青森山田・黒田剛監督「全国の強豪チームに勝つためにはまだまだ力を付けなければいけない」
{by} koko-soccer

 

 令和3年度全国高校サッカーインターハイ青森県予選の決勝戦が行われ、大会21連覇を果たした“絶対王者”青森山田。インターハイの出場を決め、まずは“三冠”の挑戦権を手にした高校年代屈指のチームを率いる黒田剛監督に、話をうかがった。

 

ーーインターハイという舞台は、青森山田というチームにとってどういった大会なのでしょうか?

 

 選手たちも、このインターハイを含めた三冠というのをひとつの目標として掲げているので、揺るぎなく向かっていかなければならない大会だと思います。

 

 高体連の戦いにはユースなどと違うサッカーが見られるので、どういったサッカーにもしっかり対応していきたいと思っています。

 

ーー決勝の相手は野辺地西ということで、戦い方としてどういった部分に注意されたのでしょうか?

 

 やはりリスタートやカウンターですね。このトランジッションのところやリスタートを含めて、ハプニングが起こり得るシチュエーションが多くなればなるほどリスクは高くなりますから。その点は気を付けていました。

 

ーーその中で、PKで先制点が入りましたが前半の入りの部分などはいかがだったでしょうか?

 

 良くも悪くもなかったかなという感じでしたけれども、やはりボールを蹴ってくる相手だったので、事故が起こることは警戒していました。FW渡邊の(GKと)1対1になった場面で、もっと冷静に決められれば試合も順調に進められたのかなと思います。やはり決めるところはしっかり決めないとダメだなと思いますね。

 

ーープレミアEASTでも7連勝中ですがチームの完成度という点ではいかがでしょうか?

 

 これからのトレーニングによってどこまで伸びるのかは、私たちも期待しているところですね。伸びるのか伸びないのか、彼らがどれくらい奮起してやってくれるかにかかっていると思うんですけれども、もうひと回り伸びてくれないと、全国優勝というのはそんなに簡単なことではありませんし、三冠など取れるわけはありません。全国の強豪チームに勝つためには、まだまだ力を付けなければいけないなと思っています。

 

ーーインターハイでの戦い方で何か気をつけていることなどはありますでしょうか?

 

 まずやっぱり暑いので熱中症というか熱対策も含めてスタミナを落とさないように注意することと、70分ゲームですので、一度ハプニングが起こってしまうと守り切られてしまうことも考えられますので、そういった戦い方や入り方、無駄な失点をしないなどに注意したいと思っています。

 

ーー松木選手は1年の時からチームを引っ張ってきた選手だと思いますが、キャプテンとしてどんな働きに期待したいと思っていますでしょうか?

 

 彼はブレることなくチームのリーダーシップを取ってプレーしてくれています。頼もしい存在です。MF宇野禅斗とうまく連携しながら中盤でボールを奪ったり、配球したり、いいコンビネーションでやってくれていると思うので、その辺りをしっかりやってくれればと思います。

 

ーー監督として、今年のチームはどんなチームにしたいと思っていますでしょうか?

 

 例年よりも精神的にタフなチームだと思いますし、リスタートでも堅守速攻でもつなぐこともバランス良くできるチームでもあるので、さらにそれぞれスキルアップを図ることと、どんなチームであっても怯むことなく戦える、闘志をむき出しにしながらもクオリティを備えたチームにしたいと思います。

 

ーー「精神的にタフ」というのは経験豊富な選手が多いということでしょうか?

 

 そうですね。青森山田中出身の選手がスタメンに5人いるということもそうですし、チームワークも良くまとまりもあって、個人個人に発言力があって、試合中に言い合うこともありますけれど、それはチームが強くなるためにお互いがやっていることなので、そういう部分も含めてタフだなとは思いますね。いい意味で、日常の生活から緊張感を持ってやっていますので、責任感なども強い選手が多いですね。

 

ーー今大会を通じての収穫というのはどういった部分だと思いますでしょうか?

 

 収穫というと難しいですが、プレミアで得た収穫を大会に活かして行けたらと思っているところですね。この大会は最低のノルマというか無失点で突破すること、それを達成することに意義があると考えていました。

 

 ただ、今日みたいな決めるところでしっかり決めないと大変なことになるとか、全国に行けば、(野辺地西のように)どんどん蹴ってくるチームも多少なりとも出てくるとは思いますので、いろいろなタイプの相手と戦えることが成長につながることだと思っています。

 

ーープレミアではなかなか出番の無かった選手が結果を出していますが、選手のプレー時間を確保できたというのは良かった点だったでしょうか?

