【第98回全国高校サッカー選手権秋田予選】秋田4強が24日に激突 決勝進出目指す

第98回全国高校サッカー選手権秋田予選準決勝が10月24日に行われ、秋田商、明桜、西目、秋田南が決勝進出をかけてソユースタジアム(八橋陸上競技場)で激突する。決勝は26日に同会場で行われる。 5連覇を狙う第1シード・プリンスリーグ東北所属の秋田商は昨年度準優勝の明桜との一戦に臨む。秋田南は第2シードの新屋撃破の西目と対戦する。 ▽第98回全国高校サッカー選手権秋田予選 準決勝 2019.10.2411:00秋田商(秋田)-明桜(秋田)2019.10.2413:30秋田南(秋田)-西目(秋田) 決勝 2019.10.2613:05

第98回全国高校サッカー選手権
秋田予選
{by} koko-soccer.com
「ピピ」こと15歳中井卓大がレアルとプロ契約へ

白い巨人、レアル・マドリードの下部組織に所属するU-15(15歳以下)日本代表MF中井卓大(たくひろ=15)が16歳の誕生日を迎える今月24日以降にレアルとプロ契約を結ぶ可能性が高いことが22日、分かった。今夏レアルと契約し、現在はマジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英(18)に続いて、将来の日本サッカーを背負うであろう逸材がレアルでプロに。夢の共演へ、また1歩前進となる。また、中井が今年4月から芸能大手の吉本興業とマネジメント契約を結んでいたことも判明した。 9歳から世界一の名門、Rマドリードで成長してきた愛称「ピピ」こと中井が、夢の扉を少しずつ切り開く。スペインでは16歳からプロ契約が可能となる。クラブは中井の才能を高く評価しており、関係者によると、24日の16歳の誕生日後にプロ契約を結ぶ可能性があるという。 レアルはこれまでも有望な若手選手の早期プロ契約に活発な動き

中井卓大
レアル・マドリード
{by} www.nikkansports.com
サッカー日本代表、東京五輪ユニは迷彩柄を初採用

日本代表新ユニホームのイメージ サッカー日本代表が20年東京五輪で使用するユニホームに、初めて迷彩風のデザインが採用されることが21日、分かった。A代表、世代別代表ともに着用することになる。 日本代表のユニホームは、2年に1度デザインが新しくなるのが通例で、現行モデルは、W杯ロシア大会前年の17年11月から着用している。今回は、11月14日のW杯アジア2次予選キルギス戦(アウェー)でお披露目される可能性が高い。その流れなら、東京五輪世代のU-22(22歳以下)日本代表はその3日後、17日の国際親善試合キリンチャレンジ杯のコロンビア戦(広島・Eスタ)で初めて着用するとみられる。 来年の東京五輪は、56年ぶりの自国開催。大一番に向け、用意されたユニホームはまさに“勝負服”となった。濃淡ある青を基調に、黒と白を配色。斬新なデザインに仕上がった。元来は戦闘時などにカムフラージュを目的

サッカー日本代表
20年東京五輪
{by} www.nikkansports.com
アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

アディダスは23日、サッカー日本代表新ユニフォームに関するリリースを発表した。 日本代表の新ユニフォームをめぐっては、海外のサイトでリーク画像が出回った他、日本国内でも一部の報道機関によって詳細が報じられていた。これに対し、日本代表の公式サプライヤーを務めるアディダスは、「当社の発表に基づくものではございません」とし、後日正式に発表する旨を各報道関係者へ通達した。なお、発表前後の詳細な日程は明かされていない。 以下、アディダスからの発表(原文ママ)。 「一部報道機関においてサッカー日本代表のユニフォームに関する報道がございましたが、当社の発表に基づくものではございません。サッカー日本代表新ユニフォームの正式発表に関しましては、後日実施を予定しております。」

サッカー日本代表
新ユニフォーム
{by} www.soccer-king.jp
ムバッペがCL史上最年少で15ゴール到達!メッシの記録を1年近く更新

パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペが、チャンピオンズリーグ(CL)記録を塗り替えるゴールを決めた。 22日に行われたCLグループリーグ第3節で、クラブ・ブルージュと対戦したPSG。負傷したネイマールを欠く中、7分にイカルディが先制弾を奪うと、その後ムバッペがハットトリックを達成。イカルディにも2点目が生まれ、敵地で5-0と大勝した。 これでグループリーグ3連勝を達成し、レアル・マドリーを抑えて首位の座をキープしたPSG。この一戦では、CL史に残る新たな記録が生まれた。 ハットトリックを達成したムバッペは、これでCL通算ゴール数を「17」に。同大会で15ゴール以上を挙げた最年少選手となった(20歳306日)。リオネル・メッシ(21歳288日)が持っていた記録を1年近く更新する素晴らしい記録となった。 この試合で52分から途中出場したムバッペだが、31分で

パリ・サンジェルマン
ムバッペ
UEFAチャンピオンズリーグ
{by} www.goal.com
レヴァンドフスキ、CL通算得点数で単独5位に浮上…名FWファン・ニステルローイ超え

