“セクシーフットボール”の深層(下)~無名の公立校が示した育成の本質~
{by} web.gekisaka.jp

監督として野洲高を日本一へ導いた山本佳司・現甲南高教頭(左)と山本氏の教え子でもある横江諒(甲南高サッカー部顧問)

 

 野洲高が日本一を達成した2005年度は、近畿大会優勝の草津東高が強かった年代だ。当時、野洲の監督を務めていた山本佳司(現甲南高教頭)が、「(野洲は)『サッカーでは絶対に負けたくない』という選手が多かった」と振り返るものの、新人戦、インターハイ予選共に涙を飲んでいた。しかし、山本がアドバイザーとして関わった同年のU-18滋賀県選抜チームは、岡山国体(9月)で草津東を中心としたGKと3バック、中盤よりも前は野洲の選手というメンバー構成で挑み、3位に入賞。これで確かな自信を得た野洲の選手たちは、全国高校選手権予選でも備えていた力を発揮する。準決勝では後半アディショナルタイムに追いつかれながらも、延長戦で草津東を下すと決勝でも北大津高を撃破し、2度目の選手権出場権を手にした。

 

【選手権はたった1試合でも成長できる舞台】

 

 初出場は3年前で選手権の空気を知る選手は一人もいない。「まずは正月を越えよう」と話し合ったが、「練習試合で強豪と対戦する機会が多く、国体でも全国の力がどれくらいか分かっていたので、僕も選手も全国に行ければ戦える自信を持っていた。ずっと貯めていたパワーが草津東に勝って吹っ切れた感じはある」と山本は振り返る。

 

 スタイルの完成度も高かった。相手のマークを物ともしない華麗なテクニックや連携に目が行きがちだが、この年の肝になったのは田中雄大(現・秋田)や金本竜市(→京都産業大)が繰り出す展開力だ。自陣からの丁寧なビルドアップの合間に青木孝太(元・千葉)へロングパスが入るのが攻撃の合図。身体を張ってボールをおさめる青木のサポートに、楠神順平(元・川崎F、現南葛SC)や平原研(→近畿大)、乾貴士(現・エイバル)ら中盤の選手が入ると、彼らが高い位置で作る密集からショートパスとドリブルを上手く使い分けて、相手ゴールに迫る。相手を複数枚引き付けてから、サイドチェンジを入れるためDFの対応が間に合わず、いとも簡単にフリーの局面が作れる場面も多かった。多彩な攻撃を止めるのは難しく、修徳高との初戦を物にすると、一気に日本一まで駆け上がっていく。

 

 このチームは、選手一人ひとりの個性を認め、ストロングポイントを前面に押し出した。両サイドの突破力、ディフェンス陣の粘りと展開力、中盤のゲームコントロールとスルーパス、サイドチェンジ、何よりも連動性と連携の美しさは従来の高校のサッカーとは一味も二味も違った。

 

 山本は「高校生は大会を通してめちゃくちゃ伸びるし、良い意味で力が抜ける。それに、あれだけの観客の前でプレーすると物凄く集中するから、たった1試合でも大きく成長する。試合を重ねるごとにドンドン上手くなっていくから、観ていて楽しかった。『この子ら、こんなに上手かったっけ?』という瞬間がたくさんあった」と山本は、選手の成長に指導者としての喜びを感じていたという。

 

 同時に快進撃がいつ終わるのか不安もあった。特に3-2でシーソーゲームを制した2回戦の四日市中央工高戦は肝を冷やしたという。また、決勝の鹿児島実高戦で相手が繰り出したパワープレーによって、同点ゴールを許した際も、強豪校の勝利に対する執念心に唸らせられた。

 

 残り時間わずか、優勝目前での失点は心が折れても不思議ではない。延長戦で再リードを奪い、2-1で掴んだ日本一の称号は、諦めない気持ち抜きではあり得なかった。「大会前に『高校サッカーを変える』とインタビューで答えていたので、結果で証明できてホッとした。でも、そう思って言葉にしたから成し遂げられたと思っている。選手たちは、監督の言葉を信じていたし、監督に恥はかかせられないという思いも感じ取れた。何より彼ら自身が勝利に貪欲だったし、『公立の無名な高校でも、諦めずに頑張り続ければ人は変われるんだ』と示せたのが嬉しかった」。

 

 彼らの卒業後を見ていると、優勝したことが自信になっている。日本一のメンバーという過去に甘んじるのではなく、仕事で実績を残したり、指導者として活躍したり、野洲にいたことを誇りと自信にして今の立場で頑張っている。優勝して滋賀に帰ってきてから山本と野洲高は、「おめでとう」ではなく、「ありがとう」と言われる回数の方が多くなった。地元のスーパーが「感動をありがとうセール」を行った。選手の自己肯定感は高まり、人に認められるようになると身を正そうとする選手も増えていく。日本一という結果は、選手として以上に、人間としての成長を促進させたことは間違いない。

 

【技術は人のために使う】

 

 2008年度のチームも、日本一の年代に迫る力を持ったチームだった。選手権こそ2回戦敗退で終わったが、高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会では、東京ヴェルディユースや市立船橋高を撃破。現在、山本が教頭を務める甲南高でサッカー部の顧問を務める横江諒は、野洲で過ごした高校3年間についてこう振り返る。「ヤンチャだとかテクニックのイメージを持つ人が多いと思うけど、一番覚えているのは山本先生の『技術は人のために使うんだ』、『技術を活かすために周りがちゃんと走るんだ。』という言葉。実は献身的な選手が多く、グラウンドに立てばみんなで戦える選手ばかりだった。当時の山本先生の言い回しは、今でもパクらせてもらっている。今があるのは野洲高校のおかげ」。

 

 この10年は、クラブチームが増え、どの地域にも巧い選手が増えた。公立が中心だった滋賀県内でも私立が台頭し、戦国時代に突入した。優勝後も続いた選手権への連続出場も2011年度に予選決勝で守山北高に敗れ、6でストップ。それでも、翌年にはMF望月嶺臣(元名古屋、現・ヴィアティン三重)を中心に2バックで徹底してパスを繋ぐ超攻撃的なチームで選手権に出場するなど、高校サッカー界にインパクトを残している。

 

 春先には結果が残せず不安視されていた年でも、山本が「冬には戦えるチームになるから」と口にし、実際に選手権出場に導くケースも珍しくなかった。「高校サッカーの勝負の部分を最初に詰め込んでも、夏以降は失速してしまう。怖がらずにボールを繋いで主導権を握ることと、勝利を両立させるのには時間がかかる。守備意識を高め、判断の速さが野洲の武器になり、最終的に戦えるチームになっていく」。

 

 もちろん、高校サッカーが終わりに近づく選手権予選の時期には、山本が大事にする心が磨かれた選手も増えている。「ただ試合をするだけでなく、色んな物を背負っている。高校サッカーが持っている意味を選手なりに感じる。そこで自分の力を出せるかが大事。よくあるのは力がある選手やチームが選手権でかみ合わないケース。ヤンチャ坊主の選手がかしこまっていたり、緊張する選手が更に緊張しているケースがいっぱいある。そうならないメンタリティーを育てておくのが大事。『負けたくない』じゃなく、夢である選手権を目指すために『勝ちたい』と思う気持ちをどれだけ大きく育てられるかで、どんどんチャレンジする気持ちが湧いてくる。大事な選手権で、どんどんチャレンジできる積極的なチームが魅力的だと思う」。

 

 こうした考え方は、選手権優勝から15年が過ぎた今も教え子たちに着々と受け継がれている。山本は甲南高へ転任したが、野洲にはコーチとして後進の育成に励む者がいれば、現役選手と共にボールを追い掛けるOB選手の姿もある。野洲の選手たちはその情熱に触れ、また心を磨く。この流れが途絶えない限り、今後も野洲から観る人を魅了する選手が出てくるはずだ。日本一になった年代のメンバーと酒を酌み交わすと、多くの選手が覚えているのは雨の中で行われた練習試合だという。対戦相手は格下の高校で、小太りのMFが水溜まりでこけた姿を見て、ベンチの選手が笑ったことに山本が激怒した。「一生懸命頑張っている選手を笑うのが許せなかった」という山本の姿勢は、サッカー選手である前に一人の人間としてどうあるべきかを子どもたちに伝える出来事だったのは間違いない。高校サッカー史に残る“セクシーフットボール”の深層から見えてきたのは、技術ではない選手育成の本質だった。

 

全3回(了)

 

関連ニュース
大舞台で知った“見る”ことの大切さ。鳥栖U-18DF永田倖大が手にしつつある新たな感覚

サガン鳥栖U-18の門番、永田倖大 日本一の懸かる試合で味わった悔しい経験は、改めて自分を研ぎ澄まさなくてはいけないという気付きを与えてくれた。「あれから“見る”ということを意識しているので、昔より相手を見ることはできるようになったと思います。まだまだ足元に関しては頼りない所があるんですけど、いろいろな意識を採り入れつつ、自分の中ではもう少しでもっと上手くビルドアップもできそうかなという感覚はあります」。圧倒的なフィジカルと、大きな可能性を秘めた左足と。サガン鳥栖U-18の門番。永田倖大(3年)が手にしつつある新たな感覚はきっと、彼をさらなるステージへと押し上げてくれるはずだ。 中学時代の所属は宮崎県のセレソン都城FC。当初の進路は県内の高校を考えていたが、夏の終わりごろにひょんなことから事態は動き出す。「鳥栖の方がシュウト(古江秀大・3年=鳥栖U-18)を見に来ていた時に、たま...

サガン鳥栖U-18
永田倖大
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
夢を叶えた先輩に気く!トレーナーという生き方。(平純一朗/東京23FC)

サッカーを仕事にする事は、プロ選手になること以外にもたくさんある。今回、登場いただいた平さんは、理学療法士とアスレティックトレーナーの資格を持ち、選手のコンディショニング、リハビリのサポートを続けている。病院勤務から夜間の専門学校に通い、現在スポーツ業界の最前線で働くプロの取り組みについて聞いた。 Q1 現在の主な業務内容は? 東京23FCトレーナー、ジムのGM 「病院のドクターから紹介を受けて、5年前から東京23FCのトレーナーをしています。朝の時間帯は東京23FC、その他の時間はスポーツ医科学に基づいたメディカルフィットネスジム『リガーレ』のゼネラルマネージャーを務めています」 Q2 トレーナー道を目指したきっかけ 自分の学びたいことを仕事に 「高校の野球部を引退するタイミングで進路を考え、どうせなら自分の学びたいことを仕事にしたいと考えていました。ケガからのリハビリ等...

高校サッカー
平純一朗
東京23FC
{by} soccermama.jp
部員6人なのにコンサドーレと提携。 クラーク高と伊藤壇の夢は3年でIH。

今はまだ豪華な設備に不釣り合いな人数だが、そのギャップは遠からず埋まることだろう。 雨の中、生徒たちが集まってくる。 この日はクラーク記念国際高校サッカー部の部員6名に中学生5名、それに海外でプロを目指す選手2名の計13名だ。 競技場横の木立の中で着替え、雨のピッチに出ていく。 ランニングを始め、2人組になってトラップやロングのキックの練習を始める。すると、伊藤壇監督の同級生など社会人の選手たちが数人やってきた。 「部員がまだ6名なんで、いろんな人の力を借りて練習しています」 伊藤監督は、笑顔でそう語ピッチの中央に歩いていった。 今年2月、クラーク札幌大通キャンパスにサッカー部が創設され、監督に伊藤壇が就任することが発表された。 伊藤は、1998年ブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に入団後、アジアなど22の国と地域でプレーし、2019年に現役を引退。現在は...

