ニュース > 日本 > 本文
【“天才”回顧録】早熟系FWだった森崎嘉之。「努力しなくても、なんでもできた」
{by} https://www.soccerdigestweb.com/

市船では3年次に選手権を制覇。自身は決勝でのハットトリックを含め、大会通算8ゴールを挙げて得点王に輝いた。(C)SOCCER DIGEST

 

 ここでは、高校時代に市船のエースとして名を馳せ、3年次の選手権では優勝を飾り、得点王にも輝いた森崎嘉之の蹴球ストーリーをお届けする。

 

――◆――◆――

 

 いわゆる早熟系だったと思います。自分で言うのもなんですが運動神経の良い子どもでしたね。例えば、バク転も2、3回練習すれば、すぐできちゃう、みたいな。

 

 身長も大きくて足も速かったし、小4から始めたサッカーも、努力しなくても、なんでもできてしまうというか。小6までに右足のキックはカーブもサイドチェンジもノンステップで蹴れるようになって、高校時代の名波浩さん(左利き)を見て真似していたら、中1で左足も完璧に蹴れるようになりましたね。

 

 ボールを蹴るのが楽しくて、キープしたら、まずは一番遠くの味方を見ていました。そこに蹴れるし、受け手もフリーだし。どうすれば一番チャンスになるか。それもよく考えていたから、遠くのフリーの選手を探していたっていうのもあります。そこにバシッと通せば、見ている人も「おっ」という反応をしてくれる。それも嬉しかったですね。

 

“蹴る”という意味では、シュートも打つ前にビジョンが浮かんで、狙っていないけど凄いコースに決まるという。これは今でも理由が分からないんですけど(笑)。

 

 人が苦労して習得することを簡単にできたから、それ以上のプレーを見せたいとは常に考えていました。今でこそ、シザース(ボールをまたぐフェイント)はそれほど珍しくはないけど、昔まだ誰もやっていない時に、テレビで海外のプロの選手がやっているのを見て、習得しました。自分は右利きだけど、右足でまたいで、左足でドンと打つのが得意でしたね。

 

 高校は市船に進学しましたが、やれる自信しかなかったです。周りの人と比べても、「俺、全然できる。間違いなく俺のほうが上手い」って。そもそも、他の誰かを見て凄いと思ったことがなかった。それぐらい、自分に自信があったんでしょうね。

 

 練習は一生懸命にやりましたよ。でも、走るだけの練習は少し手を抜いていたかな(笑)。やっぱり、ボールを蹴るのが楽しかったので。ただ走るだけって、退屈なんですよね。サッカーをやるなら楽しく。それはずっと大事にしてきたことですね。

 

 プロになった後、思うような活躍ができなかったのも、サッカーが楽しくなくなったからだと思います。前からディフェンスしろと言われても、それで体力を削られて、FWとしての仕事をする時に全力を出せないのも、ちょっと違うなって。守備をそこまでしていないのに試合に出られる他の選手もいて、それもまた面白くなくて。誰かのせいにしたかった部分もあったと思います。そうこうしているうちに、フェードアウトした感じですね。

 

 今は、サッカースクールで子どもたちを教えています。勝ち負けにこだわらず、技術向上を重視。しっかりとしたスキルさえあれば、ポゼッションでもカウンターでも、どんなスタイルのサッカーにも対応できるはずですから。

 

 高校時代に、布(啓一郎/現・松本監督)先生に教わったことも思い出しながら指導しています。指導者によくある傾向で、わりと上手な子には、言わなくてもできるからそこまで教えたりしないと思うんですけど、布先生は違いましたね。自分のシュート練習も付きっきりで見てくれたりする。本当に“育てられた”という感じです。

 

 自分も指導する立場になって、できない子だけでなく、できる子にもいろいろと言ったり、寄り添うようにしています。もっと上手くしてあげたいって。プレーの否定はしないで、「あと3通りぐらいパターンがあるけど、分かる?」とか、そういう投げかけをして、引き出しを増やすようにする。布先生も、そうやって自分に接してくれたので。

