35年間に渡って星稜率いた河崎護氏が定年退職。名将が語るこれまでとこれから_1
{by} web.gekisaka.jp

星稜高を日本一へ導いた河崎護氏

 

 1985年の監督就任から35年以上に渡って星稜高(石川)を率いた河崎護氏が、今年3月いっぱいで星稜中・高を定年退職。新たなサッカー人生をスタートさせている。河崎氏は1、2回戦敗退が続いていた石川県でまずは毎年選手権に出場するチームを作りあげ、そこから時間をかけて星稜を全国トップレベルの強豪校へ。2014年度の選手権で石川県勢初の日本一を勝ち取ったほか、10年以降では全国唯一となる4年連続ベスト4以上(2012年度~2015年度)という快挙などを成し遂げている。

 

 また、ワールドカップで3大会連続ゴールのMF本田圭佑(現ボタフォゴ)やFW豊田陽平(現鳥栖)、DF鈴木大輔(現浦和)という日本代表選手を育成。一方で、国内最大規模のユースサッカーフェスティバル、石川県ユースサッカーフェスティバル(2020年で第33回)の立ち上げ、運営に中心として携わるなど、育成年代の強化にも大きく貢献してきた。今年もコロナ禍で困っている高校生たちのために予防対策を徹底しながら石川県ユースサッカーフェスティバルを開催、全国から80チームが参加し、大会は成功。その河崎氏が星稜での35年間や、石川県ユースサッカーフェスティバル、昨年の謹慎処分、そしてこれからについて語った(第2回はこちらから)。

 

―星稜は3月いっぱいで退職されたのですね。

 

「はい。3月いっぱいで定年しました」

 

―35年もの間、監督として星稜の選手たちを指導されました。

 

「星稜には2年間非常勤でコーチをやらせてもらって、3年目(1985年)に監督になりました。たまたま昭和60年(1985年)に石川で全国インターハイがあり、その年、初めて小嶺(忠敏)先生の国見高校が遠征で来て。今、大宮で監督をしている高木(琢也)君が3年生で、星稜に泊まりながら一緒に合宿をさせてもらって、それが私の監督1年目のスタートでした」

 

―「やってやろう」という気持ちだったと思いますが、「石川から全国制覇」はまだ夢の時代。

 

「ありえない話ですよ。当時(の思い)は大学出たてで、教員になれてサッカーを指導できるという喜びかな。ただただイケイケでやっていた青年監督だったと思います」

 

―そこから星稜の土台を作り、全国で戦えるチームに。

 

「基本的な土台作りのため、毎日の練習を大切に一日一日チャレンジしてきました。やっぱり、指導が厳しくて選手がついてこれない、最初の5年、10年はそういうところの失敗を繰り返しながらでした。幸い全国大会に出場できたのが早かったので(1987年度選手権)、全国との力の差を早く知ることができた。強いチームが何をやっているのか。何を身に着けないといけないのか。礼儀とか挨拶、振る舞いが参考になりましたね」

 

―河崎先生は星稜高校のOB(当時は金沢経済大付星稜高)でもありますが、現役時代はどうだったんでしょうか?

 

「私が入学した前年に選手権初出場(1974年度)とかしていましたので、そういう意味ではこれからというチームでした。でも、2年生になった時は全く勝てなかったです。それで、2年生の10月からキャプテンに選ばれ、私自身、走ることがベースにあったので、そこで走り負けないチームを作るために冬場は相当走り込みをしました。その甲斐あってか、3年生になった時には、全国インターハイも全国選手権も出ました。私自身は国体にも出させてもらいました」

 

―選手としても素晴らしい経歴です。

 

「大学では全国の優秀な選手が集まっている中で、自分の力の無さを痛感しました。サッカーの基本が出来てない、取り組む姿勢が甘い、全てにおいて劣っている自分に気が付きました。しかし、多くの友人が出来た4年間は最高でした。監督になった時にその友人たちを頼って広島へ遠征してみたり、静岡に初めて行ったり。僕の指導者としてのスタート数年間は、そのような活動をしました」

 

―遠征、そしてまた遠征へ。強くなったチームの監督さんは情熱がとんでもないレベル。

 

「最初に小嶺先生に言われたのが、『バスは買わないと行けないよ』と(笑)。免許取りに行って、免許取って、父親に借金をしてすぐに中古のマイクロバスを買いに行きました。そして、全国を駆けずり回りました。当時、県外に出て行って0-3、0-5という試合ばかり。それが井の中の蛙から脱却するために必要だった。そうする中で得たものは多かったですね」

 

―早く強くしたいし、忍耐強くやらないといけない。その葛藤。何かターニングポイントはあったのでしょうか?

