ニュース > 日本 > 本文
日本の育成年代でも弊害なく取り組める「ゲームモデル」を25歳のJFL監督が紹介:後編
{by} www.bbm-japan.com

 

 最年少の25歳の林舞輝さん、今年から奈良クラブ(JFL。10月3日、奈良クラブは今季初の連勝で一ケタ順位に)の監督を務めていて、ゲームモデルをどのように考えているのか?

 

ベースにすべきは何よりも「選手」

 

――ゲームモデルをどのようにつくっていけばいいのでしょうか?

林 チームを取り巻くいろいろな要素をかけ合わせてつくるという言い方をしますよね。私の本(前編の冒頭で紹介)にもそう書いてあります(笑)。でも、「チームの文化」と言われても、明確なものがないことも多いでしょう。それを踏まえた上で、サッカークリニックの読者に多いであろう日本の育成年代の指導者がゲームモデルをつくる際のベースは、あくまでも選手に置くべきだと思います。

 

――クラブではないのですか?

林 「一つのクラブで一つの統一したゲームモデルを一貫して採用する」ということがよく言われます。私の個人的な意見ですが、その点について、そこまでの大きな意義はないと思っています。ジェンナーロ・ガットゥーゾをシャビのように育てることはできませんし、そうしようと試みるのは間違いでさえあるからです。ガットゥーゾをシャビのような選手にしようと指導したら、どんな選手になるでしょうか?

 

――特長のない選手になりそうですね。

林 もちろん、そうはならないかもしれません。ただ、ガットゥーゾとしての強みが消えてしまうかもしれません。ある選手が一人の選手としてやっていくための手助けをするのが育成でしょうし、強みが消えたらまずいと思います。特に日本の育成年代の場合は移籍が難しいので、余計にそうです。極端な話、シャビがイングランドに生まれ、チームを選ぶ自由がなかったら、サッカーを続けられなかったかもしれないです。

 

――「ひ弱なチビは必要ない」と思われたかもしれません。

林 どんなサッカーをするのかとなったときに、監督が「俺は3-4-3でやりたい!」と思ったとしても、運動量豊富なサイドプレーヤーがいなかったら、機能しないわけです。得意ではない選手に無理矢理やらせるしかなくなります。もちろん、それで思わぬ才能が開花するパターンがあるのも育成の面白いところですが、ここで言いたいのはそういう話ではありません。もちろん、ほしい選手をいくらでも補強できるビッグクラブのトップチームなら、話は違ってきます。運動量豊富なウイングバックがいないなら、獲得すればいいわけですから。

 

――実際、ジョゼップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・シティなどはそういう手法でチーム構成をドラスティックに変えて結果を出しました。

林 そうですね。しかし、日本の育成年代のチーム状況は違います。自分が担当する学年にガットゥーゾが3人いるなら、やはり、その3人のガットゥーゾを活かすゲームモデルを考えるべきだと思います。Jクラブのアカデミーでも、同じゲームモデルに適した人材が全学年でうまく揃うなんてことはないでしょう。良いウイングバックがいない学年だって絶対にあるはずなので、移籍の自由がない日本の育成年代においては、ゲームモデルをつくる際には「構成する選手」という要素を強く考えるべきだと思います。

 

在籍している選手の力を最大限に引き出せるモデルづくり

 

 

――奈良クラブのゲームモデルも選手ありきでつくったのでしょうか?

林 そうですね。まずは、ウチのクラブが獲得できる範囲の中で最高水準となる実力を持つ選手たちを補強することにしました。残留してくれた選手たちと加入してくれた選手たちとを合わせた集団の中で、最適と思えるモデルを組み立てていった感じです。

 

――ゲームモデルに合わせて選手を補強したわけではないのですね。

林 奈良クラブはビッグクラブではないので、それだと逆に限界があります。例えば、私が「空中戦重視だ! どんどん蹴っていくぞ」というゲームモデルをつくって、それに合わせて補強を進めたときにリオネル・メッシから電話がかかってきて、「奈良でやりたい」と言われたらどうしますか?

 

――お断りするしかありません(笑)。

林 あるいはゲームモデルを白紙に戻すかです。メッシの例は極端ですが、ヨーロッパのクラブでそうやって失敗しているパターンは結構多いんです。これは、育成年代のチームでも基本的には同じだと思います。

 

――いまにして思うと、鹿児島実業高校の松澤隆司先生(前監督、故人)はそのあたりがうまかったと思います。鹿児島実業は蹴って走るイメージが強いのですが、遠藤保仁選手の代は彼を活かし、松井大輔選手の代ではテクニカルな要素を増やしました。しかし、日本では、どうしてもゲームモデルありきになってしまうかもしれません。

林 サイド攻撃を徹底して重視するゲームモデルをどれほど緻密につくっても、サイドアタッカーの補強に失敗したら、絵に描いた餅になります。

 

――冒頭で触れた、ゲームモデルは「勝つための方法でなくてはならない」という話と合いません。日本のチームがゲームモデルを導入する場合の注意点を教えてください。

林 日本では「ゲームモデルが正義になる」ことが怖いです。ゲームモデルを本にまとめるような試みがありますが、私は日本ではやりません。例えば、ポジティブトランジションで奪ったら即座に前にボールをつけるという原則をつくったとします。でも、1-0で勝っているが、退場者が出ていて残り時間が5分という状況でそれをやったら、「お前、ふざけるな!」となるでしょう。

 

 そこまで極端な話なら理解できるでしょうが、実際にはもう少し曖昧な場合があります。戦況もそうですし、味方と相手で個人能力差が生じている局面もあります。でも、日本で紙に書いたゲームモデルがあると、それが「聖書」になってしまう恐れがあるのです。「そこはこうだろ」と指摘しても、「いや、俺はゲームモデルに沿ってプレーしたから!」と反論するようなことになりかねません。

 

――「マニュアル通りにやったのだから、失敗しても自分の責任ではない」という、責任回避の手段やメンタリティーになりかねないわけですね。

林 そういったワナにハマる危険性は確実にあると思います。

 

――しかし、それは「勝つためにゲームモデルがある」という部分と矛盾します。

林 目的と手段がすり替わってしまうのは、日本ではありがちだと改めて感じています。勝つためにゲームモデルを用意したはずが、ゲームモデルのためにプレーするようになってしまうのです。

 

――意識していないと、そうなりそうです。

林 あるJクラブで講習会をやらせていただいたときに、基準のつくり方の話になりました。守備のときにボールとは逆サイドのディフェンダーにどこまで絞らせればいいかと聞かれ、「ペナルティーアークの横まで絞る」という基準例を出しました。すると、「私たちのクラブのアカデミーでそれを言ったら、そこに穴があきますね」と言われました(笑)。

 

――ペナルティーアークの横まで行っておけばOKということになると、そこまで絞るのが目的化してしまうわけですね。

林 そういうことです。私が以前、少年団の指導をしていたときにもよくあった話です。日本は言われたことを忠実に守ろうとする子供が多いので、具体的に言語化してしまうと、本当に「それだけ」になる傾向が強いのです。イングランドの子供の場合はそこまで忠実に守ってくれないので、逆に細かく強調しないといけません。

 

紙に書くことは教育としては効果あり

 

 

――奈良クラブではどうでしょうか?

林 紙に書いて読ませるといったことはしていませんし、言語化もやり過ぎないようにしました。ただ、これも正解かどうかは何とも言えません。例えば、学校の部活動だったら、ゲームモデルを紙に書くことは教育としての効果があると思います。サッカーが大好きな子供がそこから発想を膨らませて、「僕たちのゲームモデルはこうしよう」などと言い出したら最高です。ただ、日本人のチームを機能させることだけを考えたら、弊害も大きいのではないかと思います。私は、「だって、ゲームモデルの〇ページに書いてあった通りにやったじゃん!」みたいな言葉を選手たちから聴きたくありません。

 

――理念と勝つための方法をかけ合わせてつくるのがゲームモデルですが、日本人のチームがつくる場合は、ゲームモデルのためのゲームモデルに陥らないような一工夫が必要かもしれません。ゲームモデルのページに書いてあることと勝つことが矛盾するようなら、勝つほうを選べというわけですね。

林 そこは本当に難しいところです。指導者も陥りがちだと思います。「ゲームモデル通りにやる選手が良い」と考えかねません。

 

――勝利には特に貢献できていないが、ゲームモデルは守っているという選手がいるかもしれません。

林 それに、「ゲームモデル通りにさえやっていればいいから」などと子供たちに向かって言い出したら、これほどつまらないスポーツはないでしょう。「楽譜通りに弾けばいいんでしょ」という音楽に聴き応えはありません。

