【監督インタビュー】丸岡 小阪康弘監督「当たり前のことを当たり前にやる。サッカーと私生活は繋がっている」
{by} koko-soccer.com

丸岡 小阪康弘監督(写真=森田将義)

 

 福井県勢最多となる30回の選手権出場を誇るのが丸岡だ。元・川崎フロンターレの木村誠氏らを擁した1997年には選手権ベスト4に輝いたこともある北信越屈指の名門で、現在はチームの礎を気付いた小阪清吉氏の実子である康弘監督が指揮を執る。2018年度はインターハイ、選手権でベスト16に進出。昨年度はインターハイベスト16、プリンスリーグ北信越で3位になるなど再び全国での活躍が目立ち始めたチームのスタイルや、育成方針について尋ねた。

 

ーー目指すサッカーについて教えてください。

 

 ボールの保持率を高めるポゼッション、攻守の切り替えとカウンターを重視するストーミングなど1つのスタイルに拘るチームも多いのですが、うちは相手に応じてどちらも対応できるチームにしたいと考えています。米子北の城市徳之総監督とも話すのですが、我々は攻撃の時間が増える県内の戦い方と守備の時間が増える県外の戦い方が大きく変わるので、ちゃんと見て判断して戦わないといけません。格上との対戦を強いられる全国大会で、真っ向勝負で攻撃を仕掛けるのは得策ではないでしょう。ただ、戦い方は変わっても判断の速さ、止める・蹴るの速さ、パススピードなど様々な速さは変わらず必要な部分なので、練習から求めています。

 

ーー伝統校ながらも、近年はこれまでとは違う丸岡スタイルを打ち出せているように感じます。

 

 攻撃は攻撃の迫力を重視した以前と比べて、より正確にボールを動かそうと意識しています。また、守備の所もより意識させている点で、攻撃の練習でも守備の寄せやプレッシャーの速さを徹底して求めています。

 

ーー昨年はプリンス北信越3位、インターハイベスト16進出を果たしました。

 

 高校の3年間だけで全国で戦える選手に引き上げるのはなかなか難しく、入学するまでの育成が重要です。特に丸岡は地元の子どもが多いチームなので、周囲のサポートがあっての結果だと考えています。今まで北信越で勝てない時期が続きましたが、近年は地域の少年サッカーから積み上げてくださった活動のおかげで、丸岡高校の結果に繋がっています。我々も活動をサポートできればと、3年前から週に1度、地元の中学生チームと練習試合をしています。丸岡スポーツランドで一緒になることも多くスタッフ同士で意見交換したり、高校の練習を手伝ってくれたり、関係性を密にしています。そうした取り組みを続けるうちにプリンスリーグを観に来てくれる人が増えました。

 

ーー元々、丸岡町はサッカーの街で、丸岡高に対する注目度も高いです。

 

 郊外の活動や通学する際の街で選手が地元の皆さんに話しかけてもらう機会が多いのは有難いです。地元の方々との接し方や日常生活のマナーなどはピッチ内でのプレーにも繋がるので、選手にはサッカーだけやっていれば良いとの考えではいけないと伝えています。試合と一緒で、ピッチ外でも当たり前のことは当たり前にやる。当たり前のことを馬鹿にしないで、ちゃんとやる。サッカーと日常生活は繋がっているので、学校生活からうるさい位声を掛けています。授業態度が良くなれば、自然とサッカーも良くなる子が多いのは、密接にリンクしているからではないでしょうか。

 

ーー求める選手像を教えてください。

 

 ボールがきっちり扱えて、判断できる選手だったり、大きくて速い選手だったり、理想を言えばキリがありません。全てを兼ね備えた選手が良いなとは思いますが、地元選手が中心になる公立高校には毎年理想的な選手は来てくれないのです。そうして考えると苦手な部分は多くても、誰にも武器を持った選手に来て欲しいですね。最近は地元の子どもから、武器を持った子が増えてきました。我々は全国の強豪とは違い、選手の数が限られているため、試合でのプレーが悪ければ別の選手を起用することはできません。今年のDF河上英端のようにDFだった選手を前線に上げたり、色んなポジションを経験させて、どうすれば武器を最大限に発揮できるか試しています。

 

丸岡イレブン(写真=森田将義)

 

ーー2017年と2018年は選手権出場を逃し、指導者として葛藤もあったと思います。

 

