「親や弟と離れてサッカーをしたかった」鹿島学園10番・MF大澤昌也が選手権へ抱く特別な想い
{by} https://www.soccerdigestweb.com/

 

来季大宮入りを決めた双子の弟。常に比べられ「悔しい想いをしてきた」

 

 幼い頃から常に比べられた。双子として生まれた以上、避けては通れない道だ。高校ではひとりでチャレンジをし、もっと上を目指してやる――。覚悟を持って鹿島学園にやってきたMF大澤昌也(3年)にとって、選手権出場を懸けた戦いは絶対に負けられなかった。

 

 11月15日に行なわれた高校サッカー選手権の茨城県予選決勝。鹿島学園の10番を背負う大澤は明秀日立との一戦でスタメン出場し、ボランチの位置で存在感を発揮する。正確な技術と献身的なプレーで攻守のリンクマンとして機能。2−1で勝利したチームを力強く牽引した。

 

 試合後、ホッとした表情を浮かべた大澤。「自分は3年間、全国大会に出るためにやってきた。去年も試合に出させてもらったけど、あと一歩のところで届かなかった。チームが一つになって決勝まで勝ち進み、全国の切符を取れて嬉しく思います」という言葉には、いろんな想いが込められていた。

 

 大澤は大宮アルディージャの育成組織出身。中学時代はあまり試合に出られず、悔しい思いを味わってきた。U-18チームへの昇格を逃し、高校サッカーで新たなチャレンジをする――。こうした道を辿る選手は少なくないが、大澤にとって鹿島学園を選んだ理由は少し違った。昇格を勝ち取れなかった中で、双子の弟の存在があったからだ。

 

 大澤は一卵性双生児で、双子の弟がいる。それが大宮U-18に所属する大澤朋也(3年)だ。

 

 来季からトップチームでプレーする弟は幼い頃から最も身近にいたライバル。幼稚園の時にふたりでサッカーを始め、小学校に入ってからも切磋琢磨してきた。しかし、常に先を行くのは弟の朋也。比べられる場合も多く、葛藤を感じてきた。大澤は言う。

 

「身体付きは自分よりも良かったし、常に追いかける存在。比べられる場合がほとんどで、本当に悔しい想いをしてきた」

 

 小学校時代は同時に大宮アルディージャのセレクションを受けるも、弟だけが合格。自身は昌平の小川優介(3年/鹿島アントラーズ入団内定)らとネオスFCに所属し、実力を磨き続けてきた。その結果、中学進学時にセレクションを再度受けて大宮へ入団。これで弟と同じ舞台に立ったが、3年間を通じて安定して試合に出られなかった。

 

 周囲からは弟と比較されることも少なくない。幾度となく挫折を味わったが、その度に気持ちを新たにしてボールを蹴り続けた。

 

「弟の方が上だったけど、逆に負けたくないという気持ちが芽生えた。それがあったからこそ、お互いに切磋琢磨して成長ができたと思う。比べられてもサッカーが大好きだから辞めるつもりはなかったし、それを力に変えてやっていこうとしか思わなかった」

 

「ひとりで茨城に来て、取り組んだことを全力で出したい」

 

 最終的にU-18チームへの昇格は叶わず、またしても弟だけが上のステージに進んだ。当然、高校でサッカーを続けるつもりでいた大澤は高校サッカーを選択。県内のチームからも誘われていたが、鹿島学園への進学を決めた。その理由をこう話す。

 

「埼玉の高校に進学する選択肢もあったけど、親や弟と離れてサッカーをしたかった。覚悟を持って鹿島学園に行きました」

 

 寮に入り、サッカーに励む。中学まで弟と比べられる環境にあったが、高校では純粋に自分と向き合うことでさらなる成長を目指した。

 

 高校では今まで以上に自分を追い込み、フィジカル面やタフさがアップ。戦う姿勢が備わり、大きな成長を遂げた。最終学年で上田綺世(鹿島)が背負った10番を託されたのも、そうした頑張りが認められたからなのは間違いない。

 

 弟は来季からプロになる一方で、自身は大学に進む。最初で最後の大舞台は高校3年間で積み上げてきた成果を出す舞台となる。

 

「自分はひとりで茨城に来て、取り組んだことを全力で出したい。全力でやれば結果もついてくるので、成長した姿を見せたい」

 

 高校生活を締め括る最高の舞台。大澤は特別な想いを持って、選手権に挑む。

 

取材・文●松尾祐希(フリーライター)

 

関連ニュース
神奈川の強豪・桐光学園サッカー部|エースストライカー・庄司朗の誓い「小川さんの試合を見て、桐光学園に進学したいと思った」

桐光学園のエースナンバーは中村俊輔(横浜FC)などが背負った10番だ。しかし、もうひとつ重要な番号がある。それが小川航基なども身に付けた9番だ。2年ぶりの選手権出場を目指す神奈川の名門校にとってエースストライカーの活躍は必須。9番を託された庄司朗に話を聞いたぞ! 庄司 朗■ポジション:FW■学年:3年■身長/体重:186cm/76㎏■前所属チーム:JSC CHIBA(千葉)■自分の見てほしいプレー:献身的なプレート高さを生かした空中戦の強さ Q:今年は9番を託されました。そこはどのように捉えていますか?「桐光学園の9番は小川航基さん(磐田)などが背負ってきた番号で、ゴールを決める人が任される。自分もゴールに貪欲じゃないといけないし、プラスアルファでがむしゃらに走って献身的にプレーもしないといけないと思っています」 Q:小川選手は意識する存在?「僕の憧れです。難しい試合で...