 

 トップチームは(インハイ予選は)2試合目なので、そう考えるとセカンドチームの試合は多かったですね。プレーする時間が多かったのが良かったということではなく、インターハイは選手登録が17名になるので、セカンドチームの選手のプレーを見て状態の確認ができたことは良かったですね。選手選考ができましたし、セカンドチームの選手がインハイのメンバーに入れるかどうかのテストマッチになっていたので、そこを見切れたというのは良かったと思います。

 

ーーインターハイは8月に開催されるので暑さ対策なども注意しなければならないと思いますが?

 

 インターハイには毎年出場しても、なかなか暑さには慣れるものでもないので正直難しいところですね。水分補給といった熱中症対策などはやっていますが、本当にどうしたらいいのか、逆に皆さんに聞きたいくらいで(笑)。暑い中でも良いプレーができるように上手くトレーニングするしかないのかなと思っています。

 

関連ニュース
来季湘南加入が内定した帝京長岡のディフェンスリーダー松村晟礼。春先の大敗、連敗も糧に…日本一への決意を語る

来季湘南加入が内定した帝京長岡のディフェンスリーダー松村晟礼。春先の大敗、連敗も糧に日本一への決意を明かす! 帝京長岡のキャプテンを務める松村。来季の湘南加入内定が発表された。写真:安藤隆人 2大会連続の選手権ベスト4に輝いた帝京長岡。昨年2年生で最終ラインを統率した松村の湘南加入内定が発表された 昨年、2大会連続の選手権ベスト4に輝いた帝京長岡から、新たなJリーガーが誕生した。昨年、2年生ディフェンスリーダーとして最終ラインを統率したCB松村晟礼の来季湘南ベルマーレ加入内定が発表された。 彼の特徴は182cmの高さを持ちながら、足もとの技術に長け、視野の広さも備える点だ。特に左足のキックの精度は高く、常にピッチを隅々まで見渡しており、最終ラインから対角に通すパスや同サイドにつける縦パス、そしてハーフスイングからFWにダイレクトにつけるクサビのパスなど攻撃の起点となるパ...

帝京長岡
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
桃山学院大MF片淵竜鳳(2年)_快勝引き寄せた小兵、全国での“大暴れ”誓う

[7.22 第50回関西学生サッカー選手権準決勝大阪体育大1-4桃山学院大 ヤンマースタジアム長居] 「最初は上手くリズムを作れなかった」と桃山学院大・松本直也監督が話した試合の流れを変えたのは、サイドを切り裂くドリブラーMF片淵竜鳳(2年=立正大淞南高)の惜しみない動きだった。大阪体育大の左MF河村匠(3年=尚志高)に勢いあるサイド攻撃で圧力をかけられる分、桃山大の左がオープンになる。「飲水タイムで、右で作って左に展開っていうイメージを共有できた」と松本監督が狙った通りに、右サイドでボールを持ったMF水野畝蓮(2年=東福岡高)が中央へ出したクロスに、逆サイドから走り込んだ片淵がうまく合わせ、先制点。試合の流れを一気に桃山大に引き寄せた。 フィジカルの強さがある大体大に対峙すると、つぶされてしまう選手も多いが、片淵は小柄ながらも、そこでぐっと入っていき、一人で局面を打開できる力強さがある。...

関西学生サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
関西福祉大GK水井龍也(4年)_亡き母への思い…得意のPK戦を制し、創部初の全国切符

[7.18 第50回関西学生サッカー選手権準々決勝京都産業大0-0(PK3-4)関西福祉大 J-GREEN堺メインフィールド] 創部7年目で初の全国大会出場権を獲得。関西福祉大にとって、チームの新たな歴史を刻む試合となった。 「京都産業大は巧い選手が多いので、ファーストDFをしっかりやろうということと、ボールを持たれたくない選手のケアを共有しよう」という中田洋平監督の意図どおり、前半は相手の攻撃をうまく封じられた。だが、後半になると前からのプレッシャーがかからなくなり、引いて守る時間帯が続いた。 そんな苦しい状況でも、格上相手に一歩も引かずに跳ね返した。試合前の円陣での「全国大会に出られるチャンスは、4回生にとってはこれが最後かもしれない」という言葉にいっそう気持ちが入り、最上級生を中心に粘り強く110分を闘いぬいた。 2回戦の大阪大戦に続いて、今大会2度目のPK戦となったが、GK水井龍也...