 自分自身が何を足りないか色々と考えましたが、悩んでいても仕方ありません。やれることを頑張ろうと思えるようになりました。それまでは”全国大会に出なければいけない”という気持ちが強く、手っ取り早く勝てるサッカーを徹底していましたが、本当に子どもたちの為になっているのか悩んでいました。そうした私自身の葛藤が勝てなくなった原因かもしれません。でも、2年間出られなかったことで、ある程度のベースを残しながら、子どもたちの良さを最大限に引き出すためにはどうすれば良いか考えるようになりました。

 

ーーお父さんの清吉氏も丸岡の監督で、伝統の重みを誰よりも知られている分、プレッシャーはあったのではないでしょうか。

 

 親父は、「俺は好き勝手できた」と言うんです。私自身も丸岡の監督になった当初は好き勝手というか、親父のやり方とは違う自分のやり方で勝てるだろうと思っていました。でも、負けた時に親父も含め、丸岡に携わってきた先生方はサッカーの原理原則を大事にされていたと気付けました。それにプラスして、苦しい時にも堪えて真面目に頑張れる子が多い丸岡地域の土地柄とか、人の良さを加味した上で成り立っているのが丸岡らしさだと私は気付けていなかったのです。そうした部分を意識してから、腑に落ちることがたくさんありました。選手を見る目も変わり、これまでサイズの大きい選手を重視していましたが、小さい子にも小さい子の良さがあるのだと気付きました。そうした気付きを得たのは、インターハイに出場しながらも2年連続で選手権を逃した時期です。「俺はこうなんだ、こうじゃなければダメなんだ」という拘りを捨ててから気持ちが楽になりました。子どもたちの考えをより尊重するようになりました。これからも丸岡の伝統やらしさを大事にし、選手の特徴を引き出しながら、全国で勝てるチームを目指していきます。

 

(文・写真=森田将義)

 

 

関連ニュース
【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東】プレミアリーグ 2020 関東の開幕カードが決定!

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東が9月5、6日の両日で第1節を開催する。 今年度限定となる同リーグは、5日に横浜F・マリノスユース(神奈川)対FC東京U-18(東京)、柏レイソルU-18(千葉)対大宮アルディージャU18(埼玉)が開催。6日には横浜FCユース(神奈川)対流通経済大柏(千葉)、浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)対市立船橋(千葉)が行われる。最終節となる第7節が12月6日に4会場で行われる。 【リーグ編成】浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)大宮アルディージャU18(埼玉)市立船橋(千葉)柏レイソルU-18(千葉)流通経済大学付属柏(千葉)FC東京U-18(東京)横浜F・マリノスユース(神奈川)横浜FCユース(神奈川) ▽高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ ...

高円宮杯 JFA U-18
高円宮杯
{by} koko-soccer.com
【和倉ユース】佐藤監督「戦術・牧来夢と呼んでいる」日大藤沢に型破りなセンターバック現る

3位決定戦ではFWでプレーした日大藤沢高DF牧来夢(3年) [8.5 和倉ユース大会3位決定戦 日大藤沢高3-1山口U-18 城山陸上競技場] 第8回和倉ユースサッカー大会2020の大会期間中、ひときわ目を引く個性的なセンターバックがいた。日大藤沢高のDF牧来夢(3年)だ。 本職の守備をこなしながら、ボールを持つと機を見てドリブルで中央突破。時にはシュートまで持ち込む。これが一度や二度ではない。予選リーグはもちろん、優勝した青森山田高との準決勝(●0-3)でも大胆に前へ運ぶシーンがあった。 5日に行われた3位決定戦のレノファ山口FC U-18戦(○3-1)はベンチスタート。3-1で迎えた後半23分にピッチへ送られると、向かった場所は最前線だった。 「“戦術・牧来夢”って僕は呼んでいる。(彼は)GK以外は公式戦で全てのポジションをやったことがある。本当にどこでもできます...

