【選手権総括】大会中に緊急事態宣言が発令 コロナ禍で開催の大会を振り返る
{by} koko-soccer

青森山田イレブン

 

  第99回全国高校サッカー選手権大会が無事、幕を閉じた。大会前から懸念されていた新型コロナウィルス感染症は未だ収束の兆しが見えず、2回戦が行われた1月2日には大会開催地である1都3県の知事が政府に緊急事態宣言を要請したことで大会継続を不安視する声もあったが、保護者や学校関係者のみ許されていた現地観戦を準決勝以降は中止して無観客に切り替えるなど対応により、最後まで実施することができた。

 

 ピッチ内では各会場で熱戦が繰り広げられた中、大会を制したのは山梨学院高等学校。11年ぶり2度目の栄冠に輝いた。決勝戦は11年前の初優勝時と同じ青森山田との対戦となり、試合展開も前半10分過ぎに先制点をあげるという、当時を再現するような立ち上がりとなった。後半に一時は逆転を許すも、FW野田武瑠の今大会初ゴールで追いつき、勝負の行方はPK戦へ。山梨学院にとっては3回戦の藤枝明誠戦、準決勝の帝京長岡戦に続いて大会3度目のとなるPK戦という経験を生かして、GK熊倉匠の好守もあり優勝を飾っている。

 

 長谷川大監督は「10回戦って、1・2回勝てれば良い相手。その1回が来るようにどう戦うのかを準備しました」と話しており、その為に青森山田のビルドアップで攻撃の起点となるCB藤原優大にマンマークをつける作戦を立てた。奇策とも言えるプランは見事にはまり、逆転された後半も交代出場した選手が作ったチャンスを、選手交代を機に前線から中盤へポジションを下げていた野田が後方から走りこんで決めるなどベンチワークが的中している。大会を通じて、指揮官のプランやゲーム中の修正を選手がしっかりと遂行しており、プロ内定選手や年代別代表の選手がいない中でもチームとしての強さを発揮することが優勝の要因となった。

 

 PK戦では山梨学院GK熊倉と青森山田MF安斎颯馬が注目を集めた。共にFC東京U-15深川に在籍した元チームメイトで、中学時代最後の大会をPK戦で敗れた経験を持つ。そんな二人が高校最後の大舞台で対峙し、PK戦で安斎のキックを熊倉がストップ。試合後、涙を流す安斎に熊倉が寄り添う姿に胸を打たれた人も多かったのではないだろうか。

 

 2大会ぶりの頂点を目指した青森山田は惜しくも準優勝に終わったが、結果はPK戦によるもの。延長戦を含む110分の戦いは素晴らしいものだった。決勝戦直後のインターネットの検索トレンドに"両校優勝"というワードが出ていた。高校選手権では2000年から決勝戦で決着がつかない場合にPK戦を行うようになり、両校優勝という制度は廃止されているのだが、どちらのチームも優勝に値する戦いだったと感じる人が多かったということだろう。大会を通じても、準決勝・矢板中央戦のハットトリックを含む5ゴールで得点王に輝いた安斎と、2年生で10番を任されるMF松木玖生の2列目は高パフォーマンスを披露。キャプテンの藤原は戦術的にも精神的にも必要不可欠な存在として、チームを牽引した。攻撃から守備への鋭い切り替えからボールを奪い返す力も健在で、伝統芸ともいえるロングスローは今大会でも猛威を振るった。

 

 大会全体では、Jリーグ内定選手4名を要する昌平が注目を集めた。高い技術を生かしたドリブルやパスで攻撃を仕掛け、ボールを失っても即座に守備へ移行するプレッシングで奪い返す。1回戦の高川学園戦では試合終盤に2点ビハインドという絶体絶命の状況に追い込まれながら、MF篠田大輝とMF篠田翼の兄弟アベックゴールで追いつき、PK戦の末に初戦突破。続く2回戦では西野太陽と木原励の大会屈指の2トップを要する京都橘を相手に、局地戦を制し続けることで主導権を渡さず、相手攻撃陣にボールを届けさせないことで無力化させた。ベスト8でセットプレーによる失点で山梨学院に破れはしたが、質の高いサッカーは優勝候補の前評判に恥じぬものだった。

 