 

――一方で、楽譜を無視して適当に弾けばいいわけでもありません。

林 その通りです。やればやるほど、あんばいが難しいと、きっと感じるのではないでしょうか。

 

 今回のこの場でも、「ゲームモデルをつくれば、全部が機能的になります」などと、都合の良いことは言いません。でも、その陥りがちなワナの部分も意識してやっていくことによって、それぞれのチームや指導者にとっての良いあんばいが見つかるのではないでしょうか。私自身、日本人の特徴というものを指導しながら改めて意識しましたし、そこを忘れないようにしながら、良いあんばいを選手に提供できる指導者に成長していきたいと思って、毎日毎日、試行錯誤しているところです。絶対の正解なんてない世界であがくことこそ、現場で指導者をやる醍醐味だと思います。

 

 

 

林舞輝(はやし・まいき)
1994年12月11日生まれ、東京都出身。グリニッジ大学(イギリス)でスポーツ科学を修了。在学時にチャールトンのアカデミー(U-10)とスクールでコーチを経験した。2017年にポルト大学スポーツ学部の大学院に進学すると同時に、リスボン大学(ともにポルトガル)でジョゼ・モウリーニョが責任者と講師を務める外部コースを受講。また、ボアビスタ(ポルトガルの1部リーグ)のBチーム(U-22)でアシスタントコーチの任にあたった。18年に奈良クラブ(JFL)のGMに就任し、19年はコーチ兼任。20年から25歳の年齢で監督として指揮する

 

関連ニュース
青山敏弘と考えるサッカーのポジショニング[後編]

どのポジションであれ、優れたプレーを可能にする上で欠かせないのがポジショニングだ。サンフレッチェ広島在籍17年目、日本代表として2014年のワールドカップを経験した国内有数のボランチである青山敏弘に、ポジショニングについて聞く。 出典:『サッカークリニック』2020年9月号 体の向きや受ける角度 ――過去の話で言えば、佐藤寿人選手や浅野拓磨選手へのロングパスも、ディフェンスラインからボールを受けて素早く縦に蹴り込むパターンが多かったです。最前線の選手がつくった最適なポジショニングをうしろのラインから最速でリンクさせる、レベルの高いプレーでした。 青山パスをもらう前から最前線に蹴る準備をしています。ただ狙って蹴るのではなく、そこに出すためには自分がいいポジションでボールを受けなければなりません。味方のディフェンダーやキーパーがパッと顔を上げたときに、僕のそばに相手選手がいたら...

青山敏弘
サンフレッチェ広島
日本代表
Jリーグ
{by} www.bbm-japan.com
青山敏弘と考えるサッカーのポジショニング[前編]

どのポジションであれ、優れたプレーを可能にする上で欠かせないのがポジショニングだ。サンフレッチェ広島在籍17年目、日本代表として2014年のワールドカップを経験した国内有数のボランチである青山敏弘に、ポジショニングについて聞く。 出典:『サッカークリニック』2020年9月号 相手を迷わせる場所を探す ――ポジショニングという言葉を聞いて、どんなことをイメージしますか? 青山ポジショニングは選択肢を生むものです。自分の選択肢だけでなく、相手の選択肢も増やします。例えば、自分の次のプレーを予測するときに、その予測が2つ以上あると相手は迷うと思うんです。相手を困惑させ、それを見て自分が選択するわけです。 ――自分と相手との関係性の中でイニシアチブを握るようにするということですね。 青山自分と対峙する相手だけではなく、その周りの相手も迷うようなポジションどりが大事です。例え...

青山敏弘
Jリーグ
サンフレッチェ広島
{by} www.bbm-japan.com
【トレーニングキャンプ】U-19日本代表候補トレーニングキャンプメンバー30人を発表

10月23日、日本サッカー協会(JFA)は25日から28日まで千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで行われるU-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加するU-19日本代表候補30人を発表した。なお、全日程において内田篤人ロールモデルコーチも帯同することが発表されている。 ▽GK藤田和輝(アルビレックス新潟)鈴木彩艶(浦和レッズユース)野澤大志ブランドン(FC東京) ▽DF成瀬竣平(名古屋グランパス)大畑歩夢(サガン鳥栖)西尾隆矢(セレッソ大阪)三原秀真(愛媛FC)木村誠二(FC東京)加藤聖(V・ファーレン長崎)バングーナガンデ佳史扶(FC東京)畑大雅(湘南ベルマーレ)馬場晴也(東京ヴェルディ)鈴木海音(ジュビロ磐田U-18)佐古真礼(東京ヴェルディユース) ▽MF本田風智(サガン鳥栖)松岡大起(サガン鳥栖)小田裕太郎(ヴィッセル神戸)武田英寿(浦和レッズ)松橋優安(東京ヴェ...

