【涙の高校サッカー選手権】1年に正GKを奪われた“J内定3年”の葛藤、「楽しそうにサッカーやるヤツら」への反抗心―2020-21 BEST3
{by} number.bunshun.jp

 

 雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は高校サッカー、涙と青春の4つの言葉です。

 

<名言1>

こんなに楽しそうにサッカーやるヤツらに負けちゃいけないって。でも、ホントは違うんだよね。

 

 全国高校サッカー選手権では数々の伝説のゲームが生まれてきた。1990年代で“ベスト”と言われるのが1997年度の「雪の決勝」だ。

 本山雅志や千代反田充らを擁して“赤い彗星”と称された東福岡が、インターハイと全日本ユースに続く史上初の三冠獲得なるかが注目の的だった。そこにさらなるドラマ性を生んだのは、当時8度の全国制覇を誇る名門・帝京、そして都内に降り積もる大雪だった。

 

 当時、帝京も貞富信宏、そして中田浩二とJ内定者が複数人いた。その中で10番を背負った木島にはオファーがなく“就活中”。進路未定のまま決戦に臨んだ。

 

 雪の降り積もるピッチという不確定要素によって、東福岡の技術が減じられるのでは――戦前、そんな予想があった。実際、先制点を奪ったのは“蹴って走る”スタイルでいった帝京だったが、木島は試合前からこう思っていたという。

 

「正直、俺はイヤでした。あの雪は、ドリブルを持ち味とする俺のプレースタイルはハマらない」

 

「サッカーは、楽しんだヤツのほうが強い」

 

 ただ、画面を通して見ると真っ白に見えたピッチだが、実は雪の積もり具合はさほどではなかったという。それを肌で感じ取った東福岡イレブンは“普段通り”ボールをつなぐと、本山の絶妙なアシストなどもあり、2-1と逆転に成功し、歓喜のタイムアップを迎えたのだ。

 

「サッカーは、楽しんだヤツのほうが強い。あの時はまだ、そういうことがわかってなかった」

 

 もし木島が、雪のピッチを楽しめていたならば――。東福岡の三冠制覇の結末は、少し違ったものになっていたのかもしれない。

 

<名言2>

インターハイに出られない一方で、“フットサルで日本一を取った”っていうのはすごく自信になりました。

 

◇解説◇

 

 ここ近年、高校サッカー北信越の雄として存在感を放っているのが、新潟の帝京長岡だ。2019年度には晴山、谷内田哲平ら後のJリーガーを軸にした小気味いい攻撃スタイルで、初の全国4強進出を成し遂げた。

 

 実はその前年から、帝京長岡躍進の気配は漂っていた。特に晴山は2018年度の選手権で2年生エースとして、4ゴールを挙げる活躍でチームをベスト8に導いていた。それ以外にも1つ、ユニークな“勲章”がある。

 

「全日本U-18フットサル選手権」で優勝とMVPを掴み取っていたことだ。

 

 実はこの年の帝京長岡は、夏の一大目標となるインターハイに出場できなかった。6月の県大会決勝でPK戦の末に敗れたのだ。この失意からいかに立て直すか……というアプローチで、帝京長岡は従来の学校と少し違う道を選んだ。

 

「全国優勝という結果が自信につながった」

 

 それはインターハイと同じ8月開催の「全日本U-18フットサル選手権」に、フルメンバーで出場したこと。そこで帝京長岡は同大会でグループリーグ3試合で20ゴール、決勝トーナメントでもゴールを量産するなど圧勝を積み重ねる。決勝戦も5-1で制し、2年ぶり2回目の優勝を果たしたのだった。

 

「『全国優勝』という結果がみんなの自信につながったのかなと。もしインターハイに出ていたら、たぶん全日本フットサルはフルメンバーで行けなかった。そこで頭を切り替えて、優勝しきれた。それがチームの勢いになったし本当に良かったと思います」

 

 晴山はこのようにも語っていたという。

 

 新潟と言えば日本有数の豪雪地帯だ。そのため帝京長岡は冬季、体育館でのフットサル練習に励み、足元のテクニックに磨きをかけている。そして競技は違えど、全国を制したことで“勝者のメンタリティー”が生まれたとも言えよう。

 

 帝京長岡は2020年度の選手権でも優勝候補の市立船橋を破るなど、2年連続での埼スタ行きチケットを手に入れている。強くなるためのルートは1本だけじゃない。帝京長岡の取り組みは、各地方のサッカー少年や指導者にとっても励みになるはずだ。

 

激闘を繰り広げた相手を称えて

 

<名言3>

嬉しかったんですけど、負けたチームがいますから。

 

