バルセロナ公式発表:スアレスは移籍料なしでアトレティコ・マドリードに入団 脱退

バルセロナは24日、スアレスがアトレティコ・マドリードに入団したと発表した。バルセロナは固定移籍料は徴収していないが、600万ユーロの条項を設けている。 報道によると、600万ユーロの条項はアトレティコのリーグ順位とUCL成績と連動する。 スアレスはバルセロナとの契約期間が満了したが、コメン監督の計画から外され、前にユヴェントスに入団したのが失敗に終わり、アトレティコとの2年契約に成功した。 スアレスは今年33歳で、バルセロナで6シーズンプレーし、198ゴール、109アシストを記録し、バルセロナ史上3番目の得点王となり、リーグ優勝1回、リーガ・エスパニョーラ4回を含む13勝を挙げた。

スアレス
{by} jp.7msport.com
モウリーニョ氏:ベルも競争をしなければならない ジダンは彼が去っていくのを喜んだ

ベルはレンタルでトテナム・ホットスパーに復帰した。もし順調にいけば、レンタル期間が終わった後、トテナム・ホットスパーに長期残留する機会が与えられるため、再びレアルに復帰する必要はない。モウリーニョ監督も期待感を示した。 モウリーニョ監督は「皆が満足すれば、彼が残るのは完璧だ。私はジネディーヌ・ジダンと話したことはありませんが、ジダンはベルが去っていくことを喜ぶと信じています。私たちもベルがここにいることを喜んでいます。ベル本人もトットナム・ホットスパーを喜んでいる。だから、シーズンが終わった時、皆が満足しているようにして、彼が引き続き私たちと一緒にいられるようにしてほしい」と話した。 「ベルは私がレアルの監督を引き受けたことを知って、彼を望んだが、当時の取引は不可能だった。彼は、私がマンチェスター・ユナイテッドの監督を引き受けた時、彼を迎え入れる機会があったことも知っている。彼は私

モウリーニョ
{by} jp.7msport.com
今日9月24日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日9月24日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本DF秋元倫孝(藤枝、1982)*4年間を過ごしたタイリーグからJリーグに復帰したベテランDF。DF岩下敬輔(鳥栖、1986)*空中戦の強さ、優れたインターセプトとカバーリング能力が武器。DF大本祐槻(新潟、1994)*両SBでプレー可能。縦への推進力、スピードがある攻撃的なDF。DF大谷尚輝(町田、1995)*広島ユース出身。対人能力に優れ、空中戦で強さを発揮するDF。DF吉田朋恭(福島、1997)*産業能率大出身。足元の正確な技術を持つレフティー。DFバングーナガンデ佳史扶(FC東京、2001)*FC東京U-18出身。フィジカルの強さ、縦への推進力があるDF。海外MFオリオル・ロメウ(サウサンプトン、1991、スペイン)*的確なパス回し、激しい守備が持

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
「内田篤人監督」という可能性。指導者ライセンスの課題

日本U―19代表でロールモデルコーチとして指導する内田篤人(写真:森田直樹/アフロスポーツ) 「内田監督」という可能性 先日、現役引退を発表した内田篤人が日本U―19代表の合宿に参加し、ロールモデルコーチに就任したことが話題になった。ロールモデルコーチは、指導者ライセンスを持たなくても指導に関われるようにした特別措置だという。 「言葉に重みがある」 内田に指導を受けたU―19代表選手たちから出たのは、本音だろう。つい最近まで、世界の最前線で戦ってきた元選手の生の言葉は、心に響く。技術だけでなく、選手としての熱も残っているだけに、同志のような気持になる。元選手ではサッカーを言葉にするのが苦手だったり、コミュニケーション力が低い場合もあるが、内田は代表チームでも後輩選手から尊敬され、慕われ、その言葉も存在も力があった。 逆説的に言えば、内田のような元選手が、一日も早く監督に

日本U―19代表
内田篤人
{by} https://headlines.yahoo.co.jp
イタリアの審判が自宅で刺殺され、彼の婚約者も殺される

イタリアの審判、ダニエレ・デ・サンティスさんと彼の婚約者マンタは自宅で惨殺された。 今週月曜日に殺人事件が発生し、警察が現在捜査中。イタリアのメディアの報道によれば、2人の遺体はレッチェのマンションで発見され、目撃者はナイフとバックパックを持った男性を見った。 33歳のダニエレ・デ・サンティスさんは、2017年に審判としてスタートし、これまでセリエB~Dで130試合の審判を務めていた。

セリエB
殺人事件
ダニエレ・デ・サンティス
{by} jp.7msport.com
ユヴェントスの新しい選手モラタがトリノ空港に到着

2020年9月22日、イタリア、20/21セリエA、ユヴェントスの新たな選手モラタがトリノの空港に到着した。

ユヴェントス
{by} jp.7msport.com
スーパーゴール含む1G2A。清水ユースは10番MF青島健大主将が“主役級”の活躍

前半15分、清水エスパルスユースMF青島健大(10番)が勝ち越しゴール [9.22 SBSカップドリームユース決勝 清水ユース 4-3 磐田U-18 草薙陸] 「2020SBSカップドリームユースサッカー」のMVPはチームメートのCB田中芳拓(3年)に譲ったものの、MF青島健大(3年)は“主役級”の活躍で清水エスパルスユースを優勝へ導いた。 前日のU-16日本代表戦で2ゴールを演出した青島は、この日も1ゴール2アシストの活躍。特にインパクトがあったのが、前半15分に決めた勝ち越しゴールだ。右MFの青島は左サイドからのクロスが流れたところをダイレクトで左足シュート。弾丸ライナーの一撃がファーサイドのゴールネットに突き刺さった。 「びっくりしました(笑)。上手く抑えて、フカサないことを意識して、それだけ意識してやったので本当に良いシュートだったと思います」というゴール。家族や

SBSカップドリームユース
清水エスパルスユース
青島健大
{by} web.gekisaka.jp
レアル・マドリードMF選手が新型コロナ陽性反応 ラ・リーガ第1戦に先発出場したばかり

9月23日、レアル・マドリードの記者、Alfredo Martínez氏によると、レアル・マドリードのノルウェー代表MF、ウーデゴールの新型コロナ検査が陽性反応を示した。 今季、ウーデゴールはレアル・マドリードにレンタルで復帰した。昨季、レアル・マドリードでプレーし、7ゴール9アシストの36アシストを記録した。レアル・マドリードは、今シーズン、ウーデゴールをジダンの下でプレーすることにした。 レアルとの第1戦で、ウーデゴールは先発出場して69分をプレーし、5年ぶりの出場となった。

レアル・マドリード
{by} jp.7msport.com
「本当に全然違いました」前橋育英“伝統の14番”がまたひとりプロへ! 高校屈指の実力者、櫻井辰徳が神戸を選んだワケ

選手権欠場。櫻井を失意のどん底から救ったのは… “前橋育英の14番”は特別な番号だ。 山口素弘(元日本代表)、松田直樹(元日本代表)、青木剛(南葛SC)、青木拓矢(浦和)、小島秀斗(千葉)、鈴木徳真(徳島)。エースナンバーを背負った者の多くがプロの世界に進んだ。そして今年もまたひとり、伝統の14番を身に纏う選手がJクラブ入団内定を勝ち取った。来季からヴィッセル神戸でプレーするMF櫻井辰徳(3年)だ。 最大の武器は左右の足から繰り出すキックと視野の広さ。中盤の底から長短織り交ぜたパスでゲームを作り、隙あらばミドルシュートでゴールを狙う。攻撃のセンスは一級品で、今年の高体連組ではトップクラスの実力を持つ。 すでに2年生だった昨年からエースナンバーを背負ったように、将来を嘱望されていた櫻井は、どのような経緯から神戸入りを決めたのだろうか。 中学時代は埼玉県の東松山ぺレ

前橋育英
高校サッカー
{by} https://www.soccerdigestweb.com/