高校サッカー、8人で11人に勝った“奇跡のチーム”「ってか、フォーメーションどうすんの?」
{by} https://number.bunshun.jp

 

 サッカーは1人でやるものじゃない。11人、控えメンバー、そしてベンチに入れなかった選手たちの思いすべてを背負って戦うものだ――。

 

 そんな、熱血マンガのような言葉を思い出す人が多いだろう時期が来た。

 

 全国高校サッカー選手権の都道府県大会が各地で開幕している。新型コロナ禍によって開催が不安視された時期もあったが、10月初旬時点では開催の方向で進んでいる。

 

 そんな中で、ネット上に駆け巡った、びっくりニュースがあった。

 

「高校サッカー8人で初戦突破『次も8人』」

 

 主役として扱われているのは、静岡県立下田高校である。

 

なぜの連続、現場に行ってみることに

 

 名優・三國連太郎の母校でもある同校は、3年生が受験勉強に集中するため、インターハイ予選限りでの引退を決断。それによって2年生による新チームが発足したものの、チームに在籍する8人だけで公式戦に挑むことになった。それでも選手権初戦は先制されながらも1-1に追いつき、PK戦の末に勝利。あまりにストーリー性がありすぎて、そりゃ話題になるわけである。

 

 しかし……なぜ8人で1勝できたのか?

 

 そもそも、何で11人で戦うことすらできないのか?

 

 ってかフォーメーション、どうすんの?

 

 その真相を知りたい――ならば、実際に行ってみないと。あえてこの週末はJリーグでも海外サッカーでもない、高校サッカーの真実を目にしよう。ということで8人対11人の現場を直撃取材した。

 

 10月3日、会場は金太郎さんで有名な足柄山のふもとにある小山高校で、対戦相手もその小山高だ。キックオフ時点から3人少ないうえにアウェイでの試合。その時点で、へっぽこ選手だった筆者なら気持ちが折れている……。

 

 校舎から興味津々で見ている生徒もいる中で、キックオフの笛が鳴り響く。最初は布陣などが見やすいように、高台の位置に移動してみることにした。

 

気になるフォーメーションの表記は……

 

 目視とデジタル一眼レフを使って確認する限り、フォーメーションは「4-2-1」である。誤植でもなんでもない。

 

 対する相手の小山高は4-4-2。ボールを持った瞬間――というか支配率という概念があれば、余裕の80%越えなんだが――ほぼ自動的に両サイドバックが高い位置を取ってくる。

 

 それに対して下田の中盤は2枚、ボランチといえばいいのかインサイドハーフと言えばいいのか表現しがたい立ち位置なのだが、サイドに振られるたびに必死にボールサイドへとスライドするため、何度も15mくらいスプリントする。その姿を見るだけで泣けてくる。

 

 対する相手の小山高は4-4-2。ボールを持った瞬間――というか支配率という概念があれば、余裕の80%越えなんだが――ほぼ自動的に両サイドバックが高い位置を取ってくる。

 

 それに対して下田の中盤は2枚、ボランチといえばいいのかインサイドハーフと言えばいいのか表現しがたい立ち位置なのだが、サイドに振られるたびに必死にボールサイドへとスライドするため、何度も15mくらいスプリントする。その姿を見るだけで泣けてくる。

 

 おまけに小山の最終ラインは1人か2人余らせて、下田の1トップの寺嶋洸キャプテンを見張っている。小山の立場を慮れば勝利への最善手を尽くすのは当然のことだが、下田にとってはなんという厳しすぎる状況……。

 

「サイドに振られることが多かった」

 

「相手が7、8人攻撃にかけてきつつ、サイドに振られることが多かったので、こちらは人が動かないといけなくて、セカンドボールへの反応が苦しくなりました」

 

 寺嶋キャプテンのコメント通り、試合は開始直後から小山の攻勢が続いた。自陣左サイドをドリブル突破で崩されると、ゴール中央の混戦を押し込まれて先制点を許す。その直後に左サイドから上げられたアーリークロスが逆サイドへ。すると“大外”から完全フリーで走りこんだサイドの選手の折り返しを、ゴール前のFWに詰められる。序盤にして立て続けの2失点である。

 