◇解説◇

 

 昭和の頃、「冬の選手権」は多くのサッカー少年にとって集大成の舞台だった。ただ2020年代となった今は大学などでサッカーを続ける選手が数多い。また世界中のサッカーが見られるようになった環境もあって、選手たちのコメントもかなり変化してきた。

 

「好きなのはプレミアリーグ、マンチェスター・シティのスピード感を経験してみたい。憧れはフィル・フォデン選手です」

 

 第98回の選手権、青森山田で当時1年生だった松木玖生がこんな風に語っていたのは“イマドキ”と言えるし、ピッチで見せる洗練されたプレーはプロ顔負けの時もある。

 

 その一方で令和の世になった今も、仲間と戦う部活らしさを感じるコメントがこぼれてくるのもまた、味がある。

 

 この大会で日本一に輝いたのは静岡学園だった。優勝候補の大本命とみられた青森山田相手に前半で2点ビハインドとなりながら、3点を奪い取る大逆転劇。“サッカー王国”静岡に24年ぶりとなる優勝旗をもたらした。

 

 この試合でDFリーダーの中谷は青森山田の攻撃陣と渡り合い、自身も2得点を奪った。まさにヒーローになったわけだが、劇的な展開にも青森山田をこう称えていたのだ。

 

「相手がいたからこそ、良い試合ができました。だから、みんなに『後から喜ぼう』と伝えました」

 

 プロ顔負けだったのは技術だけでなく、メンタリティーもだった。

 

<名言4>

「俺は一体何をしているんだろう」と……。まさかまだ入学前の松原にスタメンを取られるとは予想もしていなかった。

 

◇解説◇

 

 流通経済大学柏は千葉、いや日本有数のサッカー強豪校として知られている。そこで繰り広げられるのは激しく、ハイレベルなチーム内競争だ。

 

 特に熾烈なのは、たった「1枠」しかない正GK争いである。

 

 185cmと恵まれた体格の猪瀬は、2年生からトップチームに入ると第2GKながら選手権準優勝を経験。翌年度の守護神候補と見られていた。

 

 しかし、猪瀬が高2秋の段階で「即戦力のGKが入って来るらしい」という噂が部内に飛び交い、それが現実になる。世代別代表経験もある松原颯汰の入学が決まったのだ。

 

 

 猪瀬にとって不運だったのが、負傷だった。左足骨折などもあって戦線を離脱、その間に松原が入学前から“守護神”としてサニックス杯のレギュラーGKとして抜擢されると、全国の強豪相手に好セーブを連発したのだ。

 

 復帰間近の猪瀬は同大会に参加せず、千葉で調整を進めていたが、「サニックスから帰って来たAチームの選手達が部室で『松原すごいな』、『あいつ半端ないわ』という会話を何度もしていて……」(猪瀬)。これほどまでにショックを受けたことはサッカー人生でないだろう。

 

序列は変わらずとも、自らのできることを

 

 その後も序列は変わらず、最上級生で迎えた9月ごろには就職を考えるなど、高校まででGKグローブを置こうと思った期間もあったという。それでも「やっぱり僕はサッカーをしたいし、正GKとしてプレーしたい」という思いが沸き上がるとともに急成長を果たす。

 

 控えだとしても、見てくれている人はいた。J2のFC琉球から練習参加の誘いを受けた。ここで「一番良いプレーができた」猪瀬は、翌シーズンの加入内定をゲットしたのだ。

 

 迎えた最後の選手権、ゴールマウスに立ったのは――松原だった。

 

 それでも猪瀬は「今日も頼むぞ」と、日々お互いを高め合った後輩をサポートし続けていた。

 

関連ニュース
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~中国・四国編

高打点ヘッド&ロングキックが武器! 西日本屈指のCBに注目! 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。第5回となる今回は中国・四国編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~九州編

九州の育成軍団・大津の“新たな才能” 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。最後となる今回は九州編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜/2019年実績) 【九州】No.2...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~関西編

高校年代屈指の才能を持つレフティとは? 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。第4回となる今回は関西編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜/2019年実績) 【関西】 ...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~東海・北信越編

帝京長岡が誇る世代別代表CBに注目! 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。第3回となる今回は東海・北信越編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜/2019年実績) 【東海...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~関東編

矢板中央の堅守を支えるビッグセーバーは必見! 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。第2回目となる今回は関東編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜/2019年実績) ...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~北海道・東北編

2021年高校サッカー界の顔を要チェック! 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。初回となる今回は北海道・東北編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U‒00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜/2019年実績)...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
大岩剛監督も高評価!! プロ注目の神村学園2年生FW、初のU-18日本代表で進化を証明。圧巻2発で存在感!

