ニュース > 日本 > 本文
【“天才”回顧録】早熟系FWだった森崎嘉之。「努力しなくても、なんでもできた」
{by} https://www.soccerdigestweb.com/

市船では3年次に選手権を制覇。自身は決勝でのハットトリックを含め、大会通算8ゴールを挙げて得点王に輝いた。(C)SOCCER DIGEST

 

 ここでは、高校時代に市船のエースとして名を馳せ、3年次の選手権では優勝を飾り、得点王にも輝いた森崎嘉之の蹴球ストーリーをお届けする。

 

――◆――◆――

 

 いわゆる早熟系だったと思います。自分で言うのもなんですが運動神経の良い子どもでしたね。例えば、バク転も2、3回練習すれば、すぐできちゃう、みたいな。

 

 身長も大きくて足も速かったし、小4から始めたサッカーも、努力しなくても、なんでもできてしまうというか。小6までに右足のキックはカーブもサイドチェンジもノンステップで蹴れるようになって、高校時代の名波浩さん(左利き)を見て真似していたら、中1で左足も完璧に蹴れるようになりましたね。

 

 ボールを蹴るのが楽しくて、キープしたら、まずは一番遠くの味方を見ていました。そこに蹴れるし、受け手もフリーだし。どうすれば一番チャンスになるか。それもよく考えていたから、遠くのフリーの選手を探していたっていうのもあります。そこにバシッと通せば、見ている人も「おっ」という反応をしてくれる。それも嬉しかったですね。

 

“蹴る”という意味では、シュートも打つ前にビジョンが浮かんで、狙っていないけど凄いコースに決まるという。これは今でも理由が分からないんですけど(笑)。

 

 人が苦労して習得することを簡単にできたから、それ以上のプレーを見せたいとは常に考えていました。今でこそ、シザース(ボールをまたぐフェイント)はそれほど珍しくはないけど、昔まだ誰もやっていない時に、テレビで海外のプロの選手がやっているのを見て、習得しました。自分は右利きだけど、右足でまたいで、左足でドンと打つのが得意でしたね。

 

 高校は市船に進学しましたが、やれる自信しかなかったです。周りの人と比べても、「俺、全然できる。間違いなく俺のほうが上手い」って。そもそも、他の誰かを見て凄いと思ったことがなかった。それぐらい、自分に自信があったんでしょうね。

 

 練習は一生懸命にやりましたよ。でも、走るだけの練習は少し手を抜いていたかな(笑)。やっぱり、ボールを蹴るのが楽しかったので。ただ走るだけって、退屈なんですよね。サッカーをやるなら楽しく。それはずっと大事にしてきたことですね。

 

 プロになった後、思うような活躍ができなかったのも、サッカーが楽しくなくなったからだと思います。前からディフェンスしろと言われても、それで体力を削られて、FWとしての仕事をする時に全力を出せないのも、ちょっと違うなって。守備をそこまでしていないのに試合に出られる他の選手もいて、それもまた面白くなくて。誰かのせいにしたかった部分もあったと思います。そうこうしているうちに、フェードアウトした感じですね。

 

 今は、サッカースクールで子どもたちを教えています。勝ち負けにこだわらず、技術向上を重視。しっかりとしたスキルさえあれば、ポゼッションでもカウンターでも、どんなスタイルのサッカーにも対応できるはずですから。

 

 高校時代に、布(啓一郎/現・松本監督)先生に教わったことも思い出しながら指導しています。指導者によくある傾向で、わりと上手な子には、言わなくてもできるからそこまで教えたりしないと思うんですけど、布先生は違いましたね。自分のシュート練習も付きっきりで見てくれたりする。本当に“育てられた”という感じです。

 

 自分も指導する立場になって、できない子だけでなく、できる子にもいろいろと言ったり、寄り添うようにしています。もっと上手くしてあげたいって。プレーの否定はしないで、「あと3通りぐらいパターンがあるけど、分かる?」とか、そういう投げかけをして、引き出しを増やすようにする。布先生も、そうやって自分に接してくれたので。