 

 とにかく、単純に上手くなってほしいし、“違い”を作れる選手を育てていきたい。技術をちゃんと身に付ければ、たとえプロになれなくても、ずっとサッカーを楽しめる。せっかく始めたサッカーを、途中でやめてしまう人もいて、それはもったいないと思うんですよ。草サッカーでも「上手いね!」と言われたら嬉しいじゃないですか。大人になっても、ボールを蹴って、楽しんでほしい。そういう想いで、指導にあたっています。


取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

 

関連ニュース
C大阪U-23の17歳FW新保が途中出場でデビュー、母でモデルのMALIA.は「息子を誇らしくも、尊敬する」

セレッソ大阪U-23は5日にJ3リーグ第2節を行い、ガンバ大阪U-23との対戦は0-0でスコアレスドロー。今季から2種登録されているFW新保海鈴が途中出場でデビューを飾った。 新保はモデルのMALIA.と松本山雅FCに所属する元日本代表DF田中隼磨の息子。今節の後半20分にFW澤上竜二に変わって途中出場を果たした。 MALIA.は自身のインスタグラム(@malia_tencarat)を更新し、息子のデビューをテレビ越しに見守った様子を投稿。さらに、息子のこれまでの道のりについて「なりたい。じゃダメなんだよ。なる。なった。の書き方だよ。と、教えたとき彼は10歳だったけど、ノートに書いた計画通り、それよりもはやいスピードで自分の人生を進む息子を誇らしくも、尊敬する。Jリーグデビューおめでとう」と喜びを伝えている。...

セレッソ大阪U-23
Jリーグ
{by} web.gekisaka.jp
10人で1点を追う展開で出場…柏MF戸嶋祥郎「どんな状況であれ結果を」

7.4 J1第2節 柏0-1FC東京 三協F柏今季、アルビレックス新潟から柏レイソルに加入したMF戸嶋祥郎が、J1&日立台デビューを飾った。2018年に筑波大から新潟に加入すると、ルーキーイヤーで32試合、翌シーズンは34試合と主力選手として活躍した。新天地の柏では、公式戦初戦のルヴァン杯で途中出場を果たしていた。リーグ中断明けのFC東京戦でホームの三協フロンテア柏スタジアムで初めてプレーしたが、MFヒシャルジソンが退場、FC東京に先制点を献上した直後という難しい場面での投入となった。それでも「J1は初めてだったので、気合いが入っていた」という戸嶋は、ヒシャルジソンに代わってそのまま1ボランチにおさまると、ボールを散らして起点となった。「なんとか引き分けに持ち込みたい」(ネルシーニョ監督)柏は、MF神谷優太、FW仲間隼斗と新加入選手をピッチに送り込んだが、最後まで得点を奪うことはで...

Jリーグ
{by} web.gekisaka.jp
3か月ぶりのJ1リーグ再開にドイツ紙も注目「どの試合もまだ観客がいないが…」

新型コロナウイルス感染拡大に伴う約3か月の中断をはさみ、4日に再開した明治安田生命J1リーグ。ドイツ紙『キッカー』も、J1の再開を伝えている。長きにわたる中断をはさみ、ついに再開を迎えたJ1リーグ。降格なしやVAR導入の見送り、リモートマッチ、5人の交代枠など様々な変更が加えられた中、4日に9試合が行われている。『キッカー』は、「コロナパンデミックから約3か月の休養を経て、日本のJリーグも再開を報告」とし、最初にヴィッセル神戸の試合結果を伝えた。「アンドレス・イニエスタや元ブンデスリーガーの酒井高徳、山口蛍も先発。だが、終了間際には0-3となった。トレステン・フィンク監督は『結果を見れば明らかかもしれないが、我々は今日やりたかったプレーを見せた』と公式HPで語っている。それでも、より優れたチームが勝利した」と綴り、サンフレッチェ広島戦の敗戦を伝えている。また「元ブンデスリーガーが絡んだもう...

