マグワイアがマンUの主将を続けていることを確認した監督は「ずっとマグワイアを応援してる」

今年の夏、マグワイアはギリシャで喧嘩に巻き込まれ、逮捕された。マンチェスター・ユナイテッドの監督は、公式ホームページのインタビューで、マグワイヤの話を取り上げ、「マグワイアは引き続きマンUのキャプテンを務める」と明らかにした。 「もちろん、マグワイアは厳しい夏の休暇を過ごした。彼の休養期間は長くなく、状況も他の人と異なっていたので、私たちも彼に数日を与えた。その後、彼は復帰し、調子がよさそうだった。彼は本当にうまくやっています。もちろん、ここで彼を応援します。」 「彼は私たちのリーダーになるでしょう。私たちはマグワイアと周りの人たちをこのように正常に進めるでしょう。私から見れば、彼はトップレベルで、絶対トップレベルの人でも、常に前向きで、正しい価値観を持っています。マグワイアの最高の活躍が見られるようになりたい」と話した。 マグワイアは昨シーズン、マンuのプレミアリーグ38試合

マンU
{by} jp.7msport.com
リバプールの大スター選手の意外なミスで相手にプレゼント!「生意気だ」

ディペンディングチャンピオンのリバプールがプレミアリーグ第1戦で、リーズを下したが、3失点を許し、守備面で調子が望ましくない。守備ラインのリーダー、ファン・ダイクはミスを犯し、ゴールを許した。 当時、リーズのロングパス攻撃で、ペナルティー・エリアの前にいたファン・ダイクは、まるでロブソンにボールを直接パスしようとしたかのように見えた。結局、ボールはリーズのFWベンフォードに阻まれ、落ち着いて同点ゴールをアシストした。 「スカイ・スポーツ」のゲスト、リバプールの名門クラブ・カラグは、「素晴らしい試合だった。前半17分、90分間に素晴らしい試合を見せて欲しい。今日の二人のMF選手の間にいると、アリソンは嬉しくない。ファン・ダイク、彼はあまりにも生意気だ」 もう一人の「シンクネス」は、「バンデックがとんでもないミスをしたが、ゴールも決めた」と話した。 OPTAのデータによると、

ファン・ダイク
{by} jp.7msport.com
[プリンスリーグ関東]鹿島ユース、東京Vユース、川崎F U-18がいずれも高体連チームに勝利

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 関東は12日、第2節1日目の3試合を行い、いずれもJクラブユース勢が高体連チームに勝利した。鹿島アントラーズユース(茨城)はMF舟崎歩武とFW飯塚輝のゴールによって矢板中央高(栃木)に2-1で逆転勝ち。1勝1分で暫定首位に立った。今季初戦の東京ヴェルディユース(東京)はMF粟津一輝の先制点とDF酒井優希の2得点によって昌平高(埼玉)に3-1で勝利。帝京高(東京)と対戦した川崎フロンターレU-18(神奈川)は、帝京の斎藤慈人に先制点を許したものの、MF平田流衣の3得点とFW鈴木大登の決勝点によって逆転勝ちしている。なお、桐生一高(群馬)対前橋育英(群馬)戦は延期。13日には山梨学院高対三菱養和SCユース(東京)戦の1試合が行われる。【第2節】(9月12日)[矢板中央高東泉グラウンド]矢板中央 1-2 鹿島ユース[矢]高野怜滋(39分)[

高円宮杯JFA U-18
{by} web.gekisaka.jp
今日9月13日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日9月13日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本DF石川直樹(札幌、1985)*空中戦での強さ、クロス精度の良さを特長とするDF。DF浦田延尚(松本、1989)*帝京高出身。1対1に強く、DFながら得点感覚も備える。MF中村充孝(山形、1990)*繊細なドリブルとパスセンスを持ち合わせるMF。MF中野克哉(京都、1996)*関西学院大出身の左利きアタッカー。高い技術と一瞬のスピードが武器。DF関川郁万(鹿島、2000)*流通経済大柏高を2年連続で高校選手権決勝に導いたセンターバック。ヘディングが強い。MF松原翔太(山口、2002)*山口U-18所属の2種登録選手。海外FWトーマス・ミュラー(バイエルン、1989、ドイツ)*驚異的なスピードでゴールを奪うドイツ代表のストライカー。ブラジルW杯では5得点を挙

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
C・ロナウド、エロかっこいい!彼女は鍛え上げた美尻を大胆に披露

C・ロナウドの彼女、ジョルジーナ氏は自分のSNSに水着写真を掲載した。C・ロナウドは写真に「地球上で最も美しい女性」と言いながら変わらない愛情を表わした。特にC・ロナウドはジョルジーナ氏の写真にハートを4つも示した。