オリンピアコス戦で2ゴールを決めたバイエルンのレヴァンドフスキ。これで同選手はCL通算得点数を58に伸ばし、ゴール数で単独5位に浮上した。 現地時間22日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループB第3節で、オリンピアコスとのアウェー戦に挑んだバイエルンは2-3で勝利を収めた。 この試合でポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは2ゴールを決め、勝利に貢献。それと同時にこの日の2ゴールは同コンペティションでのメモリアルゴールとなった。 レヴァンドフスキはCLでの通算ゴール数を58に伸ばした。これはクリスティアーノ・ロナウド(127)、リオネル・メッシ(112)、ラウール・ゴンサレス(71)、カリム・ベンゼマ(60)に続く記録で、単独5位となる。オリンピアコス戦の前までレヴァンドフスキは56ゴールで、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイと並び、

UEFAチャンピオンズリーグ
{by} www.goal.com
ユース取材ライター陣が推薦する選手権予選注目の11傑vol.2

土屋氏が注目するFW戸坂隼人(國學院久我山高) 「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第2回は(株)ジェイ・スポーツで『デイリーサッカーニュース Foot!』を担当する傍ら、東京都中心にユース年代のチーム、選手を取材する土屋雅史氏による11名です。 土屋雅史氏「今回の企画でも日頃から重点的に取材させていただいており、『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』でも取り上げる機会の多い東京でプレーしている選手に絞り、選手権予選のAブロック、Bブロック共にベスト8まで勝ち上がってきたチームの中から、11傑を選出しました。設けている縛りもいつも通りに“1チーム1名”と“過去にご紹介したことのない選手”。また、選手権予選という大会の性質を考えて、11人すべて3年生を選出しています。高校サッカーをプレーする選手

第98回全国高校サッカー選手権都道府県予選
高校サッカー選手
{by} web.gekisaka.jp
今日10月23日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日10月23日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本 MF松岡亮輔(藤枝、1984)*C大阪の育成組織出身。豊富な運動量とスピード、戦術眼を持ったMF。MF田中パウロ淳一(山口、1993)*力強いドリブルやパワフルなシュートが持ち味のMF。氏名の間にある「パウロ」は愛称。MF小林祐介(柏、1994)*柏の育成組織出身。展開力があり、読みをいかした守備力を持ち味とするMF。FW白井陽斗(G大阪、1999)*G大阪ユースから18年にトップ昇格。偉大な先輩たちに続きたい。 海外MFアンドリー・ヤルモレンコ(ウエスト・ハム、1989、ウクライナ)*スピードと運動量が魅力の大型アタッカー。2017年に加入した。MFエミル・フォルスベリ(ライプツィヒ、1991、スウェーデン)*スピードと力強さ、キックの精度を兼

今日の誕生日
{by} jp.7msport.com
【第98回全国高校サッカー選手権新潟予選】帝京長岡、北越、新潟明訓、日本文理が準決勝へ

第98回全国高校サッカー選手権新潟予選の準々決勝がは22日に行われ、プリンスリーグ北信越勢の帝京長岡、北越、新潟明訓と日本文理が準決勝進出を決めた。準決勝は26日に行われる。 昨年度全国8強で今年度プリンスリーグ北信越を初制覇した帝京長岡は新潟工に5-0で勝利。夏の全国出場校の北越は3-1で高田を撃破。4年ぶりの優勝を目指す新潟明訓は延長戦の末に5年ぶり2回目の全国を狙う開志学園JSCを退け4強入りを決めた。2年ぶりの王座奪還を目指す日本文理は3-1で新潟西に勝った。 ▽第98回全国高校サッカー選手権新潟予選 準決勝 2019.10.26 10:00 北越(新潟)- 帝京長岡(新潟)2019.10.26 13:30 新潟明訓(新潟)- 日本文理(新潟) 決勝 2019.11.10 12:15

第98回全国高校サッカー選手権
新潟予選
{by} koko-soccer.com
グリーズマンの移籍金問題に決着? バルサが和解金約18億円を支払いか

フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの移籍を巡り対立していたバルセロナとアトレティコ・マドリードが和解した模様だ。21日、スペイン紙『マルカ』が報じた。 バルセロナは7月にアトレティコからグリーズマンを獲得。1億2000万ユーロ(当時レートで約145億円)の契約解除金を支払い、5年契約を締結していた。しかし、アトレティコはグリーズマンの移籍決定後、バルセロナは3月から同選手との交渉を開始しており、契約解除金が2億ユーロ(約236億円)から1億2000万ユーロに下がる7月1日よりも前に同選手と合意に至っていたとの公式声明を発表。支払われるべき金額が不足していると主張していた。 スペインサッカー連盟(RFEF)は、アトレティコの主張を裏付けるだけの証拠がないとしてバルセロナに厳しい処分を下さず。アトレティコの許可なしに交渉を始めたことについて、9月26日に300ユーロ(約3万5000

アントワーヌ・グリーズマン
{by} www.soccer-king.jp