ニュース > 海外 > 本文
大迫ブレーメン、1部残留! アウェイゴール差でハイデンハイムは初の昇格を逃す
{by} www.soccer-king.jp

ハイデンハイムとブレーメンが対戦した [写真]=Getty Images

 

 ブンデスリーガの昇降格プレーオフ・セカンドレグが6日に行われ、2部3位ハイデンハイムとFW大迫勇也が所属する1部16位ブレーメンが対戦した。大迫はスタメン出場を果たし、68分までプレーした。

 

 2日にブレーメンの本拠地で行われたファーストレグは、ブレーメンがハイデンハイムの堅守に苦しみ、スコアレスドローに終わった。敵地に乗り込んだブレーメンは、ブレーメンの街をモチーフにした新たな特別ユニフォームを着用して試合に臨んだ。

 

 試合が動いたのは3分、ブレーメンが幸先よく先制する。下がってボールを受けた大迫の落としから、マキシミリアン・エッゲシュタインが運んでゴール前にパス。受けたジョシュ・サージェントのコントロールは大きくなったが、相手DFノルマン・トイアーカイフのクリアがそのままゴールに吸い込まれた。

 

 9分、大迫のパスを受けたミロト・ラシカが、エリア外から右足を振り抜く。強烈なシュートは枠を捉えていたが、相手GKは好セーブでこれを凌いだ。10分には大迫のヘディングが相手に当たって跳ね返ったボールに、デイヴィ・クラーセンが反応。頭で押し込もうとしたが、飛び出した相手GKに阻まれた。

 

 その後はハイデンハイムがボールを握る展開が続いたが、決定的なシーンは生まれず。試合はブレーメンの1点リードで折り返した。

 

 ハイデンハイムは46分、後半から途中出場のステファン・シマーがエリア外からシュートを狙うが、ブレーメンのGKジリ・パブレンカはこれをセーブ。その流れから生まれたコーナーキックのこぼれ球をシマーが押し込もうとしたが、これは枠を捉えられず。さらに48分、右サイドからのクロスにダヴィド・オットーがフリーで合わせたが、ヘディングシュートは惜しくもゴールの右横に外れた。

 

 ピンチの時間帯を凌いだブレーメンは50分、M・エッゲシュタインのラストパスを受けた大迫がエリアの外から左足を振り抜いたが、シュートは身を投げ出してブロックした相手DFに防がれた。59分にはサージェントがドリブルで運んで自らフィニッシュまで持ち込んだが、飛び出してきた相手GKに阻まれゴールとはならなかった。

 

 67分、ブレーメンにアクシデントが発生。ミロシュ・ヴェリコヴィッチが左足のふくらはぎを押さえてピッチに座り込み、セバスティアン・ラングカンプとの交代を余儀なくされた。

 

 85分、ハイデンハイムが1点を返す。トビアス・モーアがエリアの外から強烈なシュートを放つと、ボールはポストに直撃。跳ね返ったボールを、ティム・クラインディーンストが押し込みネットを揺らした。しかし後半アディショナルタイム4分、ブレーメンがハイデンハイムを突き放す1点を獲得。右サイドをえぐったフィン・バルテルスのグラウンダーでの折り返しに、ルドヴィク・アウグスティンソンが合わせてネットを揺らした。

 

 後半アディショナルタイム7分にはハイデンハイムがPKを獲得し、クラインディーンストがこれを決めたが、試合はこのまま終了。アウェイゴール差でブレーメンは40年ぶりの2部降格を回避し、ハイデンハイムは初の1部昇格を逃した。

 

【スコア】
ハイデンハイム 2-2(合計スコア:1-2) ブレーメン

 

【得点者】
0-1 3分 オウンゴール:ノルマン・トイアーカイフ(ブレーメン)
1-1 85分 ティム・クラインディーンスト(ハイデンハイム)
1-2 90+4分 ルドヴィク・アウグスティンソン(ブレーメン)
2-2 90+7分 ティム・クラインディーンスト(ハイデンハイム)

 

関連ニュース
ブンデス1部&2部の日本人選手が新季に向けて始動…ウニオン遠藤渓太は個別で初練習

ウニオン・ベルリン加入の遠藤渓太が初練習 [写真]=City-Press GmbH via Getty Images ブンデスリーガの日本人選手所属クラブが、2020-21シーズンに向けて始動した。 FW大迫勇也が所属するブレーメンとMF遠藤航が所属するシュトゥットガルトはそれぞれ3日に練習をスタートした。1部復帰を果たしたシュトゥットガルトは、8月14日にDF酒井宏樹が所属するマルセイユと対戦するなど3試合のテストマッチを予定。8月22日〜29日にはオーストリアでキャンプを実施する。 ブレーメンは2日間にかけて選手のパフォーマンステストを実施し、8月5日からチーム練習を開始する。DF板倉滉が所属するフローニンゲン(8月29日)、MF宮市亮が所属するザンクト・パウリ(8月29日)、MF原口元気が所属するハノーファー(9月5日)などと6試合のテストマッチが予定されている。8月1...