関西学生サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
伝統の“14番”はレイソル育ち。前橋育英MF徳永涼は主役でも黒子でも存在感を打ち出す

[7.24 高円宮杯プリンスリーグ関東第5節 前橋育英 0-0 昌平 前橋育英高崎G] このチームで“14番”を託される意味は、もちろん十分に理解している。その上で伝統を背負っていこうという覚悟を携えていることが、何より頼もしい。「最初は指名されてビックリしましたね。でも、(櫻井)辰徳さんも『“14番”の選手は責任や見られる目は絶対違ってくるから』と話してくれたので、あまり気負わずに、しっかり責任を持ったプレーをできるようにということは毎回思っています」。前橋育英高(群馬)のナンバー14を背負う司令塔。MF徳永涼(2年=柏レイソルU-15出身)の自覚が、上州のタイガー軍団の中でも際立ち始めている。 全国きってのタレント集団、昌平高(埼玉)との対戦となったプリンスリーグ関東第5節。ボランチでスタメン起用された徳永は、「暑かったのでハードワークのところと、自分が目立つというよりは、チームを支え...

高円宮杯プリンスリーグ関東
{by} web.gekisaka.jp
常に100パーセントの男。前橋育英DF柳生将太はみなぎる闘志を携えて戦い続ける

[7.24 高円宮杯プリンスリーグ関東第5節 前橋育英 0-0 昌平 前橋育英高崎G] 誰が相手でも、どこのポジションを任されても、自分にできることは変わらない。そのことを認識しているからこそ、起用された理由を100パーセントで体現できるのが、この男の最大の強みだと言えそうだ。「守備のところでは球際の強さや、闘志を見せられるという自分のストロングがあるので、その役割を発揮できれば、どんな上手いヤツが相手でも通用すると思います」。前橋育英高(群馬)きってのファイター。DF柳生将太(3年=FC東京U-15深川出身)の存在感が、名門の中でも高まりつつある。 アタッカー陣に多彩なタレントを擁する、昌平高(埼玉)と対峙したこの日のゲーム。「中盤のところで潰すということと、逆サイドに変えさせないというのは一番考えていて、練習でもやってきました」という柳生は、センターバックでスタメン出場。キャプテンのD...

高円宮杯プリンスリーグ関東
{by} web.gekisaka.jp
細田学園・上田健爾監督「全国のトップに立ちたいというのは掲げてやっている」

激戦区・埼玉県の中で近年大きな勢いを持っているのが細田学園だ。本格強化からわずか5年ながら一昨年、昨年と選手権予選で連続してベスト8入りを果たすなど、すっかり強豪校の仲間入りを果たし存在感を高めている。チームを率いる上田健爾監督に話を訊いた。 ーー上田監督の経歴を教えてください 千葉県の松戸市で育って、そこから市立船橋高校に行き、高校卒業後、京都教育大学の方に進みました。京都教育大学に在学中に選手をしながら、大学2年生の時に地元のジュニアユースの指導者を始めて、そこの繋がりで京都橘高校に大学卒業後に非常勤講師として入り、京都橘高校で7年間指導をして、2015年に細田学園の方に赴任しました。2016年から正規の教員になり、サッカー部もそれと同時に強化指定になったので強化5年目になります。 ーー赴任された当初の細田学園サッカー部というのは 私が来たときは20名くらいの部員でやっ...