 

「ターニングポイントは、私自身ではなく中体連の指導者の方々が、学校の仕事が忙しく部活動の時間では十分な指導ができないので、チームを街クラブ化しました。ジュニア、トレセン活動、そしてU-15のクラブ化で先生方もじっくり丁寧に指導するようになったと思います。次第にスキルの高い選手たちが星稜に入ってくるようになり、一気に全体のレベルがアップしました」

 

―河崎先生の下へ指導方法を聞きに来ることもあったのでしょうか?

 

「僕は高校で手一杯でした。中学校まで目を向けられていなかったですし、自分の指導も確立できていなかったです。教員は今も昔も変わらず、仕事量がハンパじゃないです。今、パソコンで成績処理をしますけれども、昔はそろばんですからね。だから、遠征に仕事を持って行くのは当たり前でした」

 

―だけど、強くなりたい。遠征も行く。その中で星稜に憧れる中学生も増えた。

 

「チームとして全国大会に出て、選手権全国大会を見て憧れて来る子が増えたというところです」

 

―2000年代に入って、全日本ユース選手権(2002年)で決勝へ行くなど結果も。

 

「あの時は本田圭佑君とか入学してきて、その2つ上に田中俊也君(元広島)など、優秀な選手が数多く入ってくれたお陰で全国大会(全日本ユース選手権)は決勝まで行くことが出来ました。ただし、圭佑君は県外勢がいっぱい来るようになった中の一人ではなく、ウチに県外勢が誰もいないところに来た選手でした。彼は『誰も自分のことを知らない場所でやりたい』と言っていましたから。それが一つの運命的なモノでありましたし、それで選手の流れが全国の色々なところから来るようになりました」

 

―指導者としての経験もより豊かに。

 

「2002年に彼が入って来た時はスタッフの数も増えましたので、私は一歩下がりうるさく口を出さず、じっくり子供の性格・特徴を掴みながらタイミングを見てアドバイスをするようにちょっとずつなっていきました。圭佑君なんかもそんなにたくさんの事を言った訳ではなくて、結構自由にさせました。その中で自分を出してもらったり、抑えるところは抑えたり、自然に伸ばして行くように心掛けていました」

 

―就任当初から指導方法も、選手の質も変わった。

 

「就任当初に感じた他の地域に出て行くことから始まり、今は地元を盛り上げていくようになりました。そして、一番大きな大会の一つが石川県ユースサッカーフェスティバルです。選手もレベルの高いチームばかりで気が抜けず、メンタルも自然に鍛えられ、意識も高められていると思います」

 

―外に行くのではなくて、自分のところでやろう。石川県全体で強豪校との対戦する機会を共有する、石川県の中学生が良い試合を見られる環境にしようと。

 

「その甲斐があって、和倉多目的グラウンドができました。本当に思いがけない財産というか、環境を頂いて。菅平高原とか100面もグラウンドがあれば年間何十万人も来ると思うけれど、ここはそこまでグラウンドがある訳じゃありません。それでも、良いチームが来て、良いゲームができる。石川県サッカーフェスティバルは、良いグラウンド、良い宿泊施設、そして温泉というのが監督さんや選手に喜んでもらえます(笑)。そして、良いマッチメークができる。また、フェスティバルで入れ替え戦があるというは日本で初めてだと思います。それは僕の苦肉の策でした。参加したいというチームが増えた中でどうにか多くのチームを迎え入れたい。その結果、入れ替えのある大会にしました。優勝するために頑張れる大会であるし、落ちないためにも頑張る大会。最後まで消化試合が1試合もないので監督さんもピリピリする。僕が一番困ったチーム数の増加が、監督さんには一番刺激を与えたかなと思います」

 

―石川県ユースフェスティバルの当初は?