アペルカンプ真大
ブンデスリーガ
原口元気
大迫勇也
{by} www.soccer-king.jp
サンチョの交渉期限は残り1週間か…ドルトムントがデッドラインを設定、要求額は139億円以上

マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)が熱望するドルトムント(ブンデスリーガ)のジェイドン・サンチョは、新シーズンをどのクラブで迎えるのだろうか。 ドルトムントは、FWジェイドン・サンチョの移籍交渉にデッドラインを設けたようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 今シーズン公式戦44試合で20ゴール20アシストをマークするなど、ドルトムントで大活躍したサンチョ。ドイツでセンセーショナルな活躍を見せる20歳のイングランド代表FWに対しては、マンチェスター・ユナイテッドが今夏の獲得を熱望すると頻繁に報じられている。 『BBC』によると、ドルトムントはサンチョの移籍金を1億ポンド(約139億円)以上に設定しており、新型コロナウイルスの影響により市場の行方が不透明ではあるものの、値下げの意思はないという。そのため、同選手の獲得を目指すマンチェスター・Uとの交渉は、現段階で金額面で...

ブンデスリーガ
ドルトムント
ジェイドン・サンチョ
{by} www.goal.com
UEFAヨーロッパ・リーグ最新の優勝オッズ発表!マンチェスター・ユナイテッドが1位、歴代最多優勝回数のセビージャが3位

UEFAヨーロッパリーグラウンド16が終了するにつれて、進出した8強の対戦カードも発表される。早くもブックメーカーではUEFAヨーロッパ・リーグの優勝オッズが発表されているので、さっそく確認してみましょう! マンチェスター・ユナイテッドFCが1位、インテル・ミラノが2位、「ヨーロッパリーグの王」として知られるセビリアが3位です。 最新のUEFAヨーロッパリーグ優勝オッズ: マンチェスター・ユナイテッド2.75 インテル・ミラノ4.33 セビージャFC6.00 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC7.00 バイヤー・レヴァークーゼン7.50 FCシャフタール・ドネツク15.00 FCバーゼル 34.00 FCコペンハーゲン67.00...

マンチェスター・ユナイテッド
UEFAヨーロッパリーグ
セビージャFC
{by} jp.7msport.com
浅野拓磨が今季初ゴール! 技ありループシュート決めるもチームは敗北

パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、5日に行われたセルビア・スーペルリーガ第2節のノヴィ・パザル戦で今季初ゴールを決めた。浅野は開幕から2試合連続で先発出場し、85分までプレーした。 浅野は1-1の同点で迎えた70分、味方のスルーパスを受けると相手GKとの1対1を冷静なループシュートで制し、チームの2点目を挙げた。しかしチームはその後2失点を許し、ノヴィ・パザルに3-2で敗れている。 浅野は昨季、公式戦37試合に出場して9ゴール5アシストを記録していた。...

セルビア・スーペルリーガ
ノヴィ・パザル
パルチザン
{by} www.soccer-king.jp
ルカク公式戦30ゴール目が決勝点!インテル、ヘタフェとの一発勝負制して準々決勝進出/ELまとめ

延期されていたヨーロッパリーグだが、5日にラウンド16が各地で行われた。 ヨーロッパリーグは5日に各地でラウンド16が行われた。 インテルは、ヘタフェと対戦。この一戦はファーストレグの段階ですでに延期となっていたため、一発勝負で勝敗を決することに。現状起用できるベストメンバーで臨んだインテルは、33分にルカクが今季公式戦30点目を奪って先制に成功する。 後半はインテルがボールを握るが、ヘタフェの激しいプレッシャーに苦戦。70分にはラウタロに代えて好調のサンチェスを投入し、状況の打開を図る。しかし73分、ボックス内でデ・フライのハンドがあったとして、VARレビューの結果PKを献上。しかし、大ベテランのモリーナのキックはGKハンダノヴィッチに読まれたことも影響してか、枠の外に。ヘタフェはビッグチャンスを逃す。 すると83分、インテルは途中出場したばかりのエリクセンがフリーランで...