U-19日本代表
JFA
{by} koko-soccer.com
日本の育成年代でも弊害なく取り組める「ゲームモデル」を25歳のJFL監督が紹介:前編

最年少の25歳の林舞輝さん、今年から奈良クラブ(JFL。10月3日、奈良クラブは今季初の連勝で一ケタ順位に)の監督を務めていて、ゲームモデルをどのように考えているのか? ゲームモデルで判断の基準を提示 JFLの奈良クラブを2020シーズンから率いているのが、25歳の林舞輝監督だ。林監督は、18歳でヨーロッパへ渡り、イングランドとポルトガルでサッカーを学んできた指導者である。このほど、『「サッカー」とは何か』(ソル・メディア)という本を出版し、戦術的ピリオダイゼーションと構造化トレーニングについて解説。その中でゲームモデルについても詳細に触れていた。新進気鋭の監督に、ヨーロッパで習得した方法論で日本の育成年代でも無理なく落とし込める「ゲームモデル」のつくり方を聞いた。 ――そもそも、何のためにゲームモデルをつくるのでしょうか? 林サッカーは意思決定のスポーツで、何をするにしても選...

林舞輝
日本の育成年代
{by} www.bbm-japan.com
【トレーニングキャンプ】U-19日本代表候補26人が発表!高校年代からはGK鈴木彩艶らが選出

10月2日、日本サッカー協会(JFA)は、4日から7日に千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで行われるU-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加するU-19日本代表候補26人を発表した。高校年代からはGK鈴木彩艶(浦和レッズユース)らが選出されている。 ▽GK藤田和輝(アルビレックス新潟)鈴木彩艶(浦和レッズユース)野澤大志ブランドン(FC東京) ▽DF山崎大地(順天堂大)西尾隆矢(セレッソ大阪)モヨマルコム強志(法政大)三原秀真(愛媛FC)加藤聖(V・ファーレン長崎)半田陸(モンテディオ山形)鈴木海音(ジュビロ磐田U-18)佐古真礼(東京ヴェルディユース) ▽MF柴田壮介(湘南ベルマーレ)小田裕太郎(ヴィッセル神戸)高田颯也(大宮アルディージャ)武田英寿(浦和レッズ)鮎川峻(サンフレッチェ広島)鈴木唯人(清水エスパルス)山本理仁(東京ヴェルディ)荒木遼太郎(鹿島アントラー...

JFA
U-19日本代表
{by} koko-soccer.com
U-16日本代表、日本代表アウェイユニフォームをお披露目。SBSカップ・ドリームユースサッカー

2020SBSカップ・ドリームユースサッカーが21日開幕し、U-16日本代表が日本代表の新アウェイユニフォームを着用して参加した。 ■見た瞬間ワクワクしました 新型コロナウイルスの影響により中止になったSBSカップ国際ユースサッカーの代替大会となる2020SBSカップドリームユースサッカーが21日、静岡県草薙総合運動場で開幕した。男子1回戦では、ジュビロ磐田U-18が4-0で静岡ユース(県選抜)に勝利を収め、清水エスパルスユースが3-1でU-16日本代表を破った。女子の部はJFAアカデミー福島が1-0で藤枝順心高に競り勝っている。 1回戦で清水ユースに敗れたU-16日本代表だが、この試合は去る8月25日に発表された日本代表2020アウェイユニフォームのお披露目の一戦となった。 ホーム&アウェイが連動して“スカイコラージュ”が採用されたユニフォーム。ホームは、「ひとり...