桐光学園
高校サッカー
横浜FC
庄司朗
{by} yansaka.com
[関西U-16~Groeien~]大阪桐蔭先制も、履正社が試合終了間際に追いつきドロー

【G1リーグ】※日程は変更あり第9節11月28日[履正社茨木G]履正社高 1-1 大阪桐蔭高[履]古田和之介(80分+2)[大]田中裕翔(7分)11月29日[阪南大学高見の里G]阪南大高(15:00)興國高[東海大大阪仰星高G]東海大大阪仰星高(16:00)関西大北陽高[大阪産大附高G]京都橘高(16:00)大阪産大附高[東山高総合G]神戸弘陵高(13:00)東山高...

関西U-16~Groeien~
{by} web.gekisaka.jp
[球蹴男児U-16リーグ]宮崎日大が熊本学園大付に4-0快勝

【Division2Bグループ】7月25日[ルーテル学院野々島G]ルーテル学院高 0-0 宮崎日大高8月29日[ルーテル学院野々島G]ルーテル学院高 4-3 熊本学園大付高[ル]厚地陽賢(44分)、高野虎之介(68分)、佐藤颯太(82分)、古場楓雅(90分+6)[熊]黒木涼誠(29分)、藤本力翔(34分)、河野弘豊(54分)[MOM]:高野虎之介(ルーテル学院)9月20日[SAGAサンライズパーク球技場南]佐賀東 4-1 佐賀商高[東]宮崎飛羽(5分)、赤池諒斗(55分)、小嶋悠央2(63分、90分+2)[商]田島元稀(38分)[MOM]:松雪翔吾(佐賀東)10月11日[嘉島町運動公園]佐賀東高 6-3 熊本学園大付高[佐]小嶋悠央4(24分、28分、56分、79分)、渡邉皓斗(47分)、宮崎飛羽(85分)[熊]米光瑞生2(10分、75分)、東晃嘉(20分)[MOM]:小嶋悠央(佐賀東高)...

球蹴男児U-16リーグ
{by} web.gekisaka.jp
全国高校サッカー48代表校が決定 来月31日開幕

<全国高校サッカー選手権神奈川県予選:桐蔭学園3-2桐光学園>◇決勝◇28日◇神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場 全国高校サッカー選手権の神奈川県予選決勝が28日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われ、桐蔭学園が桐光学園を延長戦の末に3-2で下し、3年ぶり10度目の全国切符をつかんだ。これで48代表校が出そろった。99回目となる本大会は12月31日に首都圏の各会場で始まり、決勝は来年1月11日に埼玉スタジアムで行われる。...

全国高校サッカー選手権
{by} www.nikkansports.com
【第29回全日本高等学校女子サッカー選手権大会】高校女子サッカー選手権大会の組み合わせが決定!

11月27日、高校女子サッカー界の日本一を決める第29回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が行われ対戦カードが決定した。 前回覇者の藤枝順心(静岡)は初戦で北海道大谷室蘭(北海道)と対戦。前回大会準優勝の神村学園(鹿児島)は福井工大福井(福井)と初戦を戦うことが決まった。 大会は来年1月3日に兵庫県内の各会場で開幕。2回戦は4日に開催され、準々決勝は6日に実施。7日の準決勝を経て10日に決勝がノエビアスタジアム神戸で行われる。...

全日本高等学校女子サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
8年連続決勝「市船vs.流経大柏」でも何かが違う…主将が明かす2020年の苦しみと涙の理由

今年も“あの2校”が1つの枠を争った。 全国高校サッカー選手権大会千葉県予選。決勝の舞台に駒を進めたのは市立船橋高校と流通経済大付属柏高校だ。これで8年連続の決勝同一カード。全国の舞台に出れば優勝を狙える実力校同士なだけに、たった「1」の枠を争う熾烈なバトルが毎年のように繰り広げられている。 互いが目標に掲げる「選手権優勝」に臨むために避けては通れない「千葉ダービー」とあって、両キャプテンの言葉からも火花が散っていた。 「市船は僕らのユニフォームを見ると、いつもよりも倍以上の力を発揮してくる。それが選手権予選になると、なおさら火がつく」(流経大柏キャプテン?藤井海和) 「流経大柏は市船相手になると、プレスのスピードを一気に上げる。負けられないという気迫で飲み込もうとしてくる。特に選手権予選はバチバチです」(市立船橋キャプテン?石田侑資) 今季初対決が選手権を懸けた決勝戦...

