ニュース > 日本 > 本文
U-18日本代表候補メンバー26人が発表 5月5日からトレーニングキャンプ
{by} koko-soccer

松木玖生(青森山田)

 

 4月30日、日本サッカー協会(JFA)はU-18日本代表候補トレーニングキャンプに参加するU-18日本代表候補メンバー26人を発表した。発表されたスタッフと選手に加え、内田篤人ロールモデルコーチも帯同予定。

 

 トレーニングキャンプは5月5日から9日にかけてJヴィレッジで行われる。

 

【スタッフ】

▽監督
大岩剛

 

▽コーチ
冨樫剛一

 

▽GKコーチ
高桑大二朗

 

▽フィジカルコーチ
菅野淳

 

【選手】

▽GK
西村遥己(昌平)
バーンズ・アントン(大成)
佐藤瑠星(大津)

 

▽DF
菊地脩太(清水エスパルスユース)
松田隼風(JFAアカデミー福島U-18)
松村晟怜(帝京長岡)
小澤晴樹(大宮アルディージャU18)
植田悠太(京都サンガF.C.U-18)
大川佳風(流通経済大柏)
舩木大輔(横浜F・マリノスユース)

 

▽MF
吉田温紀(名古屋グランパスU-18)
松木玖生(青森山田)
笠柳翼(前橋育英)
鈴木淳之介(帝京大可児)
池田柚生(サンフレッチェ広島ユース)
甲田英將(名古屋グランパスU-18)
遠山悠希(京都サンガF.C.U-18)
宇野禅斗(青森山田)
山崎太新(横浜FCユース)

 

▽FW
二田理央(サガン鳥栖U-18)
豊田晃大(名古屋グランパスU-18)
高柳英二郎(サンフレッチェ広島ユース)
山崎倫(大宮アルディージャU18)
千葉寛汰(清水エスパルスユース)
升掛友護(柏レイソルU-18)
福田師王(神村学園)

関連ニュース
Ioc: まだ東京オリンピックの開催に向けて全力で準備をしている

国際オリンピック委員会のマーク・アダムズ報道官は12日(現地時間)の記者会見で、日本で新型コロナ感染症の流行が激化し、東京などの非常事態が5月末まで延長されたにもかかわらず、国際オリンピック委員会は全力を尽くしていると明らかにした,完全なオリンピックを準備し続ける。 マーク・アダムズは、東京五輪の開幕までヵ月あまりを残して、最終段階の準備に余念がないとし、東京五輪が順調に開催されることを示唆した。 一方、世論調査によると、日本人の多くが現状での五輪開催を支持していないという結果が出ていることについて、マーク・アダムズ氏は「状況は変わる」と考えている。彼は, オリンピックが開催されたとき, 日本国民は開催国としてこのような歴史あるオリンピックが開催されたことを誇りに思うだろうと述べ, 「(日本の)世論がオリンピックを大いに支持すると確信して...

東京オリンピック
{by} jp.7msport.com
28年ロス五輪世代のU-16日本代表候補が強豪と2連戦。第1試合は藤枝明誠と2-2ドロー

[5.12 練習試合 U-16日本代表候補 2-2 藤枝明誠高] 05年生まれ以降で構成されたU-16日本代表候補は静岡合宿3日目の12日、ともにプリンスリーグ東海に所属する藤枝明誠高(静岡、20年度選手権16強)、JFAアカデミー福島U-18と練習試合を行った。藤枝明誠と対戦した第1試合はMF宮原勇太(興國高)とFW磯崎麻玖(大宮U15)のゴールによって2度リードを奪ったものの、終了間際に追いつかれ、2-2で引き分けている。 05年生まれはロサンゼルス五輪が開催される28年に23歳となる世代。合宿冒頭、森山佳郎監督から選手には「(28年五輪の)一番上の世代だから」と説明があったという。普段であれば、国内合宿や海外遠征で強化できるところだが、コロナ禍によってこの世代は「活動が2回目、海外経験ゼロ」(森山監督)という状況だ。その中で彼らの成長を加速させるべく、この日は高校3年生を中心とした強...

