バルセロナがピャニッチ獲得を正式発表!アルトゥールとの大型トレード実現
{by} www.goal.com

 

 バルセロナ(ラ・リーガ)は、ユヴェントス(セリエA)からミラレム・ピャニッチを獲得。実質アルトゥールとの大型トレードとなった。

 

 バルセロナは29日、ユヴェントスからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチを獲得したことを発表した。

 

 2016年にユヴェントスへ加入し、以降セリエA3連覇を経験したピャニッチ。加入以降は公式戦171試合に出場するなど中心的な役割を担ってきたが、すでにユヴェントス移籍が発表されたアルトゥールと入れ替わる形でバルセロナへ新天地を求めることが決定した。

 

 バルセロナは、ピャニッチの移籍金としてユヴェントスへ6000万ユーロ(約72億円)を支払う様子。また、成績に応じて500万ユーロ(約6億円)のボーナスも付帯するようだ。なお、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFは、バイアウト条項が4億ユーロ(約480億円)に設定された2024年夏までの4年契約を締結している。

 

 バルセロナは公式ウェブサイト上で、ユヴェントスから加入するピャニッチについて「中盤のどこでもプレーできる。深い位置から攻撃に参加する能力と、エクセレントなフリーキックの能力でゴールをシェアしてきた。さらに、技術面、読み、そして献身性により、彼は今日のフットボール界最高のミッドフィールダーの1人になった」と紹介した。

 

 なお、バルセロナはアルトゥールを7200万ユーロ(約87億円)+インセンティブ1000万ユーロ(約12億円)で放出することになり、実質トレードという形で契約がまとまっている。

関連ニュース
ラツィオがミランに完封負けで首位と勝ち点差7に…ユヴェントスはトリノ・ダービー制す/セリエA第30節

セリエA第30節が各地で行われた [写真]=Getty Images 7月4日から5日にかけてセリエA第30節が各地で行われた。 首位ユヴェントスはホームでトリノとの“トリノ・ダービー”を戦った。アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがエリア内での華麗なボールさばきで先制に成功すると、その後コロンビア代表MFフアン・クアドラードが追加点を挙げる。前半終了間際にトリノが1点を返すが、後半もポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのフリーキック弾などで再び突き放したユヴェントスがダービーを4-1で勝利した。 2位ラツィオはホームにミランを迎えた。首位猛追のためにも勝ち星を挙げたかったラツィオだが、ミランの23分のトルコ代表MFハカン・チャルハノールのゴールを皮切りに、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのPKとクロアチア代表FWアンテ・レビッチのゴールで3-0の完封...

セリエA
{by} www.soccer-king.jp
長友佑都、セリエA帰還へ? 昇格ベネヴェントがオファー検討か

来季セリエA復帰が噂される長友 [写真]=Getty Images 6月30日にガラタサライを退団し現在フリーとなっている日本代表DF長友佑都が、セリエAに帰還する可能性があるようだ。イタリアメディア『トゥットスポルト』が5日に報じた。 長友は2010年7月にFC東京からチェゼーナに移籍しセリエAに初挑戦すると、活躍を評価され半年後の2011年1月にインテルへ電撃移籍。2018年1月にガラタサライへと活躍の場を移すまで、約7年半もの間をセリエAで過ごした。ガラタサライではリーグ連覇も経験したが、今年1月からはリーグ戦登録メンバーを外され、6月30日に契約満了によって退団することとなっていた。 新天地として噂に挙がっているベネヴェントは、今季セリエBを圧倒的な強さで制覇。来季のセリエA挑戦が決まり、既にアル・ドゥハイル(カタール)に所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキ...

インテル
ガラタサライ
セリエA
{by} www.soccer-king.jp
セティエン・バルセロナ覚醒!メッシをトップ下に据える新システムでビジャレアルに快勝…首位レアル・マドリーを追う

ラ・リーガ第34節、バルセロナが輝かしいパフォーマンスでビジャレアルに圧勝した。 5日のラ・リーガ第34節、バルセロナは敵地セラミカでのビジャレアル戦に4-1で快勝した。 同日にアスレティック・ビルバオを下した首位レアル・マドリーとの勝ち点差は7。バルセロナが優勝をあきらめないためには、何としてでも勝利が必要な一戦となる。 この試合でセティエン監督は新たなシステムを使用。GKテア・シュテーゲン、DFセメド、ピケ、ラングレ、ジョルディ・アルバ、MFブスケッツ、セルジ・ロベルト、ビダル、そしてFWではメッシをトップ下、その前にグリーズマン&ルイス・スアレスを置く4-3-1-2とした。 バルセロナにとっては、この試合が転機となるのかもしれない。ウィング不在のためにオーバーラップする両サイドバックが幅を取り、ビジャレアルのDFとMFのライン間でビダル、セルジ・ロベルト、グリーズマン...

ラ リーガ
バルセロナ
{by} www.goal.com
レアル、DFハキミのインテル移籍合意を発表…契約期間は2025年6月末まで

インテル移籍が決定したハキミ[写真]=Getty Images レアル・マドリードは2日、インテルとモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの移籍で合意したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。なお、インテルの発表によると、2025年6月末までの契約となる。 現在21歳のハキミは2018年にレアル・マドリードから2年のレンタルでドルトムントに加入。今シーズンは公式戦45試合に出場し、9ゴール10アシストを記録しブレイクした。 レアル・マドリードは「アクラフが2006年に下部組織に到着して以来、長年にわたって、献身的で意識高く模範的な振る舞いをしてくれたことに感謝し、彼の新ステージでの幸運を願っています」とコメントしている。...

アクラフ・ハキミ
インテル
セリエA
ドルトムント
レアル・マドリード
{by} www.soccer-king.jp
3位インテル、大量6得点で19位ブレシャに完勝…4試合無敗で好調を維持

ブレシアに6-0で勝利したインテル[写真]=Getty images セリエA第29節が7月1日に行われ、インテルとブレシャが対戦した。 3位インテルがリーグ戦12試合勝ち星のない降格圏19位ブレシャをホームに迎えた一戦。試合を動かしたのはインテルだった。5分、右サイドのクロスからアシュリー・ヤングがボレーで合わせて先制した。 19分にはブレシャのアレス・マテジュがエリア内でファールを犯してインテルがPKを獲得。アレクシス・サンチェスが決めて2-0とした。前半終了間際の45分にはCKからダニーロ・ダンブロージオがヘディングシュートを決めてリードを3点に広げる。 後半に入っても攻勢を弱めないインテルは52分、ペナルティエリア右側からのFKにロベルト・ガリアルディーニがヘディングで合わせ4点目を奪う。試合終盤の83分にはロメル・ルカクが放ったシュートのこぼれ球をクリスティアン...

インテル
セリエA
ブレシャ
{by} www.soccer-king.jp
マンジュキッチが伊復帰? F・インザーギ率いるベネヴェント、昇格決定で複数の大物獲得へ

ベネヴェントが獲得を目指す大物 [写真]=Getty Images ベネヴェントは、アル・ドゥハイル(カタール)に所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチらの獲得を目指しているようだ。30日、イタリアメディア『AreaNapoli』が報じた。 今シーズンのベネヴェントは、元ミランのフィリッポ・インザーギ監督の指揮下でセリエBを席巻。第10節から22戦連続無敗を続けており、第31節のユーヴェ・スタビア戦で3年ぶり2回目の昇格とセリエB優勝が決定した。ここまでの成績は、22勝7分1敗・総得点「56」/総失点「15」。7試合を残しての昇格決定は、1977-78シーズンのアスコリと並んで史上最速タイの記録だ。 来シーズンのセリエAでの戦いにも期待が寄せられるベネヴェントは、すでに元フランス代表FWロイク・レミの獲得が決定的と現地で報じられている。マルセイユやチェルシーなどで...

