【東京都高体連海外遠征プロジェクト】東京都高体連海外遠征プロジェクト、ドイツ遠征に参加するメンバー18名が発表

3年前に「強い東京を」を合言葉に発足された「高体連選抜海外遠征プロジェクト」。東京都高等学校体育連盟サッカー専門部は2月24日、合計5回の選考会、練習会、保護者説明会を経て3月20日よりドイツ遠征に参加するメンバー18名とスタッフ6名が決まったことを発表した。発表されたスタッフ・メンバーは以下の通り。 【スタッフ】団長:三井耕(都立葛飾野)監督:石川創人(東農大一)コーチ:小野貴裕(関東一)コーチ:石川勝利(都立東大和南)GKコーチ:結城秀康(国士舘)トレーナー:坂本哲也(株式会社アスレ) 【選手】 ▽GK奥谷将(修徳)村田新直(國學院久我山) ▽DF小山田銀辰(国士舘)後藤栄太(都立駒場)竹村吉裕(東海大菅生)池田健人(関東一)鈴木治成(高輪学園) ▽MF藤井日向(関東一)野口蓮(成立学園)岩永拓己(実践学園)稲邑慧大(修徳)宇田川瑛琉(堀越)西郷薫(都立東久留

東京都高体連
高体連選抜海外遠征プロジェクト
{by} koko-soccer.com
【新型コロナウイルス】全国の小中高へ休校要請 首相「何よりも、子どもたちの健康・安全を第一に考え」

2月27 日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、総理大臣官邸で第15回新型コロナウイルス対策本部を開催し、全国の小中学校、高校、特別支援学校(※幼稚園や保育所、学童保育は対象外)を3月2日から春休みまで臨時休校とするよう、要請することを表明した。法的拘束力はなく、休校するかは学校や地方自治体の判断となる。 安倍晋三首相は「政府としては、何よりも、子どもたちの健康・安全を第一に考え、多くの子どもたちや教職員が、日常的に長時間集まることによる感染リスクにあらかじめ備える観点から、全国全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について来週3月2日から春休みまで臨時休業を行うよう要請する」と語るとともに、入試や卒業式などを終えていない学校でこれらを実施する場合には、感染防止のための措置を講じたり、必要最小限の人数に限って開催したりするなどの対応を呼びかけた。行政機関や民間企業に対しては「

新型コロナウイルス
安倍晋三
{by} koko-soccer.com
セリエA、ユーヴェvsインテルなど5試合が無観客試合に…新型コロナの影響で

セリエAは27日、ユヴェントスとインテルの一戦も含めた週末のリーグ戦5試合を無観客試合で行うことを決定した。 セリエAはコロナウィルスの影響で、前節は6試合のうち4試合が延期に。ジュゼッペ・コンテ首相が「ベネト州とロンバルディア州で23日に予定されているすべてのスポーツイベントを中止する」と声明を発表する事態となっていた。 今節も延期となる可能性が伝えられていたが、無観客試合で開催されることが決定した。対象試合は、ユヴェントスvsインテル、ミランvsジェノア、ウディネーゼvsフィオレンティーナ、パルマvsSPAL、サッスオーロvsブレシアの5試合となっている。 なお、ユヴェントスとインテルは首位と3位の上位対決であり、注目の一戦であった。

セリエA
ユヴェントス
インテル
{by} www.goal.com
ドルトムント、15歳FWをトップチーム引き上げ検討…U-19ドイツ代表に選出

ドルトムントのリュシアン・ファーヴル監督は、15歳のFWユスファ・ムココについてトップチームへ引き上げたいとの意向を明かしている。 15歳のムココはブンデスリーガAユースで18試合に出場し、31得点とゴールを量産。先日には、飛び級でU-19ドイツ代表に選出された。ファーヴル監督としてはすでにトップチームで経験を積ませることを検討しているようだ。 「彼とともに計画を立てているが、いつになるかは正確には言えない。おそらく3月だが、まだいくつかのことを待たなければいけない」 すでにドルトムントのトップチームでは19歳のアーリング・ハーランド、ジェイドン・サンチョ、17歳のジオヴァニ・レイナなどが活躍中。ここにムココも加わることとなれば、さらにアタッカーの平均年齢は下がることとなる。 なお、ドルトムントでの最年少デビューはヌリ・シャヒンによる16歳11か月1日(2005年8月)。ム

ドルトムント
ブンデスリーガ
ユスファ・ムココ
{by} www.goal.com
アーセナルやアヤックスがまさかの敗退…マンU、インテルは16強進出/EL決勝T1回戦

ELラウンド32の15試合が行われた [写真]=Getty Images ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグの15試合が、26日から27日にかけて行われた。なお、奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)と長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)のセカンドレグは、嵐の影響で日本時間2月28日26時(29日2時)キックオフに延期となった。 昨季のファイナリスト・アーセナル(イングランド)は、ホームでオリンピアコス(ギリシャ)と対戦。オリンピアコスが53分に合計スコアを1-1にすると、試合は延長戦に突入。アーセナルは113分に一時リードを広げたが、試合終了間際の120分に失点。アウェイゴール差でオリンピアコスの16強進出が決まった。 昨季のチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝まで進出したアヤックス(オランダ)は、ホームでヘタフェ(スペイン)

