芦屋大入部予定選手発表、神村CB安、国体選抜GK秋山、永留、深名、木原、森川ら

20年関西学生リーグ2部A9位の芦屋大が21年の入部予定選手を発表した(協力=関西学生サッカー連盟、芦屋大、College Soccer Central)。強豪校出身選手や実績のある選手たちが加入する。CB安デービッド(神村学園高)は、2年時に先発としてインターハイベスト16入りを経験しているストッパー。GK秋山大空(高水高)は19年国体山口県選抜の実力派だ。唯一Jクラブユースから加わるMF永留蓮(鹿児島ユナイテッドU-18)は中盤の底の位置でチームを支えるボランチ。GK別府龍斗(れいめい高)は2年時のインターハイ鹿児島県予選の鹿児島城西高戦で活躍し、4強入りの立て役者となっているシュートセーバーだ。昨年の九州新人大会に10番を背負って出場したDF深名勝己(出水中央高)は、球際の強さを強みとしている。MF宮城輝大は1年時から出水中央高で出場機会を掴んでいたプレーヤー。兵庫新人戦4強の芦屋学

関西学生リーグ2部
{by} web.gekisaka.jp
福田2発!安斎FK弾!デンチャレ初参戦の日本高校選抜、大学生の関西選抜から2度リードも逆転負け

[3.3 デンチャレ 日本高校選抜 3-4 関西選抜]大学生の地域選抜チームが日本一を争う第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会(デンチャレ)が3日、開幕した。今大会は日本高校選抜が初参戦。開幕試合で関西選抜と対戦した日本高校選抜は2度リードを奪ったものの3-4で逆転負けした。日本高校選抜は新型コロナウイルスの影響によって、例年行われてきた欧州遠征が中止。だが、急遽デンチャレへの参加が決まり、大学生のトッププレーヤーと真剣勝負する機会を得た。その初戦は優勝6回(関西A、Bを含む)を誇る強豪・関西選抜。だが、高校選抜が2点を先取する。強風の中でスタートした前半、風上に立った高校選抜は相手をPA前で食い止め、MF永吉飛翔(神村学園高3年)のワンタッチパスでFW安斎颯馬(青森山田高3年)が左サイドを抜け出すなど攻め返す。そして9分、高校選抜は大学生相手にも球際の強さを示していたMF荒井

デンチャレ
{by} web.gekisaka.jp
福岡から北海道へ渡り、リーグMVP&得点王。プロ入りへ挑戦する高速MF吉行

[3.3 デンチャレ 北海道・東北選抜 0-5 関東B・北信越選抜]北海道のリーグ戦とは違うスピード感に戸惑った。CKからの5失点など「結構ショックなところが多いけれど……」という素直な感想。それでも、北海道・東北選抜の10番MF吉行豊輝(東海大札幌校舎3年=東海大福岡高)は劣勢の中で存在感ある動きを見せていた。昨年の北海道学生リーグの全7試合でゴールネットを揺らし、計13得点。得点王とMVPを獲得した注目アタッカーだ。登録165cm、60kgと小柄だが、本人も自信を持っているスピードは関東B・北信越選抜相手にも通用。ボールを受けて前を向くと一気にスピードアップして大きく前進していたほか、鋭い抜け出しでGKをかわしにかかるシーンもあった。福岡の伝統校、東海大福岡高出身。高校時代からキレのあるドリブルで相手を押し下げたり、局面打開したりしていた。当時からプロ志向の強かった吉行は、それを後押し

デンチャレ
{by} web.gekisaka.jp
リヴァプール名将、インテルにフリー移籍に合意?

リヴァプール所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)が、インテル移籍に合意には至った。イタリアメディアが伝えている。 イタリア人ジャーナリスト、サンドロ・サバティーニ氏が「私の知る限りでは、インテルはすでにワイナルドゥムと“握手”をしている。昨年からすでにね。彼らはフリーで移籍することを決めた」と話したという。 30歳のワイナルドゥムはリヴァプールとの契約は今季限りとなっているが、まだリヴァプールと契約更新を行うつもりがない様子だ。

リヴァプール
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
{by} jp.7msport.com
ジョージナ・ロドリゲス:私たちは本当にまた親になりたい、成り行きに任せよう

