ニュース > 日本 > 本文
元なでしこFW安藤梢が筑波大助教に就任! 選手との二足のわらじに
{by} web.gekisaka.jp

 

 浦和レッズレディースに所属する元日本女子代表(なでしこジャパン)のFW安藤梢(38)が筑波大学体育系の助教に就任したことが分かった。1日に自身のツイッター(@kozue_ando)で報告している。

「筑波大学体育系の助教に就任しました。女子サッカー・日本スポーツの発展や社会に少しでも貢献できるような研究を進めていきたいと思います。選手としてもチャレンジしていくので、引き続き応援よろしくお願いします!!」

 安藤は2009年12月に浦和レディースからドイツへ渡り、女子ブンデスリーガ1部のデュイスブルク、フランクフルト、エッセンでプレー。2017年6月に約7年半ぶりの浦和レディース復帰を果たした。昨季は6年ぶり4度目のリーグ制覇に貢献。今年はチームとして、9月に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」参戦を控えている。

 なでしこジャパンでは通算126試合に出場し、19得点を記録。2011年の女子W杯制覇や2012年ロンドン五輪での銀メダル獲得に貢献した。

Tag
安藤梢
関連ニュース
「あの試合」を経験した選手としての使命感。MF福井太智はU-17代表候補でも意識高い日々

[4.14 練習試合 U-17日本代表候補 1-0 明海大 高円宮記念 JFA夢フィールド]プロの世界を体感した選手としての使命感。「自分のこの歳であの試合を経験できたことは大きい。サッカーに対する意識、強度が変わったと思っています」というMF福井太智(鳥栖U-18)が、U-17日本代表候補合宿(4月12日~15日、高円宮記念JFA夢フィールド)でも意識高い日々を過ごしている。福井は今年、トップチームに2種登録されて3月3日のルヴァン杯・鹿島戦で先発出場。だが、出場した45分間は「何もできなかった」という内容に終わり、自分がまだまだ力不足であることを痛感した。だが、「あのピッチに立ったからこそ、もう一回ピッチに立たせてもらった時に何ができるか」「このユース年代では絶対的にやらないとあそこでは何もできない」と語る福井は、悔しいトップデビュー戦から変化したことを表現している。U-17日本代表の...

U-17日本代表候補
{by} web.gekisaka.jp
U-17代表候補初招集MF北村一真、自身の“ヒーロー”憲剛コーチから学習中の「止める・蹴る」も力に国見復活へ

13日午前、U-17日本代表候補は高円宮記念 JFA夢フィールド合宿2日目の練習を行った。11対11でのビルドアップでは、相手を動かしてボールを繋ぐことや、奪った直後の5秒間失わないことなどを意識しながらトレーニング。常連組だけでなく、10人を超える初招集組も相手の逆を取るアイディアを見せ、森山佳郎監督らスタッフを唸らせていた。4日間開催されている今回の合宿には、昨年限りで現役引退した「名手」中村憲剛ロールモデルコーチが帯同。U-17世代のプレーヤーたちに「止める・蹴る」をはじめサッカー人生で培ってきたことについて伝えている。選手たちにとっては憧れのプレーヤーによる金言ばかり。中でも積極的に吸収しようとしているのが、初招集のMF北村一真(国見高)だ。2年生ながら伝統校の10番。九州高校U-17大会(九州高校新人大会)では、国見にとって14年ぶりとなる優勝に大きく貢献し、評価を勝ち取った選手...

U-17日本代表候補
{by} web.gekisaka.jp
【お知らせ】サッカー業界への就職に強い専門学校「JAPANサッカーカレッジ」、Jリーグ全57クラブ中54クラブに卒業生が在籍

NSGグループの全国唯一サッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」では、毎年Jリーグクラブ、なでしこリーグクラブ、JFLクラブ、そして2021年に開幕するWEリーグに卒業生を輩出していて、マネージャー・トレーナー科ではJリーグ、WEリーグあわせて2021シーズンは11クラブに、マネージャーとして卒業生を輩出しました。 2021年3月の卒業生および既卒者を加え、2021年3月26日現在、Jリーグ57クラブ中28クラブに所属し、WEリーグ11クラブ中5クラブに所属し、合計42のJAPANサッカーカレッジの卒業生、既卒者がマネージャーとして活躍しています。 全国唯一サッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」では、日韓ワールドカップが開催されました2002年に開校し、多くの卒業生をサッカー業界やスポーツ業界に輩出しています。Jリーグクラブだけではなく、日本サッカー協会やJリ...