伊藤壇
高校サッカー
{by} https://number.bunshun.jp
[J内定者の声]高校、大学と他県で過ごし“超地元”に帰還…2年後の湘南内定、鹿屋体育大FW根本凌「ずっと湘南に行きたかった」

2年後の湘南入団内定を決めているFW根本凌 実家は平塚駅から2駅の辻堂駅が最寄り。BMWスタジアムや練習場のある馬入ふれあい公園へのアクセスは車で30分もかからない。中学校まで湘南ベルマーレのホームタウンである茅ヶ崎市で育った。 「高校から離れたけど、自分の頭の中には湘南があった。最初にJリーグの試合を観に行った試合が湘南ということもあったけど、ずっと湘南に行きたかった」 高校、大学を他県で過ごして逞しくなったFW根本凌は、2年後の2022年より満を持して地元に帰還する。 子供のころは特別に上手い選手ではなかった。ベルマーレサッカースクール茅ヶ崎校のスーパークラスには通っていたが、ジュニアユースのセレクションに受かることはなかった。小学生の時は小和田FC、中学は元日本代表の鈴木正治さんが監督を務めたシュートFCに在籍したが、途中出場の多い控え選手だったという。 「サッ...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東】プレミアリーグ 2020 関東の開幕カードが決定!

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東が9月5、6日の両日で第1節を開催する。 今年度限定となる同リーグは、5日に横浜F・マリノスユース(神奈川)対FC東京U-18(東京)、柏レイソルU-18(千葉)対大宮アルディージャU18(埼玉)が開催。6日には横浜FCユース(神奈川)対流通経済大柏(千葉)、浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)対市立船橋(千葉)が行われる。最終節となる第7節が12月6日に4会場で行われる。 【リーグ編成】浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)大宮アルディージャU18(埼玉)市立船橋(千葉)柏レイソルU-18(千葉)流通経済大学付属柏(千葉)FC東京U-18(東京)横浜F・マリノスユース(神奈川)横浜FCユース(神奈川) ▽高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ ...

高円宮杯 JFA U-18
高円宮杯
{by} koko-soccer.com
【和倉ユース】佐藤監督「戦術・牧来夢と呼んでいる」日大藤沢に型破りなセンターバック現る

3位決定戦ではFWでプレーした日大藤沢高DF牧来夢(3年) [8.5 和倉ユース大会3位決定戦 日大藤沢高3-1山口U-18 城山陸上競技場] 第8回和倉ユースサッカー大会2020の大会期間中、ひときわ目を引く個性的なセンターバックがいた。日大藤沢高のDF牧来夢(3年)だ。 本職の守備をこなしながら、ボールを持つと機を見てドリブルで中央突破。時にはシュートまで持ち込む。これが一度や二度ではない。予選リーグはもちろん、優勝した青森山田高との準決勝(●0-3)でも大胆に前へ運ぶシーンがあった。 5日に行われた3位決定戦のレノファ山口FC U-18戦(○3-1)はベンチスタート。3-1で迎えた後半23分にピッチへ送られると、向かった場所は最前線だった。 「“戦術・牧来夢”って僕は呼んでいる。(彼は)GK以外は公式戦で全てのポジションをやったことがある。本当にどこでもできます...

和倉ユース
日大藤沢高
山口U-18
{by} web.gekisaka.jp
青森山田DF藤原優大主将「浦和レッズのスピリットや責任、覚悟を背負って活躍したい」

J1浦和レッズ内定のU-18日本代表で常勝軍団青森山田の守備の要、DF藤原優大主将に現状やこれからプロになる心境をインタビューした。 ーー新型コロナウイルスの影響で今年は練習や試合などいろいろ難しい年だと思いますが、心境を聞かせてください。 そうですね、目標としていたインターハイとプレミアリーグが中止になってしまいモチベーションの維持が難しい中ですが、コロナが終息した時にそれまでの溜まったものを爆発出来るようにと思って今は練習をしています。 ーー浦和レッズの練習に参加して変化はありましたか? みなさんがコミュニケーションを取ってくれたので、レベルの高いプロ意識を学ぶことが出来ました。 ーープロ意識のところで凄いと思った選手はいましたか? 期間が短かったのでそこまで深いところまでは見れていないと思うんですが、槙野選手のプロ意識は凄いと思いました。パワフルさの中に繊細さ...

青森山田
浦和レッズ
藤原優大
{by} koko-soccer.com
【和倉ユース】GKの活躍続く青森山田。優秀GK選出の韮澤廉は自分も「全国トップレベル」証明へ

青森山田高GK韮澤廉は大会の優秀GKに選ばれた [8.5 和倉ユース大会決勝 青森山田高 5-0 履正社高 城山陸上競技場] 次は、自分が全国屈指のGKになる。青森山田高は1年時からAチームで登録されてきたGK韮澤廉(3年)が先発フル出場。先制直後の相手FKで飛び出すことができずにピンチを招いたシーンもあったが、その後はセットプレーへの対応含めて終始安定したパフォーマンスで3試合連続の無失点勝利に貢献した。 身長183cmで身体能力の高さにも定評がある。ハイボールで見せる空中姿勢は安定しており、シュートストップでも力を発揮する好守護神だ。一方で課題があることも確か。今大会の予選リーグ初戦と3戦目は自身のキック、スローのミスが失点に繋がった。だが、ポジショニング、身体の向きなど細かく指摘されながら、一つ一つ精力的に改善している最中。大会中に成長しながら前向きな結果を残した韮澤は...

和倉ユース
青森山田高
履正社高
{by} web.gekisaka.jp
【和倉ユース】大会中に学び、改善して成長。履正社が青森山田との決勝へ

履正社高MF赤井瞭太主将はダブルボランチを組むMF平岡大陽とともに気迫の攻守を続けて勝利に貢献 [8.4 和倉ユース大会準決勝 履正社高 2-1 山口U-18 和倉多目的G(Aコート)] 4日午後、第8回和倉ユースサッカー大会2020準決勝が行われ、履正社高(大阪)が2-1でレノファ山口FC U-18(山口)に勝利。履正社は5日の決勝で青森山田高(青森)と戦う。 履正社が青森山田と再戦する権利を勝ち取った。前半14分、右サイドから左へボールを展開すると、ドリブルで中へ持ち込んだMF井谷洸一郎(3年)がDFを引きつけて足裏パス。相手の守りがズレたところへ左SB寺本悠晟(3年)が豪快な左足シュートを打ち込む。平野直樹監督が「スペースがないところでスペースを作る。カットインで横ずれさせて、イメージ通り」というゴールで先制した。 だが、山口U-18も18分、MF原⽥幹太(1年)の...

和倉ユース
青森山田
{by} web.gekisaka.jp
任された『人生で一番大きな仕事』。鳥栖U-18FW兒玉澪王斗は“気持ち”でチームを牽引する

今までのキャリアで初めてキャプテンという役割に指名された薩摩隼人が、それを意気に感じないはずがない。この1年間のすべてをチームに捧げる覚悟は、もう十分すぎるほど定まっている。「今までの人生で一番大きな仕事を任されたなと。自分は『気持ちの部分で絶対勝ってやる』というプレーヤーなので、それをみんなにもやってもらいたいと思っていますし、気持ちの部分で引っ張っていきたいですね」。どんな相手にも負けたくない。どんなヤツにも負けたくない。サガン鳥栖U-18の闘将。兒玉澪王斗(3年)は圧倒的な“気持ち”でチームを牽引していく。中学時代は鹿児島県のF.Cuore U-15でプレーしていた兒玉は、3年時にJリーグのユースチームでプレーすることを決意し、日々の練習に取り組む中で、夏の九州クラブユース選手権でサガン鳥栖U-15と激突する。結果は無念のPK負け。F.Cuoreも全国大会には駒を進めたものの、“PK...

兒玉澪王斗
{by} web.gekisaka.jp