【加入情報】湘南ベルマーレ、阪南大高FW鈴木章斗の2022シーズン加入内定を発表

7月22日、湘南ベルマーレは、阪南大高(大阪)所属のFW鈴木章斗が2022年シーズンより加⼊することが内定したことを発表した。 鈴木は、クラブの公式サイトを通じて「この度、湘南ベルマーレに加入することになりました、阪南大学高等学校の鈴木章斗です。1年目から試合に絡み、自分の特徴である貪欲にゴールを狙い、ひとつでも多くの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。」とコメントしている。 ガンバ大阪ジュニアユースからユースに昇格出来なかったところから、今では大阪の強豪校・阪南大高の絶対的エースに成長した鈴木が目標であった高卒プロ入りを勝ち取った。今年、インターハイ大阪予選やプリンスリーグ関西でも鈴木の存在感は群を抜いていた。以前、湘南ベルマーレの練習に参加した際「自分はスピードが遅いのでそこが違いました。あとはパスを回すスピード感も高校生とは全然違くて、一人一人が上

湘南ベルマーレ
阪南大高
{by} koko-soccer
今日7月23日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日7月23日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう。 日本DF廣木雄磨(岡山、1992)*1対1に強く、粘り強い守備が持ち味のDF。DF後藤虹介(沼津、1994)*大阪体育大から17年に加入。球際の強さが持ち味。FW中野誠也(大宮、1995)*筑波大出身。抜群の得点感覚を備え、タイミングの良い動き出しも魅力。MF松尾佑介(横浜FC、1997)*仙台大出身。高いボールセンスとスピードを持ち味とするレフティ。MF大久保智明(浦和、1998)*中央大出身。左足からの正確なキックでゲームを作る。MF井上健太(大分、1998)*福岡大出身。コンスタントに試合に絡んでいる。DF中村桐耶(札幌、2000)*札幌U-18出身。昨季はJFLのHonda FCでプレーした。GK梅田透吾(岡山、2000)*清水ユース出身の守護神。

誕生日
7月23日の誕生日
{by} web.gekisaka.jp
久保建英、ベイルら6選手が去就が不透明…レアル・マドリーの現状を米メディアが分析

レアル・マドリーでは、久保建英やガレス・ベイルら昨季レンタルされていた6選手の去就が不透明となっているようだ。『ESPN』が伝えた。 ジネディーヌ・ジダン前監督の退任に伴い、カルロ・アンチェロッティ監督が電撃復帰を果たしたレアル・マドリー。全選手が合流していない中でプレシーズンがスタートしたが、『ESPN』は「アンチェロッティはレアル・マドリーのマネジメントチームとともに、ベイル、久保、(マルティン)ウーデゴール、(ダニ)セバージョス、(ヘスス)バジェホ、(ルカ)ヨビッチの6選手の将来を決めなければならない」と指摘。そして「6選手はアンチェロッティを納得させるため、あるいは来季の行き先を確保するために戦うことになる」と綴った。 同メディアは、純年俸1500万ユーロ(約19億円)のベイルは今季で契約満了となるとしつつ、昨季レンタルで復帰したトッテナムでも「モウリーニョやメイソンを納得させるこ

レアル・マドリー
{by} web.gekisaka.jp
高校屈指の本格派FW、阪南大高FW鈴木章斗の来季湘南入団が内定! 大迫を彷彿させる“半端ない男”の進化と全貌

特大の伸びしろを有するブレイク候補 J1の湘南ベルマーレは7月22日、阪南大学高校のFW鈴木章斗(3年)が2022年シーズンから加入すると発表した。東京五輪に挑むU-24日本代表で主将を務めるMF遠藤航(シュツットガルト)を筆頭に、多くのタレントを育成してきた湘南にまた新たなブレイク候補が参入する。 ガンバ大阪ジュニアユース出身の鈴木は、前線でのキープ力と決定力に長けたストライカーで、今季のプリンスリーグ関西では9試合で6ゴール。4ゴールを奪ったインターハイ大阪予選では、2試合で決勝点を奪うなどストライカーとしての仕事を確実にこなせるのが強みだ。 今季は高校年代では手に負えないほどのプレーを見せているが、今後さらなる成長を期待できるのも魅力のひとつ。濱田豪監督は「ここから伸びる要素がまだある。FWは外国人選手との競争があるので難しくても、ゴール前に行くまでの繋ぎで嫌な選

阪南大高
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
開閉会式担当 小林賢太郎氏解任 ユダヤ系団体 過去コント非難

東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式のショーディレクターを務める小林賢太郎氏について、大会組織委員会は過去にナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして22日、解任しました。オリンピックとパラリンピックの開会式では学生時代のいじめの告白をめぐって批判が相次いだ作曲担当者の1人でミュージシャンの小山田圭吾氏が辞任したばかりで、開会式直前に担当者が相次いで辞める事態となっています。 23日に開催される東京オリンピックと来月のパラリンピックの開会式と閉会式でショーディレクターを務める小林賢太郎氏は、過去のコントでナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして、アメリカに拠点を置くユダヤ系の人権団体が非難する声明を発表していました。 これを受けて組織委員会は22日、小林氏をオリンピックとパラリンピックの開閉会式のショーデ

