ニュース > 海外 > 本文
個の成長とともに常勝へ。“裏選手権”、“全国ルーキー”優勝の静岡学園が静岡新人戦制す
{by} web.gekisaka.jp

静岡学園高が静岡県新人戦を制した

 

[2.23静岡県高校新人大会決勝 静岡学園高 2-0 藤枝東高 草薙陸]

 

 静岡3冠、日本一狙う静岡学園が、まず新人戦制覇――。令和2年度 静岡県高校新人大会決勝が23日に静岡市の草薙陸上競技場で開催され、静岡学園高が2-0で藤枝東高に勝利。3年ぶりの新人戦制覇を果たした。

 

 今冬、静岡学園は“裏選手権”こと「ニューバランスカップ2021」と、1年生の全国大会「ミズノチャンピオンシップU-16 ルーキーリーグ」で優勝。そして、名門対決を制して静岡県新人戦も頂点に立った。

 

 前半は強みのテクニックを十分に発揮することができなかった。藤枝東のプレッシングの速さの前になかなかチャレンジすることができず、ミスや後ろ向きなプレーが増加。強さも兼ね備えたMF松永颯汰(2年)がキープ力を発揮して起点となっていたほか、大型CB伊東進之輔(2年)が流れの中で攻め上がるシーンもあったものの、藤枝東により多くボールを保持されてしまうような展開だった。

 

 藤枝東は奪ったボールを主将のMF恒岡大雄(2年)や10番MF前島陵汰(2年)、左足フィードが魅力のCB酒井完治(2年)らがテンポ良く繋ぎ、サイドへ展開。MF川口大介(2年)とMF中村朔良(1年)の両翼の仕掛けも利いていた。

 

 互いに決定打が打てないまま進んだが、速攻から静岡学園の10番MF古川陽介(2年)がPAへ切れ込むなど、前半30分過ぎから徐々にゴール前のシーンが増加。藤枝東は40分、川口の右クロスからファーサイドの中村が決定的なヘッドを打ち込む。直後には静岡学園も決定機。右SB小泉龍之介(2年)のボールキープとスルーパスを起点に快足MF川谷凪(2年)が右サイドを深く切れ込む。その折り返しを松永が右足ダイレクトで合わせた。

 

 後半立ち上がりには藤枝東にチャンス。準決勝2発のFW小島涼平(2年)の力強いドリブルから前島陵がラストパスを通し、川口が右足で狙う。だが、藤枝東はその後、負傷を抱える恒岡が交代したこともあってか、重心がやや重くなってしまう。一方で押し込む時間を増やした静岡学園が藤枝東を突き放す。

 

 18分、左サイドでボールを持った古川が、松永とのワンツーでPAへ侵入して右足シュート。藤枝東GK成田三太郎(2年)が反応したが、こぼれ球を松永が右足でゴールへ押し込んだ。

 

 藤枝東の小林公平監督は「力関係的にもあれ(前半)くらいはできるだろうと思って入っていました。(押し込まれるような)時間になることも想定していましたけれど、引きずられる時間が長くなるとは」と流れを変えられなかったことを残念がる。

 

 藤枝東は27分に前島陵が中央から抜け出すも、静岡学園GK生嶋健太郎(2年)が判断よく飛び出してキャッチ。逆にMF玄理吾(2年)らがボールに絡む回数を増やした静岡学園は、川谷のスピードを活用した攻撃や古川の個人技などから追加点を狙う。そして37分、左サイドから切れ込んだ古川がニアへ右足シュート。このこぼれ球をFW持山匡佑(2年)がゴールへ押し込んだ。

 

 例年同様、新人戦で静岡学園の指揮を執った齊藤興龍コーチは、「開始から終わりまでの経験をしていない選手が多いので、一つのゲームをやり切ることも経験させてあげたい」と準決勝、決勝とメンバーを変更せずに先発11人で試合を完結。その静岡学園が2-0で勝利した。

 

 個を伸ばすことが静学の大前提。その上で、齊藤コーチは「常に勝てるようになれば、全体的にレベルも上がる」と語る。19年度の選手権日本一に輝いた静岡学園だが、昨年は静岡県予選敗退。その一方、19年度選手権で静岡学園とともに4強入りした青森山田高(青森)、矢板中央高(栃木)、帝京長岡高(新潟)は20年度の選手権でも4強に名を連ねた。選手権静岡県予選で連覇したのは07、08年度の藤枝東が最後。静岡で連覇すること、全国で続けて勝ち上がることは難しいが、より強力な個を育てるためにも、他県の強豪同様に静岡の“常勝軍団”となることを目指していく。

 

 今年はアタッカー陣を中心にタレントを擁し、CB行德瑛、MF高橋隆大のU-16日本代表コンビら1年生も強力。メンバー争いは熾烈だ。選手たちの目標も静岡3冠、そしてプレミアリーグ昇格、選手権優勝と大きい。

 

