2019年まで徳島でプレーしたMF狩野健太が現役引退を発表…かつて横浜FM、柏、川崎にも所属
{by} www.soccer-king.jp

現役引退を発表した、徳島の狩野(写真は2019年のもの) [写真]=J.LEAGUE

 

 2019シーズンまで徳島ヴォルティスでプレーしていたMF狩野健太が1日、自身のインスタグラムを更新。現役を引退することを発表した。

 

 現在34歳の狩野は、静岡学園高等学校から2005年に横浜F・マリノスに入団。2013年には柏レイソルに移籍し、以後は川崎フロンターレや徳島を渡り歩いた。今年1月には、徳島が狩野と2020シーズンの契約を結ばないことを発表しており、狩野は同クラブを退団していた。

 

 1日にインスタグラムを更新した狩野は、以下のように現役を退く考えを明かした。

 

「15年間ありがとうございました。オファーも頂きましたが、考えた末に次の道に進む事を決意いたしました。振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。ケガに苦しみ、自分自身納得するプレーも出来ず、応援してくださる皆様に喜んでもらえなくて苦しむ時もありました。それでも、サッカーと真摯に向き合うことだけは自分に誓って15年間やってきました。それだけは自信を持って言えますし、自分の誇りです」

 

「自分がこれからやりたいことが明確になった事が、引退を決意するきっかけになりました。これまでの経験を子供達に直接伝えていきたいという思いから、今後はサッカーの個人レッスンという活動を行なっていきます。それがサッカーに対する恩返しだと思いますし、自分の使命だと感じています」

 

「Jリーグも再開されました。今までとは違う形になりますが、子供達に夢を与え共に成長していき、これからもJリーグに貢献していきたいと思っています。大好きなサッカーには携わっていきますので、今後とも変わらずよろしくお願いいたします」

 

「幼少期からプロになるまでに出会い支えてくださった皆様。プロ生活の中で出会った沢山の人達やファン、サポーターの皆様。皆様のおかげでここまでやって来ることができました。本当に感謝しています。15年間本当にありがとうございました」

 

 投稿の最後には、これまで在籍した横浜FM、柏、川崎、徳島に加え、「感謝」というハッシュタグが付けられていた。

 

この投稿をInstagramで見る

引退 15年間ありがとうございました。 オファーも頂きましたが、考えた末に次の道に進む事を決意いたしました。 振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。 ケガに苦しみ、自分自身納得するプレーも出来ず、応援してくださる皆様に喜んでもらえなくて苦しむ時もありました。 それでも、サッカーと真摯に向き合うことだけは自分に誓って15年間やってきました。 それだけは自信を持って言えますし、自分の誇りです。 自分がこれからやりたいことが明確になった事が、引退を決意するきっかけになりました。 これまでの経験を子供達に直接伝えていきたいという思いから、今後はサッカーの個人レッスンという活動を行なっていきます。 それがサッカーに対する恩返しだと思いますし、自分の使命だと感じています。 Jリーグも再開されました。 今までとは違う形になりますが、子供達に夢を与え共に成長していき、これからもJリーグに貢献していきたいと思っています。 大好きなサッカーには携わっていきますので、今後とも変わらずよろしくお願いいたします。 幼少期からプロになるまでに出会い支えてくださった皆様。 プロ生活の中で出会った沢山の人達やファン、サポーターの皆様。 皆様のおかげでここまでやって来ることができました。 本当に感謝しています。 15年間本当にありがとうございました。 KENTAKANOofficialHPを開設しました。プロフィールのリンクからぜひご覧ください。 #狩野健太 #横浜fマリノス #柏レイソル #川崎フロンターレ #徳島ヴォルティス #感謝

Kenta Kano (official)(@kanoken_14)がシェアした投稿 -


関連ニュース
嬉しいJ初ゴールは劇的決勝弾!! 群馬DF小島雅也「練習からあそこを狙うように言われていた」

[8.2 J2リーグ第9節 千葉1-2群馬 フクアリ]嬉しいJ初ゴールは値千金の決勝点となった。ザスパクサツ群馬DF小島雅也は「狙い通りだった」と振り返った。97年11月9日生まれの22歳は、ベガルタ仙台の下部組織から16年にトップチームに昇格。18年に町田、19年に金沢でプレーし、今季から群馬に加わった。開幕から7節まではベンチスタートとなったものの、前節栃木戦で初先発を飾ると、続く千葉戦でもスターティングメンバ―に名を連ねた。前半35分に千葉に先制を許す展開となりながらも、同アディショナルタイムにFW大前元紀の得点で追い付くと、後半アディショナルタイムに小島が大仕事をやってのける。大前が蹴り出した右CKがファーサイドまで流れてくると、そこに誰よりも早く反応したのが小島。滑り込みながら左足で合わせたシュートはネットを揺らす。嬉しいJ初ゴールは劇的な決勝ゴールとなった。「練習からあそこを狙...

J2リーグ
{by} web.gekisaka.jp
豪快先制点も勝利に結び付かず…千葉FW山下「細部にこだわってやらないといけない」

[8.2 J2リーグ第9節 千葉1-2群馬 フクアリ]豪快な先制点を奪った。しかし、チームの勝利に結び付くことはなかった。ジェフユナイテッド千葉の2トップの一角に入ったFW山下敬大は前線で体を張って基準点となるだけでなく、守備でも奮闘。コンビを組むFW川又堅碁とともに群馬最終ラインにプレッシャーを掛けてパスコースを限定させ、味方のボール奪取を促した。そして、前半35分には試合を動かすゴールを叩き込む。DF安田理大が前線に送った浮き球のパスを川又が落とした流れから、ボールがこぼれてくると、走り込んだのが山下。「ここにこぼれるだろうという感覚でポジションを取れた」。相手2選手も反応していたが、いち早く触れた山下の右足から蹴り出されたボールは一直線にネットに突き刺さった。先制には成功した。しかし、前半アディショナルタイムにPKで同点に追い付かれると、後半アディショナルタイムには決勝点を奪われて1...

J2リーグ
{by} web.gekisaka.jp
久保建英のビジャレアル移籍が秒読み段階に!エメリ監督が熱望、買取OPはなし

今夏の移籍市場で去就に注目が集まる久保建英は、ビジャレアル(ラ・リーガ)で新シーズンを迎えることになりそうだ。 レアル・マドリーとビジャレアルが、久保建英の期限付き移籍で合意に達したようだ。スペイン『アス』が伝えた。 マジョルカでの好パフォーマンスを受け、今夏の移籍市場で繰り広げられる久保の争奪戦。パリ・サンジェルマンやアヤックス、セルティックといった国外勢に加え、レアル・ソシエダ、オサスナ、グラナダ、セルタ・デ・ヴィーゴ...

久保建英
{by} www.goal.com
ウィリアンが“ライバル”に移籍か…アーセナルが3年契約を提示

アーセナルがチェルシーFWウィリアンの獲得に近付いているようだ。英『スカイスポーツ』が伝えている。今シーズン終了後にチェルシーとの契約が切れるウィリアンだが、新たな契約は合意に達していない。ウィリアン自身はロンドンでの生活に満足しており、自分の「ホーム」とも表現するなど、残留を望んでいるという。しかし、より長期での契約を望むウィリアンと1年の契約延長を提示するクラブの交渉は難航した。チェルシーは30歳を超えた選手と複数年契約を結ばない方針をとっていたが、背番号10の引き止めのために2年契約を提示。しかし、3年契約を望むウィリアンは首を縦に振ることはなかった。以前からウィリアンに興味を示していたのが、同じロンドンに本拠地を置くアーセナル。FA杯を制して来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得し、財政的な余裕が生まれたと伝えられており、正式に3年契約を提示したようだ。若返ったチームに“経験”を加えた...

アーセナル
{by} web.gekisaka.jp
マンチェスター・ユナイテッド、サンチョ獲得交渉から撤退する可能性…ドルトムントの要求額150億円を支払う意思なし

マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)は、ドルトムント(ブンデスリーガ)が要求額を下げない限り、ジェイドン・サンチョ獲得から撤退する可能性がある。 マンチェスター・ユナイテッドは、ドルトムントFWジェイドン・サンチョ獲得から手を引く可能性がある。 ここ数年常に噂されてきたサンチョのマンチェスター・U移籍。両クラブは継続的に交渉を続けていることが複数メディアで報じられていたが、先日『BBC』はドルトムント側が交渉期限を8月10日に設定したと報道。大きな注目を集めていた。 しかし、ここに来て破談...

マンチェスター・ユナイテッド
{by} www.goal.com
マンチェスター・シティがフェラン・トーレス獲得発表!移籍金は最大44億円に

マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)への加入が決まったフェラン・トーレスはジョゼップ・グアルディオラ監督のスタイルでプレーできる喜びを語った。 マンチェスター・シティは、スペインU-21代表FWフェラン・トーレスの獲得を発表した。 今夏の移籍市場で、すでにリロイ・サネをバイエルン・ミュンヘンに売却したマンチェスター・C。ドイツ代表ウィンガーの代役を探す同クラブは、バレンシアでインパクトを残すトーレスに強い関心を示してきた。20歳のU-21スペイン代表MFに対しては、ユヴェントスやマンチェスター・ユナイテッド、ド...

マンチェスター・シティ
{by} www.goal.com
トルコ強豪ベジクタシュが吉田麻也にオファー提示か…残留目指すサンプドリアは間もなく代理人と会談へ

8月末にサンプドリア(セリエA)との契約が切れる吉田麻也は新天地に関してどのような決断を下すのだろうか。 ベシクタシュは、日本代表DF吉田麻也にオファーを送ったようだ。 今冬に7シーズン半を過ごしたサウサンプトンからサンプドリアに期限付きで加入した吉田。サウサンプトンとの契約は6月で切れ、サンプドリアとは新型コロナウイルスの影響で契約が伸びたものの、8月末に満了を迎える。 一部メディアでは、イタ...

吉田麻也
{by} web.gekisaka.jp
久保建英は37億円!日本人選手12人がランクイン…独サイトがアジア人選手の市場価値ランキングを紹介

ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt.de』が、現在市場価値が最も高いアジア人選手のランキングを紹介。上位の半数弱を日本人選手が占めていることがわかった。各国でプレーする選手それぞれのパフォーマンスや将来性、市場効果やユーザーの意見などを考慮しながら、市場価値を評価する『transfermarkt』は、先日スペインのラ・リーガのデータを更新。レアル・マドリーからレンタルでマジョルカに送り出された日本代表MF久保建英の評価額が、1350万ユーロから3000万ユーロ(約37億2000万円)に跳ね上がっていた。すると、同サイトは後日そんな久保に焦点を当てた記事を掲載。「ラ・リーガでプレーする最も大きなタレントの1人であることには疑いはない」と称賛する一方、新シーズンに向けてスペイン国内9クラブのほかアヤックスやラツィオなどが期限付きでの獲得に乗り出しているとの『マルカ』の報道も紹介...

移籍
{by} web.gekisaka.jp
今季プレミアリーグ出場はたった207分…武藤嘉紀のニューカッスル退団は既定路線か

ニューカッスル(プレミアリーグ)で苦しいシーズンを送った武藤嘉紀。『Shields Gazette』の記者3名は、退団は既定路線だと考えているようだ。 日本代表FW武藤嘉紀は、やはり今季限りでニューカッスルを離れる可能性が高いのかもしれない。イギリス日刊紙『Shields Gazette』が伝えた。 ニューカッスルで2シーズン目を迎えた武藤。序盤戦は途中交代でプレーしていたものの、昨年10月からはメンバー外が続き、ほとんど出番を与えられず。プレミアリーグでの出場は8試合(207分)に留まり、ゴールも決めることはできなかった。 『トーク・スポーツ』が選ぶ「ニューカッスル過去13年間のワースト契約」にも選ばれてしまった28歳FWだが、イギリス複数メディアで度々今季限りで退団すると報じられてきた。 そして『Shields...

武藤嘉紀
{by} www.goal.com
ラ・リーガ半数クラブや国外強豪も関心!久保建英に西記者「19歳で多くの爪痕を残した」

レアル・マドリー(ラ・リーガ)からのレンタルが濃厚な久保建英。関心を抱くセルタの地元メディア記者が、移籍の可能性や選手のプレーについて言及している。 レアル・マドリーからの期限付き移籍が濃厚な日本代表MF久保建英について、『エル・デスマルケ』ビーゴ版の記者が特集を組んだ。 2019-20シーズンはレンタルでマジョルカに加入し、35試合で4ゴール4アシストを記録した久保。試合毎に大きなインパクトを残し、スペイン各メディアから絶賛を浴びている。 そんな19歳の日...

レアル・マドリー
{by} www.goal.com