ルヴァン杯でトップチームデビュー済み。浦和ユースDF工藤孝太はJ1出場を次の目標に見据える
{by} web.gekisaka.jp

 

[5.2 プレミアリーグEAST第5節 横浜FCユース 2-2 浦和ユース 保土ヶ谷]

 

 醸し出す飄々とした雰囲気こそ、逆にこの男の凄味を感じずにはいられない。淡々と、クールに、相手を潰し、正確な縦パスを打ち込んでいく。「やっぱりトップの人たちは質が高いので、自分がまだまだだというのも確認できますし、やっぱりそういう方が僕は成長できるので、自分に驕らず、慢心せずに、謙虚にやっていければ成長できると思っています」。既にトップチームでデビュー済み。浦和レッズユースのDF工藤孝太(3年=浦和レッズジュニアユース出身)は今、サッカーの楽しさを改めて実感している。

 

 4月21日。ルヴァン杯グループリーグ第3節の横浜FC戦で、42番を背負った17歳がスタメンリストに名を連ねる。前半は岩波拓也と、後半は槙野智章とセンターバックを組み、結果的にフル出場。「7割ぐらいは周りに助けられたおかげですけど、自分が2点目の起点になったのは自信にはなりましたし、後半は特に自信を持ってできたと思います」。2-1の勝利を、工藤はピッチで味わった。

 

 それでも肌で感じたプロの試合は、改めていろいろなものを自分に教えてくれたという。「岩波さんや槙野さんと一緒にやって、声の掛ける質とか大きさの問題もそうですけど、もっと自分が中心となって周りを動かしていかないといけないし、あとはパスのスピードや質もそうだし、見る判断の速さ、ヘディングの駆け引き、そういう所はすべてが僕が高校2年間でやってきたものとはまったく別次元だったので、すべてにおいてまだまだですね」。

 

 だからこそ、今シーズン初出場となったこの日のプレミアリーグでは、違いを見せる必要があった。「僕の今日の目標はチームを無失点で勝たせるということ」という気持ちで臨んだ横浜FCユース戦。「前半に良い形で点が獲れて、失点するまでは良かったんですけど、そこからズルズル行っちゃって…」と振り返ったように、同点にされるまでのパフォーマンスはチームも及第点だったが、追い付かれた後はやや押し込まれる時間が長くなる。

 

 後半に入って勝ち越したものの、試合終盤に痛恨のPKを献上し、結果は2-2のドロー。「全体的に見れば勝てた試合だったと思います。ワントップに引っ張られた後のスペースをどうするかというのは、もっと早く修正すべきだったし、そこで1点目をやられたので、もったいないかなという所ですね」。チームの今季リーグ戦初勝利は、またも次節以降へ持ち越しとなった。

 

 トップのトレーニングに参加する中で、一番手応えを得ているのはビルドアップ。自身のスタイルとの相性の良さも感じている。「後ろから自分たちが主導権を握ってボールを持って、ビルドアップで大事に組み立てていくということを、リカさん(リカルド・ロドリゲス監督)の練習で僕もやっているので、そういう所でセンターバックは(茂木)柊哉、(土橋)公哉もアピッチ(輝)もいるし、1年生の植竹(優太)もいるので、僕がそのビルドアップを全体に還元していかないといけないのかなと思っています」。トップで感じたことを共有し、ユースの底上げも図っていこうという意識も高い。

 

「トップチームで自分がセンターバックをやる時のタスクを整理できましたし、判断の速さも前より速くなっていますし、適切な判断というのもできていると思います。一緒にやるセンターバックの質が高いので、そこも勉強になりますね。今は凄く楽しいです」。リカルド・ロドリゲス監督の元で磨かれつつある原石の視界の先には、明確な目標が掲げられている。

 

「ルヴァンとJ1リーグとはまた別の景色だと思いますし、J1のベンチも入れてはもらいましたけど、試合に出れなかったのは自分の実力不足だというのもわかっています。だから、もっと自信を持って自分のやりたいプレーを主張していけば、もっとJリーグのピッチにも立てるはずですし、シーズン後半の方にはトップチームのスタメンで出られれば一番いいですよね」。

 

 17歳という年齢だけでその力は測れない。着実に伸びつつある工藤の成長曲線は、確実に前へ、前へと描かれている。

 

(取材・文 土屋雅史)

 

関連ニュース
泥臭く戦い、「自分の役割」ゴールを目指す青森山田MF松木玖生。6戦6発で得点ランク首位タイに

[5.16 プレミアリーグEAST第6節 流通経済大柏高 0-3 青森山田高 流通経済大柏高G] 「得点を決めるのが自分の役割だと思っているので、こういう拮抗した試合でPKでも何でも決めることができれば物凄く大きくなると思う」 青森山田高(青森)は、U-18日本代表候補MF松木玖生主将(3年)が「自分の役割」というゴールを決めた。1-0の後半19分、FW渡邊星来(3年)が獲得したPKを左足で決めて今季6得点目。ここまでの6試合中、5試合でゴールを決めているレフティーは、得点ランキング首位に並んだ。 開始45秒でゴールを放つなど、立ち上がりからゴールを目指す一方、強度の高い守備を継続。この日は先制した後、自然と引き気味のポジションを取って、アンカーのMF宇野禅斗(3年)の負担を軽減させる部分も相手を悩ませた。 その上でゴールを記録。自身が追い求める姿としてゴールを奪うことを挙...

流通経済大柏高
プレミアリーグEAST
青森山田高
{by} web.gekisaka.jp
“新しい青森山田”が流経大柏に3-0、開幕6連勝。自己評価「60点」のチームはさらなる進化へ

[5.16 プレミアリーグEAST第6節 流通経済大柏高 0-3 青森山田高 流通経済大柏高G] 青森山田の進撃止まらず――。16日、高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグEAST第6節で流通経済大柏高(千葉)と青森山田高(青森)が激突。アウェーの首位・青森山田が3-0で快勝し、開幕6連勝を飾った。 青森山田が、また進化した姿を見せた。高体連のチームでプレミアリーグを制しているのは流経大柏と青森山田の2校だけ。中でも青森山田は16年と19年に優勝するなど近年は毎年のように優勝争いを演じ、今年も堂々の開幕5連勝を飾っている。一方の流経大柏は13年に高体連初のプレミア王者に輝いているものの、近年は青森山田に先を行かれる形に。“自分たちが必ず連勝を止める”という強い意志を持って、この日のホームゲームに臨んでいた。 だが、U-18日本代表候補MF宇野禅斗(3年)が「波に飲ま...

青森山田
流経大
{by} web.gekisaka.jp
昨季プロ5名輩出の興國高に驚異の1年生ドリブラーが台頭! 中3時のJ1横浜練習参加で意識変化

興國では1年生ながら10番。U-16代表合宿で藤枝明誠のレギュラー組から1ゴール 近年、Jリーガーを同学年から複数名の選手を輩出している大阪府の興國高。昨季も5名の選手がJの世界に飛び込み、樺山諒乃介(現・横浜F・マリノス)が今季のJ1開幕戦でルーキーながらスタメン出場を果たした。 その興國にまたしても面白いタレントが現われた。1年生のMF宮原勇太だ。「U-16代表だけではなく、ひとつ上の代表でもいける」と、興國・内野智章監督が太鼓判を押すアタッカーの武器はドリブル。テクニックとスピードを兼ね備え、変幻自在の仕掛けでチャンスに絡んでいく。RIPACE時代から注目を集め、中学3年生の10月には内野監督の伝手で横浜の練習に参加。フィジカル面では通用しない部分もあったが、ドリブルなどで手応えを掴んだ。また、上のレベルを経験し、意識も大きく変化した。 「マリノスの練習に参加し、...

U-16代表
藤枝明誠
{by} soccerdigestweb
19年全国3位の京都橘、18年全国3位の東山などが京都準々決勝へ

16日、令和3年度全国高校総体(インターハイ)「輝け君の汗と涙 北信越総体2021」サッカー競技(福井)京都府予選4回戦が行われた。 19年全国3位の京都橘高は立命館宇治高に4-0で快勝。18年全国3位の東山高も京都外大西高を3-0で破り、8強入りを決めている。その他、向陽高、洛北高、桂高、福知山成美高、大谷高、京都先端科学大附高が4回戦を突破している。準々決勝は22日に開催される。 【京都】 [4回戦]京都橘高 4-0 立命館宇治高 京都産大附高 0-1 向陽高洛北高 2-0 同志社高桂高 2-1 龍谷大平安高福知山成美高 5-2 洛南高 莵道高 0-1 大谷高 京都先端科学大附高 2-1 京都廣学館高 京都外大西高 0-3 東山高 [準々決勝]京都橘高 - 向陽高洛北高 - 桂高福知山成美高 - 大谷高 京都先端科学大附高 - 東山高...

令和3年度全国高校総体
{by} web.gekisaka.jp
真岡MF山本真弘(3年)_関東で旧友との対戦熱望。限界まで走ったボランチが劇的V弾!

[5.15 関東大会栃木県予選準決勝 真岡高 1-0 國學院栃木高] 攻守に渡って貢献していたボランチの足は、限界を迎えていた。それでも、「勝ちたかったので。『ここで1点決めて、絶対に関東連れて行きたい』という気持ちがありました」というMF山本真弘(3年)が後半アディショナルタイムタイムまで走り切り、劇的な決勝点。県立の真岡高を関東大会へ導いた。 後半40分+1分、真岡は右サイドを抜け出したFW福井悠成(3年)がDFを巧みにかわして右足シュート。國學院栃木高の選手たちの足が止まりかける中、スペースを感じ取り、「こぼれまで狙おう」とゴール前へ走り込んでいた山本が右足で押し込んだ。 喜びの最中に足を攣らせてそのまま治療。一度ピッチに戻った後に交代し、最後は仲間たちに託したが、献身的な守備と「自信はあります」という技術力を活かした繋ぎの部分、そして決勝ゴールと山本の貢献度は大きかった。 自身のゴ...