 松永は「足りていない部分もあるんですけれども、(全国)優勝したメンバーに追いついて追い越せるように練習して、フィジカル的にも、技術的にも追い抜いていきたいですね」と語り、古川は「チームとしてはプレミア昇格と選手権優勝は絶対果たしたい」と力を込めた。そして生嶋は「(静岡)3冠狙っているので1冠取れたことは嬉しいけれど、切り替えてプリンス開幕向けて頑張っていきたい」と宣言。だが、技術面も、メンタル面もまだまだ高めていかなければならない。冬に示した強さに満足することなく、ライバルたち以上の日常を過ごして個人、チームの目標を達成する。

 

(取材・文 吉田太郎)

 

関連ニュース
東京の新鋭・大成に2人の注目守護神。町田内定GKと競争するGK永田陸「唯一無二に」

今年2月、大成高(東京)GKバーンズ・アントン(現3年=FCトリプレッタジュニアユース出身)のFC町田ゼルビア加入内定(22年から)が発表された。大成は19年インターハイに初出場し、選手権東京都予選も過去3年で2度決勝進出。継続的な強化によって近年、東京上位に食い込んできている新鋭だ。 その大成は、すでにDF阿部正紀(元岐阜)やDF楠本卓海(現山口)というJリーガーを大学経由で輩出しているが、高校から直接でのプロ入りはバーンズが初めて。加えて、今年は関東の強豪大学やプロから関心を寄せられているという実力派のGK永田陸(3年=RIO FC出身)も擁している。 187cmと長身でシュートストップに絶対的な自信を持つバーンズは、1年時に大成をインターハイ初出場へ導いて注目度を高めた。一方、永田は182cmとやや身長は劣るものの1対1やハイボールの対応、攻撃面に秀で、急激に成長した2年時の...

大成高
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
ついに坊主撤廃・スマホ解禁…それでも名門・国見が継承する伝統とは 【大久保嘉人は何と言った?】

脈々と引き継がれた伝統を変えることは、なかなか難しいことだ。 今年、ある変革を行った指導者が高校サッカーにいた。国見高校サッカー部を率いる木藤健太監督だ。 言わずもがな、国見が高校サッカー界に残してきた実績は改めて説明する必要もないだろう。選手権優勝6回(戦後最多タイ)、インターハイ優勝5回を誇り、これまで多くのJリーガー、日本代表選手を輩出してきた。 そんな名門・国見のイメージの象徴の1つといえば「坊主頭」だろう。黄と青の縦縞を背負った選手たちの姿は、その強さも相まって威圧さえも感じさせてきた。しかし、同校OBでもある木藤監督は就任3年目にして、1967年の創部から続いてきたこの「伝統」を廃止した。さらに2年前から禁止してきた携帯電話の使用も認めたのだ。理由はこうだ。 「全国大会からも長く遠ざかっている状態であるにも関わらず、伝統ばかりを守っているような気がして、『強豪』...

国見高校サッカー
高校サッカー
大久保嘉人
{by} number.bunshun.jp
県立山辺高校サッカー部 部員4人が再び飲酒 喫煙も

去年12月に部員の飲酒が発覚した奈良県の山辺高校のサッカー部員らが、再発防止のための指導を受けたあと、ことし2月にも飲酒をしていたことがわかりました。 奈良県教育委員会は、「今後、厳しい指導をして二度と起こらないような体制をつくりたい」としています。 奈良市にある県立山辺高校では、全国高校サッカー選手権を控えていた去年12月、サッカー部員ら10人が寮の部屋で飲酒していたことが発覚し、高校側は、再発防止のための特別指導などをしたうえで、反省が不十分だったと判断した2人を除いて、大会に出場させていました。 ところが、県教育委員会によりますと、ことし2月11日の夜、合わせて4人の部員が寮を抜け出して、飲酒や喫煙をしていたことが、部員の申し出でわかったということです。 4人のうち3人は、いずれも去年飲酒をして特別指導を受けていて、1人はベンチ入りし、2人は反省が不十分だとして出場で...

高校サッカー
立山辺高校サッカー部
{by} https://headlines.yahoo.co.jp
監督は高校サッカー界の名将…“通信制高校”が全国目指しサッカー部を創部 風間八宏氏もアドバイザーに就任

クラーク国際記念高校岐阜駅前キャンパスサッカー部(東海テレビ) 全国大会出場を目指し、一生懸命に頑張る高校生のスポーツ選手は全国に多くいます。 そんな中、日本を代表する数多くの選手が出場している『全国高等学校サッカー選手権大会』を目指す新たなサッカー部がこの4月に岐阜県に創部されました。 クラーク記念国際高等学校岐阜駅前キャンパス。北海道から沖縄まで全国にキャンパスがある“広域通信制”の高校です。 2016年には通信制の高校で初めて北北海道大会で優勝して夏の甲子園出場を果たし、話題になりました。そんな野球部に続けと、岐阜市にあるクラーク記念国際高校がサッカーで全国大会出場を目指すことになったのです。 新たな一歩を踏み出すサッカー部員は19名。週5日、制服を着用して通学。これから3年間サッカーと勉強に励みます。 そんなサッカー部の監督を務めるのは長年、岐阜県...