 他にも高強度の守備で3年連続ベスト4進出を果たした矢板中央、黄金世代が去った翌年に高い位置からの守備という新たな武器を備えて2年連続ベスト4進出となった帝京長岡、選手主体でチーム強化に取り組むボトムアップでベスト8進出を果たした堀越、12月上旬にバスケ部でクラスターが発生して活動自粛となり開幕1週間前からの再開にも関わらずベスト8まで素晴らしい戦いを見せた市立船橋も印象深かった。

 

 また、ベスト8の半数以上が中高一貫による附属中学校のサッカー部、もしくは下部組織に該当するジュニアユースが存在していた点も見逃せない。3年間ではなく6年間かけての強化。中学年代から一貫した指導を受けて成長した選手が、同じスタイルの下で高校サッカーに取り組める利点が、上位進出という結果を後押ししている。

 

 最後に、冒頭でも触れたが困難な状況の中で開催に尽力した大会事務局やチーム関係者、心身両面で選手の支えになったであろう保護者など、今大会に関わる全ての方に改めて感謝と敬意を表したい。インターハイが中止となり、リーグ戦も規模縮小もしくは中止となる中、選手たちの心の拠り所は最後に選手権が開催されることだった。年末年始に行われた他競技の全国大会では、大会前の出場辞退や大会中の棄権があった中、サッカーはそうしたことが起こらずに最後まで競技を全うすることができたのは素晴らしいことだった。

 

 来年度は第100回大会となる。1年後がどのような状況になっているかわからないが、選手たちがピッチで躍動し、客席から声援が送られる。そんな日常の下で記念すべき第100回大会を迎えることを願ってやまない。

 

(文=雨堤俊祐 フォトギャラリー写真=オフィシャルサポート)

 

関連ニュース
デンチャレ準決勝は関東選抜A対関東B・北信越選抜、九州選抜対関東C・北信越選抜に決定

第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会の3日目が5日に行われ、グループリーグの戦いが終了した。 6日から始まる決勝トーナメントにはグループAから関東選抜A、グループBから九州選抜、グループCから関東C・北信越選抜、2位のうち成績上位の関東C・北信越選抜の4チームの進出が決定。準決勝の組み合わせは抽選の結果、第1試合で関東Aと関東B・北信越、第2試合で九州と関東C・北信越が対戦することに決まった。なお、準決勝と決勝はテレビ東京YouTubeチャンネルで生配信される。 グループリーグ最終日、A組では関東選抜Aと関西選抜の実力派チーム同士が対戦。勝った方が勝ち上がりを決める重要な一戦になっていた。ただ立ち上がりから関東Aがボールを支配して進めると、14分にDF山原怜音(筑波大3年=JFAアカデミー)の2試合連続となるミドルシュートがさく裂。後半10分には先制点をアシストしていた...

第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会
{by} web.gekisaka.jp
蒲原晶昭監督 「大学生の地域選抜が集う中で日本高校選抜チームはしっかり戦ってくれた」

蒲原晶昭監督 「NEXT GENERATION MATCH」に引き続き、デンソーカップでも日本高校選抜チームを率いることとなった蒲原晶昭監督(佐賀東高)に、試合後の感想や日本高校選抜チームがデンソーカップに参戦することの意義などについて話をうかがった。 ーー初日の試合を終えられての感想はいかがでしょうか? まず今回はデンソーカップに初参戦させていただけたという機会をいただいて本当に感謝しています。大学生の地域選抜チームという、とてもレベルの高い大会なんですけれども、高校選抜としてしっかり頑張ってくれたなと思っています。結果は3-4の敗戦ということで悔しい思いはあるんですけれども果敢にチャレンジして3点奪うことができて本当に頑張ってくれたなと思っています。 ーーどういったところが大学生相手にも通用したと思われますか? 球際の部分も含めて、全体的に戦えたところがありました...