C・ロナウド
ジョルジーナ
{by} jp.7msport.com
人気山中真由美、大胆な姿にチャレンジする意欲写真集

山中 真由美(やまなか まゆみ、1993年3月2日 - )は、日本のグラビアアイドル。東京都足立区出身。所属事務所はチャーム。 妹とともに事務所に入り、子役・ジュニアアイドルとしてデビュー。当初はグラビア・イメージビデオを中心に活動していた。 2007年1月、事務所との間に契約違反を犯したため、同年2月から4月にかけて芸能活動を中断していたものの、「清純いもうと倶楽部」における2007年度人気投票では全223人中妹に次いで2位となった。 2008年に高校進学したため、この時点で一応ジュニアアイドルを“卒業”、一般のアイドルタレント(ティーンズアイドル)に移行した。 2011年10月1日、ブログをアメーバブログに移行。 2018年6月29日より恵比寿マスカッツ1.5に研修生として加入。2018年8月24日、恵比寿マスカッツ正式メンバ

山中真由美
{by} jp.7msport.com
【2021年】高校・ユース:Jリーグクラブ加入内定選手一覧(9/11時点)

来季のJリーグへの加入が内定している高校サッカー部の選手とユースに所属する選手を紹介! ■高校 ・奈良坂 巧経歴:クラブテアトロJrユース ⇒ 桐光学園高校 ⇒ FC町田ゼルビア ・中島 大嘉経歴:RIP ACE SC U-15 ⇒ 国見高校 ⇒ 北海道コンサドーレ札幌 ・稲葉 楽経歴:セレッソ大阪U-15 ⇒ 藤枝東高校 ⇒ ツエーゲン金沢 ・田邉 秀斗経歴:奈良YMCAジュニアユース ⇒ 静岡学園高校 ⇒ 川崎フロンターレ ・西野 大陽経歴:徳島ヴォルティスジュニアユース ⇒ 京都橘高校 ⇒ 徳島ヴォルティス ・藤原 優大経歴:青森山田中学 ⇒ 青森山田高校 ⇒ 浦和レッズ ・平岡 大陽経歴:セレッソ大阪西U-15 ⇒ 履正社高校 ⇒ 湘南ベルマーレ ・杉浦 力斗経歴:IRIS生野U-15 ⇒ 興國高校 ⇒ ツエーゲン金沢 ・阿部

Jリーグ
高校サッカー
{by} yansaka.com
U-19日本代表候補メンバー29人が発表 高校年代からも選出

9月11日、日本サッカー協会(JFA)は、14日から16日にかけて千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで行われるU-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加するU-19日本代表候補29人を発表した。発表されたメンバーは以下の通り。 ▽GK小畑裕馬(ベガルタ仙台)鈴木彩艶(浦和レッズユース)野澤大志ブランドン(FC東京) ▽DF山崎大地(順天堂大学)成瀬竣平(名古屋グランパス)モヨ・マルコム強志(法政大学)三原秀真(愛媛FC)加藤聖(V・ファーレン長崎)バングーナガンデ佳史扶(FC東京)半田陸(モンテディオ山形)村上陽介(明治大学)藤原優大(青森山田)鈴木海音(ジュビロ磐田U-18)佐古真礼(東京ヴェルディユース) ▽MF松村優太(鹿島アントラーズ)川崎颯太(京都サンガF.C.)松本凪生(セレッソ大阪)武田英寿(浦和レッズ)松橋優安(東京ヴェルディ)山本理仁(東京ヴェルディ)荒

日本サッカー協会
U-19日本代表候補
{by} koko-soccer.com
ネイマールは新型コロナ感染症から回復し、トレーニングに復帰

パリ・サンジェルマンのスター選手であるネイマールは練習場に復帰したと発表した。これは彼がCOVID−19から回復したことを意味する。 これに先立って、ネイマールを含む7人のPSGの選手が陽性反応を示した。ネイマール、ムバペー、イカルディ、ディ・マリア、パレデス、ナヴァス、マルキーニョスだった。

ネイマール
{by} jp.7msport.com
マルチな大型MF桑山侃士「もっとやらないとあそこには行けない」。東海大高輪台は「東京一」の力つけて全国へ

「まず東京ナンバー1の力をつけて、しっかりと勝ち切る。そうしたら、日本一にチャレンジしよう」東海大高輪台高の川島純一監督は選手たちにそう言葉がけしているのだという。昨年度の選手権東京都予選は決勝で幾度もチャンスを作りながら1点が奪えず、後半アディショナルタイムの失点によって東久留米総合高に0-1で惜敗。インターハイに出場した17年度のチームなど、近年は常に東京の頂点を狙えるほどの力を有しているものの、選手権には手が届いていない。目標は全国制覇だ。今年はJクラブも関心を寄せる快足FW横山歩夢(3年)をはじめ、こちらも注目の大型MF桑山侃士(3年)、昨年も1トップを務めた180cmFW小林亮翔(3年)、MF小島渉(3年)ら昨年以上、全国でも十分に戦えるだけの戦力がある。だが、まずは東京を勝ち抜くために、地に足をつけて「東京ナンバー1」と言える力を身につけるという考え。現在はそのための日々を過ご

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp