[関東]リーグ戦延期分の追加日程が決定、後期終了までの全日程消化に目処
{by} web.gekisaka.jp

 

 関東大学サッカー連盟は16日、延期分の追加日程を発表した。これにより後期リーグ開催中に延期となっていた全日程を消化できる目処が立った。

■1部
▽10月20日(火)
第3節 筑波大 17:30 国士舘大
第8節 順天堂大 17:30 早稲田大
第7節 立正大 15:00 専修大

▽10月28日(水)
第8節 立正大 17:30 駒澤大
第12節 桐蔭横浜大 17:30 専修大

▽11月10日(火)
第9節 立正大 17:30 順天堂大

▽11月18日(水)
第10節 立正大 17:30 早稲田大

▽11月24日(火)
第11節 立正大 17:30 筑波大

▽12月2日(水)
第8節 中央大 17:30 筑波大

■2部
▽10月21日(水)
第3節 日本体育大 18:00 立正大

▽11月4日(水)
第5節 日本体育大 18:00 産業能率大

関連ニュース
ジェフユナイテッド市原・千葉加入内定の修徳FWブワニカ啓太、特別指定選手に認定

10月29日、ジェフユナイテッド市原・千葉は、来季加入が内定している修徳(東京)のFWブワニカ啓太が「2020JFA・Jリーグ特別指定選手」として日本サッカー協会(JFA)より認定されたことを発表した。 【ブワニカ啓太】■ポジションFW ■経歴第六中学校 →修徳 ■プロフィール生年月日:2002年12月16日出身地:東京都 ■身長/体重186cm / 84kg...

ジェフユナイテッド市原・千葉
ブワニカ啓太
高校サッカー
{by} koko-soccer.com
創立3年目の沼津U18が快進撃。磐田U-18と名古屋U-18を破り、全国大会初出場!

第44回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会(12月、群馬)の出場3枠を懸けた東海予選でアスルクラロ沼津U18が快進撃を演じている。創立3年目の沼津U18は準々決勝で全国優勝歴を持つジュビロ磐田U-18にPK戦で勝利。さらに準決勝で昨年の日本クラブユース選手権覇者の名古屋グランパスU-18を2-1で退けた。沼津U18は決勝進出とともに全国大会初出場決定。同じく準決勝でJFAアカデミー福島U-18を2-1で下した清水エスパルスユースも決勝進出と全国大会出場を決めている。順位決定戦は11月8日に開催。名古屋U-18対JFAアカデミー福島U-18の3位決定戦の勝者も全国大会へ進出する。【東海】[1回戦]藤枝MYFC U-18 0-8 Honda FC U-18FC岐阜U-18 3-0 C.C de sonho U18[準々決勝]JFAアカデミー福島U-18 4-0 Honda FC U...

日本クラブユースサッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
G大阪“和製メッシ”17歳中村仁郎あえて「王様」

取材対応するG大阪MF中村仁郎 ガンバ大阪U-23チームでJ3に出場している、現在高校2年のMF中村仁郎(17)が27日、オンラインで取材に対応した。“和製メッシ”とも呼ばれる左利きのドリブラーで、U-16日本代表経験もある。G大阪ユース所属ながら2年連続で2種登録され、Jリーグに出場を続ける売り出し中の選手だ。 J3では昨季18試合3得点、今季はここまで5試合1得点。大人のプロに交じってプレーしているが、自己評価は低い。 「自分は得点、アシストが残らないとチームに貢献できない選手。どの試合でも何回かは自分のプレーを出せるが、ロストも増えてしまう。同世代との試合のように、王様にならないといけない」。あえて“王様”という言葉を使い、絶対的な存在になることを目標に掲げた。 ドリブルは一級品だが、そのドリブルに固執しすぎて、最大の武器であるシュート力を二の次にしていたという。 ...

ガンバ大阪U-23
高校サッカー
中村仁郎
{by} www.nikkansports.com
後半5発で都立勢の狛江を突破。交代出場組も活躍の関東一が東京A準決勝進出!