U-16日本代表候補
{by} web.gekisaka.jp
「何回取られても、仕掛け続ける」開幕13戦無敗の首位新潟を牽引するドリブラー、本間至恩が目指すプレーヤー像

「『個』で相手の組織を破壊できるのが、彼のよさ」とチームメイトも称賛! 開幕戦から10勝3分と、13試合無敗で首位を走り続けている新潟。 試合が進むにつれて対戦相手からのスカウティングも進み、チーム戦術やキーマンを封じようと、さまざまな対策が打たれるようになった。 新潟のエース本間至恩も、最も警戒すべき選手のひとりとして認識されている。 13節・松本戦(△0-0)はひとつの象徴だ。松本のCB大野佑哉がイレギュラーな右ウイングバックで起用されたのだ。試合後の会見で「本間選手への対応に、うちで一番1対1が強く、身体能力が高い大野佑哉を対面で合わせた」と柴田峡監督はその意図を明かしている。 プロ3年目の今季、本間は出場停止の1試合を除く12試合で先発出場。13節終了時点で4得点・4アシストし、6得点・9アシストの高木善朗に次いで多くの得点に関わり続けている。前線からの守備も向...

本間至恩
{by} soccerdigestweb
U-18日本代表と練習試合を行う関東大学選抜メンバー発表

関東大学サッカー連盟は6日、大学1、2年生で編成された関東選抜のメンバーを発表した。同選抜は7日と9日にU-18日本代表と練習試合を行う。 今季の明治大の2トップ、FW太田龍之介(2年)とFW佐藤恵允(2年)らが選出。1年生からは早稲田大のMF光田脩人、駒澤大のMF飯田晃明、東洋大のDF稲村隼翔、拓殖大のDF長田京兵が選ばれている。 ▽GK猪越優惟(中央大2年)杉本光希(立正大2年)中川真(法政大2年) ▽DF青木駿人(日本大2年)牛澤健(中央大2年)岡哲平(明治大2年)久保庭良太(立教大2年)鈴木瑞生(筑波大2年)長澤シバタファリ(関東学院大2年)松岡迅(法政大2年)長田京兵(拓殖大1年)稲村隼翔(東洋大1年) ▽MF青島太一(立正大2年)植村洋斗(早稲田大2年)小倉陽太(早稲田大2年)加藤悠馬(拓殖大2年)後藤健太(東京学芸大2年)坂本琉維(順天堂大2年)本間洋平(東洋...

U-18日本代表
関東大学サッカー連盟
{by} web.gekisaka.jp
ナーゲルスマンがバイエルン監督に。サッキ、モウリーニョ…プロサッカー選手歴のない監督は日本でも出るか

プロサッカー選手歴のない監督たち ドイツの新鋭監督でライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマンは来季、名門バイエルン・ミュンヘンで指揮を取ることが内定したという。 33歳になるナーゲルスマンは、プロ選手としての経歴はないに等しい。ユース年代は有望な選手だったが、ケガに悩まされ、20歳で引退。そこから指導者の道に入った。 ユース年代の指導で、すぐに頭角を現した。名将トーマス・トゥヘルにセンスを認められていただけに適性があったのだろう。選手たちの信頼をつかみ、ドイツ国内で1,2を争うチームを作り上げた。その結果、28歳にしてトップチームの指揮を取って、ホッフェンハイム、ライプツィヒを実力以上に躍進させ、今や欧州で引く手あまたの若き指揮官だ。 ヨーロッパでは、プロ選手歴がない優秀な監督は珍しくはない。 ジョゼ・モウリーニョ、ラファ・ベニテス、トーマス・トゥヘル、アンドレ・ビ...

モウリーニョ
サッカー監督
{by} news.yahoo.co.jp
内田篤人氏が妻の“驚き”エピソード明かす「変な女だと思われたくないと…」

元日本代表の内田篤人氏が『DAZN』の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME #28』で妻のエピソードを打ち明けた。通常はゲストを迎えて3人でトークを繰り広げる同番組だが、この日は内田氏とフリーアナウンサーの野村明弘氏のみ。内田氏は本編に入る前のトークで「ちょっと俺、言いたいことあります。野村さんに言わなきゃいけないことがあります」と切り出すと、野村氏に「昨日、都内歩いていました? 都内某所をコロコロ(キャリーバッグ)で」と質問した。野村氏は「コロコロで歩きました」と自分だったことを伝えると、内田氏は「私の妻が見かけておりまして」と告白。「ええー!」と驚きを表す野村氏に対し、「(妻からの連絡で)『野村さんいる!(笑)』みたいな(笑)」と続けた。ただ、目撃しただけで話しかけることはなかったようで、内田氏は「『内田の妻ですって言えよ』って言ったら『いやちょっと変な女だと思われたくない』っ...