アンドレ・シュールレ
カミル・グリク
ジョン・オビ・ミケル
セリエA
{by} www.soccer-king.jp
F・インザーギ率いるベネヴェント、2度目のセリエA昇格決定! 史上最速タイ

“ピッポ”率いるベネヴェントが2部優勝&1部昇格 [写真]=Getty Images セリエB(イタリア2部)第31節が29日に行われ、首位ベネヴェントは退場者を出しながらもユーヴェ・スタビアを1-0で撃破。この結果、ベネヴェントの1部昇格と2部優勝が決定した。 ベネヴェントの1部昇格は、5位からプレーオフを勝ち上がった2016-17シーズン以来、史上2度目のこととなる。初のセリエA挑戦となった17-18シーズンは1年で降格。昨季は3位でフィニッシュも、昇格プレーオフで敗れて2部残留となった。 ベネヴェントは昨年夏、現役時代にミランなどで活躍した元イタリア代表FWフィリッポ・インザーギ氏を新監督に招へい。開幕8試合で5勝3分と好発進を切ったが、第9節のペスカーラ戦では0-4の大敗を喫した。それでも、同試合以降はここまで22試合無敗を貫いており、22勝7分1敗・総得点「56...

セリエA
セリエB
フィリッポ・インザーギ
ベネヴェント
{by} www.soccer-king.jp
「私に何を言わせたいのか」バルサ指揮官、選手と口論&メッシの無視に関する質問に…

バルセロナのキケ・セティエン監督が29日に記者会見を行い、クラブが抱える問題についての質問を受けた。スペイン『アス』が伝えている。バルセロナは27日のリーガ・エスパニョーラ第32節でセルタと2-2のドローに終わり、翌日に勝利を収めた首位レアル・マドリーに勝ち点2差をつけられた。同試合をめぐっては、FWリオネル・メッシが飲水タイム中に話しかけようとするエデル・サラビア助監督を無視する場面がカメラにとらえられたほか、終了後にはドレッシングルームで選手たちと指揮官が采配に関して口論となったことなどが報じられている。セティエン監督は「思っていた以上にチーム管理が難しくなっていると感じていますか?」という質問に「いや、確かに人生と同じで論争があるのは事実だが、物事のとらえ方や考え方は人それぞれだからね。これが当たり前のことなんだ。私も昔は簡単な選手ではなかった」と回答。「コミュニケーションはうまくい...

バルセロナ
{by} web.gekisaka.jp
アルトゥールがバルセロナサポーターに別れのメッセージ…「応援してくれたみんな、本当にありがとう」

バルセロナへの高い忠誠心を持つことで知られていたアルトゥール [写真]=Getty Images バルセロナからユヴェントスに移籍することが発表されたブラジル代表MFアルトゥールが、自身のInstagramアカウントでファンに惜別のメッセージを送った。 アルトゥールはバルセロナから移籍が正式発表されて間も無く、Instagramを更新。決意とどこか寂しさを感じさせる表情を浮かべた自身の肖像を投稿し、以下のようにメッセージを記している。 「僕は目の前のことに集中している。バルセロナには重要な目標があり、今季はそれを果たすために、チームメイトとサポーターのために全力を尽くす。これまで応援してくれたみんなには、『本当にありがとうございました』と伝えたい。それだけだ」 ...

バルセロナ
ユヴェントス
アルトゥール
{by} www.soccer-king.jp
ハメス・ロドリゲスのレアル・マドリー退団決定的に…今後プレーを拒否、移籍金は30億円とも

ハメス・ロドリゲスはレアル・マドリー(ラ・リーガ)でのプレーを拒否。選手、クラブともに今夏の移籍を望んでいるようだ。 コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、今夏のレアル・マドリー退団が決定的となった。 5日に行われたラ・リーガ第34節で、アスレティック・ビルバオに1-0と勝利したレアル・マドリー。しかし、この試合でハメスはベンチ外に。試合後、ジダン監督は「彼は自身の理由で外れたがった。理由は我々の中のことなので、これ以上話すつもりはない」と語っている。 スペイン『マルカ』によると、ハメスは今後レアル・マドリーでプレーすることを拒んでおり、両者ともに今夏の移籍が利益になると考えているという。残り契約が1年となった中、クラブは2カ月以内に売却するか来夏フリーでの放出を余儀なくされる。上層部はコロナ禍においての財政状況を踏まえ、年俸700万ユーロ(約8億4500万円)の削減に動いて...

ラ リーガ
レアル・マドリー
{by} www.goal.com