[10.25 選手権東京都Aブロック準々決勝 狛江高 0-5 関東一高 清瀬内山B]関東一が堅守をこじ開けて4強入り――。25日、第99回全国高校サッカー選手権東京都Aブロック準々決勝で狛江高と関東一高が対戦し、関東一が5-0で快勝した。関東一は11月7日の準決勝で國學院久我山高と戦う。2回戦で千葉内定MFブワニカ啓太(3年)擁する修徳を撃破した都立勢・狛江と、3年ぶりの全国へ向けて進撃を続ける関東一との8強決戦。重心を下げて後半勝負の狛江が、前半を狙い通りの無失点で終える。前へ出る力優れたMF浪岡優太郎(3年)やFW佐藤大介(3年)を活用し、手数をかけずに背後を狙う攻撃。そして、自陣のスペースを消してCB光山剣(3年)やMF岩下柊斗(3年)らが我慢強い守りを展開した。前半、ボールを圧倒的に支配した関東一はMF類家暁(3年)がポスト直撃の左足ミドルを放ち、右サイドからのパス交換でPAへ侵入...

選手権東京都
{by} web.gekisaka.jp
成長続ける駿台学園が前回王者に4-0快勝。勢いと団結力を持って、次は初の決勝進出に挑戦:東京B

前半18分、駿台学園高の10番FW本田颯大が鮮烈な先制弾 [10.25 選手権東京都Bブロック準々決勝 駿台学園高 4-0 東久留米総合高 清瀬内山A] 成長続ける駿台学園が前回王者を4-0撃破!第99回全国高校サッカー選手権東京都Bブロック予選は25日、準々決勝2日目の3試合を行った。前回大会優勝の東久留米総合高と1次予選から勝ち上がってきた駿台学園高との一戦は、駿台学園が4-0で快勝。初優勝へ前進した駿台学園は、11月8日の準決勝で大成高と戦う。 駿台学園は強力な陣容で4強入りした18年度大会以来、2年ぶりの準々決勝突破。それも前回優勝校を4-0で破っての準決勝進出だ。大森一仁監督は「2年前の完成度からしたらずっと『足りていない』と言い続けていたら、ここまで来ちゃって…(選手たちも)『オマエ、嘘じゃん』という顔をしているし……」と独特の表現を交えて苦笑する。 この代は...

駿台学園高
本田颯大
{by} web.gekisaka.jp
青森山田の名将直伝、やる気の導き方

高校サッカー全国屈指の強豪、青森山田高校の黒田剛監督を招いた講演会が10月25日、福井県福井市のフェニックス・プラザで開かれた。県内指導者ら約50人が、選手のモチベーション維持や人間教育の重要性について理解を深めた。 黒田監督は1995年に就任。2016年、高円宮杯U-18(18歳以下)チャンピオンシップ、全国高校選手権で優勝、昨年は選手権準優勝を飾った。日本代表の柴崎岳選手らプロ選手も輩出している。 講演では、選手のモチベーションにメリハリを付ける重要性を指摘。16年の高円宮杯優勝から選手権までの期間を振り返り「完全に無の状態にする2週間をあえて作った。優勝の余韻のまま選手権を迎えれば、けがも出るし1回戦でピークがくる。モチベーションは効果的に出していくべきだ」とした。 チームで最も重要視していることは人間教育であることも紹介。「心技体は順番通り。技術や体力は限界がある。人の...

高校サッカー
青森山田高校
黒田剛監督
{by} www.fukuishimbun.co.jp
決勝は“因縁”の対決に。11連覇懸けた米子北と22年ぶりV狙う米子東が鳥取準決勝突破

第99回全国高校サッカー選手権鳥取県予選は25日、準決勝を行い、米子北高と米子東高が決勝へ進出した。米子北は準決勝で鳥取城北高と対戦。後半の8ゴールによって8-0で勝利した。米子東も後半の3得点によって米子西高を3-0で下している。米子北と米子東は今年6月の令和2年度第55回鳥取県高校総合体育大会サッカー競技(代替試合)西部地区準決勝で対戦し、その際は米子東が3-2で勝利。県内で10年以上不敗を続けていた米子北に黒星をつけている。決勝は11月1日に行われ、米子北が勝てば11年連続16回目、米子東が勝てば22年ぶり9回目の全国大会出場となる。【鳥取】[準決勝](10月25日)米子北高 8-0 鳥取城北高米子西高 0-3 米子東高[決勝](11月1日)米子北高 - 米子東高...