 

 とにかく、単純に上手くなってほしいし、“違い”を作れる選手を育てていきたい。技術をちゃんと身に付ければ、たとえプロになれなくても、ずっとサッカーを楽しめる。せっかく始めたサッカーを、途中でやめてしまう人もいて、それはもったいないと思うんですよ。草サッカーでも「上手いね!」と言われたら嬉しいじゃないですか。大人になっても、ボールを蹴って、楽しんでほしい。そういう想いで、指導にあたっています。


取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

 

関連ニュース
東京五輪サッカー男子 U-24日本代表がフランスに4発快勝でグループ首位通過!準々決勝はニュージーランドと

第32回オリンピック競技大会サッカー(男子)は7月28日にグループリーグ第3戦が行われ、A組首位の日本がフランスと対戦。前半27分、3戦連発となる久保建英のゴールで先制。さらに酒井宏樹のゴールで追加点を奪うと、後半も2点を加え4-0と快勝。グループを首位通過した。日本は7月31日の準々決勝でニュージーランドと対戦する。 試合は前半から日本が主導権を握る展開。すると前半27分、“日本の至宝”久保建英が今大会3戦連続となるゴールで先制。さらに34分には酒井宏樹がゴールを奪いリードを広げる。 迎えた後半も立ち上がりから攻める日本。吉田麻也やこの試合が初先発となった冨安健洋らを中心とした守備陣も堅守を見せる。すると70分、三好康児が3点目を奪うと、後半アディショナルタイムにも前田大然がダメ押しゴールを奪い、フランスを相手に4-0で快勝。 グループを3連勝で首位通過した日本は、7月31日...

オリンピック競技大会サッカー
U-24日本代表
{by} koko-soccer
あわや大怪我…三好に危険プレーのフランスFWを母国紙が批判「許されない」

U-24日本代表MF三好康児に対する危険なプレーで一発退場となったU-24フランス代表FWランダル・コロムアニに関し、フランス『ル・フィガロ』が「許されない」と非難した。 フランスは28日に行われたグループリーグ最終節で日本と対戦。0-4の大敗を喫し、1勝2敗で決勝トーナメント進出を逃した。コロムアニは三好がチーム3点目を挙げた後の後半27分、タッチライン際でキープを図る三好の右ふくらはぎ付近を踏みつけてイエローカード。その後、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経てレッドカードに変更となった。 最初からボールではなく三好の右足を踏みにいっているように見え、妥当な判定だったといえる。三好は踏まれながら右膝を折り曲げるような形でピッチに崩れ落ちたが、大事には至らず、最後までプレーを続けた。 同紙はこのシーンについて「ランダル・コロムアニは三好への許されない足裏によるレッド...

U-24日本代表
三好康児
{by} web.gekisaka.jp
五輪サッカー女子ベスト8決定! なでしこジャパンも滑り込み…強豪激突の準々決勝カードは?

東京五輪のサッカー女子は27日にグループリーグ最終節を行い、ベスト8が決定。イギリス女子代表、カナダ女子代表、日本女子代表(なでしこジャパン)、オランダ女子代表、ブラジル女子代表、スウェーデン女子代表、アメリカ女子代表、オーストラリア女子代表が準々決勝に進出した。 E組は首位・イギリスと2位・カナダの首位争いがドローで終了。勝ち点1を分け合い、順位が変わることはなかった。一方、1敗1分で崖っぷちのなでしこジャパンは最下位のチリと対戦。拮抗状態が続き、ピンチも乗り越えると、後半32分にFW田中美南が決勝点。1-0の勝利で3位を確定させた。 F組は上位と下位がくっきり分かれた。首位オランダは最終節・中国戦で8-2の快勝。2位ブラジルは1人退場となったザンビアに苦戦しながらも、1-0で勝利を収めた。ザンビアが3位、中国が4位で確定している。 G組は全勝のスウェーデンが首位通過。1勝1敗1分のアメ...