和倉ユース
日大藤沢高
山口U-18
{by} web.gekisaka.jp
青森山田DF藤原優大主将「浦和レッズのスピリットや責任、覚悟を背負って活躍したい」

J1浦和レッズ内定のU-18日本代表で常勝軍団青森山田の守備の要、DF藤原優大主将に現状やこれからプロになる心境をインタビューした。 ーー新型コロナウイルスの影響で今年は練習や試合などいろいろ難しい年だと思いますが、心境を聞かせてください。 そうですね、目標としていたインターハイとプレミアリーグが中止になってしまいモチベーションの維持が難しい中ですが、コロナが終息した時にそれまでの溜まったものを爆発出来るようにと思って今は練習をしています。 ーー浦和レッズの練習に参加して変化はありましたか? みなさんがコミュニケーションを取ってくれたので、レベルの高いプロ意識を学ぶことが出来ました。 ーープロ意識のところで凄いと思った選手はいましたか? 期間が短かったのでそこまで深いところまでは見れていないと思うんですが、槙野選手のプロ意識は凄いと思いました。パワフルさの中に繊細さ...

青森山田
浦和レッズ
藤原優大
{by} koko-soccer.com
【和倉ユース】GKの活躍続く青森山田。優秀GK選出の韮澤廉は自分も「全国トップレベル」証明へ

青森山田高GK韮澤廉は大会の優秀GKに選ばれた [8.5 和倉ユース大会決勝 青森山田高 5-0 履正社高 城山陸上競技場] 次は、自分が全国屈指のGKになる。青森山田高は1年時からAチームで登録されてきたGK韮澤廉(3年)が先発フル出場。先制直後の相手FKで飛び出すことができずにピンチを招いたシーンもあったが、その後はセットプレーへの対応含めて終始安定したパフォーマンスで3試合連続の無失点勝利に貢献した。 身長183cmで身体能力の高さにも定評がある。ハイボールで見せる空中姿勢は安定しており、シュートストップでも力を発揮する好守護神だ。一方で課題があることも確か。今大会の予選リーグ初戦と3戦目は自身のキック、スローのミスが失点に繋がった。だが、ポジショニング、身体の向きなど細かく指摘されながら、一つ一つ精力的に改善している最中。大会中に成長しながら前向きな結果を残した韮澤は...

和倉ユース
青森山田高
履正社高
{by} web.gekisaka.jp
【和倉ユース】大会中に学び、改善して成長。履正社が青森山田との決勝へ

履正社高MF赤井瞭太主将はダブルボランチを組むMF平岡大陽とともに気迫の攻守を続けて勝利に貢献 [8.4 和倉ユース大会準決勝 履正社高 2-1 山口U-18 和倉多目的G(Aコート)] 4日午後、第8回和倉ユースサッカー大会2020準決勝が行われ、履正社高(大阪)が2-1でレノファ山口FC U-18(山口)に勝利。履正社は5日の決勝で青森山田高(青森)と戦う。 履正社が青森山田と再戦する権利を勝ち取った。前半14分、右サイドから左へボールを展開すると、ドリブルで中へ持ち込んだMF井谷洸一郎(3年)がDFを引きつけて足裏パス。相手の守りがズレたところへ左SB寺本悠晟(3年)が豪快な左足シュートを打ち込む。平野直樹監督が「スペースがないところでスペースを作る。カットインで横ずれさせて、イメージ通り」というゴールで先制した。 だが、山口U-18も18分、MF原⽥幹太(1年)の...

和倉ユース
青森山田
{by} web.gekisaka.jp
大舞台で知った“見る”ことの大切さ。鳥栖U-18DF永田倖大が手にしつつある新たな感覚

サガン鳥栖U-18の門番、永田倖大 日本一の懸かる試合で味わった悔しい経験は、改めて自分を研ぎ澄まさなくてはいけないという気付きを与えてくれた。「あれから“見る”ということを意識しているので、昔より相手を見ることはできるようになったと思います。まだまだ足元に関しては頼りない所があるんですけど、いろいろな意識を採り入れつつ、自分の中ではもう少しでもっと上手くビルドアップもできそうかなという感覚はあります」。圧倒的なフィジカルと、大きな可能性を秘めた左足と。サガン鳥栖U-18の門番。永田倖大(3年)が手にしつつある新たな感覚はきっと、彼をさらなるステージへと押し上げてくれるはずだ。 中学時代の所属は宮崎県のセレソン都城FC。当初の進路は県内の高校を考えていたが、夏の終わりごろにひょんなことから事態は動き出す。「鳥栖の方がシュウト(古江秀大・3年=鳥栖U-18)を見に来ていた時に、たま...

