県リーグ勢が史上初の快挙!! ジャイキリ連発・東海大、順大も破って20年ぶり日本一に王手

決勝ゴールのFW砂金大輝(4年=暁星国際高) [1.21 #atarimaeniCUP準決勝 東海大1-0順天堂大 味フィ西] 大学サッカー特例全国大会『#atarimaeniCUP』は21日、準決勝を行い、第2試合は東海大(関東9)が順天堂大(関東6)を1-0で破った。県リーグ所属での全国決勝進出は史上初の快挙。総理大臣杯を制した2000年度以来、20年ぶりの日本一に王手をかけた。 総理大臣杯と全日本大学選手権の代替大会にあたる『#atarimaeniCUP』は今月6日から11日にかけて、1回戦から3回戦(準々決勝)が集中開催。準決勝は中9日の準備期間を挟み、味の素フィールド西が丘で開催された。当初、準決勝・決勝は有観客での実施を予定していたが、大会中に緊急事態宣言が発令。これを受けて急遽無観客で行われた。 東海大の布陣は4-4-2。GK宮崎浩太朗(3年=大宮ユース)が

atarimaeniCUP
東海大
順天堂大
{by} web.gekisaka.jp
ファン投票によるUEFA2020のベストイレブン:バイエルン5選手が入選、メロも選出

欧州サッカー連盟(UEFA)は、ファンの投票によって2020年のベストイレブンを発表し、メッシ、ロナウドが選ばれた。バイエルンはレヴァンドフスキら5人が選出。 フォワード:ネイマール、レヴァンドフスキ、ロナウド ミッドフィールダー:ブライネ、メッシ、チアゴ ディフェンダー:アルフォンソ・デイヴィス、ファン・ダイク、セルヒオ・ラモス、ジョシュア・キミッヒ ゴールキーパー:マヌエル・ノイアー

UEFA
メッシ
レヴァンドフスキ
{by} jp.7msport.com
【東北高等学校新人サッカー選手権大会】最多優勝校は青森山田!歴代優勝校一覧

1月23日、第20回東北高等学校新人サッカー選手権大会が福島県のJヴィレッジで開幕する。大会には大会4連覇を目指す青森山田(青森)など東北地区の新人戦の上位校が出場し東北制覇を目指して激突する。過去の優勝校は以下のとおり。 【歴代優勝校】第1回(2001年度):仙台育英① 第2回(2002年度):盛岡商① 第3回(2003年度):仙台育英② 第4回(2004年度):青森山田① 第5回(2005年度):青森山田② 第6回(2006年度):青森山田③第7回(2007年度):山形中央①、福島工① ※決勝中止第8回(2008年度):強風のため2回戦終了後に中止 第9回(2009年度):盛岡商②、富岡①※決勝引き分け 第10回(2010年度):聖和学園① 第11回(2011年度):東日本大震災の影響で中止第12回(2012年度):東日本大震災の影響で中止 第13回(2013年度):降雪のため1回

東北高等学校新人サッカー選手権
高校サッカー
{by} koko-soccer
[関西U-16~Groeien~]優秀選手:野洲DF谷口裕紀「みんなと力を合わせて、必ず野洲高校を復活させてみせます!」

関西地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図ることを目的とする「関西U-16~Groeien~2020」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。G2リーグ10位の野洲高(滋賀)からはDF谷口裕紀(1年=セゾンFC出身)が選出された。以下、谷口コメント―リーグを振り返って。「まず、チームとして1勝もできなかったのがとても悔しいです。もっと全面的に闘争心を出し、一人一人戦っていれば、1試合でも多く勝てていたと思います。個人としてキャプテンとしてチームを鼓舞し、チームをよい方向に持っていけるように良い声掛けをしました。結果はついてきませんでしたが、全力で戦うことが出来ました」―現在の課題と強みは?「課題としては、ファーストタッチと、ビルドアップなど攻撃に関しての課題が多くあります。守備に関しても組織的な守備などはまだまだ課題があり

関西U-16~Groeien~2020
{by} web.gekisaka.jp
今日1月21日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日1月21日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本FW大石竜平(金沢、1997)*国士舘大出身のアタッカー。プロ1年目の19年は38試合6得点の好成績を残した。海外DFウェズ・モーガン(レスター・シティ、1984、ジャマイカ)*強さ、高さがあり、リーダーシップも発揮するDF。MFヘンリク・ムヒタリアン(ローマ、1989、アルメニア)*得点力が高く、ドリブルの突破力に優れたMF。MFマルコ・アセンシオ(R・マドリー、1996、スペイン)*世代別スペイン代表を担って来たアタッカー。推進力と精度の高いキックが魅力。元選手FWジュゼッペ・サボルディ(元ボローニャほか、1947、イタリア)*70年代にセリエAで得点王に輝いたストライカー。FWアレン・ボクシッチ(元ラツィオほか、1970、クロアチア)*力強さと技術

誕生日
{by} web.gekisaka.jp
日大は18年ぶり全国で8強躍進も…登録外の4年生を思い声詰まらせたMF大森「もっと上の景色を見てもらいたかった」