昨冬の選手権では1年生ストライカーとして決勝点もゲット 2試合で2ゴール。チームは1勝1敗で自身の出来も得点以外は納得できるパフォーマンスではない。だが、残したインパクトは強烈だった。 5月5日から9日までU-18日本代表は福島県のJヴィレッジで合宿を行ない、7日と9日には関東大学選抜とトレーニングマッチを45分×3本で実施した。初戦は劣勢を跳ね返して4-3で逆転勝利を収めたが、9日は1-6で惨敗。とりわけ2度目のゲームは成す術なく敗れ、27名の選手は一様に項垂れた。 2年後に開催されるU-20ワールドカップの予選は来年。選手たちの成長が待たれる中で、今回の活動で可能性を感じた選手がいないわけではない。神村学園のFW福田師王(2年)だ。 最大の持ち味は豊富なシュートバリエーションと決定力の高さで、“ゴールを奪う能力”は高校年代で頭ひとつ抜けている。また、ここ一番での...

神村学園
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
泥臭く戦い、「自分の役割」ゴールを目指す青森山田MF松木玖生。6戦6発で得点ランク首位タイに

[5.16 プレミアリーグEAST第6節 流通経済大柏高 0-3 青森山田高 流通経済大柏高G] 「得点を決めるのが自分の役割だと思っているので、こういう拮抗した試合でPKでも何でも決めることができれば物凄く大きくなると思う」 青森山田高(青森)は、U-18日本代表候補MF松木玖生主将(3年)が「自分の役割」というゴールを決めた。1-0の後半19分、FW渡邊星来(3年)が獲得したPKを左足で決めて今季6得点目。ここまでの6試合中、5試合でゴールを決めているレフティーは、得点ランキング首位に並んだ。 開始45秒でゴールを放つなど、立ち上がりからゴールを目指す一方、強度の高い守備を継続。この日は先制した後、自然と引き気味のポジションを取って、アンカーのMF宇野禅斗(3年)の負担を軽減させる部分も相手を悩ませた。 その上でゴールを記録。自身が追い求める姿としてゴールを奪うことを挙...

流通経済大柏高
プレミアリーグEAST
青森山田高
{by} web.gekisaka.jp
“新しい青森山田”が流経大柏に3-0、開幕6連勝。自己評価「60点」のチームはさらなる進化へ

[5.16 プレミアリーグEAST第6節 流通経済大柏高 0-3 青森山田高 流通経済大柏高G] 青森山田の進撃止まらず――。16日、高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグEAST第6節で流通経済大柏高(千葉)と青森山田高(青森)が激突。アウェーの首位・青森山田が3-0で快勝し、開幕6連勝を飾った。 青森山田が、また進化した姿を見せた。高体連のチームでプレミアリーグを制しているのは流経大柏と青森山田の2校だけ。中でも青森山田は16年と19年に優勝するなど近年は毎年のように優勝争いを演じ、今年も堂々の開幕5連勝を飾っている。一方の流経大柏は13年に高体連初のプレミア王者に輝いているものの、近年は青森山田に先を行かれる形に。“自分たちが必ず連勝を止める”という強い意志を持って、この日のホームゲームに臨んでいた。 だが、U-18日本代表候補MF宇野禅斗(3年)が「波に飲ま...

青森山田
流経大
{by} web.gekisaka.jp
昨季プロ5名輩出の興國高に驚異の1年生ドリブラーが台頭! 中3時のJ1横浜練習参加で意識変化

興國では1年生ながら10番。U-16代表合宿で藤枝明誠のレギュラー組から1ゴール 近年、Jリーガーを同学年から複数名の選手を輩出している大阪府の興國高。昨季も5名の選手がJの世界に飛び込み、樺山諒乃介(現・横浜F・マリノス)が今季のJ1開幕戦でルーキーながらスタメン出場を果たした。 その興國にまたしても面白いタレントが現われた。1年生のMF宮原勇太だ。「U-16代表だけではなく、ひとつ上の代表でもいける」と、興國・内野智章監督が太鼓判を押すアタッカーの武器はドリブル。テクニックとスピードを兼ね備え、変幻自在の仕掛けでチャンスに絡んでいく。RIPACE時代から注目を集め、中学3年生の10月には内野監督の伝手で横浜の練習に参加。フィジカル面では通用しない部分もあったが、ドリブルなどで手応えを掴んだ。また、上のレベルを経験し、意識も大きく変化した。 「マリノスの練習に参加し、...

U-16代表
藤枝明誠
{by} soccerdigestweb