サガン鳥栖U-18
永田倖大
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
夢を叶えた先輩に気く!トレーナーという生き方。(平純一朗/東京23FC)

サッカーを仕事にする事は、プロ選手になること以外にもたくさんある。今回、登場いただいた平さんは、理学療法士とアスレティックトレーナーの資格を持ち、選手のコンディショニング、リハビリのサポートを続けている。病院勤務から夜間の専門学校に通い、現在スポーツ業界の最前線で働くプロの取り組みについて聞いた。 Q1 現在の主な業務内容は? 東京23FCトレーナー、ジムのGM 「病院のドクターから紹介を受けて、5年前から東京23FCのトレーナーをしています。朝の時間帯は東京23FC、その他の時間はスポーツ医科学に基づいたメディカルフィットネスジム『リガーレ』のゼネラルマネージャーを務めています」 Q2 トレーナー道を目指したきっかけ 自分の学びたいことを仕事に 「高校の野球部を引退するタイミングで進路を考え、どうせなら自分の学びたいことを仕事にしたいと考えていました。ケガからのリハビリ等...

高校サッカー
平純一朗
東京23FC
{by} soccermama.jp
部員6人なのにコンサドーレと提携。 クラーク高と伊藤壇の夢は3年でIH。

今はまだ豪華な設備に不釣り合いな人数だが、そのギャップは遠からず埋まることだろう。 雨の中、生徒たちが集まってくる。 この日はクラーク記念国際高校サッカー部の部員6名に中学生5名、それに海外でプロを目指す選手2名の計13名だ。 競技場横の木立の中で着替え、雨のピッチに出ていく。 ランニングを始め、2人組になってトラップやロングのキックの練習を始める。すると、伊藤壇監督の同級生など社会人の選手たちが数人やってきた。 「部員がまだ6名なんで、いろんな人の力を借りて練習しています」 伊藤監督は、笑顔でそう語ピッチの中央に歩いていった。 今年2月、クラーク札幌大通キャンパスにサッカー部が創設され、監督に伊藤壇が就任することが発表された。 伊藤は、1998年ブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に入団後、アジアなど22の国と地域でプレーし、2019年に現役を引退。現在は...

伊藤壇
高校サッカー
{by} https://number.bunshun.jp
任された『人生で一番大きな仕事』。鳥栖U-18FW兒玉澪王斗は“気持ち”でチームを牽引する

今までのキャリアで初めてキャプテンという役割に指名された薩摩隼人が、それを意気に感じないはずがない。この1年間のすべてをチームに捧げる覚悟は、もう十分すぎるほど定まっている。「今までの人生で一番大きな仕事を任されたなと。自分は『気持ちの部分で絶対勝ってやる』というプレーヤーなので、それをみんなにもやってもらいたいと思っていますし、気持ちの部分で引っ張っていきたいですね」。どんな相手にも負けたくない。どんなヤツにも負けたくない。サガン鳥栖U-18の闘将。兒玉澪王斗(3年)は圧倒的な“気持ち”でチームを牽引していく。中学時代は鹿児島県のF.Cuore U-15でプレーしていた兒玉は、3年時にJリーグのユースチームでプレーすることを決意し、日々の練習に取り組む中で、夏の九州クラブユース選手権でサガン鳥栖U-15と激突する。結果は無念のPK負け。F.Cuoreも全国大会には駒を進めたものの、“PK...

兒玉澪王斗
{by} web.gekisaka.jp
今年度限定の高円宮杯U-18リーグ概要発表! プレミア&プリンス合同の「スーパープリンスリーグ」は5地域で

青森山田高はスーパープリンスリーグ東北へ 日本サッカー協会(JFA)は31日、新型コロナウイルスの影響で大会形式を協議していた「高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ」2020年度限定リーグの概要を発表。一部地域で開催されるプレミア・プリンス合同リーグは「高円宮杯 JFA U-18 サッカースーパープリンスリーグ 2020」として8月末から9月にかけて開幕する。 JFAは6月、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020」の中止を発表。それに伴い、プレミアリーグの東西に所属する20チームが「高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2020」に加わる2020年度限定の合同リーグ創設が発表されていた。 本来はプレミアリーグEASTとWEST、プリンスリーグ各9地域だったものが、今年度限定でプレミアリーグ関東、プ...

高円宮杯U-18
青森山田高
{by} web.gekisaka.jp