“セクシーフットボール”の深層(中)~夢を持ち続ける限り、夢は叶う~
{by} web.gekisaka.jp

野洲高の選手たちは歩みや学びを止めない。その代表格がMF乾貴士だ。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 

 山本佳司(現甲南高教頭)が就任6年目を迎えた2002年の野洲高は、初めて全国高校選手権に出場し、ベスト8まで進んだ。この年のエースは卒業後、柏へと進んだ中井昇吾。パスとドリブルを巧みに使い分け、相手ゴールに迫る155cmの小柄なテクニシャンで、当時1年生だった松尾元太(元・名古屋、現・大阪体育大監督)は、「とにかく上手くて、初めてこれほど高いレベルのサッカーを経験した。練習で緊張したのも、この時が初めて」と振り返る。

 

 選手権での実績が評価され、翌2003年にはU-17日本代表のコーチも経験した山本だが、「選手にサッカーを教えようなんて思ったことは一度もない」とキッパリと言い切る。「サッカーは選手自身が学ぶものだ」「子どもたちの夢を育てるのが自分の仕事だと思っている。夢を持った志が高い子どもなら、乾(貴士)みたいに指導者に言われなくても勝手に練習する。その環境を作ってあげるのが仕事」。プロに行ってから、日本代表に選ばれてから、海外に渡ってからも乾は、“上手くなりたい”との夢を見失わない。今でも山本との会話では、「メッシは次元が違う。あんな選手を見ると、練習せなアカン」と言葉が返ってくる。

 

「30歳を過ぎても『まだ上手くなりたい、メッシみたいになりたい』と小学生みたいな言葉を純粋な目で口にする乾は凄い」と笑う山本は、こう続ける。「小学生の頃は『Jリーガーになりたい』と口にしていても、年齢を重ねるうちに現実を知ったり、失敗を重ねると夢が無くなっていく。高校1年生で目をキラキラ輝かせて、『僕はプロになるために野洲高校に来ました!』という子どもが、学年が上がるうちに夢が小さくなっていくのを見るのは寂しい。『夢は叶うのだ』と粘り強くいろんな角度から伝えることで選手のモチベーションを高め、夢を保てるような後押しをしてあげるのが大人の仕事。夢が膨らんで2年生になり、3年生でプロが無理でも『ほら次のステージで頑張ってこいよ』と送り出す作業を野洲ではやってきたと思う。もちろんサッカーではなく、違う道で成功したいと思ったらそれはそれで良い」

 

 野洲で夢を持つ重要性について学んだ一人が、松尾だ。「(フィギュアスケートの)浅田真央は10代で世界と戦っているぞ。オマエたちは今のままで良いのか?」という山本の言葉に刺激を受け、夢や目標を高く設定する重要性に気付かされた。

 

 今でも鮮明に思い出すのは、2年生になる直前に行ったスペイン遠征だ。レアル・マドリーなど名だたるチームと対戦する中で、「スペインと滋賀県の高校生とのギャップに気付かせてもらった。その中で僕の中に生まれたのは、日本人の同年代と同じ感覚なら埋もれてしまうという考え方。みんなと同じように授業がダルいとか、練習が面倒くさいとか言っている場合じゃない。そんな基準で物事を考えていたら、世界では勝てない。そこからは『同年代といかに違うことをしようか』という発想になった」。海外は実力主義の社会で、宿舎が一緒だった選手でも、次の日には契約を切られてチームを去る選手もいた。

 

「世界には同年代でもサッカーで飯を食っているではなく、サッカーで家族を養っている選手がいると知れた。それが野洲に行った一番の教育的効果。指導者が『世界を意識しろ』と言っても、子どもは言葉だけじゃ気付けない。実践的に身を持って教えてくれたのは山本先生」と松尾は続ける。卒業する際に、山本から受け取った「夢を持ち続ける限り、夢は叶う」との言葉は、大学時代の教育実習で後輩たちにも伝えたという。

 

【成長のベースは闘争心】

 

 松尾が野洲に在籍したのは、選手権で優勝する前年まで。いわば創世期と栄光の直前を知る一人で、「“セクシーフットボール”の一言でくくるのは山本先生の正確な評価じゃないと思っている。情熱溢れる先生というのが、純粋な評価かなって。山本先生はいつも熱かった」と分析する。

 

 野洲の代名詞である“セクシーフットボール”と呼ばれる華麗なテクニックに目がいきがちだが、山本が根本として大事にしているのは、メンタル面の育成だ。「どんなスポーツにも必要なのは心の部分。心をどれだけ磨いて卒業させ、社会に送り出していけるかしか考えていない。例えフィジカルトレーニングでも、心を鍛える練習だと思っている。一朝一夕に心が磨かれるわけではない。練習や試合という日常の中で、プレーや行動が正しかったのかを振り返る」。凡事徹底を図り、粘り強く見方や考え方をブラッシュアップする作業を続ける。

 

 試合やピッチ上で同時に起きる様々な局面。それぞれの勝負に懸ける想いも忘れてはいけない。パスを出せば、相手はまずインターセプトを狙ってくる。味方が繋いでくれたボールを「目の前の相手に負けないよう、絶対にレシーブしよう」と思うから、一歩でも速くボールに身体を寄せたり、身体をぶつけられても堪えられる。もし当たり負けしても、次のタッチを速くすればボールを失わない。負けたくない気持ちから生まれる工夫が技術に繋がり、身体が小さくても怖がらずにボールを受ければ、前向きで仕掛けられる選手になっていく。「全力で闘った結果、負けるのは恥ではないが、闘わないのは男じゃない。野洲サッカーに最も必要なものは『闘争心』だと思う」。山本の考え方は選手に伝わっており、卒業アルバムに「闘争心」と書く選手が多いという。

 

 松尾が3年生だった2004年には、これまでの4バックから松尾の両脇に当時1年生の田中雄大(現・秋田)と荒堀謙次(元・横浜FC)が並ぶ3バックへと変更。中盤より前には楠神順平(元・川崎F、現・南葛SC)ら下級生がズラリと並ぶメンバーは、翌年に日本一となるチームの原型と言える。ただし、攻撃好きなメンバーが多く、守備は松尾が一手に担う状態だった。頭を抱えた松尾は山本の下に「守備を教えてください」と頭を下げに行ったが、「何年サッカーをやっているんだ」とだけ言葉を返され、「確かに10年以上サッカーをやっているのに、なぜ分からないんだろうと思った」。そこから、山本がどんな本を読んでいるのか調べ、サッカーを専門的に学ぶようになったという。山本は決して答えを教えるのではなく、選手に考えさせる。例えば、戦術練習もゲーム形式の練習でテーマを与えて常に考えさせる。「見方・考え方を教えるが、いつ・何を選ぶかは、選手のセンス。センスを磨いて欲しい」(山本)との考え方が野洲のベースだ。

 

 野洲の選手は、松尾と同じように指導者が細かく指導しなくても、自ら工夫して技術を向上させてきた。楠神に憧れた乾のように、上手い先輩たちの背中を見て、後輩たちは自主練でボールタッチや身体の使い方を真似し、“野洲らしい”華麗なテクニックを身につけていくのはこのチームでよく見られる光景だ。「野洲には先輩を認めた上で、上回っていく発想があったと思う。当時のメンバーは歩みや学びを止めない。今でも飲み会になると『順平クン、左足のリフティング何回できる?』なんて質問をする乾を見ると、野洲にいて良かったなって思える。本当にサッカー小僧の集まりで、立場が変わった今でも負けてられないって」。松尾が口にする言葉は、野洲から多くのタレントが生まれた本当の理由だと言えるだろう。

 

全3回。「“セクシーフットボール”の深層(下)~無名の公立校が示した育成の本質~」(7月3日掲載予定)へ続く。

関連ニュース
大舞台で知った“見る”ことの大切さ。鳥栖U-18DF永田倖大が手にしつつある新たな感覚

サガン鳥栖U-18の門番、永田倖大 日本一の懸かる試合で味わった悔しい経験は、改めて自分を研ぎ澄まさなくてはいけないという気付きを与えてくれた。「あれから“見る”ということを意識しているので、昔より相手を見ることはできるようになったと思います。まだまだ足元に関しては頼りない所があるんですけど、いろいろな意識を採り入れつつ、自分の中ではもう少しでもっと上手くビルドアップもできそうかなという感覚はあります」。圧倒的なフィジカルと、大きな可能性を秘めた左足と。サガン鳥栖U-18の門番。永田倖大(3年)が手にしつつある新たな感覚はきっと、彼をさらなるステージへと押し上げてくれるはずだ。 中学時代の所属は宮崎県のセレソン都城FC。当初の進路は県内の高校を考えていたが、夏の終わりごろにひょんなことから事態は動き出す。「鳥栖の方がシュウト(古江秀大・3年=鳥栖U-18)を見に来ていた時に、たま...

サガン鳥栖U-18
永田倖大
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
夢を叶えた先輩に気く!トレーナーという生き方。(平純一朗/東京23FC)

サッカーを仕事にする事は、プロ選手になること以外にもたくさんある。今回、登場いただいた平さんは、理学療法士とアスレティックトレーナーの資格を持ち、選手のコンディショニング、リハビリのサポートを続けている。病院勤務から夜間の専門学校に通い、現在スポーツ業界の最前線で働くプロの取り組みについて聞いた。 Q1 現在の主な業務内容は? 東京23FCトレーナー、ジムのGM 「病院のドクターから紹介を受けて、5年前から東京23FCのトレーナーをしています。朝の時間帯は東京23FC、その他の時間はスポーツ医科学に基づいたメディカルフィットネスジム『リガーレ』のゼネラルマネージャーを務めています」 Q2 トレーナー道を目指したきっかけ 自分の学びたいことを仕事に 「高校の野球部を引退するタイミングで進路を考え、どうせなら自分の学びたいことを仕事にしたいと考えていました。ケガからのリハビリ等...

高校サッカー
平純一朗
東京23FC
{by} soccermama.jp
部員6人なのにコンサドーレと提携。 クラーク高と伊藤壇の夢は3年でIH。

今はまだ豪華な設備に不釣り合いな人数だが、そのギャップは遠からず埋まることだろう。 雨の中、生徒たちが集まってくる。 この日はクラーク記念国際高校サッカー部の部員6名に中学生5名、それに海外でプロを目指す選手2名の計13名だ。 競技場横の木立の中で着替え、雨のピッチに出ていく。 ランニングを始め、2人組になってトラップやロングのキックの練習を始める。すると、伊藤壇監督の同級生など社会人の選手たちが数人やってきた。 「部員がまだ6名なんで、いろんな人の力を借りて練習しています」 伊藤監督は、笑顔でそう語ピッチの中央に歩いていった。 今年2月、クラーク札幌大通キャンパスにサッカー部が創設され、監督に伊藤壇が就任することが発表された。 伊藤は、1998年ブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に入団後、アジアなど22の国と地域でプレーし、2019年に現役を引退。現在は...

伊藤壇
高校サッカー
{by} https://number.bunshun.jp
[J内定者の声]高校、大学と他県で過ごし“超地元”に帰還…2年後の湘南内定、鹿屋体育大FW根本凌「ずっと湘南に行きたかった」

2年後の湘南入団内定を決めているFW根本凌 実家は平塚駅から2駅の辻堂駅が最寄り。BMWスタジアムや練習場のある馬入ふれあい公園へのアクセスは車で30分もかからない。中学校まで湘南ベルマーレのホームタウンである茅ヶ崎市で育った。 「高校から離れたけど、自分の頭の中には湘南があった。最初にJリーグの試合を観に行った試合が湘南ということもあったけど、ずっと湘南に行きたかった」 高校、大学を他県で過ごして逞しくなったFW根本凌は、2年後の2022年より満を持して地元に帰還する。 子供のころは特別に上手い選手ではなかった。ベルマーレサッカースクール茅ヶ崎校のスーパークラスには通っていたが、ジュニアユースのセレクションに受かることはなかった。小学生の時は小和田FC、中学は元日本代表の鈴木正治さんが監督を務めたシュートFCに在籍したが、途中出場の多い控え選手だったという。 「サッ...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
青森山田DF藤原優大主将「浦和レッズのスピリットや責任、覚悟を背負って活躍したい」

J1浦和レッズ内定のU-18日本代表で常勝軍団青森山田の守備の要、DF藤原優大主将に現状やこれからプロになる心境をインタビューした。 ーー新型コロナウイルスの影響で今年は練習や試合などいろいろ難しい年だと思いますが、心境を聞かせてください。 そうですね、目標としていたインターハイとプレミアリーグが中止になってしまいモチベーションの維持が難しい中ですが、コロナが終息した時にそれまでの溜まったものを爆発出来るようにと思って今は練習をしています。 ーー浦和レッズの練習に参加して変化はありましたか? みなさんがコミュニケーションを取ってくれたので、レベルの高いプロ意識を学ぶことが出来ました。 ーープロ意識のところで凄いと思った選手はいましたか? 期間が短かったのでそこまで深いところまでは見れていないと思うんですが、槙野選手のプロ意識は凄いと思いました。パワフルさの中に繊細さ...

青森山田
浦和レッズ
藤原優大
{by} koko-soccer.com
【和倉ユース】GKの活躍続く青森山田。優秀GK選出の韮澤廉は自分も「全国トップレベル」証明へ

青森山田高GK韮澤廉は大会の優秀GKに選ばれた [8.5 和倉ユース大会決勝 青森山田高 5-0 履正社高 城山陸上競技場] 次は、自分が全国屈指のGKになる。青森山田高は1年時からAチームで登録されてきたGK韮澤廉(3年)が先発フル出場。先制直後の相手FKで飛び出すことができずにピンチを招いたシーンもあったが、その後はセットプレーへの対応含めて終始安定したパフォーマンスで3試合連続の無失点勝利に貢献した。 身長183cmで身体能力の高さにも定評がある。ハイボールで見せる空中姿勢は安定しており、シュートストップでも力を発揮する好守護神だ。一方で課題があることも確か。今大会の予選リーグ初戦と3戦目は自身のキック、スローのミスが失点に繋がった。だが、ポジショニング、身体の向きなど細かく指摘されながら、一つ一つ精力的に改善している最中。大会中に成長しながら前向きな結果を残した韮澤は...

和倉ユース
青森山田高
履正社高
{by} web.gekisaka.jp
【和倉ユース】大会中に学び、改善して成長。履正社が青森山田との決勝へ

履正社高MF赤井瞭太主将はダブルボランチを組むMF平岡大陽とともに気迫の攻守を続けて勝利に貢献 [8.4 和倉ユース大会準決勝 履正社高 2-1 山口U-18 和倉多目的G(Aコート)] 4日午後、第8回和倉ユースサッカー大会2020準決勝が行われ、履正社高(大阪)が2-1でレノファ山口FC U-18(山口)に勝利。履正社は5日の決勝で青森山田高(青森)と戦う。 履正社が青森山田と再戦する権利を勝ち取った。前半14分、右サイドから左へボールを展開すると、ドリブルで中へ持ち込んだMF井谷洸一郎(3年)がDFを引きつけて足裏パス。相手の守りがズレたところへ左SB寺本悠晟(3年)が豪快な左足シュートを打ち込む。平野直樹監督が「スペースがないところでスペースを作る。カットインで横ずれさせて、イメージ通り」というゴールで先制した。 だが、山口U-18も18分、MF原⽥幹太(1年)の...

和倉ユース
青森山田
{by} web.gekisaka.jp
任された『人生で一番大きな仕事』。鳥栖U-18FW兒玉澪王斗は“気持ち”でチームを牽引する

今までのキャリアで初めてキャプテンという役割に指名された薩摩隼人が、それを意気に感じないはずがない。この1年間のすべてをチームに捧げる覚悟は、もう十分すぎるほど定まっている。「今までの人生で一番大きな仕事を任されたなと。自分は『気持ちの部分で絶対勝ってやる』というプレーヤーなので、それをみんなにもやってもらいたいと思っていますし、気持ちの部分で引っ張っていきたいですね」。どんな相手にも負けたくない。どんなヤツにも負けたくない。サガン鳥栖U-18の闘将。兒玉澪王斗(3年)は圧倒的な“気持ち”でチームを牽引していく。中学時代は鹿児島県のF.Cuore U-15でプレーしていた兒玉は、3年時にJリーグのユースチームでプレーすることを決意し、日々の練習に取り組む中で、夏の九州クラブユース選手権でサガン鳥栖U-15と激突する。結果は無念のPK負け。F.Cuoreも全国大会には駒を進めたものの、“PK...

兒玉澪王斗
{by} web.gekisaka.jp
今年度限定の高円宮杯U-18リーグ概要発表! プレミア&プリンス合同の「スーパープリンスリーグ」は5地域で

青森山田高はスーパープリンスリーグ東北へ 日本サッカー協会(JFA)は31日、新型コロナウイルスの影響で大会形式を協議していた「高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ」2020年度限定リーグの概要を発表。一部地域で開催されるプレミア・プリンス合同リーグは「高円宮杯 JFA U-18 サッカースーパープリンスリーグ 2020」として8月末から9月にかけて開幕する。 JFAは6月、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020」の中止を発表。それに伴い、プレミアリーグの東西に所属する20チームが「高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2020」に加わる2020年度限定の合同リーグ創設が発表されていた。 本来はプレミアリーグEASTとWEST、プリンスリーグ各9地域だったものが、今年度限定でプレミアリーグ関東、プ...

高円宮杯U-18
青森山田高
{by} web.gekisaka.jp
立命館大新入部員、京都U-18の6選手に加え、G大阪ユースFW大谷、徳島ユースDF市川ら

ガンバ大阪ユースの点取り屋、FW大谷優斗は立命館大へ進学した 関西学生リーグ1部の強豪、立命館大が、20年の新規入部選手を発表した(協力=関西学生サッカー連盟、立命館大、College Soccer Central)。 提携している京都サンガF.C.の育成組織、京都サンガF.C.U-18から守護神の元U-16日本代表GK北原一樹、両翼を担った右SB木村歩夢と左SB前多駿佑、攻守両面で活躍するMF野浜友哉、下級生時からプレミアリーグで出場していたDF徳束颯、フィニッシャーのFW小宮健が加入している。 また、昨年、一昨年のプレミアリーグWESTで計18得点を叩き出しているFW大谷優斗(ガンバ大阪ユース)、突破力秀でた徳島ヴォルティスユースDF市川健志郎主将、サガン鳥栖U-18のプレミアリーグ昇格、日本クラブユース選手権準優勝に貢献しているMF盧泰曄、昨季大分トップチームに2種登録...

立命館大
京都U-18
G大阪ユース
徳島ユース
{by} web.gekisaka.jp