今日5月3日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日5月3日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう。 日本 GK菅野孝憲(札幌、1984)*シュートへの反応速度が抜群で、声を張り上げてコーチングし続ける闘争心旺盛なGK。MF横谷繁(愛媛、1987)*視野が広くロングパスや正確なボールタッチが魅力のMF。DF河面旺成(大宮、1994)*明治大出身のDF。左足のロングフィードと正確なパス、クロスの質の高さが武器。DF饗庭瑞生(秋田、1997)*福岡大出身のCB。アグレッシブで粘り強い守備を持ち味とする。DF真瀬拓海(仙台、1998)*阪南大出身のサイドバック。積極的な攻撃参加が強み。DF松田陸(金沢、1999)*前橋育英高で17年度に選手権優勝を果たしたサイドバック。GK福井レオナルド明(清水、2003)*清水ユース所属の2種登録選手。U-16静岡県選抜として国

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
水戸ユースFW内田優晟(2年)_ハットトリック達成のストライカー。中山仁斗を目指すユースの星

[5.1 Jリーグユース選手権 グループB 第1節 水戸ユース 7-0 湘南U-18 ツインフィールド]「今日はゴールを獲るしかないという気持ちだったので、やっぱりハットトリックは嬉しいですね」。少しはにかみながら言葉を探す姿は、まだ高校生だということを思い出させてくれる。ただ、ゴール前では獰猛なストライカーとしての振る舞いが頼もしい。水戸ホーリーホックユースの点取り屋。FW内田優晟(2年=TRAUM SV出身)がツインフィールドで躍動した。ストライカーは悩んでいた。今シーズンはここまで公式戦ノーゴール。「去年まで凄く能力も高くて、得点も獲れていた子が、全然獲れなくなっちゃって」と樹森大介監督も言及したように、2年生になった内田はなかなか思うような結果を残せない。「この前の試合も全然シュートを打つことができなかったんです」とは本人。何とか不振脱出の糸口を見出すべく、この日のピッチに足を踏み

Jリーグユース選手権
{by} web.gekisaka.jp
小学校3年生からの”生え抜き”キャプテン。水戸ユースDF北条真智のあふれるクラブ愛

[5.1 Jリーグユース選手権 グループB 第1節 水戸ユース 7-0 湘南U-18 ツインフィールド]小学校3年生でジュニアに入ってから、今年でホーリーホックでのプレーも10年目になる“生え抜き”は、ユースチームの変化をこう捉えている。「ここ数年を見ても、トップに昇格する選手が増えていたり、試合の内容を見ていてもベースは一緒なんですけど、確実にレベルは上がっていっていますし、これからどんどん結果が出るようなチームになっていくんじゃないかなと思っているので、そこは凄く期待しています」。水戸ホーリーホックユースのキャプテン、DF北条真智(3年=水戸ホーリーホックジュニアユース出身)はクラブの可能性を信じている1人でもある。3年生の中でも一際大きい背番号には、こだわりがあった。「ジュニアに入って、最初にもらった練習着の番号が22番で、小学生の頃は公式戦のユニフォームが21番までしかなくて、着れ

Jリーグユース選手権
{by} web.gekisaka.jp
今日5月2日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日5月2日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう。 日本MF大竹洋平(長崎、1989)*高いテクニックを備え、狭いスペースでも果敢にドリブル突破するMF。FWクレーべ(横浜FC、1990、ポルトガル)千葉から加入したポルトガル出身の長身ストライカー。FW金子翔太(清水、1995)*JFAアカデミー福島出身。瞬間的なスピード、攻撃センスが持ち味のFW。DF鈴木順也(鳥取、1996)*隣の栃木県で生まれ育った立正大出身のDF。FW鈴木厚太(沼津、1997)*専修大出身のMF。中学時代も沼津アカデミーで過ごし、飛龍高では主将も務めた。DF下口稚葉(岡山、1998)*JFAアカデミー福島出身。正確なロングキック、ヘディングの強さに定評がある。FW藤尾翔太(C大阪、2001)*C大阪U-18出身のストライカー。世代別日本代

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
女優・本田望結さんが青森山田の先輩・松木玖生との制服2ショット公開「かげながら応援してます!」

女優でフィギュアスケート選手でもある本田望結さんがインスタグラム(@miyu_honda_official)に、青森山田高の1学年先輩で、サッカー部に所属するMF松木玖生との2ショット写真を公開した。 30日に18歳の誕生日を迎えた松木を祝福するもので、「birthday」と絵文字を交えて投稿。「18歳も輝いてください。かげながら応援してます!」と活躍を願った。 本田さんは子役時代から芸能界で活躍。昨年度は第99回全国高等学校サッカー選手権大会で応援マネージャーを務めた。 松木は高校サッカーの名門・青森山田高で1年生からレギュラーを獲得。2年生で10番を背負い、今年1月にはフランスのリヨンに練習参加している。 こ