 日々のトレーニングではパス・トラップ・ドリブルなどの基礎技術、そして対人プレーをできる限り磨いたそうだが、寺嶋キャプテンいわく「トレーニングで最大できるのは3対3で、実際のサッカーを想定した練習はできず、どうしても局面でのプレーに限られてしまいます」とのこと。ピッチの横幅を広く使われてしまったら、日々のトレーニングの成果も何もあったものではない。

 

 下田の選手たち、このまま崩れても致し方ないのでは――と思って見ていたら、救いの時が訪れる。飲水タイムだ。

 

フリーになることを覚悟で素早く寄せる

 

 この日、小山町の隣にある御殿場市の最高気温は22.8度だった。とはいえ日が差すと暑さを感じる気候だったこともあってか、20分過ぎに給水タイムが設けられたようだ。下田にとってみれば、わずか1、2分とはいえ、時間が止まる。

 

 肉体を休められるとともに、戦術的な修正を図れる時間でもある。識者から“VARや給水タイムは、ボールを持たれているチームに優位に働くことがある。休む時間が自動的にもらえるから”という話を聞いたことがあるが、まさにその言葉通りの現象が起きた。チーム全体が修正を施し、決定機を作らせなかったのだ。

 

 1トップの寺嶋が時にはボランチ並みの位置までプレスバックしたかと思えば、サイドバックのような位置でボールを奪取している……もちろんほかの6人のフィールドプレーヤーも素早い寄せで相手に自由にさせず、完全フリーになることは覚悟で逆サイドに展開させないようにしていたのだ。

 

 試合後、窪田陽輔監督はこのように語っている。

 

「前半の飲水タイム以降に限って言えば、相手を無得点に抑えることができています。チームの立ち上がり、相手の激しいプレッシャーに上手く対応するという部分ができれば、チャンスはあったかなと思います」

 

 このコメントは決して強がりではないほどの立ち直りを見せた下田イレブン……ではなく「下田エイト」。何とか2点ビハインドで40分間を折り返し、ハーフタイムに突入した。

 

関連ニュース
ジェフユナイテッド市原・千葉加入内定の修徳FWブワニカ啓太、特別指定選手に認定

10月29日、ジェフユナイテッド市原・千葉は、来季加入が内定している修徳(東京)のFWブワニカ啓太が「2020JFA・Jリーグ特別指定選手」として日本サッカー協会(JFA)より認定されたことを発表した。 【ブワニカ啓太】■ポジションFW ■経歴第六中学校 →修徳 ■プロフィール生年月日:2002年12月16日出身地:東京都 ■身長/体重186cm / 84kg...

ジェフユナイテッド市原・千葉
ブワニカ啓太
高校サッカー
{by} koko-soccer.com
G大阪“和製メッシ”17歳中村仁郎あえて「王様」

取材対応するG大阪MF中村仁郎 ガンバ大阪U-23チームでJ3に出場している、現在高校2年のMF中村仁郎(17)が27日、オンラインで取材に対応した。“和製メッシ”とも呼ばれる左利きのドリブラーで、U-16日本代表経験もある。G大阪ユース所属ながら2年連続で2種登録され、Jリーグに出場を続ける売り出し中の選手だ。 J3では昨季18試合3得点、今季はここまで5試合1得点。大人のプロに交じってプレーしているが、自己評価は低い。 「自分は得点、アシストが残らないとチームに貢献できない選手。どの試合でも何回かは自分のプレーを出せるが、ロストも増えてしまう。同世代との試合のように、王様にならないといけない」。あえて“王様”という言葉を使い、絶対的な存在になることを目標に掲げた。 ドリブルは一級品だが、そのドリブルに固執しすぎて、最大の武器であるシュート力を二の次にしていたという。 ...

ガンバ大阪U-23
高校サッカー
中村仁郎
{by} www.nikkansports.com
【加入情報】FC今治、今治東中等教育学校のFW髙瀬太聖の2021シーズン加入内定を発表

FW髙瀬太聖(写真=寺下友徳) 10月27日、FC今治は今治東中等教育学校(今治)のFW髙瀬太聖が2021年シーズンより加入することが内定したことを発表した。 髙瀬は、クラブのオフィシャルサイトを通じて「この度FC今治に加入することになりました、髙瀬 太聖と申します。今治モデル一期生として、今治の地で恩返しできるように頑張って行きたいと思います!自分に携わってくれている人たちに感謝の気持ちを忘れず、次は自分が夢や希望を与えれる選手になります!そして、FC今治をJ2昇格に導けるように全力で頑張ります!今後も応援よろしくお願いします!」とコメントしている。 【髙瀬太聖】■ポジションFW ■経歴今治市立日吉中学校→今治東中等教育学校■プロフィール生年月日: 2003年2月8日出身地:愛媛県 ■身長/体重172cm/65kg...