U-16日本代表
SBSカップ・ドリームユースサッカー
{by} www.goal.com
「内田篤人監督」という可能性。指導者ライセンスの課題

日本U―19代表でロールモデルコーチとして指導する内田篤人(写真:森田直樹/アフロスポーツ) 「内田監督」という可能性 先日、現役引退を発表した内田篤人が日本U―19代表の合宿に参加し、ロールモデルコーチに就任したことが話題になった。ロールモデルコーチは、指導者ライセンスを持たなくても指導に関われるようにした特別措置だという。 「言葉に重みがある」 内田に指導を受けたU―19代表選手たちから出たのは、本音だろう。つい最近まで、世界の最前線で戦ってきた元選手の生の言葉は、心に響く。技術だけでなく、選手としての熱も残っているだけに、同志のような気持になる。元選手ではサッカーを言葉にするのが苦手だったり、コミュニケーション力が低い場合もあるが、内田は代表チームでも後輩選手から尊敬され、慕われ、その言葉も存在も力があった。 逆説的に言えば、内田のような元選手が、一日も早く監督に...

日本U―19代表
内田篤人
{by} https://headlines.yahoo.co.jp
【2020SBSカップドリームユースサッカー】U-16日本代表メンバー25人が発表!

9月14日、日本サッカー協会(JFA)は21、22日に静岡県草薙総合運動場で行われる2020SBSカップドリームユースサッカーに出場するU-16日本代表メンバー25人を発表した。同大会は新型コロナウイルスの影響により中止になったSBSカップ国際ユースサッカーの代替大会の位置付け。 2020SBSカップドリームユースサッカーは静岡県内の5チーム(男子3チーム、女子2チーム)にU-16日本代表を加えた形で開催される。なお、同代表は大会前の17日にJFAアカデミー福島U-18(静岡)と、18日に静岡学園(静岡)とトレーニングマッチを行う。 ▽GK1 宮本流維(名古屋グランパスU-18)12 森脇真一(ジュビロ磐田U-18)23 齋藤朝陽(FC東京U-15深川) ▽DF3 杉田隼(横浜FCユース)6 溝口修平(鹿島アントラーズユース)13 田代紘(ヴィッセル神戸U-18)24 池谷銀姿...

JFA
2020SBSカップドリームユースサッカー
U-16日本代表
{by} koko-soccer.com
内田篤人、JFAの育成強化&普及ロールモデルコーチに就任 14日のU-19日本代表合宿から指導

現役を引退した内田篤人氏がアンダーカテゴリーの発展に貢献「ロールモデルコーチ」就任 日本サッカー協会(JFA)は13日、ロールモデルコーチとして8月に現役を引退した内田篤人氏が就任することを発表した。今後、内田氏はアンダーカテゴリーの代表チームをはじめ、JFAが取り組む若年層の強化および普及に関わる活動に参加し、世界の舞台で培った内田氏の持つ経験、知見を後進の育成にあてるという。14日から始まるU-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加することも併せて発表された。 反町康治技術委員長はJFAを通じて、「今回、内田篤人氏をロールモデルコーチとして迎え入れることができ、大変嬉しく思います。内田氏は代表レベルではワールドカップ2回、オリンピック、U-20ワールドカップと様々世界大会に出場し、またクラブレベルでも鹿島アントラーズのリーグ3連覇やシャルケのUEFAチャンピオンズリーグベス...

内田篤人
JFA
U-19日本代表
{by} www.football-zone.net
U-19日本代表候補メンバー29人が発表 高校年代からも選出

9月11日、日本サッカー協会(JFA)は、14日から16日にかけて千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで行われるU-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加するU-19日本代表候補29人を発表した。発表されたメンバーは以下の通り。 ▽GK小畑裕馬(ベガルタ仙台)鈴木彩艶(浦和レッズユース)野澤大志ブランドン(FC東京) ▽DF山崎大地(順天堂大学)成瀬竣平(名古屋グランパス)モヨ・マルコム強志(法政大学)三原秀真(愛媛FC)加藤聖(V・ファーレン長崎)バングーナガンデ佳史扶(FC東京)半田陸(モンテディオ山形)村上陽介(明治大学)藤原優大(青森山田)鈴木海音(ジュビロ磐田U-18)佐古真礼(東京ヴェルディユース) ▽MF松村優太(鹿島アントラーズ)川崎颯太(京都サンガF.C.)松本凪生(セレッソ大阪)武田英寿(浦和レッズ)松橋優安(東京ヴェルディ)山本理仁(東京ヴェルディ)荒...

日本サッカー協会
U-19日本代表候補
{by} koko-soccer.com