全国高校サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
札幌大谷が第99回高校選手権への出場権を獲得! 旭川実を下し5年ぶり3回目

25日に第99回全国高校サッカー選手権北海道予選の全道大会決勝戦・札幌大谷対旭川実が行われ、札幌大谷が優勝。今年の12月31日から来年1月11日にかけて開催される第99回全国高校サッカー選手権大会への出場権を獲得した。 準決勝で前回王者・北海を3ー2で下した札幌大谷と、北海道大谷室蘭を1ー0で下した旭川実の顔合わせとなった決勝。前半はスコアレスで折り返す展開となるが、後半にMF鈴木浩人のゴールでリードを奪った札幌大谷が1ー0で勝利し、同校は5年ぶり3回目となる全国への切符を手にした。...

札幌大谷
旭川実
第99回全国高校サッカー選手権
{by} www.soccer-king.jp
【選手権予選】週末の結果を速報! 北海道は札幌大谷が本大会へ名乗り。青森山田、流経大柏、尚志などが快勝スタート!

前橋育英や帝京が早期敗退する波乱含み 10月25日、第99回全国高校サッカー選手権の地区予選が全国各地で開催され、土曜日に本大会行き一番乗りを決めた明桜(秋田)に続いて、北海道で代表校が確定した。 厚別陸上競技場での決勝戦に駒を進めたのは旭川実と札幌大谷。今季の対戦成績が1勝1敗、ともに1点差での決着と実力が拮抗する両雄が、序盤から一進一退のハイレベルな攻防戦が繰り広げた。 ようやく均衡が破れたのは後半17分だ。札幌大谷のMF鈴木浩人が敵陣でのパスカットからドリブルで持ち込み、目が覚めるような強烈ミドルを突き刺した。強風が吹き荒れるなか、その後の旭川実の反攻をGK渋井の好守など守備陣の粘りで凌ぎ切った札幌大谷が、5年ぶり3度目の本大会行き切符を掴んだ。 今週末には青森山田(青森)、流経大柏、市立船橋(ともに千葉)、尚志(福島)、立正大淞南(島根)といった名...

前橋育英
全国高校サッカー選手権
{by} https://www.soccerdigestweb.com/
[関東]4連勝早稲田大が首位に勝ち点1差!駒大MF薬真寺は2発で得点ランク単独トップ:第14節

JR東日本カップ2020 第94回関東大学サッカーリーグ戦1部の第14節が24日に行われた。2位の早稲田大は最下位の専修大に3-1で勝利。開始1分にMF田中雄大(3年=桐光学園)の電光石火の先制弾でスコアを動かすと、前半41分にはFW鈴木郁也(4年=FC東京U-18)が加点。後半に入ってもすぐの2分にMF倉持快(3年=桐光学園高)が頭で決めて突き放すと、後半35分にPKで1点を返されて連続無失点は3試合でストップしたが、3-1で逃げ切り勝ち。4連勝で勝ち点を30に伸ばした。なお今節は新型コロナウイルスの陽性者が法政大で出たために、首位・明治大の試合が延期。もともと1試合消化が少ない早大は、消化試合数で明大と並び、勝ち点差ではついに1に詰め寄った。勝ち点20で4チームが並んでいた3位争いでは、駒澤大と国士舘大、桐蔭横浜大が勝利して勝ち点を23に伸ばした。国士大との直接対決に敗れた順天堂大が一...

JR東日本カップ
{by} web.gekisaka.jp