FC今治
今治東中等教育学校
高校サッカー
髙瀬太聖
{by} koko-soccer.com
【加入情報】いわてグルージャ盛岡、青森山田のDFタビナス・ポール・ビスマルクの2021シーズン加入内定を発表

10月27日、いわてグルージャ盛岡は青森山田(青森)のDFタビナス・ポール・ビスマルクが2021年シーズンより加入することが内定したことを発表した。 タビナス・ポールはは、クラブのオフィシャルサイトを通じて「いわてグルージャ盛岡の皆さまはじめまして。青森山田高校のタビナス・ポール・ビスマルクです。チームの力になれるように精一杯努力し、皆さまに喜びを与えられる選手になりたいと思います。応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。 【タビナス・ポール・ビスマルク】■ポジションDF ■経歴FCトリプレッタJrユース→青森山田■プロフィール生年月日: 2002年7月5日出身地:フィリピン ■身長/体重185cm/75cm...

青森山田高
タビナス・ポール・ビスマルク
高校サッカー
いわてグルージャ盛岡
{by} koko-soccer.com
青森山田の名将直伝、やる気の導き方

高校サッカー全国屈指の強豪、青森山田高校の黒田剛監督を招いた講演会が10月25日、福井県福井市のフェニックス・プラザで開かれた。県内指導者ら約50人が、選手のモチベーション維持や人間教育の重要性について理解を深めた。 黒田監督は1995年に就任。2016年、高円宮杯U-18(18歳以下)チャンピオンシップ、全国高校選手権で優勝、昨年は選手権準優勝を飾った。日本代表の柴崎岳選手らプロ選手も輩出している。 講演では、選手のモチベーションにメリハリを付ける重要性を指摘。16年の高円宮杯優勝から選手権までの期間を振り返り「完全に無の状態にする2週間をあえて作った。優勝の余韻のまま選手権を迎えれば、けがも出るし1回戦でピークがくる。モチベーションは効果的に出していくべきだ」とした。 チームで最も重要視していることは人間教育であることも紹介。「心技体は順番通り。技術や体力は限界がある。人の...

高校サッカー
青森山田高校
黒田剛監督
{by} www.fukuishimbun.co.jp
名古屋U-15から「何か変えなきゃいけない」と秋田へ。明桜CB長江慶次郎が決勝アシスト!

延長前半7分、明桜高CB長江慶次郎は左足のフィードで決勝点をアシスト [10.22 選手権秋田県予選準決勝 明桜高 1-0(延長)新屋高 ソユスタ] 覚悟を持って秋田で挑戦しているレフティーが、決勝点を演出した。0-0で迎えた延長前半7分、明桜高CB長江慶次郎(2年)はDFラインでボールを持つと、「自分は左利きで左足のクロスというものを武器にしていて、(田村)仁志がヘディング強いのは知っていたのでそこに合わせようと思った」と得意の「左」で相手DFの頭上をわずかに越えるボールを配給。そこへ飛び込んだMF田村仁志(2年)が頭で合わせ、決勝点が生まれた。 昨年から先発を務める長江は、180cm近い身長を活かしたヘッドと左足キックに自信を持つCB。この日の前半はチームの攻撃が停滞する中でなかなか良さを発揮できていなかったが、後半は左足からの対角のフィードや縦パスで攻撃にアクセントを加...

明桜高
新屋高
高校サッカー
名古屋U-15
長江慶次郎
{by} web.gekisaka.jp
創立3年目の沼津U18が快進撃。磐田U-18と名古屋U-18を破り、全国大会初出場!