蒲原晶昭監督
{by} koko-soccer
東海選抜10番は1年生、澤登監督が「彼をJに送り込むことが今の僕の目標」と語る逸材

MF古長谷千博(常葉大1年=清水桜が丘高) [3.4 デンチャレ 東海選抜1-5関東C・北信越選抜] 澤登正朗監督が「風穴を開けたい」と話すなど、関東C・北信越選抜撃破に燃えていた東海選抜だったが、1-5で大敗。指揮官も「完敗でしたね」と肩を落とした。 ただし期待の1年生10番が一矢報いた。後半27分、東海選抜はエリア内でMF榎本啓吾(東海学園大3年=千葉U-18)が倒されてPKを獲得。これをMF古長谷千博(常葉大1年=清水桜が丘高)が決めて1点を返した。 清水桜が丘高時代もエースナンバーの8番を背負った中心選手。しかし当時はサイドアタッカーだったが、進学した常葉大で指導を受ける澤登監督の意向でボランチに転向した。そのことでプレーの幅が広がり、1年生で選抜の10番を託されるほど逞しさを増した。 澤登監督も「将来が楽しみ。彼をJに送り込みたいというのが今の僕の目標」と話...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
九州選抜FW宇津元が持ち味発揮の一撃!「5チームから話があった」…大分内定の決め手は?

FW宇津元伸弥(宮崎産業経営大3年=鵬翔高/大分内定)が豪快弾を決めた [3.4 デンチャレ 北海道・東北選抜1-5九州選抜] 九州選抜がJ1内定強力2トップによる3ゴールなどで5得点を奪い、初戦を白星で飾った。 開始30秒で先制点を奪ったFW根本凌(鹿屋体育大3年=上田西高/湘南内定)に負けじと、FW宇津元伸弥(宮崎産業経営大3年=鵬翔高/大分内定)も豪快にゴールネットを揺らした。 3-1とリードして迎えた前半42分、MF倉員宏人(福岡大3年=鳥栖U-18)がカットしたボールを受けて前を向いた宇津元は右サイドをドリブルで突破。あっという間にエリア内に入ると、DFを切り返しで外してニアサイドをぶち抜く。角度の厳しい位置だったが、迷いなく右足を振り抜いた。 「一人かわしたときに、ニアに打てば何かしら起きるかなと思った。あそこは切り返した瞬間からゴールしか見てい...

高校サッカー
宇津元伸弥
{by} web.gekisaka.jp
福岡から北海道へ渡り、リーグMVP&得点王。プロ入りへ挑戦する高速MF吉行

[3.3 デンチャレ 北海道・東北選抜 0-5 関東B・北信越選抜]北海道のリーグ戦とは違うスピード感に戸惑った。CKからの5失点など「結構ショックなところが多いけれど……」という素直な感想。それでも、北海道・東北選抜の10番MF吉行豊輝(東海大札幌校舎3年=東海大福岡高)は劣勢の中で存在感ある動きを見せていた。昨年の北海道学生リーグの全7試合でゴールネットを揺らし、計13得点。得点王とMVPを獲得した注目アタッカーだ。登録165cm、60kgと小柄だが、本人も自信を持っているスピードは関東B・北信越選抜相手にも通用。ボールを受けて前を向くと一気にスピードアップして大きく前進していたほか、鋭い抜け出しでGKをかわしにかかるシーンもあった。福岡の伝統校、東海大福岡高出身。高校時代からキレのあるドリブルで相手を押し下げたり、局面打開したりしていた。当時からプロ志向の強かった吉行は、それを後押し...

デンチャレ
{by} web.gekisaka.jp
大学地域対抗に緊急参戦の日本高校選抜。初戦惜敗も大熱戦の背景にあった選手、指導者の想い

「デュッセルドルフがなくなったことは残念な気持ちでいっぱいで…」 昨年から続く新型コロナウィルス感染症拡大の影響は今年も大きく出てしまっている。選手権の優秀メンバーをメインに構成される日本高校選抜も例外ではなく、恒例行事となっている2月の静岡ヤングフェスティバルと、4月にドイツで開催予定だったデュッセルドルフ国際ユース大会が相次いで中止。中でもデュッセルドルフの大会は、このチームの最終ターゲットとなるはずだっただけに、「本当に楽しみにしていて、デュッセルドルフがなくなったことは残念な気持ちでいっぱい。正直、どうやって選手たちに高校選抜の活動のモチベーションを上げてもらおうか考えていた」と蒲原晶昭監督も落胆の色を隠せなかった。 しかし、この苦しい状況下で事態は大きく動いた。中野雄二・全日本大学サッカー連盟副理事長やJFAの林義規競技会委員長など、活動する場を失った高校選抜に対...

高校選抜
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
初参戦の日本高校選抜は惜敗! 第35回デンソーカップが開幕!