高校サッカー
風間八宏氏
{by} www.tokai-tv.com
「ヴェルディをあるべき場所に戻す」。東京Vユースは内容、結果を求めて14年以来のプレミアへ

「プレミアに上がることが一番だと思いますし、ヴェルディをあるべき場所に戻す」。プリンスリーグ関東第2節(対昌平高、4月10日)終了後、東京ヴェルディユース(東京)のゲーム主将CB大下峻太(3年)は、チームを「あるべき場所」プレミアリーグのステージへ引き上げることを誓った。11年に発足した“高校年代最高峰のリーグ戦”プレミアリーグ。ユースの名門・東京Vユースは1年目から優勝争いを演じ、2年目の12年にはプレミアリーグEAST制覇を果たしている。だが、14年に9位でプリンスリーグ関東降格。15年、16年にプレミアリーグ参入戦(現プレミアリーグプレーオフ)へ進出したものの、いずれも1回戦で敗れると、その後はプリンスリーグ関東を“突破”することができていない。だが、昨年は昇格こそ懸かっていなかったものの、プリンスリーグ関東で無敗V。今年は本気でプレミア昇格を目指している。ただし、今年のプリンスリー...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
多くの記者、モウリーニョが立ち去るのを見て、モウリーニョは一言も言わず、笑って品物を運ぶ

月曜日の午後、モウリーニョ監督はトッテナムのトレーニング基地を出て、私物を家に持ち帰った。 現地時間午後3時30分ごろ、モウリーニョ監督は車でトレーニング基地を出て、後に西ロンドンの自宅に戻った。モウリーニョ監督は車から降りた後、オフィスから持ち帰った私物を自宅に運ぶ。ゴールキーパーのヌノ・サントス監督が運ぶのを手伝った。その中には、モウリーニョの輝かしい瞬間の大きな写真もある。 多数の記者が到着し、モウリーニョの動きを撮影し、ポルトガル人はそれに極めて冷静である。...

モウリーニョ
トッテナム
{by} jp.7msport.com
C・ロナウドがSNSに写真を投稿、凄い上半身の筋肉を披露、日本語で彼の希望を伝える

36歳のC・ロナウドはソーシャルプラットフォームを更新し、腹筋をはっきりとした線も見られる写真を投稿した。また、日本語の発音で「改善、向上」を意味する「Kaizen」を書いている。...

C・ロナウド
{by} jp.7msport.com
ビッグデータによりリーガの優勝確率を算出:バルセロナはレアル・マドリードを抑えて確率が一番高い

熾烈な優勝争いを繰り広げているリーガエスパニョーラがどのように終了するのか、Fivethirtyeightがビッグデータをもとに、リーガチャンピオンを予測している。 データによると、バルセロナが48%の確率で優勝しており、それに続くレアル・マドリードが33%の確率で2位、アトレティコ・マドリードが18%の確率で3位となっている。 現在、リーガのランキングでは、アトレティコ・マドリードが67ポイントで1位、レアル・マドリードが66ポイントで2位、バルセロナが65ポイントで3位となっている。...

バルセロナ
リーガエスパニョーラ
{by} jp.7msport.com
マテラッツィ「インテル・ミラノは優勝にふさわしい」ユヴェントス今季調子が最悪

マルコ・マテラッツィは先日、「オール・マーケット」とのインタビューで、インテル・ミラノは今シーズンの成績が優勝にふさわしく、 ac ミランもチャンピオンズリーグ出場権にふさわしく、最もひどい成績を出したチームはユヴェントスだと主張した。 「間違いなく、コンテはインテルでの2シーズン目で、支配的なパフォーマンスを見せた。他に競合するチームはなく、インテル・ミラノはリーグで唯一の存在だった。彼らは常に勝利を収めているし、チャンピオンは本当に素晴らしいものだ」 Ac ミランと ユヴェントスについて、マルコ・マテラッツィは、「 ac ミランはチャンピオンズリーグ出場資格にふさわしい活躍を見せている。彼らは粘り強く戦力にあふれている。今シーズン、最も悪い成績を出したチームはユヴェントスだ。最も強いはずなのに。。」と話した。...

マテラッツィ
{by} jp.7msport.com
レアルは、ラモスが新型コロナ検査で陽性反応を示したことを披露、主力2選手とも隔離中…

現地時間4月13日の朝、レアル・マドリードは、キャプテンのセルヒオ・ラモスが最新の新型コロナ検査で陽性反応を示したことを公式に発表した。 レアルは今季ここまで7人の選手が「陽性」となった。さらに、ジダン監督も新型コロナに感染したことがあった。 ほんの数日前、スペイン代表DFラファエル・ヴァランも新型コロナで陽性反応となり、自宅隔離中。 ラモスは過去3試合で怪我により欠場した。スペイン代表チームで左足の筋肉が怪我をした。もともと4月に復帰できなかった。...

ラモス
レアル・マドリード
ヴァラン
{by} jp.7msport.com