JAPANサッカーカレッジ
Jリーグクラブ
Jリーグ
{by} koko-soccer
Jリーグ2・3月度の月間MVP発表! J1は名古屋のダイナモ、J2は新潟MF高木が納得の受賞

Jリーグは9日、各月において最も活躍した選手を表彰する「2021明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」の2・3月度受賞選手が決定したことを発表した。J1はMF稲垣祥(名古屋)、J2はMF高木善朗(新潟)、J3は川西翔太(岐阜)が揃って初受賞となった。各受賞選手にはクリスタルトロフィーと、賞金としてJ1は30万円、J2は20万円、J3は10万円が授与される。攻守両面の活躍が際立った稲垣は開幕6連勝の立役者となり、2・3月に得意のミドルシュートで3得点を挙げ、いずれも決勝ゴールとなった。選考委員の播戸竜二氏は「6試合無敗名古屋のダイナモ!6試合フル出場で3得点。しかもPA外からのゴールが2得点!ボールを受け散らす仕事、カバー、ボールを奪う仕事に加え得点まで!全てをこなすパワーは驚異的!代表での活躍もあり、たくさんの人に注目して欲しい選手です!」と絶賛している。2・3月に高木は5ゴール4...

Jリーグ
{by} web.gekisaka.jp
ようやく今季初先発…札幌から加入のC大阪DF進藤「まだまだできると期待してもらえれば」

[4.6 J1第8節 横浜FM1-0C大阪]チームの緊急事態を受けて、ようやく初先発の機会が訪れた。セレッソ大阪のDF進藤亮佑は試合後、「試合に出してもらえればやれるという自信はこれまでも積み上げてきている。試合をやるにつれてコンディションも、身体のキレも、空中戦も、身体能力も上がってくる。まだまだできるということを皆さんに期待してもらえれば」と決意を語った。進藤は今季、育成年代から過ごしてきた北海道コンサドーレ札幌からC大阪に加入。札幌ではCBの主力として存在感を見せ、2019年には日本代表にも選出された経験を持つが、移籍後は開幕からDF瀬古歩夢とDF西尾隆矢の若手コンビに押され、第2節FC東京戦(●2-3)の終盤に途中出場したのみだった。ところがこの日はチーム内でコロナ禍の感染事例が発生し、濃厚接触の疑いがあるとされたレヴィー・クルピ監督がベンチ入りできなかった上、先発メンバーの顔ぶれ...

J1
{by} web.gekisaka.jp
東京五輪代表待望の初スタメンでGK谷晃生が完封「湘南ベルマーレにも感謝」

U-24日本代表GK谷晃生(湘南)が東京五輪代表の守護神として初めて公式戦に先発し、完封勝利を飾った。「五輪世代の代表に呼んでもらってはいたんですが、なかなか試合に絡むことができなかった。初めてスタメンで出るということで、自分のプレーを思い切ってやろうと思った。アグレッシブに自分の良さを出して、最後尾からしっかりと声をかけて統率すれば全然出来ると思ったので、自信を持ってやりました」五輪代表には初陣となった2017年12月のM-150杯からコンスタントに招集されていたが、チームの正守護神はGK大迫敬介(広島)。世代別代表の常連だった谷が、このチームでは初先発でゴールマウスを守った。日本が主導権を握り、攻め込む時間帯が続く中でも集中を切らさなかった。後半19分にはFWアドルフォ・ガイチに強烈なミドルシュートを打たれたが、冷静なファインセーブでアピール。「試合を重ねるにつれて、自分の中でいろんな...

U-24日本代表
{by} web.gekisaka.jp
攻撃に、守備に、そして声…破格の存在感示したMF田中碧「この試合のために準備していた」

[3.29 SAISON CARD CUP 2021 U-24日本 3-0 U-24アルゼンチン 北九州]まさしく、チームの心臓部だった。U-24日本代表のボランチの位置に入ったMF田中碧(川崎F)はピッチ上の至るところに顔を出し、ボールを呼び込んでは正確なパスで攻撃にリズムをもたらし続けた。20年1月にタイで行われたAFC U-23選手権の第3戦カタール戦で一発退場に。その処分が26日の1試合目に適用され、出場停止となった。「僕自身、1試合しか出られない状況で呼んでもらっている」。だからこそ、2試合目に賭ける思いは強かった。「自分はこの試合のために準備していたので、それだけのパフォーマンスをしないといけないと思っていた。1試合目がそんなに良くなかった中で、2試合目が始まる前に僕自身にもプレッシャーをかけていた」。MF板倉滉(フローニンゲン)とともに中盤の底に入ると、圧倒的な存在感を示した...

U-24日本
{by} web.gekisaka.jp
「凄く楽しかった」日本高校選抜との戦い。MF松木玖生がU-18代表候補唯一のゴール!

[3.27 練習試合 U-18日本代表候補 1-3 日本高校選抜 Jヴィレッジスタジアム]「率直に凄く楽しかった」という日本高校選抜との戦い。青森山田高(青森)の仲間や高体連のライバルとの戦いを楽しみ、チーム唯一のゴールを叩き出した。MF松木玖生(青森山田高)は第99回全国高校選手権で優秀選手に選出されたが、選手権後にリヨン(フランス)へ練習参加していたこともあって日本高校選抜の活動は不参加。この日は、U-18日本代表候補の一員として練習試合(45分×3本)の2本目、3本目に出場した。0-1の状況でピッチに入った松木は「鼓舞することもそうですし、フリーランということを常に意識しながら取り組むことを考えていました」。右サイドからゴール前へスプリントしたほか、心がけていたという良い声がけでチームを勢いづけようとする。そして、選手権などで示してきた勝負強さを示す。0-2の3本目26分、U-18代...

練習試合
{by} web.gekisaka.jp
板倉滉「金メダルを狙う中では結果がすべて」一発に沈んだU-24日本代表

[3.26 SAISON CARD CUP 2021 U-24日本 0-1 U-24アルゼンチン 東京ス]球際で上回られ、相手エースの一発に沈んだ。U-24日本代表の守備陣を統率するDF板倉滉(フローニンゲン)は「絶対に勝ちたかったし、五輪で金メダルを狙ってる中では結果がすべて。あの1本でやられた。こっちのペースになった時間もありましたが、決め切れなかった」と敗戦を振り返った。前半8分、19分にMFフェルナンド・バレンスエラがクロスバー直撃のシュートを放つなど、序盤からアルゼンチンに圧される展開。すると前半21分、ロングパスに走り込んだMFマティアス・バルガスがPA内深い位置まで侵入。板倉が対応したが、クロスボールを上げられると、中央でフリーにさせたFWアドルフォ・ガイチがヘッドで合わせた。前半は攻撃のリズムを作れなかったが、0-1で折り返した後半は改善。「後ろが重くならないように話した。...

SAISON CARD CUP 2021 U-24
{by} web.gekisaka.jp
1トップでの起用濃厚…U-24代表FW田川亨介「得点にこだわるのが一番のアピール」

1トップの位置に入ることが予想されるU-24日本代表のFW田川亨介(FC東京)。求められるのは、当然、ゴールという結果だろう。合宿3日目に行われたフォーメーション練習。主力組に入った田川は、4-2-3-1の1トップを務めて調整を続けた。トップ下に入ったのは、FC東京の元同僚となるMF久保建英(ヘタフェ)。プレーのイメージもつきやすいようだ。「基本的にタケがしっかりボールを持てる選手なので、そこは任せつつ、良いところに顔を出して起点になったりするのが自分の仕事。あとは、ゴール前に入って行ってワンツーだったり、しっかりやっていきたい」26日に対戦するのは、五輪南米予選を首位で通過し、東京五輪出場権を獲得しているU-24アルゼンチンだ。難敵が相手となるが、「クラブでやっていることを出せれば一番いい」と語ったように、5戦3発と好調を維持するJ1リーグの勢いを代表にも持ち込もうとしている。そして、「...

U-24日本代表
{by} web.gekisaka.jp