 

「昭和60年の石川インターハイの時に強化費が石川県から出るのでそれを出し合って2チームを招聘しました。そこに地元の3、4チームが入ってスタートしたのが第1回(1983年)です。その時は石川県ユースサッカーフェスティバルという名前ではなかったんです。石川インターハイが終わってお金がなくなったけれど、来たいというチームを何人かの先生が引き受けて、グラウンドと宿舎を用意して続けたのがこの石川県ユースサッカーフェスティバルです」

 

―それが選手育成にも貢献することになった。

 

「当時、新潟県で日本最大の高校サッカーフェスティバルがあり、全国のインターハイに出場するようなチームが参加しておりましたが、私たちは弱かったので参加できませんでした。一方で国体選抜チームが参加するフェスティバルみたいなものがありませんでした。その当時、国体選抜を率いていたのが、山田耕介先生(前橋育英高監督)とか、樋口士郎先生(前四日市中央工高監督)とか、上間政彦先生(元奈良育英高監督)とか、早稲田一男先生(現宮崎日大高総監督)など同級生ばかりだったので、選抜チーム同士でやろうと声を掛けました。石川県内の各市町村が良い天然芝グラウンドを持っていたので、それを借り、試合をすることが出来ました。選抜チームのスタッフの人たちが、(単独チームの)フェスティバルもやっているならば来年自分のチームで来て良いですかと。そして前橋育英が来たり、帝京の古沼(貞雄)先生がAチームを連れて来てくれたりした。そこから流れが一気に変わりました」

 

―評判によって盛り上がった。

 

「あっという間に50チームになり、グラウンドを探し、組み合わせを作るのに大変苦労するようになりました。昨年はこの石川県ユースサッカーフェスティバルを30日間やりました。星稜高校は主催していますから(各カテゴリーに分かれて)30日間ずっと出ています。そうすると、やっぱり強化されます。部員が100人いてもどこかで試合ができる。今年で言えばレノファ(山口U-18)や日大藤沢、旭川実がトップ、セカンドで大会に出ている。星稜高校だけでなく、彼らの強化にも一役買っているのは確かです」

 

―他の方が思いつかないことを実行して、文化にされている。同時に、河崎先生は強くなりたいチームに対して寛大に迎え入れている印象です。

 

「弱いチームや若い監督だとなかなか良い大会には入れませんでした。その当時、仲間だった人から『なるべく練習試合をお願いされたら、どんなチームでも断ったらいけないよ』と言われ、そのスタンスをずっと貫いているだけですよ。自分が若かった頃には話もしてくれなかった先生もいました。若造だから当然だ、自分から行くしか無いぞと。だから、何でもチャレンジしようかなと。失敗ばっかりでしたけれどね」

 

(第2回はこちらから)

 

関連ニュース
何で青森の名門・青森山田高校サッカー部を選んだの?「自らもっときつい環境を選ばないと上にいけない。覚悟を決めて青森に行きました」

昨年度、U-18高円宮杯プレミアリーグを制し、高校サッカー選手権準優勝を果たした青森山田高校サッカー部。高体連屈指の強豪校はレベルも高く、競争も激しい。なぜ、彼らは青森山田の門を叩いたのか。その理由を選手たちに聞いてみたぞ!取材に協力してくれたのは松木玖生選手と安斎颯馬選手だ! 松木 玖生■ポジション:MF■学年:2年■身長/体重:178cm/73㎏■前所属チーム:青森山田中学(青森)■自分の見てほしいプレー:メンタルの強さと攻守に関わるプレー Q:青森山田を選んだ理由を教えてください。 「小学校6年生の時に檀崎さん(竜孔/現北海道コンサドーレ札幌)の世代が僕の地元・北海道で開催された全国中学校サッカー大会で優勝しました。それを見に行き、ものすごく良いチームだなと思ったんです。ここであれば活躍できるかもしれないと感じ、そういう面も含めて青森山田を選びましたね」 Q:他の...

青森山田高校
U-18高円宮杯プレミアリーグ
{by} yansaka.com
チーム最激戦区のポジション争いにも『楽しむ気持ち』で。前橋育英高MF新井悠太が感じる“仲間の輪”

前橋育英高の切り込み隊長、新井悠太 最上級生として迎えた今年は、予想外の日々を強いられることになったが、それゆえにチームメイトとの関係もより強固になった実感がある。「コロナの期間で2か月ぐらい自分たちも練習ができなくて、みんなとの“輪”を作る時間が遅くなってしまったんですけど、今ではあの2か月を挽回するどころか、かき消すぐらいの“輪”を作れたんじゃないかなと思っているので、みんなで一緒に最後までやり切りたいですね」。前橋育英高の切り込み隊長。新井悠太(3年)は揺るぎない“仲間の輪”を後ろ盾に、前へ、前へと突き進んでいく。 2年生だった昨シーズンは夏前からトップチームで出場機会を得ると、高円宮杯プリンスリーグ関東でもスタメン起用されるなど、存在感を増していったものの、肝心の選手権ではベンチ外を味わうなど、1年を通じてコンスタントに活躍することはできなかった。 本人もそのことは自...

前橋育英高
新井悠太
{by} web.gekisaka.jp
名門・東福岡のエースがJユース相手に4発!“赤い彗星”の9番が紆余曲折を経て取り戻した得点感覚

東福岡のエースストライカー、長野星輝が2年次に伸び悩んだワケとは? “赤い彗星”の9番がプロ入りに向け、ギアを上げている。 185cm・74kgの恵まれた体格、正確なポストプレー、足もとの技術、力強いドリブル突破。高校年代でも指折りの攻撃センスを持つ東福岡のFW長野星輝(3年)がリーグ戦再開と同時に調子を上げてきた。 9月22日に行なわれたU-18高円宮杯スーパープリンスリーグ九州の第3節。長野はアビスパ福岡U-18戦に先発出場すると、4ゴールの活躍でチームの快勝に貢献した。 4-1-4-1の最前線に入ると、中盤に降りる動きを混ぜながら攻撃の起点となるポストプレーでチャンスに絡む。収めるだけではなく、隙あらば最終ラインの背後に抜け出して自らゴールも狙った。31分にはPKでチームの2点目を奪い、後半開始早々の46分には自身のポストプレーで起点を作ってチャンスメイク。最...

東福岡
長野星輝
高校サッカー
{by} https://www.soccerdigestweb.com/
186cmの中学生MF後藤啓介が清水ユース相手に奮闘し、1ゴール。磐田U-18も今後に繋がる戦いに

ジュビロ磐田U-18の中学生MF後藤啓介は前線で奮闘し、ゴールも [9.22 SBSカップドリームユース決勝 清水ユース 4-3 磐田U-18 草薙陸] 準優勝に終わったが、新型コロナウイルスの影響によって公式戦が減少する中、ジュビロ磐田U-18に「2020SBSカップドリームユースサッカー」は貴重な大会になったようだ。 清水ユースとの決勝は前半に2点ビハインド。PKのチャンスを逸するなど苦しい戦いとなったが、最後まで諦めずに戦い、宿敵を追い詰めた。課題が多く出た一方で今後に繋がる一戦に。世登泰二監督は4-0で静岡ユースに勝った初戦を含めて、この大会の経験を今後に活かす考えを口にしていた。 「トーナメント戦で勝負のかかった戦い。こういう経験ができる大会に参加させてもらったのは選手にとっても大きな財産になったと思いますし、この2日間に出た課題を今後どうしていくかが彼らの成長...

SBSカップドリームユース
清水ユース
磐田U-18
{by} web.gekisaka.jp
スーパーゴール含む1G2A。清水ユースは10番MF青島健大主将が“主役級”の活躍

前半15分、清水エスパルスユースMF青島健大(10番)が勝ち越しゴール [9.22 SBSカップドリームユース決勝 清水ユース 4-3 磐田U-18 草薙陸] 「2020SBSカップドリームユースサッカー」のMVPはチームメートのCB田中芳拓(3年)に譲ったものの、MF青島健大(3年)は“主役級”の活躍で清水エスパルスユースを優勝へ導いた。 前日のU-16日本代表戦で2ゴールを演出した青島は、この日も1ゴール2アシストの活躍。特にインパクトがあったのが、前半15分に決めた勝ち越しゴールだ。右MFの青島は左サイドからのクロスが流れたところをダイレクトで左足シュート。弾丸ライナーの一撃がファーサイドのゴールネットに突き刺さった。 「びっくりしました(笑)。上手く抑えて、フカサないことを意識して、それだけ意識してやったので本当に良いシュートだったと思います」というゴール。家族や...

SBSカップドリームユース
清水エスパルスユース
青島健大
{by} web.gekisaka.jp
「本当に全然違いました」前橋育英“伝統の14番”がまたひとりプロへ! 高校屈指の実力者、櫻井辰徳が神戸を選んだワケ

選手権欠場。櫻井を失意のどん底から救ったのは… “前橋育英の14番”は特別な番号だ。 山口素弘(元日本代表)、松田直樹(元日本代表)、青木剛(南葛SC)、青木拓矢(浦和)、小島秀斗(千葉)、鈴木徳真(徳島)。エースナンバーを背負った者の多くがプロの世界に進んだ。そして今年もまたひとり、伝統の14番を身に纏う選手がJクラブ入団内定を勝ち取った。来季からヴィッセル神戸でプレーするMF櫻井辰徳(3年)だ。 最大の武器は左右の足から繰り出すキックと視野の広さ。中盤の底から長短織り交ぜたパスでゲームを作り、隙あらばミドルシュートでゴールを狙う。攻撃のセンスは一級品で、今年の高体連組ではトップクラスの実力を持つ。 すでに2年生だった昨年からエースナンバーを背負ったように、将来を嘱望されていた櫻井は、どのような経緯から神戸入りを決めたのだろうか。 中学時代は埼玉県の東松山ぺレ...