ヨーロッパリーグ
アヤックス
アーセナル
{by} www.soccer-king.jp
今日2月28日が誕生日のサッカー選手まとめ

今日2月28日が誕生日の主なサッカー選手がこちら。 海外の場合、現地時間とずれがあるかもしれませんが、みなさんおめでとう! 日本 FW表原玄太(徳島、1996)*神戸ユース出身のFW。足もとの技術がしっかりしており、正確なボールコントロールが持ち味。FW大垣勇樹(岩手、2000)*興國高出身のアタッカー。果敢なドリブル突破が持ち味。DFデューク・カルロス(岡山、1999)*川崎F U-18出身のサイドバック。バネの効いたフィジカルから力強いキックを繰り出す。 海外MFアントニオ・カンドレーバ(インテル、1987、イタリア)*運動量豊富で足もとの技術も高いMF。MFセバスティアン・ルディ(ホッフェンハイム、1990、ドイツ)*組み立ての技術と激しい守備を持ち味とする。FWアルカディウシュ・ミリク(ナポリ、1994、ポーランド)*テクニックをいかしたドリブルと左足シュートが武器。

誕生日
2月28日の誕生日
{by} jp.7msport.com
新型肺炎の影響でデンチャレの中止が決定…日韓戦も延期へ

昨年のデンチャレで優勝した全日本選抜 全日本大学サッカー連盟(JUFA)は27日、3月3日から5日にかけて宮崎県宮崎市で開催を予定していた『第34回デンソーカップチャレンジサッカー宮崎大会』について、新型コロナウイルスの感染が拡大する現状を考慮し、中止することが決定したと発表した。 また、3月22日に柏の葉総合競技場で開催予定だった『DENSO CUP SOCCER 第17回大学日韓定期戦』および『DENSO CUP SOCCER 第1回大学日韓新人戦チャンピオンシップ』についても、日本と韓国の現状を鑑み、延期することが決定。今後の日程は未定となっている。

JUFA
デンチャレ
新型肺炎
{by} web.gekisaka.jp
帝京長岡MF田中克幸は明治大に進む。 進路決定に悩んだ高校3年生の話。

進路――。それは誰もが悩むことだ。近い将来のことをまっすぐに考えるか、それともその先のステージを見据えて逆算していくか。十人十色、人それぞれであり、「正解」はその選択した者にしかわからないものである。 高校サッカーにおいてもそうだ。卒業してすぐにJリーグに進む者もいれば、海外へ渡る者、JFL以下のリーグを経由してプロを志す道もある。 高校生に多いパターンとして、大学進学を選ぶことが挙げられる。中にはプロからのオファーを受けながらも、近年レベルが高い大学サッカーを自ら選択する高校生も少なくない。今回紹介するのも、その一例だ。 青森山田を苦しめた背番号7の左足。 静岡学園の優勝で幕を閉じた第98回全国高校サッカー選手権大会。準決勝で高円宮杯プレミアリーグ王者・青森山田と激戦を演じた新潟県代表・帝京長岡は、FW晴山岬(町田ゼルビア)、MF谷内田哲平(京都サンガ)、DF吉田晴稀(愛

高校サッカー
帝京長岡
田中克幸
{by} https://number.bunshun.jp
【JENESYS2019 青少年サッカー交流大会】U-17日本代表、7発圧勝発進

2月26日、U-17日本代表が出場するJENESYS2019 青少年サッカー交流大会が開幕し、日本は第1戦で鹿児島県高校選抜U-18と対戦、7-1で大勝した。 日本は27日の第2戦でU-19ラオス代表、28日の第3戦でU-17マレーシア代表と激突する。その後、29日に順位決定戦が行われる予定となっている。 ▽グループAU-17マレーシア代表 1-1(PK:2-3)U-19ラオス代表U-17日本代表 7-1 鹿児島県選抜U-18 ▽グループBU-18カンボジア代表 3-7 U-19東ティモール代表U-18ミャンマー代表 7-1 鹿児島ユナイテッドFC U-18

U-17日本代表
JENESYS2019 青少年サッカー
{by} koko-soccer.com
FFP違反のマンC、スポーツ仲裁裁判所に控訴…2年間のCL出場禁止と罰金処分

マンチェスター・CがCASに控訴した [写真]=Getty Images マンチェスター・Cは、欧州サッカー連盟(UEFA)から科された2シーズンのUEFA主催大会への出場禁止と罰金処分について、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴したようだ。26日、イギリスメディア『スカイスポーツ』や同『BBC』などが報じた。 UEFAは14日、マンチェスター・Cが2012年から2016年にかけてUEFAに提出した損益報告書においてスポンサー収入の水増しを行い、「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に違反していた」ことを発表。同クラブに「2020-21、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)などUEFA主催大会への参加禁止」と「3000万ユーロ(約35億7000万円)の罰金」処分を科した。 かねてよりUEFAからFFP違反の調査を受けていたマンチェスター・Cは、処分につ

マンチェスター・C
出場禁止
UEFA
{by} www.soccer-king.jp