ニュース > 海外 > 本文
地元紙「センセーショナル」「文句なしでリーダー」マジョルカの命運を託される久保建英、残留or降格を“大きく左右する"プレーとは
{by} web.gekisaka.jp

 

 MF久保建英への依存度を高めるマジョルカの現状を地元紙『ディアリオ・デ・マジョルカ』がレポートしている。

 チームが降格圏内の18位に低迷する中、ここまでリーグ戦31試合に出場して3ゴール5アシストを記録している久保。特に再開後の活躍は目覚ましく、直近の第34節アトレティコ・マドリー戦(●0-3)では右サイドからのドリブルで何度も相手を慌てさせた。

 同紙は「マジョルカが久保に救いを求める」と題した記事で「朱色のチーム(マジョルカ)は残留の可能性を加速させるため、コロナウイルスによる中断後の日本人選手のセンセーショナルなプレーを頼りにしている。そのスピードとドリブルの能力により、チームの重要な攻撃は彼のスパイクを経由している」と絶賛。「久保建英は文句なしでマジョルカのリーダーとなった」と認め、最近のチームに見られる良い変化も指摘している。

「レアル・マドリーからレンタル中の将来を嘱望されている日本人選手は、毎試合多くの目が自分に向けられることを知りながら、試合でチームを先導する役割をスムーズに引き受けた」

「ビセンテ・モレノ(監督)のシステムの中で、久保の重要性はシーズンを通して飛躍的に高まっている。19歳にもかかわらず、順位表のプレッシャーを感じることなく、常に試合の主役になろうとしてきた」

「最近ではサルバ・セビージャが独占してきたセットプレーにおいても、彼の重要性が高まっている」

「もう1つ久保を際立たせたのは、アレハンドロ・ポソとともに右サイドでの(戦術)理解度が高いことだ。両者はサイドで素晴らしいコンビネーションを見せている。セビージャ出身選手(ポソ)のスピードと相まって日本人選手のクオリティーも高まり、危険なプレーのほとんどが彼らのサイドから生まれている」

 一方で同紙は、久保の最後の局面での判断にはまだ改善の余地があると言及し「残り4試合のリーガで久保の働きは大いに必要とされるだろう。(マジョルカが)1部に残留できる可能性は、彼の適切な判断に大きく左右されることになる」と期待を込めて記事を締めくくった。

 マジョルカは第34節終了時点で残留圏内の17位エイバルと勝ち点6差の18位。次節は9日に行われ、ホームで12位レバンテと対決する。

関連ニュース
久保建英のビジャレアル移籍が秒読み段階に!エメリ監督が熱望、買取OPはなし

今夏の移籍市場で去就に注目が集まる久保建英は、ビジャレアル(ラ・リーガ)で新シーズンを迎えることになりそうだ。 レアル・マドリーとビジャレアルが、久保建英の期限付き移籍で合意に達したようだ。スペイン『アス』が伝えた。 マジョルカでの好パフォーマンスを受け、今夏の移籍市場で繰り広げられる久保の争奪戦。パリ・サンジェルマンやアヤックス、セルティックといった国外勢に加え、レアル・ソシエダ、オサスナ、グラナダ、セルタ・デ・ヴィーゴ...

久保建英
{by} www.goal.com
久保建英の争奪戦が熾烈を極める…セルタは最優先で獲得に動くと西紙報道

レアル・マドリーMF久保建英の獲得争奪戦に、セルタも参戦したようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。今シーズン、最後まで残留争いを繰り広げるなど17位に低迷したセルタ。『マルカ』によると、新シーズンに向けてさらなるクリエイティビティを求めており、すでに加入が決まっているノリートとアルバロ・バディージョに加え、久保がチームに何かをもたらしてくれると期待しているようだ。また同メディアによれば、セルタの補強リストに数名の選手の名前が挙がっているようだが、現段階で19歳の日本代表MFの獲得にプライオリティを置いている模様。さらに、チームを指揮するオスカル・ガルシア監督が同選手の動向を追いかけるように進言したとも伝えられている。しかし、今シーズンにレアル・マドリーからマジョルカに期限付きで加入し、36試合で4ゴール4アシストを記録するなどの好パフォーマンスを披露した久保の争奪戦は熾烈を極めている。セルタ...

