育成年代にとっての「最良の食事」とは? Jユースと高体連、それぞれ取り組む新たな境地

初めて日本がFIFAワールドカップに出場した1998年のフランス大会。当時、日本代表のメンバーに海外組はいなかった。しかし、現在は多くの選手がヨーロッパのトップリーグでプレーしている。大きく発展を遂げてきた日本サッカー界。その変化を語る上で忘れてはならないのが育成年代の充実だろう。もちろんサッカーに対する考え方や環境が大きく変わったのは間違いない。しかし、それだけが発展した理由ではない。“育成年代の食事”に対する意識が大きく変わったことを忘れてはならない。 サガン鳥栖U-18の躍進支える「食事のセルフモニタリング」 日本のスポーツ界では年々「食」に対する意識が高まり、育成年代でも試行錯誤を重ねながらさまざまな取り組みを行ってきた。今では高校年代だけではなく、中学年代でも食事に対してアプローチをするチームも少なくない。 例えば高校サッカーにおいて、2000年頃までの食事は比較的「

Jユース
高体連
{by} real-sports.jp
Cロナウド、ユヴェントスの社長とフェラーリ工場を見学「彼は必ずチームに残る」

前節、セリエ a のユベントスはホームでミランに0ー3で敗れ、セリエ a の5位に転落した。現在、アンドレア・ピルロ監督とロナウドの退団が取り沙汰されているが、ロナウドは今週月曜日、エルカンとアニエッリのフェラーリ工場見学に同行し、パベル・ネドベド副会長はアンドレア・ピルロとロナウドがチームに残ることを強調した。 ユベントスとフェラーリはともにエクソールだ。今回、ロナウドと一緒にフェラーリを訪れたのはエクソール会長のジョン・エルカン氏とユベントス会長のアンドレア・アニエッリ氏だった。特筆すべきは、 uefa スーパーリーグの創設に失敗し、 uefa との関係が緊迫していることから、アンドレア・アニェッリが今年限りでユヴェントスを退団し、フェラーリに移籍する可能性があると報じられていたことだ。 ガゼッタ・デロ・スポルトによると、ロナウドと2

Cロナウド
{by} jp.7msport.com
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~中国・四国編

高打点ヘッド&ロングキックが武器! 西日本屈指のCBに注目! 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。第5回となる今回は中国・四国編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
グアルディオラ監督: これは史上最も難しいプレミアリーグの優勝であり、最も重要なタイトルである

プレミアリーグ第36節が行われ、マンチェスター・ u はホームでレスター・シティに1ー2で敗れた。現在、マンチェスター・シティはマンチェスター・ユナイテッドと勝ち点10差の3位で今シーズンのプレミアリーグ優勝を決めている。マンチェスター・シティを率いて5シーズンで3度のプレミアリーグ優勝を経験した監督は、今回の優勝が最も難しいと話した。 2016年にマンチェスター・シティの監督に就任したジョゼップ・グアルディオラは、2017-18シーズン、2018-19シーズン、2020-21シーズンの3度のプレミアリーグ優勝を含め、通算10回のタイトルを獲得した。今シーズンのプレミアリーグは、疫病の影響でさらに過密日程が続き、サポーターの生観戦もなかった。ジョゼップ・グアルディオラは優勝後、「これまでとは違うシーズンであり、プレミアリーグ優勝は最も難しい。今シーズンの勝ち方を忘

プレミアリーグ
{by} web.gekisaka.jp
今日5月17日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日5月17日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう。 日本 GK岡本昌弘(愛媛、1983)*守備範囲が広く、攻撃的なセービングを見せるGK。シュートストップも持ち味。 DF米倉恒貴(千葉、1988)*瞬間的なスピードと鋭いクロスが武器のサイドバック。 DF金正也(藤枝、1988)*駒澤大出身。フィジカルコンタクトに強く、空中戦でも安定感があるDF。 DF菅沼駿哉(G大阪、1990)*G大阪ユースで宇佐美と同期。空中戦の強さだけでなく、強さや速さも備えたDF。 GK三浦龍輝(磐田、1992)*足もとのスキルやビルドアップ能力が高いGK。 MF小暮大器(愛媛、1994)*運動量豊富でスピードがあり、パスセンスも高いMF。C大阪U-18出身。 DF杉井颯(鳥取、2