第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会が3月3日に開幕した。今大会初参戦となる日本高校選抜チームは予選リーグ初日に関西選抜と対戦。一時は2-0とリードしたものの、後半に逆転され3-4で惜敗。しかし大学生相手に一歩も引かない戦いぶりを見せるなど、実力の高さを証明した。 立ち上がりに主導権を握ったのは日本高校選抜 大学サッカーの各地域選抜が集結し、日本一を争うデンソーカップ。その大会に日本高校選抜が初参戦。どんなゲームになるかが注目されたが、まず主導権を握ったのは日本高校選抜だった。開始早々から風上を利して攻め込むなど、大学生相手に互角の試合を展開する。 そして先制したのはなんと日本高校選抜。前半9分に、ゴール前のDF内田陽介(青森山田3年)の折り返しをFW福田師王(神村学園1年)が押し込み先手を取った。 さらに前半26分に日本高校選抜は、MF安斎颯馬(青森山田3年)...

日本高校選抜
第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会
{by} koko-soccer
東海選抜FW小松慧(常葉大2年)_“鼻をへし折られた”炎のストライカーが着実に成長

[3.3 デンチャレ 東海選抜1-0中国・四国選抜]「ファイヤー!」。前半17分、東海選抜のFW小松慧(けいと。常葉大2年=青森山田高)が吠えた。エリア内に侵入したMF小原基樹(東海学園大3年=聖和学園高)の鋭いクロスはMF藤光翔(中京大3年=帝京大可児高)が押し込むことは出来なかったが、跳ね返りを小原が入れ直すと、小松がダイレクトで流し込み、決勝点になる先制点を奪った。しかしこのほかの場面ではチャンスを逃し続けた。前半22分、エリア内の切り返しで相手を外して放った右足シュートは枠上に大きく外れる。思わず頭を抱えたが、続く同33分にはDFの裏に抜け出してヘディングを試みるが、シュートはGKの正面に飛んでしまう。前半44分のCKを合わせた場面もGKの正面。そして後半開始早々のチャンスも枠外に外し、決めきること出来なかった。「多くチャンスは作れたけど、僕個人だけでもあと4点決めるチャンスがあっ...

デンチャレ
{by} web.gekisaka.jp
福田2発!安斎FK弾!デンチャレ初参戦の日本高校選抜、大学生の関西選抜から2度リードも逆転負け

[3.3 デンチャレ 日本高校選抜 3-4 関西選抜]大学生の地域選抜チームが日本一を争う第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会(デンチャレ)が3日、開幕した。今大会は日本高校選抜が初参戦。開幕試合で関西選抜と対戦した日本高校選抜は2度リードを奪ったものの3-4で逆転負けした。日本高校選抜は新型コロナウイルスの影響によって、例年行われてきた欧州遠征が中止。だが、急遽デンチャレへの参加が決まり、大学生のトッププレーヤーと真剣勝負する機会を得た。その初戦は優勝6回(関西A、Bを含む)を誇る強豪・関西選抜。だが、高校選抜が2点を先取する。強風の中でスタートした前半、風上に立った高校選抜は相手をPA前で食い止め、MF永吉飛翔(神村学園高3年)のワンタッチパスでFW安斎颯馬(青森山田高3年)が左サイドを抜け出すなど攻め返す。そして9分、高校選抜は大学生相手にも球際の強さを示していたMF荒井...

デンチャレ
{by} web.gekisaka.jp
恋愛推奨、髪形フリー、先輩クン呼び。これが令和のサッカー部の新常識!?

<美容室と提携するサッカー部> 昭和・平成・令和と時代が変化していくのに伴い、部活動の在り方が変化している。とくに大きな変化が見られるのは高校サッカー界だ。 代表的な例は、縦関係の変化だろう。昭和の部活動では、「〇〇先輩」と呼ぶのが当たり前。後輩にとって先輩ほど恐ろしい存在はなく、直立不動でありがたい話を聞くのが当たり前だった。 だが、縦関係が緩やかなJリーグのアカデミーや、中学年代のクラブチームが全国的に広がっていったことで、高校サッカーでも変化が見られるようになった。今では、どのチームも「クン付け」で呼ぶのは当たり前。試合でのコーチングでは、呼び捨てである選手も珍しくない。ピッチに立てば上下関係はなく、同じチームの一員という意識が根付き始めている。 髪形に関しても変化が見られる。以前の強豪校は、プレーに支障がでないようにと坊主頭やスポーツ刈りの選手が主流だった。...

高校サッカー
{by} sportiva.shueisha.co.jp