[スーパープリンスリーグ九州]延期の九国大付vs大分U-18戦は1-1ドロー

高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 九州は19日、台風10号の影響で延期されていたグループA第1節の九州国際大付高(福岡)対大分トリニータU-18(大分)戦を行った。九国大付は前半13分、DF石本渉のCKをDF磯谷駿がつなぎ、FW堀金峻明が先制ヘッド。対する大分U-18は後半31分にFW平川絢人が同点ゴールを決め、1-1の引き分けに持ち込んでいる。【第1節】グループA(9月5日)[福岡フットボールセンター C]筑陽学園 1-5 福岡U-18[筑]緒方孝起(18分)[福]石井稜真2(19分、86分)、藤原尚篤(33分)、牛鼻世波(57分)、真崎凌(82分)(未定)[未定]東福岡 vs 鳥栖U-18(9月19日)[九州国際大サッカー場]九州国際大付 1-1 大分U-18[九]堀金峻明(12分)[大]平川絢人(76分)グループB(9月5日)[大津町運動公園]大津 3-

高円宮杯
{by} web.gekisaka.jp
やっと話がまとまった!2200万+チェルシーの最後の補強の契約

チェルシーがレンヌと移籍料契約を交わした。セネガルのGKエドゥアルド・メンディのチェルシー加入がまもなく発表される。 28歳のメンディは、1週間前にチェルシーの体験を受けていたが、2つのクラブが支払い方法を巡って意見が対立し、選手が呼ばれていた。デイリー・メールは、チェルシーが2200万ポンドにフローティング条項を加えた移籍料でレンヌと合意したと報じた。 メンディはチェルシーと5年契約を結び、今年の夏、チェルシーが7番目に移籍することになった。フランスの日刊紙「レキップ」は、メンディがレンヌの同僚たちと別れを告げたと伝えた。 一方、チェルシーのdfサパコスタはジェノアへのレンタル移籍を終えており、昨シーズンはセリエaのasローマでプレーしていた。

チェルシー
{by} jp.7msport.com
アルテタ監督:これが私の求めるアーセナル精神です ミスしても挫けることはない

アーセナルのアルテタ監督は、ウェストハム戦に2-1で僅差で勝利したことを告白した。選手はある時は運が良かったに違いないが、チームも勝ち方を見つけたのが希望だった。 アルテタは「私たちはある瞬間には運が良かったと思う」と言いました私たちも覚えなければならないことがある。まだまだ向上できるところが多いからだ」 「試合開始15分前には、チームのボール紛失が頻繁になっていた。私たちにはまだたくさんの仕事がありますが、少なくとも彼らはトライし続けています。彼らは過ちを犯すことはできるが、逃げることは許されない。誰も逃げられなくなって、結局あなたは褒美をもらった。」 「私たちが到達しようとしている状態は、まだまだ遠いと思います。プレミアリーグのどの監督がチームの現在の進捗に満足しているかを聞いてみても、答えは不満かもしれません。選手たちはまだ100%のコンディションに達していない」と話した

アーセナル
{by} jp.7msport.com
「山雅の力になりたい」。松本U-18の186cmGK神田渉馬はより成長と厳しさ求めて上へ

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G]「山雅はサポーターも凄くて、地域愛とかも強くて……。自分、地元で育ったので、山雅の力になりたい。(アルウィンのピッチに立って活躍することが)ずっと夢だったので早く立ちたい」松本山雅FC U-18の186cmGK神田渉馬(3年)はU-15チームから在籍してきた松本でトップチームに昇格し、ホームスタジアムのアルウィンで活躍することを目標に掲げている。昨年7月に「JFAナショナルGKキャンプ」へ招集され、今年は松本トップチームに2種登録されている期待の大型GK。トップチームの守護神、GK村山智彦を目標の存在に挙げる神田は、練習参加した際に経験豊富な先輩GKたちのリーダーシップを学び、刺激を受けている。特長はシュートストップや距離の出るキックだ。この日は序盤にセットプレーから失点。だが、そこから立て直し、後半には1対1

プリンスリーグ北信越
{by} web.gekisaka.jp
今日9月20日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日9月20日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本FW山崎凌吾(名古屋、1992)*体格を生かした空中戦での強さに加え、スピードを兼ね備えるFW。MF坂本広大(熊本、1995)*熊本アカデミー出身で中京大を経て帰ってきたMF。GK加藤有輝(大宮、1997)*大宮ユース出身。足もとの技術が高く、大きな声でのコーチングも魅力。海外 MFユリアン・ドラクスラー(パリSG、1993、ドイツ)*切れ味鋭いドリブルにパスセンス、優れた得点感覚を兼ね備えるアタッカー。元選手MFオブドゥリオ・バレラ(元ペニャロールほか、1917、ウルグアイ)*1950年にW杯で優勝した際のウルグアイ代表主将。MFエルウィン・クーマン(元PSVほか、1961、オランダ)*元オランダ代表。実弟のロナルド・クーマンとともに欧州選手権優勝を