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
今日5月16日が誕生日のサッカー選手まと

今日5月16日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう。 日本 MF仲間隼斗(柏、1992)*柏U-18出身でプロ11年間を経て初めて古巣に帰還。機動力と積極性を武器とするMF。 GK長谷川洸(山形、1995)*日体大出身のGK。大学を経て4年ぶりに東京Vに帰還しプロの世界へ。今季から山形でゴールを守る。 MF末木裕也(富山、1997)*法政大出身のサイドアタッカー。技術の高さとセットプレーのキックが強み。 FW西尾隆矢(C大阪、2001)*C大阪U-18出身のFW。U-20W杯のトレーニングパートナーに選ばれたが負傷辞退した。 元選手 DFニウトン・サントス(元ボタフォゴほか、1925、ブラジル)*南米最高との高い評価を得たレフトバック。 ほか ジャネット・ジャクソン(歌手、

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~関西編

高校年代屈指の才能を持つレフティとは? 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。第4回となる今回は関西編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜/2019年実績) 【関西】

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
大岩剛監督も高評価!! プロ注目の神村学園2年生FW、初のU-18日本代表で進化を証明。圧巻2発で存在感!

昨冬の選手権では1年生ストライカーとして決勝点もゲット 2試合で2ゴール。チームは1勝1敗で自身の出来も得点以外は納得できるパフォーマンスではない。だが、残したインパクトは強烈だった。 5月5日から9日までU-18日本代表は福島県のJヴィレッジで合宿を行ない、7日と9日には関東大学選抜とトレーニングマッチを45分×3本で実施した。初戦は劣勢を跳ね返して4-3で逆転勝利を収めたが、9日は1-6で惨敗。とりわけ2度目のゲームは成す術なく敗れ、27名の選手は一様に項垂れた。 2年後に開催されるU-20ワールドカップの予選は来年。選手たちの成長が待たれる中で、今回の活動で可能性を感じた選手がいないわけではない。神村学園のFW福田師王(2年)だ。 最大の持ち味は豊富なシュートバリエーションと決定力の高さで、“ゴールを奪う能力”は高校年代で頭ひとつ抜けている。また、ここ一番での

神村学園
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~東海・北信越編

帝京長岡が誇る世代別代表CBに注目! 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。第3回となる今回は東海・北信越編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜/2019年実績) 【東海

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
日体大柏・根引謙介監督インタビュー「ハードワークして目の前の戦いを一戦一戦勝っていく」

市立船橋や流通経済大柏という高校年代最高峰リーグ・プレミアリーグEASTに属する2チームをはじめ、数多くの強豪チームがひしめき合う激戦区・千葉。その中でも注目されている高校のひとつ挙げられるのが日体大柏だ。2019年のインターハイ千葉予選を制覇、今大会でも優勝を果たすなど頭角をあらわしているチームを率いる根引謙介監督に話をうかがった。 ーーまず今日の試合(決勝戦)を振り返っていかがだったでしょうか? 後半途中2-0でリードしていたところまでは、ある程度自分たちのゲームプラン通りにできていたんですけれども、最後八千代さんの粘り強さというかタフさというところで苦しいゲームになってしまったんですけど、最後は選手たちの思いというか、しっかり戦ってくれたと思います。 ーー決勝戦のゲームプランとして具体的にはどういったことを心がけたのでしょうか? やはり風上と風下で戦い方が変わってくる

日体大柏
根引謙介監督
{by} koko-soccer