前橋育英
高校サッカー
{by} https://www.soccerdigestweb.com/
ユース版“静岡ダービー”は4-3で決着。清水ユースがSBS杯ドリームユースの頂点に

[9.22 SBSカップドリームユース決勝 清水ユース 4-3 磐田U-18 草薙陸]1977年から続くSBSカップ国際ユースサッカーの代替大会、「2020SBSカップドリームユースサッカー」(静岡)は22日、決勝戦を行い、清水エスパルスユースとジュビロ磐田U-18が激突。清水が4-3で勝ち、参加4チームの頂点に立った。なお、大会MVPには、清水のCB田中芳拓(3年)が選出されている。ユース版の静岡ダービーは清水が撃ち勝った。前半7分、清水はFW東廉(3年)のスルーパスでFW小塩拳生(3年)が抜け出す。そして、GKの頭上を抜くループシュートで決めて先制した。対する磐田U-18はその1分後、MF野中陸(3年)が右サイドからクロス。ゴールを背にした状態でコントロールしたFW馬場惇也(3年)が、浮き球を柔らかい右足シュートで決めて同点に追いつく。前日、連動した守備でU-16日本代表のビルドアップ...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
2得点演出の清水ユースMF青島健大主将。ラストの質、ゴール求める

[9.21 SBSカップドリームユース1回戦 清水ユース 3-1 U-16日本代表 草薙球]清水エスパルスユースの10番MF青島健大主将は前半18分に右サイドからの折り返しで相手オウンゴールを誘発し、後半には中へ運ぶドリブルからFW東廉へスルーパスを通してアシスト。切り替えの速い攻守と運動量、そして鋭いドリブル含めてチームを牽引した。この日の前半は、清水ユースの後輩SB石川晴大とマッチアップ。「自分のサイドのマッチアップだとは思っていなかったのでびっくりしたけれど」と微笑みながらも、貫禄のある動きで突破口となっていた。その青島は自身の課題について、「アタッキングサードの質やゴールの部分というのが、自分の中で求められていると思う」と分析する。この日は持ち味を発揮してゴールを演出したが、無得点。改善することを常に意識しながら今後の練習・試合に取り組んでいく。U-15日本代表、U-16日本代表に...

SBSカップドリームユース
{by} web.gekisaka.jp
[関東Rookie League]塙決勝点。市立船橋が前橋商に1-0勝利

【Aリーグ】日程&試合結果第7節9月19日[[前橋商高G]市立船橋高 1-0 前橋商高[市]塙仁成(55分=補・中島拓大)10月11日[フジスパーク]静岡学園高(11:00)西武台高10月10日[桐光学園高G]日大藤沢高(18:00)桐光学園高10月25日[[帝京三高G]帝京三高(未定)矢板中央高未定[[未定]前橋育英高(未定)流通経済大柏高...

Aリーグ
{by} web.gekisaka.jp
[スーパープリンスリーグ九州]延期の九国大付vs大分U-18戦は1-1ドロー

高円宮杯JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ2020 九州は19日、台風10号の影響で延期されていたグループA第1節の九州国際大付高(福岡)対大分トリニータU-18(大分)戦を行った。九国大付は前半13分、DF石本渉のCKをDF磯谷駿がつなぎ、FW堀金峻明が先制ヘッド。対する大分U-18は後半31分にFW平川絢人が同点ゴールを決め、1-1の引き分けに持ち込んでいる。【第1節】グループA(9月5日)[福岡フットボールセンター C]筑陽学園 1-5 福岡U-18[筑]緒方孝起(18分)[福]石井稜真2(19分、86分)、藤原尚篤(33分)、牛鼻世波(57分)、真崎凌(82分)(未定)[未定]東福岡 vs 鳥栖U-18(9月19日)[九州国際大サッカー場]九州国際大付 1-1 大分U-18[九]堀金峻明(12分)[大]平川絢人(76分)グループB(9月5日)[大津町運動公園]大津 3-...

高円宮杯
{by} web.gekisaka.jp