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
ガレス・ベイルは負傷を診断され、少なくとも1か月欠場

「マルカ」の報道によると、ガレス・ベイルは間もなく正式にトッテナムへの移籍が完了するが、彼は負傷により少なくとも1カ月は欠場することになるようだ。 同紙は、ガレス・ベイルは既にロンドンに到着したが、この前、ガレス・ベイルはウェールズ代表としてUEFAネーションズリーグ2試合に出場し、その際に負傷したとみられている。マドリードに戻ってからはジムでのトレーニングを行っていたと伝えている。 トッテナムの医療部門はガレス・ベイルの身体をチェックし、実際に怪我をしていることを確認した。ガレス・ベイルが完全に回復するには、少なくとも4週間待つ必要があるのかもしれない。

ガレス・ベイル
トッテナム
レアル・マドリード
{by} jp.7msport.com
巨乳アイドル松下陽月、バストが溢れちゃうくらいの大胆な衣装を披露!

松下陽月、Yotsuki Matsushita 誕生日:1999-12-03星座:射手座今年:20歳身長:147cm出身地:神奈川県、日本職業:モデル

松下陽月
巨乳
巨乳アイドル
{by} jp.7msport.com
昨年超えへ本気。1年生3人も躍動の帝京長岡が新潟明訓との好勝負を制す!

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 帝京長岡高 2-0 新潟明訓高 帝京長岡高G] 13日、高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 北信越のグループA第2節で帝京長岡高(新潟)と新潟明訓高(新潟)が対戦。昨年の優勝チーム・帝京長岡と一昨年優勝した新潟明訓との戦いは、1年生MF廣井蘭人とMF三宅凌太郎(2年)のゴールによって帝京長岡が2-0で勝った。 帝京長岡は昨年度選手権で新潟県勢初のベスト4。いずれも今年Jデビューを果たしているMF谷内田哲平(現京都)、FW晴山岬(現町田)、DF吉田晴稀(現愛媛)をはじめとするタレント軍団が、技術力と判断力を駆使したサッカーで新潟の歴史を塗り替えた。 “歴代最強”と言えるチームで新たな一歩を刻んだ帝京長岡は、その最強世代の表現したサッカーを今後のベースにしようという考えだ。あのレベルを“当たり前”にすること。古沢徹監

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
新潟明訓はブレイク期待の2年生FW内藤大夢が快足と「足振れる力」を披露

新潟明訓高期待の2年生アタッカー、内藤大夢 [9.13 プリンスリーグ北信越第2節 帝京長岡高 2-0 新潟明訓高 帝京長岡高G] 新潟明訓高はブレイク期待の2年生アタッカー、内藤大夢がそのスピードと迷いなく強振できる強みを発揮。相手にとって危険な存在になっていた。 強引にDFの前へ出る力強さと50m走5秒9という快足の持ち主。そして印象的だったのが、相手と競りながらでも足を振り切ることのできる力だ。この日は右サイドで先発。前半18分に縦パスからDFと競りながら強引にクロスを上げ切った内藤は、その後もスピードを活かした仕掛けを続け、わずかな隙があればパワーショットを撃ち込んでいく。 「足を振れるのは自分の良さだと思っているので、質を求めていきたいです。シュートで終われるのは良いんですけれども、あとは決めきる力をつけていきたいです。裏への抜け出しとか抜け出しからの素早いシュ

帝京長岡高
新潟明訓高
内藤大夢
{by} web.gekisaka.jp
今日9月19日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日9月19日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本MF早坂良太(札幌、1985)*JFLのHondaFCから鳥栖に加入し、18年から札幌へ。恵まれた体格、スピードが持ち味。DF奈良竜樹(川崎F、1993)*当たり負けしないフィジカルを備え、スピードもあるDF。DF藤嵜智貴(沼津、1994)*国士舘大から18年に新加入。清水ユース出身。MFハモン(鳥取、1998、ブラジル)*19年夏にフルミネンセから琉球に加入した元世代別ブラジル代表MF。今季から期限付きで鳥取に加入した。MF品田愛斗(FC東京、1999)*FC東京U-18から18年にトップ昇格。キックの精度が高くハードワークもできるMF。DF高橋祐翔(大分、2001)*米子北高出身。189㎝の大型DF。日本高校選抜、世代別代表の経験を持つ。

9月19日の誕生日
誕生日
{by} web.gekisaka.jp