Jリーグ
{by} www.goal.com
J再開「交代5人ルール」を8割が活用…愛媛は3枚替えで4発大逆転、“前半40分”起用でJ2初ゴールという例も

新型コロナウイルスの影響で発生した過密日程を見据え、世界中のリーグ戦では「交代枠5人」の臨時ルールが採用されている。JリーグでもJ2再開・J3開幕を迎えた27日から適用スタート。28日までに行われたJ2第2節、J3第1節では、全40チームのうち32チームが4人以上の交代を行っていた。(19チームが5人交代、13チームが4人交代)交代枠の拡大により、指揮官の動きが早まる傾向も見られた。臨時ルールでは交代回数は3回までに限られるが、ハーフタイムの交代は回数に算入されない。そのため合計12チームが後半開始時に交代選手を投入した。徳島と対戦した愛媛FCは0-3で迎えたハーフタイムに3枚替えを敢行。これが呼び水となって劇的な大逆転勝利を収めていた。試合後、愛媛の川井健太監督は「まるでジェットコースターに乗っているような試合だった。前半でわれわれが3失点するというのも正直予想していなかった」としつつ、...

Jリーグ
{by} web.gekisaka.jp
「去年の悔しさがあった」…プロ2年目の大宮MF小野雅史、初先発で初ゴール

[6.27 J2リーグ第2節 千葉0-1大宮 フクアリ]左足から蹴り出したFKは壁に当たった。コースが変わってゴール前に向かった先には千葉の選手。しかし、クリアミスとなったボールはゴールネットを揺らす。大宮アルディージャMF小野雅史にとって、J初ゴールが生まれた瞬間だった。昨季、明治大から大宮に加入した小野はリーグ戦2試合に出場。いずれも途中出場だった。そして、2年目を迎えた今季の開幕戦ではメンバー外だった。しかし、約4か月の中断期間を挟み、リーグ戦再開となった千葉戦で、リーグ戦初先発を飾ることになった。「去年の悔しさがあった。中断期間中も絶対に出てやるという覚悟を持っていた」覚悟を持って試合に臨んだ23歳にチャンスが巡ってきたのは、前半アディショナルタイムだった。PA外右で得たFK。ボールの前にはMF翁長聖とDF河面旺成、そして小野の姿があった。「セットプレーの練習のときから、局面の中で...

J2リーグ
{by} web.gekisaka.jp
「何が何でもJ1に」長崎が開幕2連勝! 手倉森監督は采配的中も「ズバリでしたけど…」

[6.27 J2第2節 長崎2-1北九州 トラスタ]4か月という未曾有の中断期間を挟んで2連勝。V・ファーレン長崎が2年ぶりのJ1復帰に向けて好スタートを切った。「九州ダービーをモノにできてホッとしています」。そう振り返った手倉森誠監督はテレビの前で観戦するサポーターに向けて「県民が来られる状況まで絶対に負けるわけにいかない。そして来た時からも絶対に勝ちましょう」と宣言した。前半5分、3バック採用を活かしたサイド攻撃で左ウイングバックのDF亀川諒史が先制点を奪うと、後半20分には2枚替えで投入したばかりのFWビクトル・イバルボとFWルアンによる連係から追加点を奪取。手倉森監督の用兵が功を奏した。もっとも、後半20分までは「(采配は)ズバリでしたけど、取った後のゲーム運びがね……」と指揮官。その後は徐々に攻め込まれると、同34分にはセカンドボールを拾われて失点しており、「逃げ切りのような勝ち...

J2
{by} web.gekisaka.jp
日向坂46影山優佳が選ぶJと海外の推し選手は?

私物のアストンビラのユニホームを着た日向坂46の影山優佳 いよいよJリーグが再開(J3開幕)します。熱烈なサッカー愛の持ち主で人気アイドルグループ日向坂46の影山優佳(19)のインタビュー第2回では、自身の選ぶ「推し選手」を発表してもらいました。【取材・構成=松尾幸之介、横山慧】 ◇◇◇ 影山優佳です。今回は私のJリーグの推し選手ベスト3を発表させていただきます!第3位は柏のFWオルンガ選手(26)です。昨季はJ2最終節で1試合8得点のJリーグ新記録もつくった怪物ぶりが今年も見られるんじゃないかなと思います。今季昇格したJ1でも得点王争いに入ってくることを期待しています。 第2位は広島のMF東俊希選手(19)です。東京五輪世代のU-23日本代表にも選ばれていて、技術とパワーを兼ね備えています。サイドバックやウイングバックなど、いろんなポジションでプレーできる器用さもある、...

日向坂46
影山優佳
Jリーグ
{by} www.nikkansports.com
Jリーグ 会場での飲食物など販売 ルール修正も検討

サッカーJリーグは、来月10日以降、観客を入れる試合での飲食物などの販売について各クラブの意見や要望を踏まえ、ガイドラインで示したルールの修正も検討していくことになりました。 サッカーJリーグは今月末から段階的に公式戦を再開し、来月10日以降は、政府の「基本的対処方針」に従って、入場者の上限を5000人、または収容人数の半分程度以内の、いずれか少ないほうまで観客を入れて試合を開催する方針を示しています。 今月、発表した感染防止のガイドラインでは、観客を入れる試合での飲食物などの扱いについて、当面は、アルコールを除く飲み物だけとし、入場者の規制がさらに緩和される8月1日からは、食べ物も追加で認められます。 これについて22日開かれた各クラブの代表などが参加する実行委員会では、売店でのアルコールの販売は社会通念上、許されるのではないかという意見や、7月中は認められていないグッズなど...

Jリーグ
{by} www3.nhk.or.jp
AFCの年間表彰式が中止へ「きらびやかな祝祭が適切なのか…」

アジアサッカー連盟は今年12月にカタール・ドーハで行われる予定となっていた年間表彰式を、新型コロナウイルスの世界的流行を受けて中止すると発表した。AFCのサルマン・アル・ハリファ会長は17日に発表した声明で「新型コロナウイルスのパンデミックは世界中の人々の生活を変えただけでなく、スポーツ界、サッカー界に課題を突きつけた。われわれの大陸だけでなく、世界中で何千人もの命を奪った」とし、「この困難な時期に尊敬と共感を示す必要があり、きらびやかな祝祭の夜が適切なのかを検討した」と理由を述べた。AFCは毎年冬に年間表彰式を開催。アジア加盟国の国籍を持つ男女それぞれのプレイヤー・オブ・ジ・イヤー(最優秀選手賞)の他、アジア外でプレーする最優秀国際選手賞、アジア外の国籍を持つ最優秀外国籍選手賞、最優秀ヤングプレーヤー賞、最優秀フットサル選手賞、最優秀監督賞を選出している。国内関係では昨年、なでしこジャパ...

アジアサッカー連盟
{by} web.gekisaka.jp
浦和、“無観客”経験クラブの文言を訂正「清水のみなさまに不快な思いを…」

浦和レッズは18日、同日に発表していた無観客試合の開催について声明の中の一文について訂正を発表。「浦和レッズは、唯一『無観客試合』を経験しているクラブ」の「唯一」が誤りだったと伝えている。 浦和は18日に無観客試合の開催について声明を発表。一般社団法人日本トップリーグ連携機構が決めた新名称『リモートマッチ』ではなく、独自に『ONE HEART MATCH』という呼び方を使用することを伝えていた。 クラブ側によるファン・サポーターとのつながりを強調した声明となったが、その文中の新名称を採用した理由については「浦和レッズは、唯一『無観客試合』を経験しているクラブです」と説明。サポーターによる差別的な横断幕が出されたことを受け、Jリーグからの制裁措置として課された2014年のJ1第4節のことを指していると見られ、対戦相手の清水エスパルスの存在には言及せず、SNS上では指摘の声が挙がってい...

Jリーグ
浦和レッズ
{by} web.gekisaka.jp