活で何をしているかに関係なく、僕らは彼を尊重すべきだ。そして、それ(私生活)について話すべきでもない」 「僕らはみんな、自由なチームとともに自由にやりたいことができる。ベイルは素晴らしい選手で、彼が僕らと過ごしてきた時

レアル・マドリー
セルヒオ・ラモス
{by} www.goal.com
久保、東京五輪OK!レアル・マドリードが許可

スペイン1部リーグ、マジョルカの日本代表MF久保建英(18)が来年の東京五輪へ招集可能になったことが11日、関係者の話で明らかになった。久保の保有権を持つレアル・マドリードが許可した。五輪は各国協会に選手招集の強制力がなく、クラブ側の協力が必要だった。A代表と五輪代表を兼務する森保一監督(51)は久保を軸に、金メダル獲得を目指す。 東京五輪は最強ジャパンで金メダルに挑む。懸案事項だったMF久保の招集に道が開けた。「レアル・マドリードは(招集に)OKを出しています。そう聞いています」と、日本協会幹部がこの日までに明言した。 久保は8月、スペイン強豪のR・マドリードから1年間の期限付きでマジョルカに加入。五輪は国際連盟(FIFA)が定めた国際Aマッチ期間ではなく、各国協会は選手招集の強制力を持っていない。久保を招集する場合、日本協会は保有権を持つR・マドリードの許可が必要で、6月に

久保建英
スペイン1部リーグ
マジョルカ
{by} https://www.sanspo.com
日本サッカー指導者が中国に進出。 「元祖・天才」菊原志郎が語る実情

近年、日本人指導者の中国行きが相次いでいる。日本のJリーグにあたる、中国スーパーリーグのクラブがアカデミー(育成組織)を持つことが義務付けられ、各クラブは指導者の獲得に奔走。スペインやオランダ、ポルトガル、セルビア、ブラジル、日本など、世界各国の優秀な指導者に白羽の矢が立てられた。 かつて読売クラブの「天才」と言われた菊原志郎も、中国で指導をするひとりだ。所属するのは広州富力。オーナーを務める富力グループは、不動産開発や中国のグランドハイアットやリッツ・カールトンなどのホテル事業ほか、多角的な事業を営む大企業である。 トップチームの監督はドラガン・ストイコビッチ。2015年に、名古屋グランパスでフィジカルコーチ/ヘッドコーチとしてチームを支えた喜熨斗勝史(きのし・かつひと)を従えて、広州富力の指揮を執ることとなった。菊原は喜熨斗とS級ライセンスの同期であり、互いに人柄と指導力を認め

日本サッカー指導者
菊原志郎
広州富力
{by} https://sportiva.shueisha.co.jp/
今日9月12日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日9月12日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本DF水本裕貴(松本、1985)*守備力が高く、冷静なプレーが持ち味。137試合連続フルタイム出場を果たした鉄人。FW小手川宏基(大分、1989)*アカデミー出身。ドリブルの技術と裏への抜け出しが得意なFWで、ボランチでもプレーできる。MF村上巧(熊本、1989)*献身的なプレーが持ち味。展開力とアグレッシブな守備が特徴。MF上松瑛(鳥取、1991)*洛南高校、明治大出身。18年にブリオベッカ浦安から鳥取に加入したMF。DF徳元悠平(琉球、1995)*城西国際大から18年に加入。那覇西高時代までは地元沖縄で育った。 海外DFキム・チャンス(蔚山現代、1985、韓国)*豊富な運動量と献身性を持ち、強気の突破が魅力。柏で3年間にわたりプレー。DF長友佑都(

誕生日
サッカー選手
{by} jp.7msport.com
【第98回全国高校サッカー選手権福井予選】29校組み合わせ決定!

9月21日に開幕する第98回全国高校サッカー選手権福井県大会の組み合わせ抽選会は11日、福井市の福井放送で開かれ、出場29校の対戦が決まった。連覇を狙う丸岡ゾーンに前回8強の福井工大福井が入った。 高円宮杯U―18プリンスリーグ北信越に参戦している丸岡が第1シードとなり、リーグ福井1部の成績順に第2シード北陸、第3シード福井商業、第4シード藤島を決定。さらに1部の金津、福井工大福井、2部上位の啓新、敦賀気比が第5~8シードとして散らばり、残り21校が順に抽選を行った。 丸岡は唯一、準々決勝からの登場。2年ぶりの王座を狙う北陸は鯖江と初戦を戦う。前年準優勝の福井商業は足羽、前年4強の藤島は武生との対戦が決まった。 美方が3年ぶりに参加し、前年から1校増の29校でトーナメント戦を繰り広げる。 9月21日に1回戦、9月23日に2回戦、10月22日に準々決勝、11月2日に準決勝を行

高校サッカー
高校サッカー選手権
{by} www.fukuishimbun.co.jp
【第98回全国高校サッカー選手権茨城予選】茨城決勝T進出校が決定!

第98回全国高校サッカー選手権茨城予選の1次予選の全日程が9月10日に終了し、決勝トーナメント進出校が出揃った。 8月27日に開幕した1次予選は9月10日にブロック決勝最終日が行われ、総和工が3-0で太田⻄山・佐竹を退け決勝トーナメント進出を決めた。これで1次予選突破30校が決定した。 10月20日から始まる決勝トーナメントからはいよいよ今夏の全国総体に出場した水戸商や、明秀学園日立、鹿島学園などが登場する。なお、令和初となる全国選手権は12月30日に開幕。決勝は2020年1月13日に開催される。

高校サッカー
{by} koko-soccer.com
【加入情報】MF石ケ森荘真がヴァンラーレ八戸に加入内定

9月11日、ヴァンラーレ八戸はヴァンラーレ八戸FC U-18(青森)に所属するMF石ケ森荘真の2020シーズン加入が内定したことを発表した。今季は2種登録選手としてトップチームに登録され、背番号は19に決まっている。2006年のヴァンラーレ八戸FCアカデミー創設以来、初のトップチーム昇格。 ■経歴ヴァンラーレ八戸FC U-15→ヴァンラーレ八戸FC U-18 ■プロフィール生年月日:2001年7月1日出身地:青森県 ■身長/体重171㎝/58kg

ヴァンラーレ八戸
石ケ森荘真
{by} koko-soccer.com
「夢を目標に変えることができました」。松本内定MF山田真夏斗は立正大淞南でプロへの道を切り開く

「淞南高校に来て南監督と出会い、夢を目標に変えることができました」松本山雅FC内定のMF山田真夏斗(3年)は、立正大淞南高(島根)で成長した選手だ。立正大淞南の南健司監督は「こちらが指導をできない才能を元々持っていました」と語るが、一方でSAGAWA SHIGA FOOTBALL ACADEMY(滋賀)時代は本人も認める通り、守備や走ることが課題になっていた。山田は立正大淞南への入学当初からプロサッカー選手になるという夢を持っていたが、なれる自信が全くなかったという。メンタル的な強さもまだまだ足りなかった。それでも、山田は「(知識や考え方が)言葉にできないくらい凄い人です」という南監督をはじめとしたコーチ陣の指導、仲間の存在、寮生活、週に数日ある土のグラウンドでの練習等、立正大淞南の3年間で自分が変化したことを実感している。「(南監督の指導で)私生活がサッカー面に繋がってくると思いました。

松本山雅FC
{by} web.gekisaka.jp
2019年9月14日 リーグ・アン LOSCリール・メトロポール対アンジェSCO【予想とオッズ】

LOSCリール・メトロポール最近ホーム7試合で6勝となり、ホームゲームが得意だ。前回ランスに敗れ、最近3試合で2敗を喫した。最近3試合で2試合完封負けを喫し、攻撃力が安定性を欠いている。#P1#オッズによると、LOSCリール・メトロポールは最近6試合中4試合ハンディ敗となった。 アンジェSCO前回ディジョンに勝って、リーグ4試合で3勝と好調だ。最近2試合で全て完封勝利を収め、守備力が素敵だ。双方の最近9対戦でアンジェSCOが5勝3分け1敗と優位に立った。最近9試合でただ1試合ハンディ敗となった。最近アウェイ戦3試合で全て勝ちきれなくて、競争力が普通だ。 概説両チームはリーグ開幕からのパフォーマンスが対照してる。LOSCリール・メトロポールは最近3試合で2敗を喫した。対する アンジェSCOはリーグ4試合で3勝と好調だ。しかも双方の過去対戦成績にもアンジェSCOが優位に立つ。但し、アジアンズに

リーグ・アン
{by} jp.7msport.com