本田望結
青森山田
松木玖生
{by} web.gekisaka.jp
U-18日本代表候補メンバー26人が発表 5月5日からトレーニングキャンプ

松木玖生(青森山田) 4月30日、日本サッカー協会(JFA)はU-18日本代表候補トレーニングキャンプに参加するU-18日本代表候補メンバー26人を発表した。発表されたスタッフと選手に加え、内田篤人ロールモデルコーチも帯同予定。 トレーニングキャンプは5月5日から9日にかけてJヴィレッジで行われる。 【スタッフ】 ▽監督大岩剛 ▽コーチ冨樫剛一 ▽GKコーチ高桑大二朗 ▽フィジカルコーチ菅野淳 【選手】 ▽GK西村遥己(昌平)バーンズ・アントン(大成)佐藤瑠星(大津) ▽DF菊地脩太(清水エスパルスユース)松田隼風(JFAアカデミー福島U-18)松村晟怜(帝京長岡)小澤晴樹(大宮アルディージャU18)植田悠太(京都サンガF.C.U-18)大川佳風(流通経済大柏)舩木大輔(横浜F・マリノスユース) ▽MF吉田温紀(名古屋グランパスU-18)松木玖生(青森

U-18日本代表候補
JFA
{by} koko-soccer
今日5月1日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日5月1日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう。 日本GK杉山力裕(福岡、1987)*1対1の対応に優れており、反射神経の良いGK。DF福田晃斗(新潟、1992)*豊富な運動量や高い戦術理解力、ボール奪取力を高く評価されているDF。DF田代雅也(鳥栖、1993)*武南高、法政大出身のDF。岐阜、栃木を経てJ1に上り詰めた。MF白井康介(京都、1994)*緩急をつけたドリブル突破が持ち味のMF。ウイングバックで開花。GK佐々木雅士(柏、2002)*数々の名守護神を育成してきた柏U-18出身のGK。MF高貫太瑛(柏、2003)*柏U-18所属の2種登録選手。GK春名竜聖(C大阪、2004)*C大阪U-18所属の2種登録選手。MF小島凛士郎(鹿児島、2005)*鹿児島U-18所属の2種登録選手。 海外DFレオナル

誕生日
5月1日の誕生日
{by} web.gekisaka.jp
0-9大敗は市立船橋に何をもたらしたか? 青森での屈辱…名門校に生まれた「ここから這い上がろう」の決意

「帰りの青森空港で、市船のジャージを着ている時に周りの人の視線が気になってしまった」 内容的には決して悪くはなかった。だが、またしても勝点3を掴み取ることはできなかった。 プレミアリーグEAST4節、1分け2敗の成績で横浜FCユース戦に臨んだ市立船橋だったが、前半に訪れた二度の決定機をモノにできず、スコアレスで迎えた90分にセットプレーから痛恨の失点。アディショナルタイムに速攻を仕掛け、MF大我祥平のクロスをGKがこぼしたところをMF坪谷至祐がゴールに蹴り込むが、これはその前にファウルがあったという判定でノーゴール。0-1でタイムアップの時を迎え、今季3敗目を喫した。 4戦勝ちなし。名門・市立船橋にとって今季のプレミアEASTは近年にないくらい苦しい出だしとなった。昨年もコロナ禍における変則レギュレーションとなったプレミアリーグ関東では1勝もできず最下位。降格がある今季は

市立船橋
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
クラーク記念国際高校 岐阜駅前キャンパス 大野聖吾監督「大容量の情報を処理して結果を出す“5Gサッカー”が理想」

''5Gサッカー''で旋風を!クラーク記念国際高校 岐阜駅前キャンパスが4月、風間八宏氏の監修するサッカークラブ「トラウムトレーニング」と提携し、男子サッカー部を創設した。トラウムトレーニングから同校が迎えた指揮官は、岐阜工業高校を2度の全国大会準優勝に導いた大野聖吾氏。名将が新天地のクラーク国際で目指すサッカー、今後の目標などを語ってもらった。 ーー新1年生の様子はいかがでしょうか? みんな良い顔をしていますね。特徴のある楽しみな選手が多い。このぐらいの技量と特徴を持った選手が、3年続けて同じぐらいの人数で入学してくれたら、こちらとしても『勝たなきゃダメだろ』ってプレッシャーになるはずです。今回入学してくれた生徒たちは、上級生がいないので、「これぐらいやれば、こうなる」というのが、どこまで頑張ってもわかりません。その代わり、彼らは自分の肌でライバルの力を感じることができます。県大

クラーク記念国際高校
大野聖吾監督
{by} koko-soccer
今日4月30日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日4月30日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう。 日本MF清水航平(広島、1989)*縦への突破だけでなく、中央に切れ込んでシュートを放つのも得意とするMF。GK川浪吾郎(広島、1991)*上背があり、ハイボールの処理が得意なGK。DF北爪健吾(柏、1992)*スピードが売りの専修大出身SB。右サイドを何度も駆け上がる。 海外GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ、1992、ドイツ)*的確なコーチング、正確なパントキックが持ち味。 元選手MF森島寛晃(元C大阪、1972)*「ミスターセレッソ」としてチームを支えたMF。ゴール前での動き出しに優れ、ストライカーとしても活躍した。DFジョン・オシェイ(元マンチェスター・U、1981、アイルランド)*守備的なポジションならどこでもこなすユー

4月30日の誕生日
誕生日
{by} web.gekisaka.jp