マンジュキッチが伊復帰? F・インザーギ率いるベネヴェント、昇格決定で複数の大物獲得へ
{by} www.soccer-king.jp

ベネヴェントが獲得を目指す大物 [写真]=Getty Images

 

 ベネヴェントは、アル・ドゥハイル(カタール)に所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチらの獲得を目指しているようだ。30日、イタリアメディア『AreaNapoli』が報じた。

 

 今シーズンのベネヴェントは、元ミランのフィリッポ・インザーギ監督の指揮下でセリエBを席巻。第10節から22戦連続無敗を続けており、第31節のユーヴェ・スタビア戦で3年ぶり2回目の昇格とセリエB優勝が決定した。ここまでの成績は、22勝7分1敗・総得点「56」/総失点「15」。7試合を残しての昇格決定は、1977-78シーズンのアスコリと並んで史上最速タイの記録だ。

 

 来シーズンのセリエAでの戦いにも期待が寄せられるベネヴェントは、すでに元フランス代表FWロイク・レミの獲得が決定的と現地で報じられている。マルセイユやチェルシーなどでもプレーした33歳は、メディカルチェックまで進んでおり、近日中に移籍の公式発表が行われるようだ。

 

 ベネヴェントはドルトムントの元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレの獲得にも動いており、移籍金350万ユーロ(約4億円)でクラブ間合意に近付いている模様。F・インザーギ監督が高く評価しているマンジュキッチについても、350万ユーロでの獲得を目指しているようだ。また、今年1月までユヴェントスに所属していたマンジュキッチ自身も、ヨーロッパ復帰を望んでいるという。

 

 さらに、ベネヴェントはモナコのポーランド代表DFカミル・グリクや元ローマで現在フリーの元パラグアイ代表FWフアン・イトゥルベ、さらにはナポリの元スペイン代表フェルナンド・ジョレンテの獲得も目指しているという。ただし、ナポリは現時点でF・ジョレンテの売却に否定的と見られている。このほかにも、イタリアメディア『スカイスポーツ』のジャンルカ・ディ・マルツィオ記者は、元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルの名前を挙げている。

 

関連ニュース
ディバラがセリエAのMVPに輝く!…コロナ克服し今季11得点7アシストで9連覇貢献

セリエAは4日、2019-20シーズンの最優秀選手(MVP)とポジション別の最優秀選手を発表した。 2019-20シーズンのセリエAは、新型コロナウイルスの影響による約3カ月の中断を経て8月2日に全日程が終了。ユヴェントスが前人未到の9連覇を達成して幕を閉じた。 MVPには、王者ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが輝いた。26歳のディバラはリーグ戦33試合に出場し、11ゴール7アシストを記録して優勝に貢献。3月には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半にもおよぶ感染症との戦いから回復すると、リーグ再開後は4試合連続ゴールを決めるなど復活を果たしていた。 ポジション別では、最優秀GKにユヴェントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが選ばれた。30歳のシュチェスニーはリーグ戦29試合に出場し、11試合でクリーンシートを達成した。最優秀DFはイン...

アレハンドロ・ゴメス
ヴォイチェフ・シュチェスニー
セリエA
{by} www.soccer-king.jp
ナポリ、負傷したインシーニェの診断結果を発表…離脱期間は明らかにせず

ナポリに所属するインシーニェ [写真]=Getty Images ナポリは3日、イタリア代表FWロレンツォ?インシーニェの診断結果を発表した。 インシーニェは8月1日に行われたセリエA最終節のラツィオ戦に先発出場。54分にはPKを決め、勝ち越しゴールを挙げたが、84分にエリフ?エルマスとの交代でピッチを後にした。 ナポリの公式サイトによると、インシーニェは骨浮腫を伴う左足大腿の内転筋長尺筋の損傷と診断されたという。なお、現時点で離脱期間については明らかになっておらず、今後数日の状態を見ていくことになるようだ。 今シーズンのセリエA全日程を終えたナポリだが、8日にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのバルセロナ戦を控えている。しかし、今シーズンの公式戦45試合の出場で12ゴール8アシストを記録しているインシーニェの出場は不透明となっている。...

セリエA
チャンピオンズリーグ
ナポリ
{by} www.soccer-king.jp
9連覇ユヴェントスは2連敗で終了…レッチェの降格が決定/セリエA最終節

ユヴェントスは最終節の試合後に優勝セレモニーを実施 [写真]=Getty Images セリエA最終節が8月1日〜2日かけて各地で行われ、2019-20シーズンの全日程が終了した。 史上初の9連覇を達成したユヴェントスは5位のローマと対戦。クリスティアーノ・ロナウドらを温存したが、5分にゴンサロ・イグアインの得点で先制する。しかし、その後はローマの反撃を受けて、23分にニコラ・カリニッチの同点ゴールを浴びると、44分と52分にディエゴ・ペロッティのゴールを許して1-3の逆転負け。2連敗でシーズンを終えた。それでも、試合後には優勝セレモニーを行い、9シーズン連続の快挙を祝っている。 2位のインテルはアウェイで3位のアタランタと直接対決。開始1分にダニーロ・ダンブロージオ、20分にアシュリー・ヤングがそれぞれゴールを決めて、2-0の完封勝利で最終戦を飾った。 ミランはホームに...

セリエA
ユヴェントス
{by} www.soccer-king.jp
久保建英のビジャレアル移籍が秒読み段階に!エメリ監督が熱望、買取OPはなし

今夏の移籍市場で去就に注目が集まる久保建英は、ビジャレアル(ラ・リーガ)で新シーズンを迎えることになりそうだ。 レアル・マドリーとビジャレアルが、久保建英の期限付き移籍で合意に達したようだ。スペイン『アス』が伝えた。 マジョルカでの好パフォーマンスを受け、今夏の移籍市場で繰り広げられる久保の争奪戦。パリ・サンジェルマンやアヤックス、セルティックといった国外勢に加え、レアル・ソシエダ、オサスナ、グラナダ、セルタ・デ・ヴィーゴ...

久保建英
{by} www.goal.com
ウィリアンが“ライバル”に移籍か…アーセナルが3年契約を提示

アーセナルがチェルシーFWウィリアンの獲得に近付いているようだ。英『スカイスポーツ』が伝えている。今シーズン終了後にチェルシーとの契約が切れるウィリアンだが、新たな契約は合意に達していない。ウィリアン自身はロンドンでの生活に満足しており、自分の「ホーム」とも表現するなど、残留を望んでいるという。しかし、より長期での契約を望むウィリアンと1年の契約延長を提示するクラブの交渉は難航した。チェルシーは30歳を超えた選手と複数年契約を結ばない方針をとっていたが、背番号10の引き止めのために2年契約を提示。しかし、3年契約を望むウィリアンは首を縦に振ることはなかった。以前からウィリアンに興味を示していたのが、同じロンドンに本拠地を置くアーセナル。FA杯を制して来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得し、財政的な余裕が生まれたと伝えられており、正式に3年契約を提示したようだ。若返ったチームに“経験”を加えた...

アーセナル
{by} web.gekisaka.jp
マンチェスター・ユナイテッド、サンチョ獲得交渉から撤退する可能性…ドルトムントの要求額150億円を支払う意思なし

マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)は、ドルトムント(ブンデスリーガ)が要求額を下げない限り、ジェイドン・サンチョ獲得から撤退する可能性がある。 マンチェスター・ユナイテッドは、ドルトムントFWジェイドン・サンチョ獲得から手を引く可能性がある。 ここ数年常に噂されてきたサンチョのマンチェスター・U移籍。両クラブは継続的に交渉を続けていることが複数メディアで報じられていたが、先日『BBC』はドルトムント側が交渉期限を8月10日に設定したと報道。大きな注目を集めていた。 しかし、ここに来て破談...

マンチェスター・ユナイテッド
{by} www.goal.com
マンチェスター・シティがフェラン・トーレス獲得発表!移籍金は最大44億円に

マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)への加入が決まったフェラン・トーレスはジョゼップ・グアルディオラ監督のスタイルでプレーできる喜びを語った。 マンチェスター・シティは、スペインU-21代表FWフェラン・トーレスの獲得を発表した。 今夏の移籍市場で、すでにリロイ・サネをバイエルン・ミュンヘンに売却したマンチェスター・C。ドイツ代表ウィンガーの代役を探す同クラブは、バレンシアでインパクトを残すトーレスに強い関心を示してきた。20歳のU-21スペイン代表MFに対しては、ユヴェントスやマンチェスター・ユナイテッド、ド...

マンチェスター・シティ
{by} www.goal.com
トルコ強豪ベジクタシュが吉田麻也にオファー提示か…残留目指すサンプドリアは間もなく代理人と会談へ

8月末にサンプドリア(セリエA)との契約が切れる吉田麻也は新天地に関してどのような決断を下すのだろうか。 ベシクタシュは、日本代表DF吉田麻也にオファーを送ったようだ。 今冬に7シーズン半を過ごしたサウサンプトンからサンプドリアに期限付きで加入した吉田。サウサンプトンとの契約は6月で切れ、サンプドリアとは新型コロナウイルスの影響で契約が伸びたものの、8月末に満了を迎える。 一部メディアでは、イタ...

吉田麻也
{by} web.gekisaka.jp
久保建英は37億円!日本人選手12人がランクイン…独サイトがアジア人選手の市場価値ランキングを紹介

ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt.de』が、現在市場価値が最も高いアジア人選手のランキングを紹介。上位の半数弱を日本人選手が占めていることがわかった。各国でプレーする選手それぞれのパフォーマンスや将来性、市場効果やユーザーの意見などを考慮しながら、市場価値を評価する『transfermarkt』は、先日スペインのラ・リーガのデータを更新。レアル・マドリーからレンタルでマジョルカに送り出された日本代表MF久保建英の評価額が、1350万ユーロから3000万ユーロ(約37億2000万円)に跳ね上がっていた。すると、同サイトは後日そんな久保に焦点を当てた記事を掲載。「ラ・リーガでプレーする最も大きなタレントの1人であることには疑いはない」と称賛する一方、新シーズンに向けてスペイン国内9クラブのほかアヤックスやラツィオなどが期限付きでの獲得に乗り出しているとの『マルカ』の報道も紹介...

移籍
{by} web.gekisaka.jp
今季プレミアリーグ出場はたった207分…武藤嘉紀のニューカッスル退団は既定路線か

ニューカッスル(プレミアリーグ)で苦しいシーズンを送った武藤嘉紀。『Shields Gazette』の記者3名は、退団は既定路線だと考えているようだ。 日本代表FW武藤嘉紀は、やはり今季限りでニューカッスルを離れる可能性が高いのかもしれない。イギリス日刊紙『Shields Gazette』が伝えた。 ニューカッスルで2シーズン目を迎えた武藤。序盤戦は途中交代でプレーしていたものの、昨年10月からはメンバー外が続き、ほとんど出番を与えられず。プレミアリーグでの出場は8試合(207分)に留まり、ゴールも決めることはできなかった。 『トーク・スポーツ』が選ぶ「ニューカッスル過去13年間のワースト契約」にも選ばれてしまった28歳FWだが、イギリス複数メディアで度々今季限りで退団すると報じられてきた。 そして『Shields...

武藤嘉紀
{by} www.goal.com