細田学園
上田健爾監督
{by} koko-soccer
「プロ輩出」を最優先する淡路島の新設校から、無名の高校3年生・福井悠人がJ3デビューを果たすまで

小中高校を通して全国大会の経験が一度もなかった選手がJ3の舞台へ 7月10日、理想的な環境を整え「プロフェッショナル・フットボール・アカデミー」と命名された通信制高校の一期生がプロのピッチに立った。18歳の誕生日を2日後に控えた彼には、小中高校を通して全国大会出場の経験が一度もない。つまりJ3が、初めての「全国大会」になった。 福井悠人は、ラ・リーガでのプレーを夢見て、ネイマールに憧れるサッカー少年だった。小学生時代に一度大阪府トレセンに呼ばれたことはあるが、他に際立った勲章はない。大阪府内では強豪の賢明中学から同高校に進学するが、入学して間もない5月には退学してスペインへ留学した。 「マドリードのクラブチームでプレーし、どこかのタイミングでプロのカンテラ(下部組織)へ移籍しようと思っていました」 ところが留学して7か月後に、ビザの更新が叶わず帰国を強いられてしまう...

高校サッカー
福井悠人
{by} soccerdigestweb
桃山大が大体大を4発快勝で破り、関西選手権決勝へ! びわこ大は陽性者判明で辞退…関福大が初の決勝進出

第50回関西学生サッカー選手権大会の準決勝が22日に行われた。桃山学院大は大阪体育大に4-1で勝利。また、びわこ成蹊スポーツ大は部内で新型コロナウイルスの陽性者が1名出たため出場辞退となり、関西福祉大が不戦勝で初の決勝に進んでいる。 桃山大と大体大の対戦は、前半から桃山大が猛攻を仕掛ける。すると、前半40分にMF片淵竜鳳(2年=立正大淞南高)が先制点、その1分後にはFW池田翔大(3年=聖隷クリストファー高)が追加点を挙げる。 桃山大は前半を2-0で折り返すと、後半15分にはFW長友陸翔(1年=大津高)が、同22分にはMF水野畝蓮(2年=東福岡高)がさらに得点を決め、4-0と点差を広げた。36分には大体大MF野寄和哉(3年=東福岡高)のPKで1点を返されるが、そのまま4-1で試合終了。決勝に駒を進めた。 びわこ大が辞退により4位が決定、また大体大は3位入賞となった。関福大と桃山大...

第50回関西学生サッカー選手権大会
桃山学院大
大阪体育大
{by} web.gekisaka.jp
桐生第一・田野豪一監督#3「どんなサッカーにも対応できないとダメ。強いチームが出てくるほど自分たちの成長にもつながる」

インターハイ出場3回、選手権出場2回の全国大会出場を誇る、群馬の強豪・桐生第一。強豪校が揃う県内では、前橋育英や前橋商、上位進出の常連校となった健大高崎らとしのぎを削っている。チームを率いる田野豪一監督に、ライバル校についてや、さらに上を目指すために必要なことなどをうかがった。 ーー関東大会予選にインターハイ予選、リーグ戦が重なる時期などはコンディションを保つのにどういったことに気をつけていらっしゃいますか? GPSを採り入れた練習をしていますので、コンディションや強度の部分ではかなり注意してチェックしています。それと、メンバーを入れ替えながら戦うようにしています。関東大会の群馬予選が準々決勝から決勝まで3日間連続だったんですけれども、おそらく2試合連続フル出場の選手はいなかったと思います。 ーー群馬には前橋育英さんや前橋商さん、健大高崎さんなどライバルチームも多いですが、その...

桐生第一
{by} koko-soccer
高校屈指の本格派FW、阪南大高FW鈴木章斗の来季湘南入団が内定! 大迫を彷彿させる“半端ない男”の進化と全貌

特大の伸びしろを有するブレイク候補 J1の湘南ベルマーレは7月22日、阪南大学高校のFW鈴木章斗(3年)が2022年シーズンから加入すると発表した。東京五輪に挑むU-24日本代表で主将を務めるMF遠藤航(シュツットガルト)を筆頭に、多くのタレントを育成してきた湘南にまた新たなブレイク候補が参入する。 ガンバ大阪ジュニアユース出身の鈴木は、前線でのキープ力と決定力に長けたストライカーで、今季のプリンスリーグ関西では9試合で6ゴール。4ゴールを奪ったインターハイ大阪予選では、2試合で決勝点を奪うなどストライカーとしての仕事を確実にこなせるのが強みだ。 今季は高校年代では手に負えないほどのプレーを見せているが、今後さらなる成長を期待できるのも魅力のひとつ。濱田豪監督は「ここから伸びる要素がまだある。FWは外国人選手との競争があるので難しくても、ゴール前に行くまでの繋ぎで嫌な選...

阪南大高
高校サッカー
{by} soccerdigestweb