第44回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会(12月、群馬)の出場3枠を懸けた東海予選でアスルクラロ沼津U18が快進撃を演じている。創立3年目の沼津U18は準々決勝で全国優勝歴を持つジュビロ磐田U-18にPK戦で勝利。さらに準決勝で昨年の日本クラブユース選手権覇者の名古屋グランパスU-18を2-1で退けた。沼津U18は決勝進出とともに全国大会初出場決定。同じく準決勝でJFAアカデミー福島U-18を2-1で下した清水エスパルスユースも決勝進出と全国大会出場を決めている。順位決定戦は11月8日に開催。名古屋U-18対JFAアカデミー福島U-18の3位決定戦の勝者も全国大会へ進出する。【東海】[1回戦]藤枝MYFC U-18 0-8 Honda FC U-18FC岐阜U-18 3-0 C.C de sonho U18[準々決勝]JFAアカデミー福島U-18 4-0 Honda FC U...

日本クラブユースサッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
後半5発で都立勢の狛江を突破。交代出場組も活躍の関東一が東京A準決勝進出!

[10.25 選手権東京都Aブロック準々決勝 狛江高 0-5 関東一高 清瀬内山B]関東一が堅守をこじ開けて4強入り――。25日、第99回全国高校サッカー選手権東京都Aブロック準々決勝で狛江高と関東一高が対戦し、関東一が5-0で快勝した。関東一は11月7日の準決勝で國學院久我山高と戦う。2回戦で千葉内定MFブワニカ啓太(3年)擁する修徳を撃破した都立勢・狛江と、3年ぶりの全国へ向けて進撃を続ける関東一との8強決戦。重心を下げて後半勝負の狛江が、前半を狙い通りの無失点で終える。前へ出る力優れたMF浪岡優太郎(3年)やFW佐藤大介(3年)を活用し、手数をかけずに背後を狙う攻撃。そして、自陣のスペースを消してCB光山剣(3年)やMF岩下柊斗(3年)らが我慢強い守りを展開した。前半、ボールを圧倒的に支配した関東一はMF類家暁(3年)がポスト直撃の左足ミドルを放ち、右サイドからのパス交換でPAへ侵入...

選手権東京都
{by} web.gekisaka.jp
成長続ける駿台学園が前回王者に4-0快勝。勢いと団結力を持って、次は初の決勝進出に挑戦:東京B

前半18分、駿台学園高の10番FW本田颯大が鮮烈な先制弾 [10.25 選手権東京都Bブロック準々決勝 駿台学園高 4-0 東久留米総合高 清瀬内山A] 成長続ける駿台学園が前回王者を4-0撃破!第99回全国高校サッカー選手権東京都Bブロック予選は25日、準々決勝2日目の3試合を行った。前回大会優勝の東久留米総合高と1次予選から勝ち上がってきた駿台学園高との一戦は、駿台学園が4-0で快勝。初優勝へ前進した駿台学園は、11月8日の準決勝で大成高と戦う。 駿台学園は強力な陣容で4強入りした18年度大会以来、2年ぶりの準々決勝突破。それも前回優勝校を4-0で破っての準決勝進出だ。大森一仁監督は「2年前の完成度からしたらずっと『足りていない』と言い続けていたら、ここまで来ちゃって…(選手たちも)『オマエ、嘘じゃん』という顔をしているし……」と独特の表現を交えて苦笑する。 この代は...

駿台学園高
本田颯大
{by} web.gekisaka.jp
決勝は“因縁”の対決に。11連覇懸けた米子北と22年ぶりV狙う米子東が鳥取準決勝突破

第99回全国高校サッカー選手権鳥取県予選は25日、準決勝を行い、米子北高と米子東高が決勝へ進出した。米子北は準決勝で鳥取城北高と対戦。後半の8ゴールによって8-0で勝利した。米子東も後半の3得点によって米子西高を3-0で下している。米子北と米子東は今年6月の令和2年度第55回鳥取県高校総合体育大会サッカー競技(代替試合)西部地区準決勝で対戦し、その際は米子東が3-2で勝利。県内で10年以上不敗を続けていた米子北に黒星をつけている。決勝は11月1日に行われ、米子北が勝てば11年連続16回目、米子東が勝てば22年ぶり9回目の全国大会出場となる。【鳥取】[準決勝](10月25日)米子北高 8-0 鳥取城北高米子西高 0-3 米子東高[決勝](11月1日)米子北高 - 米子東高...

全国高校サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp