【選手権展望】優勝候補は?注目選手は?チームの仕上がりは?高校年代のビッグトーナメントを徹底解剖!

Aブロックは大激戦区に 今季の公式戦は全勝。強豪・青森山田が今年も大本命だ。(C)SOCCER DIGEST いよいよ第99回全国高校サッカー選手権が12月31日から開幕する。2020年は新型コロナウイルスの影響で、初めてインターハイが中止となり、高円宮杯などの各リーグ戦も大会方式の変更や規模縮小を余儀なくされた。そんな困難を乗り越え、各地域予選を勝ち上がった48の代表校が今年もしのぎを削る。 本稿では、今大会のトーナメント表を4つに分け、各ブロックの優勝候補や注目選手、活動が制限されるなかでも準備を進めるチームの仕上がりなどを紹介。全高校プレーヤーが憧れる大舞台で、99代チャンピオンに輝くのは――。 ――◆――◆―― 第99回高校サッカー選手権組み合わせ。各ブロックの展望を占う。 【Aブロック】 ともに鹿島内定のMF須藤直輝とMF小川優介、新潟内定FW小見

全国高校サッカー選手権
{by} soccerdigestweb
大会屈指のバランサー、昌平MF柴は自分の役割を徹底しながらゴールも

ゴールも狙うバランサー、昌平高の福島内定MF柴圭汰 「この身体のことはずっと言われると思うんですけれども、これでもできるんだと示していければ自分の自信にも繋げていけると思いますし、周りの子達にもよい目標になると思うので、頑張っていきたい」 昌平高の福島内定MF柴圭汰(3年)は前回大会の優秀選手。正確なパスでビルドアップを好転させつつ、守備になった瞬間にその読みの鋭さとボール奪取力によって、何度もチームを助けていた。 中体連出身のMFは登録身長160cmほどと非常に小柄。だが、強豪・昌平で2年時から先発を勝ち取り、欠かせない存在となった。昨年度の選手権で活躍し、福島からの内定を獲得。12月にパートナーを組むMF小川優介(3年)がU-18日本代表候補に選出されたこともエネルギーに、選手権に臨んでいる。 「(小川と)いつも一緒にやっていた身として、自分も頑張らないといけない。自

昌平高
柴圭汰
{by} web.gekisaka.jp
5年で3度の選手権、関東一の小野貴裕監督が見据える「1個でも上」

今日幕を開ける99回目の選手権、関東一高(東京B)が3年ぶりに冬の舞台に帰ってくる。インターハイは15年から4年連続で出場し、15年は4強に進出。選手権は16年度の初出場から2年連続出場も果たし、いいサイクルに入っていた中で19年度は全国の切符を掴むことができなかった。それでも、MF類家暁(3年)やDF菅原涼太(3年)らが1年生でインターハイでプレーし、小野貴裕監督が「満を持して迎えた3年目」に、関東一にとって3度目の選手権の切符を手にした。2020年、指揮官が期待を寄せる代が最高学年になる矢先に新型コロナウイルスの感染が拡大、活動を制限・休止することを余儀なくされた。しかし、その“空白の期間”が指揮官にとってはターニングポイントになったという。「個人的な感覚としてはこの5年くらいはずっとギリギリの精神状況でした。勝てなかったこの2年間で焦っていたこともないですし、逆に勝っていたときも興奮

選手権
{by} web.gekisaka.jp
大会直前にもあった壁と葛藤。何度も乗り越えてきたエース、昌平MF須藤直輝が最後の選手権で舞う

何度も壁を乗り越えてきた注目ドリブラーが、最後の選手権で舞う。昌平高のU-18日本代表候補MF須藤直輝主将(3年)は、選手権の主役候補の一人。元ブラジル代表の名手、FWロナウジーニョに憧れ、ピッチでサッカーの楽しさを表現する須藤は、トリッキーなドリブルで会場を沸かせ、試合を決定づけるようなゴールを幾度も決めてきた。2年生エース、ゲームキャプテンの大役も担っていた前回大会は2得点を挙げて8強。今年は大宮ジュニアユースから昌平へ進学した理由でもある選手権制覇の目標に挑戦する最後のチャンスだ。だが、開幕の約3週間前、須藤は葛藤の中でプレーしていた。怪我を抱えていたこともあり、不十分なコンディション。紅白戦でも突破の回数を増やすことができず、ブレーキになっていた。12月上旬の取材日は藤島崇之監督も「今年一番悪かったくらい」と振り返るほどのチーム状況。個々の気持ちが空回りしているところもあったか、チ

最後の選手権
{by} web.gekisaka.jp
今日12月31日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日12月31日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本GK杉本拓也(藤枝、1989)*シュートストップに自信を持つGK。18年に鳥取から加入した。MF湯澤洋介(鳥栖、1990)*密集をすり抜ける鋭いドリブル突破が特長のアタッカー。MF中村亮(讃岐、1996)*鹿児島城西高、阪南大出身のサイドバック。ドリブルを武器とする。海外 MFラゴ・ジュニオール(マジョルカ、1990、コートジボワール)*恵まれたフィジカルを武器にゴールに近付くアタッカー。元選手GKグレゴリー・クーペ(元パリSGほか、1972、フランス)*フランスリーグ随一といわれた守護神。冷静な判断力を持っていた。ほか俵万智(歌人、1962)江口洋介(俳優、1967)大黒摩季(歌手、1969)東貴博(Take2:タレント、1969)中越典子