東京オリンピック
小林賢太郎氏
{by} www3.nhk.or.jp
外出は原則として遠慮を 「15分外出ルール」“特例”を撤回

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の中村英正メインオペレーションセンター(MOC)チーフと岩下剛警備局長が22日、都内のメインプレスセンター(MPC)で会見し、海外メディアなどの宿泊先で案内していたコンビニ等への「15分以内の外出許可」という“特例”の撤回を発表した。 岩下氏が「そのような案内を日英併記でしておりましたが、誤解を与えかねないということで、全面的に見直しました。外出は原則として遠慮いただく」と表明した。続けて「食料の調達の際には、原則として監視員が対応することも明記しました。監視員の方々への指導を徹底し、警備員の方々の配置もメディアの宿泊先だけにとどまらず拡大することにしました。言語指導も強化するとともに、近隣コンビニの巡回も講じることにしました」と対策の強化を約束した。 MPCや競技会場での食事についても、定めていた持ち込み禁止ポリシーを緩和。「個人

東京オリンピック
東京五輪
{by} www.nikkansports.com
阪南大高FW鈴木章斗(3年)_プロ入り濃厚のストライカー、インハイへ弾みの2発

[7.19 プリンスリーグ関西第5節 阪南大高 3-0 三田学園高 阪南大学高見ノ里G] プロ入りが濃厚となっているストライカーが、負けられない一戦で2ゴールを決めた。阪南大高(大阪)FW鈴木章斗(3年=ガンバ大阪ジュニアユース出身)は前半27分、PA内・右中間で「こぼれて来たのであんま何も考えずにコースだけ狙って」左足1タッチで先制ゴール。一見、容易では無さそうなシュートだったが、関西屈指の点取り屋は難なく左隅へ沈めた。 2-0と突き放した直後の後半26分には、豪快な右クロスからヘディングシュート。これは相手GKの好セーブに阻まれたものの、すぐに動き直して左SB松本楓悟(3年)の左クロスに反応する。「一回で決めれなかったので(悔しかったが)。3点目を獲ることでチームに楽になると思うのでその気持ちが勝ったかなと思います」。1本目以上に気持ちを込めたヘディングシュートで今度はゴールネットを揺

プリンスリーグ関西
{by} web.gekisaka.jp
湘南ベルマーレ、ユース所属のMF原直生とDF石井大生の来季トップ昇格を発表

7月20日、湘南ベルマーレは、ユース所属のMF原直生とDF石井大生の来季トップチーム昇格が内定したことを発表した。 原はクラブの公式サイトを通じて「幼い頃からの夢である、プロサッカー選手になれてとても嬉しい気持ちと同時に、今まで育ててくれた両親、指導者の皆さん、チームメイトにはとても感謝しています。これから改めて、恩返しする気持ちとサッカーを全力で楽しむことを忘れずに頑張ります。よろしくお願いします」とコメント。 石井は「小さい頃からお世話になっているこのクラブで、幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれたことをとても嬉しく思います。それを実現できたのは、このクラブでサッカーの技術面はもちろん、人間性や精神面が成長できたからこそだと思います。今まで支えてくれた家族、指導者の皆様、チームメイト、たくさんの方達に本当に感謝しています。現状に満足せず、これからは感謝の気持ちを忘れず恩

湘南ベルマーレ
{by} koko-soccer
【加入情報】湘南ベルマーレ、帝京長岡DF松村晟怜の2022シーズン加入内定を発表

7月21日、湘南ベルマーレは、帝京長岡(新潟)所属のDF松村晟怜が2022年シーズンより加⼊することが内定したことを発表した。 松村は、クラブの公式サイトを通じて「この度、2022年度からの湘南ベルマーレへの加入が内定しました、帝京長岡高校の松村晟怜です。チームの勝利のために全力を尽くし、少しでも早く試合に絡めるよう頑張ります。よろしくお願いします」とコメントしている。また、クラブは松村を「左足から繰り出される多彩なキックで攻撃の起点になることができ、攻守において状況判断に優れる選手」と評している。 【松村晟怜】■ポジションDF ■経歴長岡JrユースFC→帝京長岡■プロフィール生年月日:2003年12月3日出身地:新潟県 ■身長/体重182cm/70kg

湘南ベルマーレ
帝京長岡
{by} koko-soccer
今日7月22日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日7月22日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう。 日本 FWレアンドロ・ダミアン(川崎F、1989、ブラジル)*ロンドン五輪得点王。屈強なフィジカルと繊細なボールタッチでゴールを奪う。 DF佐藤祥(栃木、1993)*ボール奪取能力、空中戦の強さが持ち味のDF。 DF原田亘(FC今治、1996)*星稜高、日体大出身のDF 。高校3年時には、選手権で全国優勝を経験している。 DF吹ヶ徳喜(徳島、1997)*阪南大出身のDF。スピードのある突破から、正確なクロスを上げる。 FW松岡瑠夢(栃木、1998)*FC東京アカデミー出身のFW。慶應義塾大を経てJ入りへ。 GKミン・ソンジュン(山形、1999、韓国)*韓国の仁川ユナイテッドから加入。189cmの長身を誇る守護神。 MF芝本蓮(相模原、1999

誕生日
{by} web.gekisaka.jp