日本大にとって18年ぶりの全国大会はベスト8で幕を閉じた。中盤を前後に動いて攻撃を組み立てたMF大森渚生(3年=東京Vユース)は試合後、「負けて帰るのがすごく申し訳ない」と声を詰まらせ、これまでチームを引っ張ってきた先輩たちへの思いを語った。日本大は今大会に臨むにあたり、登録メンバー33人のうち31人を3年生以下が占めた。また4年生もDF西羽開(4年=成立学園高)がベンチでチームを支える役割に徹し、MF楜澤健太(4年=帝京長岡高)もスーパーサブ的立ち位置。ゲームキャプテンのDF東憲也(3年=四日市中央工高)を筆頭に、スタメンは全員が下級生だった。それでも中盤でのパスワークを担う大森、MF橋田尚希(1年=JFAアカデミー福島U18)、MF長澤壮竜(2年=前橋育英高)のトライアングルをはじめ、最終ラインで攻守に存在感を放ったDF青木駿人(1年=日大藤沢高)、今大会は負傷の影響でジョーカー役とな

日本大
{by} web.gekisaka.jp
バルセロナ大将の市場価格が大幅に下落! 7000万ユーロから1000万ユーロ

バルセロナは最近上手く行かなくて、多くのプレイヤーのパフォーマンスが低下している。その結果、不満と議論が生じた。 『ディアリオ・アス』は数日前にサミュエル・ユムティティの状況を分析し、彼の市場価格が大幅に下落したと報道した。 バルセロナは2016年にユムティティを獲得するために2500万ユーロを払った。彼が加入した最初の2シーズンで好プレーを披露した。移籍情報専門サイト『transfermarkt』での価格は一度に7000万ユーロに上昇した。 しかし今、ユムティティは約1000万ユーロに落ち込んだ。 ムティティの推定市場価格は急落した。最大の理由は彼は頻繁に怪我や病気を負って、本来の状態に戻ることができない。 昨シーズン、ユムティティは18回しか出場していなかったが、今シーズンはさらに悪く、これまで4回しか出場していない。 このため、バルセロナがユムティティを放出す

バルセロナ
サミュエル・ユムティティ
{by} jp.7msport.com
「この景色を当たり前に」甲南大の初全国は“非関東勢”最高の8強終幕…大学初のJリーガーFW木村は課題も胸にJ2岡山へ

FW木村太哉(4年=札幌大谷高) ベスト8のうち7チームを関東勢が占めた『#atarimae CUP』で、8強唯一の“非関東勢”は初出場の甲南大だった。元Jリーガー指揮官の下で変革の時を迎えている伝統校は、初の全国舞台で積み上げた経験と準々決勝で突きつけられた課題を胸に、さらなる飛躍につなげていく構えだ。 九州王者の日本文理大、北海道第1代表の北海道教育大岩見沢校を連破し、関西勢以外で唯一の8強入りを果たした甲南大。しかし、準々決勝では関東の名門・早稲田大が目の前に立ちはだかった。序盤から激しいプレッシングに圧倒され、なかなかペースを掴めずにいると、前半19分にセットプレーから先制点を献上。その後は徐々に持ち直していったものの、後半にも2点を追加されて0-3の大敗に終わった。 かつてヴィッセル神戸などで活躍した就任2年目の柳川雅樹監督は「率直に悔しいし、非常に残念な結果になっ

札幌大谷高
高校サッカー
木村太哉
{by} web.gekisaka.jp
全国初勝利&順大追い詰めた四国学院大、スーパーボレー弾の岡田はJFLへ「恩返ししたい」2G2AのFW久保田「プロでやりたい」

FW久保田蓮(4年=必由館高、7番)、MF岡田大介(4年=桜林高、10番) 今季限定の全国大会となった『#atarimaeni CUP』で、四国王者の四国学院大がたしかな爪痕を残した。1回戦ではタレント豊富な新潟医療福祉大を破って悲願の全国初勝利を収めると、2回戦では優勝候補の順天堂大を相手に2度もリードする熱戦を展開。最後はPK戦で涙をのんだが、着実に積み上げてきた強化の成果を見せた。 チームを率いるのはかつて浦和レッズや東京ガスでプレーした経験を持つ本吉剛監督。現役引退後はFC東京で16年間にわたって育成・強化に携わり、2015年から香川県善通寺市の同大で指揮を執っている。本吉監督は6年前の就任当初を次のように思い返す。 「初めはもうサークルでした。朝練をやって半分来ないということもあったし、ちょっと厳しいことをやると、『こんなに厳しいって聞いてなかった』という話もされる

四国学院大
高校サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
スールシャール監督:プレミアリーグ首位を確保するのが難しい、首位は常に入れ替わる

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、首位に立つのは簡単ではない。首位を守るのは難しい。レッド・デビルズの目標は優勝だと話した。 「シーズン途中でトップに立っていましたが、今のトップは本当に混んでいるので、ちょっとしたプレーをすればトップに立てることは分かっていましたし、コンディションが少しでも落ちれば落ちてしまいます。一度にトップに立つことは簡単ではないし、リーグで上がることは簡単だが、トップに留まることは課題だ。毎試合に集中し、チームのラインナップを構築することに集中し、最終的にはトロフィーを手にすることができることを願っている」 「今のところ選手たちのメンタリティーは変わっていないと思うし、リーグ順位が彼らの考え方に影響を与えるとは思わないし、次の試合に集中して勢いを保つことに集中している」 「今シーズンは何度もトップが変わったけど、最後までトッ

マンチェスター・ユナイテッド
{by} web.gekisaka.jp