市立船橋高校
全国高校サッカー選手権
流通経済大付属柏高校
{by} https://www.soccerdigestweb.com/
【第99回全国高校サッカー選手権予選】第99回全国高校サッカー選手権 出場校

【出場校】 ▽北海道・東北北海道予選:札幌大谷(5年ぶり3回目)青森県予選:青森山田(24年連続26回目)岩手県予選:遠野(2年ぶり29回目)秋田県予選:明桜(27年ぶり4回目)宮城県予選:仙台育英(4年連続35回目)山形県予選:日大山形(5年ぶり14回目)福島県予選:学法石川(初出場) ▽関東茨城県予選:鹿島学園(4年ぶり9回目)群馬県予選:前橋商(16年ぶり12回目)栃木県予選:矢板中央(4年連続11回目)埼玉県予選:昌平(2年連続4回目)千葉県予選:市立船橋(2年連続23回目)東京都A予選:関東一(3年ぶり3回目)東京都B予選:堀越(29年ぶり3回目)神奈川県予選:11月28日(桐光学園- 桐蔭学園)山梨県予選:山梨学院高等学校(3年ぶり7回目) ▽東海・北信越新潟県予選:帝京長岡(3年連続8回目)富山県予選:富山第一(6年連続31回目)長野県予選:松本国際(2年連続4回目)...

全国高校サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
「手応えがない年だった」県新人戦8強校が全国レベルの優勝候補を撃破!ルーテル学院が選手権切符を掴めたワケ

絶対的な優勝候補はスーパープリンスリーグ九州を制した大津だった 熊本県予選の優勝候補筆頭は大津だった。春先の九州新人戦は圧倒的な強さで制し、スーパープリンスリーグ九州はBパートを無敗で優勝。FW半代将都(3年)、宮原愛輝(3年)は全国レベルのアタッカーで、脇を固めるMF森田大智(2年)やMF大島清(3年)も能力が高い。個々の実力に加え、チームとしての完成度も抜群。県外の関係者からも高い評価を得ており、付け入る隙はないかと思われていた。しかし、準決勝でまさかの敗戦。0−0のPK負けで相手の倍となる14本のシュートを放ちながら、最後まで牙城を崩せなかった。 その大津に土を付けたのが、熊本県リーグ1部に籍を置くルーテル学院だ。選手権には4回しか出場していないが、2010年に過去最高のベスト8に進出。プロにも多くの選手を輩出しており、三原雅俊(柏)はボランチとして長きに渡って活躍し...

ルーテル学院
{by} https://www.soccerdigestweb.com/
桐光学園FW菅江陸斗(1年)_最終戦で1試合4発!逆転で関東Rookie League得点王に

[11.22 関東Rookie League第9節 前橋商高 0-4 桐光学園高 時之栖裾野D]大逆転で得点王を獲得した。桐光学園高FW菅江陸斗(1年)はRookie League Aリーグ得点ランキング2位の6得点で最終日へ。この日は午後から前橋育英高、前橋商高との2連戦という体力的に厳しいスケジュールだったが、前橋育英戦で先制ゴールを決めた菅江は続く前橋商戦で4ゴールを叩き出して個人タイトルを獲得した。「前橋育英戦で1点取れて、多分(前日まで得点ランキング首位だった)流経大柏の小西(脩斗)君と並んだと思ったので、ここでいっぱい点獲らないと得点王になれないと思ったので、しっかりと4点獲れて得点王になれたので良かったです」前半は前橋商の守りも堅く無得点。本人も「ヤバいと思った」と振り返る。だが、0-0の後半3分、ショートカウンターからMF野頼駿介(1年)のラストパスを受けると左足でファーサ...

関東Rookie League
{by} web.gekisaka.jp
[球蹴男児U-16リーグ]東海大福岡が木村2発と安武V弾で長崎南山に競り勝つ:D2 Aグループ

【Division2Aグループ】9月5日[タイガーフィールド]東海大福岡高 3-1 筑紫台高[東]安武壱粋(22分)、原颯汰(85分)、垣内春輝(87分)[筑]波多江叶真(43分)[MOM]:久保敬太(東海大福岡)9月13日[筑紫台高人工芝サッカーG]筑紫台高 2-4 筑陽学園高[紫]石川秋真2(4分、26分)[陽]杉森隼人(31分)、田山芳規3(42分、57分、61分)[MOM]:田山芳規(筑陽学園)9月21日[福岡フットボールセンター]筑紫台高 1-2 長崎南山高[筑]吉山 智樹(11分)[長]山口 琉偉(45分+3)、大道士輝(80分)[MOM]:大道士輝(長崎南山)10月10日[タイガーフィールド]東海大福岡高 0-1 筑陽学園高[筑]杉森隼人(80分)[MOM]:森下凜人(筑陽学園)11月15日長崎南山高 2-3 東海大福岡高[長]伊藤海斗(51分)、山口琉偉(88分)[東]木村...

球蹴男児U-16リーグ
{by} web.gekisaka.jp