「インスタイル」のインタビューで、ロナウドの恋人ジョージナは、二人とも5人目の子供が欲しいと言った。 「私たちは本当にまた親になりたいのですが、成り行きに任せます。」 「クリスチアーノと毎日一緒にいることは贈り物であり、私たちはとても幸せです。」 ロナウドの子供は4人のお子さんがいる。長男ロナウド・ジュニアと双子とアラーナ・マルティだ。その中に、恋人ジョージナとの子供はアラーナ・マルティちゃんだ。

ロナウド
ジョージナ
{by} jp.7msport.com
グアルディオラ監督: 世界最強のチームはバイエルンで、彼らはすべてを勝ち取った

グアルディオラ監督は、依然としてバイエルンを欧州最強チームと見ている。 マンチェスター・シティは今やヨーロッパ最強のチームとして注目されているが、グアルディオラ監督は「ヨーロッパと世界最高のチームはバイエルン・ミュンヘンだ。彼らはすべてを勝ち取ったから、彼らは最高のチームだ」 「イングランドではチャンピオンはリヴァプールだし、彼らは最高のチームだから、もし優勝を勝ち取りたければ、勝たなければならない。3月には誰もチャンピオンになれなかったし、我々は良い仕事を続けなければならないが、ここ数ヶ月、成績について我々は優れていたことは否定しない」

グアルディオラ監督
{by} web.gekisaka.jp
マンチェスター・Uのレンタル大将がラツィオでベンチ外続く…21000万ポンドで買取は無理?!

マンチェスター・ユナイテッドのアンドレアス・ペレイラは買取オプション付きの1年間の期限付きでラツィオに移籍した。ラツィオが彼を買う可能性は低いだ。 ペレイラは昨年10月にラツィオにレンタルで移籍し、これまで21試合出場し、たった1ゴールと1アシストを記録した。ラツィオは彼のパフォーマンスに満足していない。 「ザ・スター」は、ラツィオがペレイラを買収することを選択する可能性が低いことを明らかにした(買取価格は2100万ポンドだ)。マンチェスター・ユナイテッドとペレイラの契約期間は2023年に満了を迎え、次に彼にどう対処するかが問題になる。

マンチェスター・ユナイテッド
アンドレアス・ペレイラ
{by} jp.7msport.com
GK鈴木彩艶、DF藤原優大、DF福島竜弥がJデビュー

3月2日に行われたJリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第1節B組、湘南ベルマーレ対浦和レッズで浦和レッズのGK鈴木彩艶、DF藤原優大、DF福島竜弥がJデビューを果たした。試合は0-0で引き分けている。なお、GK鈴木彩艶の18歳6カ月12日での公式戦デビューは浦和のGK史上最年少となった。

浦和レッズ
Jリーグ・YBCルヴァン・カップ
鈴木彩艶
{by} koko-soccer
バイエルンはレディングの左サイドバックを獲得!移籍金ゼロ&4年契約

レディングFCに所属する23歳の左サイドバックイングランド人オマー・リチャーズがバイエルン・ミュンヘンに加入する。 彼はバイエルンと4年間の契約を結び、今夏にレディングとの契約が終了するのでフリーで移籍することが可能だ。彼は既にイングランドでの健康診断を終えた。 2017年以来、リチャーズはレディングFCで92試合出場し、そのうち77試合でスタメンとして出場した。

オマー・リチャーズ
バイエルン
{by} jp.7msport.com
初参戦の日本高校選抜は惜敗! 第35回デンソーカップが開幕!

第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会が3月3日に開幕した。今大会初参戦となる日本高校選抜チームは予選リーグ初日に関西選抜と対戦。一時は2-0とリードしたものの、後半に逆転され3-4で惜敗。しかし大学生相手に一歩も引かない戦いぶりを見せるなど、実力の高さを証明した。 立ち上がりに主導権を握ったのは日本高校選抜 大学サッカーの各地域選抜が集結し、日本一を争うデンソーカップ。その大会に日本高校選抜が初参戦。どんなゲームになるかが注目されたが、まず主導権を握ったのは日本高校選抜だった。開始早々から風上を利して攻め込むなど、大学生相手に互角の試合を展開する。 そして先制したのはなんと日本高校選抜。前半9分に、ゴール前のDF内田陽介(青森山田3年)の折り返しをFW福田師王(神村学園1年)が押し込み先手を取った。 さらに前半26分に日本高校選抜は、MF安斎颯馬(青森山田3年)

日本高校選抜
第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会
{by} koko-soccer