東京五輪のサッカー女子
{by} web.gekisaka.jp
「自分の中でも初めての経験」…替えがきかない右SB、驚異のタフネスぶり発揮の清水梨紗

[7.27 東京五輪GL第3節日本女子 1-0 チリ女子宮城] 替えがきかない選手であることを証明している。中2日で続いたグループリーグ3連戦。キャプテンのDF熊谷紗希とともに、ピッチに立ち続けているのが、なでしこジャパン(日本女子代表)DF清水梨紗だ。 「他の国際大会と五輪が一番違うのは過密日程だと思う。中2日で、一番多くて6試合。今日で3試合出たけど、自分の中でも初めての経験だったので、コンディションの部分は難しく感じる」 しかし、勝利だけが求められたGL第3節チリ戦でもタフネスぶりを発揮した。持ち場となる右サイドで激しい上下動を続ける。本職となる守備では粘り強く相手に対応して、自サイドからの侵入を封じ、攻撃に転じれば一気に駆け上がって好機を生み出そうとした。 中2日での連戦。コンディションは万全ではないかもしれない。しかし、ピッチ上で見せるプレーからは、そんなことは微塵も感じさせない...

東京五輪GL
{by} web.gekisaka.jp
あふれる涙を抑えられず…岩渕真奈「まだまだ足りない、まだまだ戦わないといけない」

[7.27 東京五輪GL第3節日本女子 1-0 チリ女子宮城] 背番号10を背負ったエースは、相当な重圧を感じていたようだ。なでしこジャパン(日本女子代表)FW岩渕真奈は、決勝トーナメント進出を決めたチリ戦後、「今まで感じたことのないようなプレッシャーを感じていた」と胸の内を明かした。 第2節を終えて1分1敗の未勝利。勝ち点1の3位に沈むチームが、自力で決勝トーナメント進出を決めるには勝利だけが求められた。引き分けならば他会場の結果によってグループリーグ突破の可能性を残すが、敗れれば、その時点で大会から姿を消すことになる状況だった。 「1試合目に面食らって、2試合目も難しい試合で、3試合目に勝たないといけない状況が自分たちを少しずつ強くしている感じはあるけど、まだまだ足りない、まだまだ戦わないといけない。自分たちが目指す何かを感じ取ってもらえるようなプレーを今日はしようと話していた」 序盤...

東京五輪GL
{by} web.gekisaka.jp
元なでしこ永里優季が五輪新種目の競技に挑戦も?「楽しくなった」「失敗しても笑うしそのあと果敢に攻めるし」

元なでしこジャパン(日本女子代表)のFW永里優季(レーシング・ルイビル/アメリカ)が27日に自身のツイッター(@Yuki_Ogimi)を更新し、東京オリンピックのスケートボード・ストリートに関して語った。 今大会から新種目となった同競技では25日に男子の堀米雄斗、26日に女子の西矢椛が金メダルを獲得するなど、日本人選手が大きな旋風を巻き起こしている。 永里は「オリンピックのスケボー・ストリートを観てて感じたのは、本当にストリートで遊んでいるような感覚で楽しんでいる姿をみて自然と観ていて楽しくなったこと。失敗しても笑うしそのあと果敢に攻めるし、トリック決めたら感情爆発させるし」と感銘を受けた様子。「スケボーやりたくなった人絶対多いと思う。←私もその1人」と明かした。 このツイートが投稿された27日には、なでしこジャパンがグループリーグ最終節のチリ女子代表戦に臨む。チームはここまで1分1敗と未...

日本女子代表
{by} web.gekisaka.jp
東京五輪で活躍の堂安律に蘭メディアも注目…注目の来季去就は?「彼はまだ諦めていない」

U-24日本代表として戦う堂安律。大会終了後、新シーズンはPSV(エールディビジ)でプレーすることになるようだ。 U-24日本代表としてオリンピックで奮闘するMF堂安律について、オランダ『ED』も注目している。 昨季はPSVからブンデスリーガのビーレフェルトへレンタルされ、残留に導くゴールを決めるなど活躍を見せた堂安。そして迎えた東京五輪では、U-24メキシコ代表戦(2-1)で1ゴール1アシストをマーク。金メダルを目指すチームを10番としてけん引している。 そんな堂安の活躍に、オランダメディアも注目しているようだ。『ED』は「PSVの堂安と(メキシコ代表エリック)グティエレスは、代表チームで良いビジネスを行っている」と題し、「彼らはそれぞれ日本とメキシコにとって、重要な存在である」と指摘。23歳MFについて、以下のように続けた。 「堂安律は自国開催のオリンピックで、日本をけ...

東京五輪
U-24日本代表
{by} www.goal.com
外国人ジャーナリストが東京五輪サッカーを巡って問題発言「彼女は太りすぎ」「女子サッカーは全く面白くない」

オランダ人のスポーツジャーナリストがブラジル女子代表GKバーバラに対し、侮辱的な発言をしたとして、国内外で大きな批判を受けているようだ。ブラジル『R7』など複数メディアが報じている。 ブラジル女子代表は24日、東京オリンピックのグループF第2節でオランダ女子代表と対戦し、3-3で引き分けた。 オランダのテレビ番組に出演したヨハン・デルクセン氏は、この試合でのバーバラのパフォーマンスを厳しく非難。「このGKは太りすぎではないか? 彼女はセーターを着た豚だ。ブラジル代表にとって完全に笑いものだね。彼女は本当にまともなボールを止めていなかった」と言い放ったという。 さらに口撃の対象は女子サッカーにも及び、「番組で何か話さなければならないので、試合を観戦していた。私はサッカーよりもハンドボールやサイクリングなど、他の女子スポーツの方が好きだ。女子サッカーは全く面白くない。だが、オランダはブラジルよ...

東京オリンピック
{by} web.gekisaka.jp
「悔いなく駆け抜けて」メキシコ戦前に森保一監督高校時代恩師がエール

東京五輪のサッカー男子日本代表を率いる森保一監督(52)の長崎日大高時代の恩師である下田規貴(きよし)元監督(74)が、自国開催の祭典で金メダルを目指す教え子にエールを送った。日本は25日午後8時から1次リーグ第2戦で強豪のメキシコと対戦(埼玉スタジアム)する。日本は南アフリカに、メキシコはフランスに、ともに初戦を制している。 【取材、構成=岡崎悠利】 ◇◇◇ 南アフリカとの初戦はよく勝ち点3をもぎ取った。ただ、いつものようなもっとアグレッシブな試合が見たい。チームの前評判もいい中で初戦の固さは感じたが、1つ試合をしたことでよりよくなるだろう。 森保は本当に誰とでも仲良くできる、面倒見のいい性格だった。当時は周りにたばこを吸うような生徒もいたが、そんな連中からも慕われるような、器量の大きさがあった。今も選手やスタッフとのコミュニケーションを非常に大切にしているようだし、昔から変...

東京五輪
{by} www.nikkansports.com
山根ら元同僚も話題に…スケボー金メダリストと田中碧が似ている? 「え?碧やん。似過ぎ事件」

東京五輪のスケートボード男子ストリートで堀米雄斗選手が金メダルを獲得したことで、サッカーファンの間では東京五輪に出場しているU-24日本代表MF田中碧(デュッセルドルフ)と堀米選手が似ていることが話題になっている。 田中は川崎フロンターレの下部組織で育ち、2017年にトップ昇格。Jの舞台で頭角を現し、19年はベストヤングプレーヤー賞を受賞した。20年はチームのJ1制覇に大きく貢献し、自身初のJリーグベストイレブンに選出された。今夏デュッセルドルフへの移籍が実現した、U-24日本代表の注目ボランチ。今大会も主力としてここまで全2試合にフル出場し、チームの連勝に貢献している。 ネット上では2人の容姿が似ていると話題に。SNS上には「堀米くんと田中碧くん似てる」「めちゃくちゃ似てるやん」といった声が高まり、「碧だけじゃなく車屋っぽさもあるね」というファンの意見も。25日夜に行われたGK今川正樹(...

東京五輪
{by} web.gekisaka.jp