久保建英
{by} web.gekisaka.jp
UEFAヨーロッパ・リーグ最新の優勝オッズ発表!マンチェスター・ユナイテッドが1位、歴代最多優勝回数のセビージャが3位

UEFAヨーロッパリーグラウンド16が終了するにつれて、進出した8強の対戦カードも発表される。早くもブックメーカーではUEFAヨーロッパ・リーグの優勝オッズが発表されているので、さっそく確認してみましょう! マンチェスター・ユナイテッドFCが1位、インテル・ミラノが2位、「ヨーロッパリーグの王」として知られるセビリアが3位です。 最新のUEFAヨーロッパリーグ優勝オッズ: マンチェスター・ユナイテッド2.75 インテル・ミラノ4.33 セビージャFC6.00 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC7.00 バイヤー・レヴァークーゼン7.50 FCシャフタール・ドネツク15.00 FCバーゼル 34.00 FCコペンハーゲン67.00...

マンチェスター・ユナイテッド
UEFAヨーロッパリーグ
セビージャFC
{by} jp.7msport.com
浅野拓磨が今季初ゴール! 技ありループシュート決めるもチームは敗北

パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、5日に行われたセルビア・スーペルリーガ第2節のノヴィ・パザル戦で今季初ゴールを決めた。浅野は開幕から2試合連続で先発出場し、85分までプレーした。 浅野は1-1の同点で迎えた70分、味方のスルーパスを受けると相手GKとの1対1を冷静なループシュートで制し、チームの2点目を挙げた。しかしチームはその後2失点を許し、ノヴィ・パザルに3-2で敗れている。 浅野は昨季、公式戦37試合に出場して9ゴール5アシストを記録していた。...

セルビア・スーペルリーガ
ノヴィ・パザル
パルチザン
{by} www.soccer-king.jp
ルカク公式戦30ゴール目が決勝点!インテル、ヘタフェとの一発勝負制して準々決勝進出/ELまとめ

延期されていたヨーロッパリーグだが、5日にラウンド16が各地で行われた。 ヨーロッパリーグは5日に各地でラウンド16が行われた。 インテルは、ヘタフェと対戦。この一戦はファーストレグの段階ですでに延期となっていたため、一発勝負で勝敗を決することに。現状起用できるベストメンバーで臨んだインテルは、33分にルカクが今季公式戦30点目を奪って先制に成功する。 後半はインテルがボールを握るが、ヘタフェの激しいプレッシャーに苦戦。70分にはラウタロに代えて好調のサンチェスを投入し、状況の打開を図る。しかし73分、ボックス内でデ・フライのハンドがあったとして、VARレビューの結果PKを献上。しかし、大ベテランのモリーナのキックはGKハンダノヴィッチに読まれたことも影響してか、枠の外に。ヘタフェはビッグチャンスを逃す。 すると83分、インテルは途中出場したばかりのエリクセンがフリーランで...

ヨーロッパリーグ
インテル
{by} www.goal.com
出場停止セルヒオ・ラモスは招集も…レアル・マドリー、ベイル&ハメスがCLシティ戦メンバー外に

チャンピオンズリーグ・ラウンド16第2戦を迎えるレアル・マドリー。しかしマンチェスター・シティとの大一番で、ギャレス・ベイルとハメス・ロドリゲスは欠場が確定した。 レアル・マドリーは、マンチェスター・シティとの一戦に向けた招集メンバーを発表。移籍が噂されるギャレス・ベイルとハメス・ロドリゲスはメンバー外となった。 6日に再開するチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦で、マンチェスター・Cと対戦するレアル・マドリー。本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの第1戦は熱戦の末に1-2と逆転負けを喫しており、敵地でのセカンドレグで2点以上奪っての勝利を目指すことになる。 そして、レアル・マドリーは5日に24人の帯同メンバーを発表。コンディションに不安のあるエデン・アザールや出場停止のセルヒオ・ラモスが含まれた中、この大一番へ向けてベイルとハメスはメンバー外となった。 昨夏に中国ク...

チャンピオンズリーグ
レアル・マドリー
マンチェスター・シティ
{by} www.soccer-king.jp
「メッシは3年か4年のうちにバルセロナで引退する」クラブ会長がエースの将来に言及

バルセロナ(ラ・リーガ)のジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、リオネル・メッシの将来の他に、契約交渉の行方が注目されるマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンについても語った。 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、リオネル・メッシが“3年か4年”後にクラブの選手として引退すると語った。 バルセロナの下部組織出身で、2004年のファーストチームデビューから異次元の活躍を続けるメッシ。史上最多となる6度のバロンドール受賞に加え、10度のラ・リーガ優勝、4度のチャンピオンズリーグ制覇をけん引するなど、33歳となった今でも世界最高の選手として君臨している。 そんなアルゼンチン代表FWとバルセロナの契約は2021年夏まで。現段階で契約延長には至っていないものの、バルトメウ会長は数シーズンは同クラブでプレーを続ける見込みであることを強調していた。 同会長は5日に『beINス...

メッシ
バルセロナ
ラ・リーガ
{by} www.goal.com
PK失敗にも救われたインテル、ヘタフェを下してベスト8進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、インテルvsヘタフェが中立地のドイツで行われ、2-0でインテルが勝利した。 新型コロナウイルスの影響によって一発勝負となった一戦。 インテルとヘタフェが共にはほぼベストメンバーで臨んだ中、開始2分にヘタフェに決定機。右クロスに対してマクシモビッチがダイビングヘッドで合わせたが、GKハンダノビッチのファインセーブに阻まれた。 その後もハイプレスをかけるヘタフェが流れを引き寄せる中、インテルが33分に先制した。バストーニのロングフィードでボックス左に侵入したルカクがDFを背負いながらゴール右に蹴り込んだ。 ルカクの個人技で試合を動かしたインテルは、ハーフタイムにかけては主導権を握り、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、バレッラのミドルシュートとダンブロージオのボレーシュートでゴールに迫ったインテルは、ヘタフェの反撃を許さずに時...

ヨーロッパリーグ
インテル
ヘタフェ
{by} web.ultra-soccer.jp
ディバラがセリエAのMVPに輝く!…コロナ克服し今季11得点7アシストで9連覇貢献

セリエAは4日、2019-20シーズンの最優秀選手(MVP)とポジション別の最優秀選手を発表した。 2019-20シーズンのセリエAは、新型コロナウイルスの影響による約3カ月の中断を経て8月2日に全日程が終了。ユヴェントスが前人未到の9連覇を達成して幕を閉じた。 MVPには、王者ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが輝いた。26歳のディバラはリーグ戦33試合に出場し、11ゴール7アシストを記録して優勝に貢献。3月には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半にもおよぶ感染症との戦いから回復すると、リーグ再開後は4試合連続ゴールを決めるなど復活を果たしていた。 ポジション別では、最優秀GKにユヴェントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが選ばれた。30歳のシュチェスニーはリーグ戦29試合に出場し、11試合でクリーンシートを達成した。最優秀DFはイン...

アレハンドロ・ゴメス
ヴォイチェフ・シュチェスニー
セリエA
{by} www.soccer-king.jp
ブンデス1部&2部の日本人選手が新季に向けて始動…ウニオン遠藤渓太は個別で初練習

ウニオン・ベルリン加入の遠藤渓太が初練習 [写真]=City-Press GmbH via Getty Images ブンデスリーガの日本人選手所属クラブが、2020-21シーズンに向けて始動した。 FW大迫勇也が所属するブレーメンとMF遠藤航が所属するシュトゥットガルトはそれぞれ3日に練習をスタートした。1部復帰を果たしたシュトゥットガルトは、8月14日にDF酒井宏樹が所属するマルセイユと対戦するなど3試合のテストマッチを予定。8月22日〜29日にはオーストリアでキャンプを実施する。 ブレーメンは2日間にかけて選手のパフォーマンステストを実施し、8月5日からチーム練習を開始する。DF板倉滉が所属するフローニンゲン(8月29日)、MF宮市亮が所属するザンクト・パウリ(8月29日)、MF原口元気が所属するハノーファー(9月5日)などと6試合のテストマッチが予定されている。8月1...

アペルカンプ真大
ブンデスリーガ
原口元気
大迫勇也
{by} www.soccer-king.jp