関東大会
{by} web.gekisaka.jp
[関東大会予選]県立真岡が磨いてきた力表現。後半ATの決勝点で関東切符獲得!:栃木

[5.15 関東高校大会栃木県予選準決勝 真岡高 1-0 國學院栃木高] 2021年度関東高校サッカー大会栃木県予選準決勝が15日に行われ、県立の真岡高が決勝進出と関東大会出場を決めた。後半アディショナルタイムにMF山本真弘(3年)が決勝点を決め、國學院栃木高に1-0で勝利。真岡は16日の決勝で佐野日大高と戦う。 磨いてきた武器で紙一重の勝負を制した。殊勲の山本は「相手は足元とか上手いので、守備から入って、『自分たちの方が体力は絶対に上だな』、と(川上栄二)監督も言っていたので、後半勝負決めようと思ってやっていました」と振り返る。 対戦した國學院栃木はMF但野修平(2年)やMF後藤颯汰(2年)、MF堀田悠斗(3年)をはじめ、良い意味で“遊び”を持った選手たちが落ち着いてボールを繋ぎ、強力アタッカー・FW鯉沼宏輔(3年)らがドリブルで打開を図ってくる。立ち上がりから運動量を持ってボールを奪い...

関東高校大会
{by} web.gekisaka.jp
育成年代にとっての「最良の食事」とは? Jユースと高体連、それぞれ取り組む新たな境地

初めて日本がFIFAワールドカップに出場した1998年のフランス大会。当時、日本代表のメンバーに海外組はいなかった。しかし、現在は多くの選手がヨーロッパのトップリーグでプレーしている。大きく発展を遂げてきた日本サッカー界。その変化を語る上で忘れてはならないのが育成年代の充実だろう。もちろんサッカーに対する考え方や環境が大きく変わったのは間違いない。しかし、それだけが発展した理由ではない。“育成年代の食事”に対する意識が大きく変わったことを忘れてはならない。 サガン鳥栖U-18の躍進支える「食事のセルフモニタリング」 日本のスポーツ界では年々「食」に対する意識が高まり、育成年代でも試行錯誤を重ねながらさまざまな取り組みを行ってきた。今では高校年代だけではなく、中学年代でも食事に対してアプローチをするチームも少なくない。 例えば高校サッカーにおいて、2000年頃までの食事は比較的「...

Jユース
高体連
{by} real-sports.jp
「僕も自分を否定し続けた」鈴木武蔵が打ち明けた過去と、新潟明訓の選手たちに響いた「自己肯定」の大切さ

新潟でキャリアをスタートさせた日本代表FWが、新潟明訓高サッカー部でオンライン講演会を行なう。 全員が喉から手が出るほど欲しかった勝点3。それがついに手の中に収まった。 プリンスリーグ北信越5節の新潟明訓vs北越の『新潟ダービー』で、これまで1分け3敗と勝ちなしの新潟明訓は、1-0でライバルを下して、リーグ初勝利を手にした。 この歓喜の前に、チームは長く続く低迷からの浮上のきっかけとするべく、日本代表ストライカーから大きな檄を受けていた。インターハイ予選のシードが決まる新潟高校春季地区体育大会を2日前に控えた5月3日、新潟明訓高サッカー部全員が参加する形で、ベルギー1部ベールスホットでプレーする現役日本代表FW鈴木武蔵のオンライン講演会が行なわれたのだった。 「開幕戦こそ星稜に引き分けましたが、そこから富山第一、帝京長岡に立て続けに0-3で負けるなど、選手たちも自信...

鈴木武蔵
新潟明訓
{by} soccerdigestweb
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~中国・四国編

高打点ヘッド&ロングキックが武器! 西日本屈指のCBに注目! 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。第5回となる今回は中国・四国編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜...

高校サッカー
{by} soccerdigestweb
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~九州編

九州の育成軍団・大津の“新たな才能” 昨年は新型コロナウイルスの影響で、さまざまな公式大会が延期や中止となるなど、高校生にとっては厳しすぎる一年となった。だが2021年、夏の風物詩が2年ぶりに復活する。全国各地のチームや選手たちは目下、8月14日に開幕予定のインターハイへ向けた戦いをスタートさせている。 将来有望な選手たちがひしめく高校年代で、スターダムを駆け上がりそうな注目プレーヤーは誰か。ここではプロ内定を決めているキラ星から、春先からの上昇株や知られざる好タレント、さらには期待のルーキーまで、編集部が厳選した300人の『逸材』を紹介する。最後となる今回は九州編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U-00=年代別日本代表(2021年実績)、高校選抜=日本高校選抜、国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜/2019年実績) 【九州】No.2...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp