“セクシーフットボール”の深層(上)~カッコいいの追求から始まった高校サッカー改革~
{by} web.gekisaka.jp

野洲高監督時代の山本佳司氏。(写真は05年度選手権決勝。写真協力=高校サッカー年鑑)

 

 この春、滋賀県の高校サッカー界に大きな動きがあった。野洲高監督時の2005年度にチームを全国高校サッカー選手権優勝へ導いた山本佳司氏が、甲南高に教頭として赴任した。新天地で新たな教員生活をスタートさせた山本氏のコメントと教え子の証言を交えながら、今だからこそ話せる野洲高の歴史と共に、17名ものJリーガーを輩出した育成方針について語ってもらった。

 

【カッコいいチームへの改革】

 

 甲賀忍者と信楽焼で有名な甲賀市に位置する甲南高は、130年以上の歴史を持つ伝統校だ。のどかな雰囲気の最寄り駅を降りてすぐの同校に向かうと、玄関先で迎え入れてくれた山本は「俺がサッカー界から引退するみたいな雰囲気で書かんといてや。これからもサッカー界へのチャレンジは続けて行くから」と笑いながら、野洲高時代を振り返り始めた。

 

 監督として、水口東高をインターハイ出場へ導いた経験を持つ山本が野洲に赴任したのは、1997年の春だった。赴任する以前の野洲は専門的な指導者がおらず、県大会で1勝することを目標にしているレベル。12名の部員に対し、マネージャーが4人というアンバランスな体制でのスタートだった。中学時代にレギュラーだった選手は1人もおらず、練習に顔を出すのも2、3名しかいなかったため、彼らをグラウンドに引っ張り出す作業からスタートした。それでも、「全国大会に行きたいではなく、行くと決めていた」山本は、部の改革を進めていく。

 

 改革の基準は、明確だった。「基準としてカッコいいいかどうかが大事。まずは勝つチームではなく、カッコいいチームを目指した。全国に強いチームはたくさんあるが、野洲は『日本一カッコいいチーム』になろうと思った。なぜなら、カッコいいチームは魅力があるし、カッコいいチームが勝つと信じていた」。強豪校が泥臭さを前面に押し出している時代だったが、お洒落で美しいサッカースタイルの方がカッコいい。そのカッコよさとは見せかけのテクニックだけではない。

 

 チームがピンチの際には、身体を張ってシュートブロックすべきだ。失点したかどうかよりも、チームのための行動できたかどうかが大事で、ポジションは関係ない。FWでもピンチだと思ったなら猛ダッシュして戻って、ゴール前で壁になれば良い。CBでもチャンスと思えば、シュートまでいけば良い。カッコよさは、ルックスだけでなく生き様だ。できない選手に対して、山本は「チームのために一生懸命になれない、そんな男がカッコいいのか? 俺はそんな男にはなりたくない」と問いかけてきた。

 

 カッコよさにこだわったのは、スタイルだけではない。就任初年度から横断幕に掲げている「We will Rock You」の言葉は、四文字熟語が並ぶ高校サッカーの横断幕としては異色だった。ユニフォームやジャージにもこだわり、ミズノにお願いして、選手がカッコよく見える細身のフォルムを別注した。いくら衣服にこだわっても、着こなしが悪ければカッコよくは見られない。「男ならみんなカッコよくなりたいけど、最初はカッコいいの価値観が分からないから、基準を与えていく」のが山本の役割で、一流選手に触れることで感性を高め、お洒落にも気遣い、堂々と振る舞うことを要求した。

 

「ヨーロッパ遠征で、試合後にシャワーを浴びて、髪型をワックスで整え、ジャケットを着てレセプションパーティーに来るレアル・マドリーの高校生を見て、私の言っている意味を理解したと思った。グローバルスタンダードや世界を目指す姿勢は、サッカーはもちろん、日本人がカッコよく、誇りを持つことだ」。

 

(写真協力=高校サッカー年鑑)

 

 同時に選手に説いたのは、自立と貢献意欲の大切さだ。自立した選手を育てるために、まずは言い訳を許さない。パスが合わなかった際の不満を口に出さなくても、ふてくされた態度や仕草を見せれば雷が落ちる。上手く行かない時の矢印を自分に向けさせ、良いプレーをするための準備や技術のアップを意識させるのが狙いだった。

 

 貢献意欲とは、自分が持っている力を仲間やチームのために活かそうという気持ちが大事との意味を持つ。山本が求める「優しいパス」は思いやりだ。相手に強く当たられて体勢を崩しても、仲間のために良いパスを出そうといった動きに繋がってくる。受け手の発想も同じで、味方が出したパスがズレても、”仲間が繋いでくれたボールを何とかしよう”と身を投げ出してでも相手に渡さない気持ちによって、パスが繋がる。野洲のようにボールを大事にするチームには、貢献意欲は欠かせない精神だ。

 

 野洲の選手は、ヤンチャな子どもが少なくない。こうした山本の考えを、彼らに徹底させるのは簡単ではない。「日本の指導者の中には、サッカー以前に人間教育を重視する指導者もいるが、僕はサッカーで人が育つと思っている。人間教育を入口にするのではなく、出口に持ってくる。だから、少しぐらいのヤンチャ坊主や扱いづらい選手も排除しない。良い選手になる過程で身につけていけば良いという出口の考え方だ。牙を抜くのではなく、牙の使い方を考えさせる」。野洲でなければ潰れていたような選手も数多く、ヤンチャな選手を一人前に育てられるのも山本の包容力によるものだろう。

 

【野洲の礎を築いた2人のJリーガー】

 

 新たな基準の下で練習を続けて行くうちに、サッカーから離れていた選手が部に復帰するなど、チームとして形になっていった。翌1998年にはセゾンFCの主力だった田中大輔(元・清水)と、前田雅文(元・G大阪、現・関西大監督)が入学し、上昇気流に乗る。当時、セゾンFC出身者の主な進路は、倉貫一毅(元・甲府)や坂本紘司(元・湘南)に代表されるように静岡学園高や県内の2強だった草津東高や守山北高など。地元の野洲高に進む選手は全くいなかったが、「強いチームでプレーするのではなく、俺が行って野洲を有名にする」と入学を決めた田中に続き、チームメートも野洲の門を叩いた。

 

「何もない真っ白なチームで、自分たちが中学でやってきたサッカーを継続させてもらう高校に行きたかった。人生最大のチャレンジだったと思う」と話すのは前田だ。山本は「今までの子たちはサッカーをしに来ている子たちではなかったけど、この年からは周りに『なんで野洲なの?』と言われながらも、サッカーをするために野洲に来た子ばかり。チームの雰囲気が一変した」と振り返る。

 

 技巧派が多く集ったとはいえ、1年生ばかりのチームで、オール3年生のチームと戦うのは簡単ではない。だが、前田が「多くの指導者が扱いやすいように自分のサッカー観を押し付けがちだけど、山本先生は違った。僕たちがやりたいサッカーをノビノビとやらせてもらえた。要求は厳しかったけど、良かったプレーは良いと褒められた」と振り返る環境の下、主体的に朝練や自主練のミニゲームでテクニックを磨いた選手が、フィジカルで劣る相手を翻弄し、この年の選手権予選は早速準決勝まで進んだ。

 

 彼らが最終学年を迎えた山本の就任4年目の選手権予選は、前田が準々決勝で退場した影響もあり、チームは準決勝で敗退。「ショックな気持ちとチームメートに申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど、高校での悔しさがあったから大学でも頑張れたと思う」と振り返る前田は、大学経由でJリーガーとなった。

 

「山本先生からは押し付け過ぎたらダメだと学んだ。解放的な部分を周囲から怒られることもあるけど、そういう選手からプレーのアイディアが湧いてくる。2005年の日本一を決めた決勝ゴールもパターンを教え込んだのではなく、選手の自由な発想から生まれたゴールだから美しかったと思う」。そう話す通り、前田の関西大学での指導者としてのベースは、野洲で過ごした3年間だ。

 

 勝負の年だった田中と前田の年代は悔しい結果で終わったが、県内の中学生の間で野洲は「面白いサッカーをするチーム」との認識が広まっていく。松尾元太(元・名古屋 現・大阪体育大学サッカー部監督)もその一人だ。中学生の頃は家から学校までリフティングをしながら通うサッカー少年だったが、所属する中学校は市内の大会ですら結果を残せずにいた。元々は大学進学を意識し、進学校に進もうと考えていたが、中学3年生になると「真剣にサッカーと向き合う集団の中でプレーしたい」との想いが芽生え、魅力的なサッカーを展開していた野洲への進学を決意した。憧れの先輩たちが積み上げてきた”カッコいいサッカー”によって、野洲の歴史は一気に動き始める。

 

 

関連ニュース
大舞台で知った“見る”ことの大切さ。鳥栖U-18DF永田倖大が手にしつつある新たな感覚

サガン鳥栖U-18の門番、永田倖大 日本一の懸かる試合で味わった悔しい経験は、改めて自分を研ぎ澄まさなくてはいけないという気付きを与えてくれた。「あれから“見る”ということを意識しているので、昔より相手を見ることはできるようになったと思います。まだまだ足元に関しては頼りない所があるんですけど、いろいろな意識を採り入れつつ、自分の中ではもう少しでもっと上手くビルドアップもできそうかなという感覚はあります」。圧倒的なフィジカルと、大きな可能性を秘めた左足と。サガン鳥栖U-18の門番。永田倖大(3年)が手にしつつある新たな感覚はきっと、彼をさらなるステージへと押し上げてくれるはずだ。 中学時代の所属は宮崎県のセレソン都城FC。当初の進路は県内の高校を考えていたが、夏の終わりごろにひょんなことから事態は動き出す。「鳥栖の方がシュウト(古江秀大・3年=鳥栖U-18)を見に来ていた時に、たま...

サガン鳥栖U-18
永田倖大
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
夢を叶えた先輩に気く!トレーナーという生き方。(平純一朗/東京23FC)

サッカーを仕事にする事は、プロ選手になること以外にもたくさんある。今回、登場いただいた平さんは、理学療法士とアスレティックトレーナーの資格を持ち、選手のコンディショニング、リハビリのサポートを続けている。病院勤務から夜間の専門学校に通い、現在スポーツ業界の最前線で働くプロの取り組みについて聞いた。 Q1 現在の主な業務内容は? 東京23FCトレーナー、ジムのGM 「病院のドクターから紹介を受けて、5年前から東京23FCのトレーナーをしています。朝の時間帯は東京23FC、その他の時間はスポーツ医科学に基づいたメディカルフィットネスジム『リガーレ』のゼネラルマネージャーを務めています」 Q2 トレーナー道を目指したきっかけ 自分の学びたいことを仕事に 「高校の野球部を引退するタイミングで進路を考え、どうせなら自分の学びたいことを仕事にしたいと考えていました。ケガからのリハビリ等...

高校サッカー
平純一朗
東京23FC
{by} soccermama.jp
部員6人なのにコンサドーレと提携。 クラーク高と伊藤壇の夢は3年でIH。

今はまだ豪華な設備に不釣り合いな人数だが、そのギャップは遠からず埋まることだろう。 雨の中、生徒たちが集まってくる。 この日はクラーク記念国際高校サッカー部の部員6名に中学生5名、それに海外でプロを目指す選手2名の計13名だ。 競技場横の木立の中で着替え、雨のピッチに出ていく。 ランニングを始め、2人組になってトラップやロングのキックの練習を始める。すると、伊藤壇監督の同級生など社会人の選手たちが数人やってきた。 「部員がまだ6名なんで、いろんな人の力を借りて練習しています」 伊藤監督は、笑顔でそう語ピッチの中央に歩いていった。 今年2月、クラーク札幌大通キャンパスにサッカー部が創設され、監督に伊藤壇が就任することが発表された。 伊藤は、1998年ブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に入団後、アジアなど22の国と地域でプレーし、2019年に現役を引退。現在は...

伊藤壇
高校サッカー
{by} https://number.bunshun.jp
[J内定者の声]高校、大学と他県で過ごし“超地元”に帰還…2年後の湘南内定、鹿屋体育大FW根本凌「ずっと湘南に行きたかった」

2年後の湘南入団内定を決めているFW根本凌 実家は平塚駅から2駅の辻堂駅が最寄り。BMWスタジアムや練習場のある馬入ふれあい公園へのアクセスは車で30分もかからない。中学校まで湘南ベルマーレのホームタウンである茅ヶ崎市で育った。 「高校から離れたけど、自分の頭の中には湘南があった。最初にJリーグの試合を観に行った試合が湘南ということもあったけど、ずっと湘南に行きたかった」 高校、大学を他県で過ごして逞しくなったFW根本凌は、2年後の2022年より満を持して地元に帰還する。 子供のころは特別に上手い選手ではなかった。ベルマーレサッカースクール茅ヶ崎校のスーパークラスには通っていたが、ジュニアユースのセレクションに受かることはなかった。小学生の時は小和田FC、中学は元日本代表の鈴木正治さんが監督を務めたシュートFCに在籍したが、途中出場の多い控え選手だったという。 「サッ...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東】プレミアリーグ 2020 関東の開幕カードが決定!

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東が9月5、6日の両日で第1節を開催する。 今年度限定となる同リーグは、5日に横浜F・マリノスユース(神奈川)対FC東京U-18(東京)、柏レイソルU-18(千葉)対大宮アルディージャU18(埼玉)が開催。6日には横浜FCユース(神奈川)対流通経済大柏(千葉)、浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)対市立船橋(千葉)が行われる。最終節となる第7節が12月6日に4会場で行われる。 【リーグ編成】浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)大宮アルディージャU18(埼玉)市立船橋(千葉)柏レイソルU-18(千葉)流通経済大学付属柏(千葉)FC東京U-18(東京)横浜F・マリノスユース(神奈川)横浜FCユース(神奈川) ▽高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2020 関東高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ ...

高円宮杯 JFA U-18
高円宮杯
{by} koko-soccer.com
【和倉ユース】佐藤監督「戦術・牧来夢と呼んでいる」日大藤沢に型破りなセンターバック現る

3位決定戦ではFWでプレーした日大藤沢高DF牧来夢(3年) [8.5 和倉ユース大会3位決定戦 日大藤沢高3-1山口U-18 城山陸上競技場] 第8回和倉ユースサッカー大会2020の大会期間中、ひときわ目を引く個性的なセンターバックがいた。日大藤沢高のDF牧来夢(3年)だ。 本職の守備をこなしながら、ボールを持つと機を見てドリブルで中央突破。時にはシュートまで持ち込む。これが一度や二度ではない。予選リーグはもちろん、優勝した青森山田高との準決勝(●0-3)でも大胆に前へ運ぶシーンがあった。 5日に行われた3位決定戦のレノファ山口FC U-18戦(○3-1)はベンチスタート。3-1で迎えた後半23分にピッチへ送られると、向かった場所は最前線だった。 「“戦術・牧来夢”って僕は呼んでいる。(彼は)GK以外は公式戦で全てのポジションをやったことがある。本当にどこでもできます...

和倉ユース
日大藤沢高
山口U-18
{by} web.gekisaka.jp
青森山田DF藤原優大主将「浦和レッズのスピリットや責任、覚悟を背負って活躍したい」

J1浦和レッズ内定のU-18日本代表で常勝軍団青森山田の守備の要、DF藤原優大主将に現状やこれからプロになる心境をインタビューした。 ーー新型コロナウイルスの影響で今年は練習や試合などいろいろ難しい年だと思いますが、心境を聞かせてください。 そうですね、目標としていたインターハイとプレミアリーグが中止になってしまいモチベーションの維持が難しい中ですが、コロナが終息した時にそれまでの溜まったものを爆発出来るようにと思って今は練習をしています。 ーー浦和レッズの練習に参加して変化はありましたか? みなさんがコミュニケーションを取ってくれたので、レベルの高いプロ意識を学ぶことが出来ました。 ーープロ意識のところで凄いと思った選手はいましたか? 期間が短かったのでそこまで深いところまでは見れていないと思うんですが、槙野選手のプロ意識は凄いと思いました。パワフルさの中に繊細さ...

青森山田
浦和レッズ
藤原優大
{by} koko-soccer.com
【和倉ユース】GKの活躍続く青森山田。優秀GK選出の韮澤廉は自分も「全国トップレベル」証明へ

青森山田高GK韮澤廉は大会の優秀GKに選ばれた [8.5 和倉ユース大会決勝 青森山田高 5-0 履正社高 城山陸上競技場] 次は、自分が全国屈指のGKになる。青森山田高は1年時からAチームで登録されてきたGK韮澤廉(3年)が先発フル出場。先制直後の相手FKで飛び出すことができずにピンチを招いたシーンもあったが、その後はセットプレーへの対応含めて終始安定したパフォーマンスで3試合連続の無失点勝利に貢献した。 身長183cmで身体能力の高さにも定評がある。ハイボールで見せる空中姿勢は安定しており、シュートストップでも力を発揮する好守護神だ。一方で課題があることも確か。今大会の予選リーグ初戦と3戦目は自身のキック、スローのミスが失点に繋がった。だが、ポジショニング、身体の向きなど細かく指摘されながら、一つ一つ精力的に改善している最中。大会中に成長しながら前向きな結果を残した韮澤は...

和倉ユース
青森山田高
履正社高
{by} web.gekisaka.jp
【和倉ユース】大会中に学び、改善して成長。履正社が青森山田との決勝へ

履正社高MF赤井瞭太主将はダブルボランチを組むMF平岡大陽とともに気迫の攻守を続けて勝利に貢献 [8.4 和倉ユース大会準決勝 履正社高 2-1 山口U-18 和倉多目的G(Aコート)] 4日午後、第8回和倉ユースサッカー大会2020準決勝が行われ、履正社高(大阪)が2-1でレノファ山口FC U-18(山口)に勝利。履正社は5日の決勝で青森山田高(青森)と戦う。 履正社が青森山田と再戦する権利を勝ち取った。前半14分、右サイドから左へボールを展開すると、ドリブルで中へ持ち込んだMF井谷洸一郎(3年)がDFを引きつけて足裏パス。相手の守りがズレたところへ左SB寺本悠晟(3年)が豪快な左足シュートを打ち込む。平野直樹監督が「スペースがないところでスペースを作る。カットインで横ずれさせて、イメージ通り」というゴールで先制した。 だが、山口U-18も18分、MF原⽥幹太(1年)の...

和倉ユース
青森山田
{by} web.gekisaka.jp
任された『人生で一番大きな仕事』。鳥栖U-18FW兒玉澪王斗は“気持ち”でチームを牽引する

今までのキャリアで初めてキャプテンという役割に指名された薩摩隼人が、それを意気に感じないはずがない。この1年間のすべてをチームに捧げる覚悟は、もう十分すぎるほど定まっている。「今までの人生で一番大きな仕事を任されたなと。自分は『気持ちの部分で絶対勝ってやる』というプレーヤーなので、それをみんなにもやってもらいたいと思っていますし、気持ちの部分で引っ張っていきたいですね」。どんな相手にも負けたくない。どんなヤツにも負けたくない。サガン鳥栖U-18の闘将。兒玉澪王斗(3年)は圧倒的な“気持ち”でチームを牽引していく。中学時代は鹿児島県のF.Cuore U-15でプレーしていた兒玉は、3年時にJリーグのユースチームでプレーすることを決意し、日々の練習に取り組む中で、夏の九州クラブユース選手権でサガン鳥栖U-15と激突する。結果は無念のPK負け。F.Cuoreも全国大会には駒を進めたものの、“PK...

兒玉澪王斗
{by} web.gekisaka.jp