内田篤人
{by} web.gekisaka.jp
【トレーニングキャンプ】U-15日本代表候補メンバー27人が発表

4月23日、日本サッカー協会(JFA)は、U-15日本代表候補トレーニングキャンプに参加するメンバー27人を発表した。トレーニングキャンプは高円宮記念JFA夢フィールドで26日から29日にかけて行われる。 ▽監督廣山望 ▽コーチ西川誠太 ▽GKコーチ高原寿康 ▽フィジカルコーチ小粥智浩 ▽GKピサノアレクサンドレ幸冬堀尾(名古屋グランパスU-18)松本泰生(鹿島アントラーズノルテジュニアユース)内山翔太(アルビレックス新潟U-15) ▽DF坂本翔汰(鹿島アントラーズユース)山本虎(青森山田)田所莉旺(川崎フロンターレU-15)柴田翔太郎(川崎フロンターレU-15)柴田了祐(愛媛FC U-15)橋本日向(JFAアカデミー福島U-15)中村絃太(浦和レッズジュニアユース)土橋竜之介(鹿島アントラーズつくばジュニアユース)松本里央(FC LAVIDA) ▽MF揚石琉生...

U-15日本代表
JFA
{by} koko-soccer
山形、一部来場者の“安心・安全を著しく脅かす行為”について注意喚起「断固とした対応を」

モンテディオ山形は22日、「一部お客さまによる安心・安全を脅かす行為について」と題し、21日にホームで行われたJ2第9節・長崎戦後、一部の来場者による大声を出す行為があったことを報告した。クラブは公式サイト上で「我々は、コロナ渦の中、安心・安全な観戦環境を作るために最大限の努力を行っておりますが、本行為は安心・安全を著しく脅かすものであり、看過できるものではありません」とコメントしている。続けて「今後同様の行為がなされた場合は、退場や以降の入場をお断りするなど断固とした対応を行います」と表明し、「これまで安心・安全な観戦環境づくりにご協力いただいたお客さま、ならびに関係各所の皆さまにご迷惑、ご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます。引き続き、皆さまのご協力をお願いいたします」と呼びかけた。...

モンテディオ山形
{by} web.gekisaka.jp
U-15日本代表候補が合宿最終日に紅白戦を実施。MF磯本とFW道脇がゴール

23年U-17ワールドカップを目指して始動したU-15日本代表候補が高円宮記念JFA夢フィールド(千葉県千葉市)合宿最終日の22日、20分×3本の紅白戦を行った。「自分の常識を変える」「自分の武器を積極的に出す」というテーマを持って、06年生まれ以降の選手たちが挑んだ計4日間の合宿最終日。ピッチ内外で一つ一つ自分の「基準」を変えてきた27人が、ビブス白チームとビブスオレンジチームに分かれて(GK山岡薫平(FCフレスカ神戸)のみ両チームで1本ずつプレー)アピールを目指した。1本目、余裕を持って相手のマークを外していたMF白石瑛也(磐田U-18)や前線で落ち着いてボールをキープするFW道脇豊(熊本Jrユース)中心に攻めたオレンジは、白石がカットインから左足シュートを打ち込み、こぼれをMF中島洋太朗(広島Jrユース)が狙うなどシュートシーンを増やす。そして20分、MF磯本蒼羽(岡山U-15)が左...

U-15日本代表
{by} web.gekisaka.jp
松村&荒木が“同期”アベック弾!18歳須藤もプロデビュー! 若手躍動の鹿島がルヴァン3連勝

[4.20 ルヴァン杯A組第3節 鹿島3-0札幌 カシマ]ルヴァンカップは20日、グループAの第3節を行い、鹿島アントラーズが北海道コンサドーレ札幌を2-0で破った。FW松村優太、MF荒木遼太郎の高卒2年目コンビがそれぞれゴールを決めるなど、内容でも圧勝しグループステージ3連勝を達成。同じく2連勝中だった札幌は今大会初黒星となった。ホームの鹿島は大阪体育大から加入したルーキーのDF林尚輝がプロ初スタメン。2年目の松村、荒木、FW染野唯月が揃って先発に入った。一方の札幌は立正大在学中の特別指定選手MF田中宏武がスタメン入り。長期離脱から前節で復帰したMF荒野拓馬らが先発に名を連ねた。試合は立ち上がりから鹿島が優勢。前半13分、DF広瀬陸斗のパスからFW染野唯月が右足で狙ったが、ボールはわずかに上に外れた。対する札幌は同30分、MF小野伸二の縦パスをFWジェイがワンタッチではたき、MF青木亮太...

ルヴァン杯
{by} web.gekisaka.jp