ヨーロッパリーグ
インテル
{by} www.goal.com
出場停止セルヒオ・ラモスは招集も…レアル・マドリー、ベイル&ハメスがCLシティ戦メンバー外に

チャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦を迎えるレアル・マドリー。しかしマンチェスター・シティとの大一番で、ギャレス・ベイルとハメス・ロドリゲスは欠場が確定した。 レアル・マドリーは、マンチェスター・シティとの一戦に向けた招集メンバーを発表。移籍が噂されるギャレス・ベイルとハメス・ロドリゲスはメンバー外となった。 6日に再開するチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦で、マンチェスター・Cと対戦するレアル・マドリー。本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの第1戦は熱戦の末に1-2と逆転負けを喫しており、敵地でのセカンドレグで2点以上奪っての勝利を目指すことになる。 そして、レアル・マドリーは5日に24人の帯同メンバーを発表。コンディションに不安のあるエデン・アザールや出場停止のセルヒオ・ラモスが含まれた中、この大一番へ向けてベイルとハメスはメンバー外となった。 昨夏に中国ク...

チャンピオンズリーグ
レアル・マドリー
マンチェスター・シティ
{by} www.soccer-king.jp
「メッシは3年か4年のうちにバルセロナで引退する」クラブ会長がエースの将来に言及

バルセロナ(ラ・リーガ)のジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、リオネル・メッシの将来の他に、契約交渉の行方が注目されるマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンについても語った。 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、リオネル・メッシが“3年か4年”後にクラブの選手として引退すると語った。 バルセロナの下部組織出身で、2004年のファーストチームデビューから異次元の活躍を続けるメッシ。史上最多となる6度のバロンドール受賞に加え、10度のラ・リーガ優勝、4度のチャンピオンズリーグ制覇をけん引するなど、33歳となった今でも世界最高の選手として君臨している。 そんなアルゼンチン代表FWとバルセロナの契約は2021年夏まで。現段階で契約延長には至っていないものの、バルトメウ会長は数シーズンは同クラブでプレーを続ける見込みであることを強調していた。 同会長は5日に『beINス...

メッシ
バルセロナ
ラ・リーガ
{by} www.goal.com
PK失敗にも救われたインテル、ヘタフェを下してベスト8進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、インテルvsヘタフェが中立地のドイツで行われ、2-0でインテルが勝利した。 新型コロナウイルスの影響によって一発勝負となった一戦。 インテルとヘタフェが共にはほぼベストメンバーで臨んだ中、開始2分にヘタフェに決定機。右クロスに対してマクシモビッチがダイビングヘッドで合わせたが、GKハンダノビッチのファインセーブに阻まれた。 その後もハイプレスをかけるヘタフェが流れを引き寄せる中、インテルが33分に先制した。バストーニのロングフィードでボックス左に侵入したルカクがDFを背負いながらゴール右に蹴り込んだ。 ルカクの個人技で試合を動かしたインテルは、ハーフタイムにかけては主導権を握り、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、バレッラのミドルシュートとダンブロージオのボレーシュートでゴールに迫ったインテルは、ヘタフェの反撃を許さずに時...

ヨーロッパリーグ
インテル
ヘタフェ
{by} web.ultra-soccer.jp
ディバラがセリエAのMVPに輝く!…コロナ克服し今季11得点7アシストで9連覇貢献

セリエAは4日、2019-20シーズンの最優秀選手(MVP)とポジション別の最優秀選手を発表した。 2019-20シーズンのセリエAは、新型コロナウイルスの影響による約3カ月の中断を経て8月2日に全日程が終了。ユヴェントスが前人未到の9連覇を達成して幕を閉じた。 MVPには、王者ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが輝いた。26歳のディバラはリーグ戦33試合に出場し、11ゴール7アシストを記録して優勝に貢献。3月には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半にもおよぶ感染症との戦いから回復すると、リーグ再開後は4試合連続ゴールを決めるなど復活を果たしていた。 ポジション別では、最優秀GKにユヴェントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが選ばれた。30歳のシュチェスニーはリーグ戦29試合に出場し、11試合でクリーンシートを達成した。最優秀DFはイン...

アレハンドロ・ゴメス
ヴォイチェフ・シュチェスニー
セリエA
{by} www.soccer-king.jp
欧州カップ戦が5カ月ぶりに再開へ!…CL&ELだらけの1カ月が始まる

2019-20シーズンの欧州カップ戦が約5カ月の中断を経て、ついに再開する。 今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)は3月に新型コロナウイルスの影響で延期されていたが、欧州主要リーグが終わった8月から再開する。CLは7日、8日からリスタートを迎え、まずは決勝トーナメント1回戦セカンドレグの未消化分、ユヴェントス対リヨン、マンチェスター・C対レアル・マドリード、バイエルン対チェルシー、バルセロナ対ナポリの4試合が行われる。そして、準々決勝からはポルトガルのリスボンで集中開催され、各ラウンドは一発勝負のシングルレグで行われる。 ELはCLに先駆けて5日、6日に決勝トーナメント2回戦から再開する。MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは、6日にEL決勝トーナメント2回戦セカンドレグでバーゼルとのアウェイゲームに臨む。ヘタフェ対インテル、セビージャ対...

UEFA
チャンピオンズリーグ
ヨーロッパリーグ
{by} www.soccer-king.jp