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
公式発表!PSGはトーマス・トゥヘル監督を解任…チームをリーグ・アン連覇を導き

日本時間12月29日、パリ・サンジェルマンは公式サイトで、トーマス・トゥヘル監督の解任を発表した。 47歳のトゥヘル監督は2018年にPSGの指揮官に就任し、チームをリーグ・アン連覇を含む6冠に導いた。昨シーズン、彼はPSGをチーム史上初のチャンピオンズリーグ決勝に導き、最後に0- 1でバイエルンに敗れ、準優勝を勝ち取った。 今シーズンここまで、PSGはリーグで11勝2引き分け4敗を記録し、暫くリヨンとリールに1勝ち点差をつけ、3位になった。

PSG
パリ・サンジェルマン
トーマス・トゥヘル監督
{by} jp.7msport.com
「それでも勝つのが市立船橋」大会3週間前に校内で集団感染…危機に見舞われた伝統校のプライドと決意

12月6日のプレミアリーグ関東最終戦以降は活動を自粛 千葉県決勝ではライバル流経大柏を破って全国出場を決めた市立船橋。写真:田中研治 12月10日の出来事だった。市立船橋高の男子バスケットボール部で新型コロナウイルスのクラスターが発生。翌日にはさらなる感染が確認され、学校は休校措置を取らざる得なくなった。 12月31日に開幕する高校サッカー選手権に出場するサッカー部も影響を受け、オフを取った関係で感染拡大前最後のゲームとなった12月6日のプレミアリーグ関東・最終戦以降は活動を自粛した。 「生きた心地がしなかった。だけど、これだけ生徒がいれば出る可能性はある。サッカー部も90名近くいるので誰が出てもおかしくないと覚悟していた」と波多秀吾監督が肝を潰したように、スタッフと選手がPCR検査を受けた。「選手権に本当に出られるのかと思ったのが正直な気持ち」(石田侑資/3年)と話したよう

市立船橋高
新型コロナウイルス
高校サッカー選手権
{by} soccerdigestweb
ユース取材ライター陣が推薦する選手権注目の11傑vol.2

12月31日に開幕する第99回全国高校サッカー選手権の注目選手を大特集。「選手権注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権注目の11選手を紹介してもらいます。第2回は(株)ジェイ・スポーツで『デイリーサッカーニュース Foot!』を担当する傍ら、東京都中心にユース年代のチーム、選手を取材、そしてゲキサカコラム『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』も連載中の土屋雅史氏による11名です。 土屋雅史氏「今回も11人全員を3年生の中から選出しました。今年の高校3年生は想定もしなかった事態を突き付けられ、各種大会の中止のみならず、自チームでの練習もままならない時期を過ごしてきただけに、高校選手権という最高の舞台で全国のピッチに立つ選手たちには、予選で敗れていった多くの選手たちの分まで、この1年間のすべてをぶつけて、悔いのないゲームを戦い切ることを願っています」

全国高校サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
ユース取材ライター陣が推薦する選手権注目の11傑vol.1

森田氏が推薦するMF川上航立(帝京長岡高) 12月31日に開幕する第99回全国高校サッカー選手権の注目選手を大特集。「選手権注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。 森田将義氏「新型コロナウイルスの影響で、今年は史上初の中止となったインターハイを筆頭に多くの大会が中止になりました。どこにぶつければ良いか分からない悔しさや虚しさを抱える選手が多い中でも、最後の年にかけていた3年の想いは、計り知れません。それでも、選手権があると信じて頑張り続けた選手たちの成長は著しく、予選などでは気持ちの強さを感じる選手が多くいました。そうした3年生の中から、特に活躍して欲しいと思った選手をピックアップしました。彼らの高校生活の集大成をぜひ、チェ

全国高校サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
FC東京U-18GK西山草汰(1年)異例のトップ帯同で体感した「プロの世界」初出場GKが連続PKストップ!

[12.29 日本クラブユース選手権U-18大会準決勝 FC東京U-18 0-0(PK4-3) 大宮U18 敷島公園サッカー・ラグビー場]FC東京U-18を敗退危機から救ったのは、代役起用の1年生守護神だった。今大会初出場のGK西山草汰(1年)は0-0で迎えたPK戦で、相手キッカーの4人目と5人目を立て続けにストップ。「中学校の時から止めることが多くて得意だった」と胸を張るスキルを活かし、チームを3年ぶりの決勝の舞台に導いた。FC東京は今大会、背番号1のGK彼島優(2年)が正ゴールキーパーを務めていたが、準々決勝サンフレッチェ広島ユース戦の試合中に負傷。全国準決勝という大舞台で初めて、FC東京U-15むさし出身の西山に出番が回ってきた。「天然というかのほほんとしていて、フワフワしているけど意外と芯がある。今日も『俺、準備できてます』って力強く言っていたので信頼していた」。主将のMF常盤亨太

日本クラブユース選手権U-18
{by} web.gekisaka.jp