芽生え始めた確かな自信。京都U-18DF木邨優人は“格の違い”を見せ付けられる戦士へ
{by} web.gekisaka.jp

京都サンガF.C.U-18のグラディエーター、木邨優人(4番)

 

 世代最高峰のステージで試合に出続けた経験は、自分の力を信じるに足る明確な後ろ盾として息衝いている。もっと大きく、もっと高く、羽ばたけると。「去年はほとんどの試合に出させてもらって、自分としては結構チームの活躍に貢献できたかなと考えていますし、今年はチームの中心としてやっていく中でも、“格の違い”を見せられる選手になって、プロの世界に入っていきたいなと思っています」。京都サンガF.C.U-18のグラディエーター。木邨優人(3年)はディフェンダーとして、“格の違い”を見せ付けられる戦士へ進化を遂げる。

 

 威圧感すら漂わせる風貌とは対照的な、笑顔のかわいらしさが印象に残る。「練習が再開して最初の2週間は1時間ぐらいしかできなかったんですけど、ずっと1人でトレーニングとかしていたら、みんなとサッカーできひんのが違和感で、みんなとサッカーできている時間が恋しかったので、とても新鮮でした。今はメッチャ楽しいです」。言葉の端々にサッカーができる嬉しさが滲み出る。

 

 1年時から何度もベンチメンバーには入ったものの、公式戦の出場機会は訪れなかったため、高円宮杯プレミアリーグWESTデビューは昨シーズンの開幕戦。自身にとって特別な舞台に胸が躍る。「僕は大阪出身なんですけど、初めてプロの試合を見に行ったのが長居スタジアムで、『あそこでプレーしたい』とずっと思っていて、その1つの夢が叶った瞬間だったので嬉しかったですね」。

 

 試合はアビスパ福岡U-18に4-1と快勝したが、タイムアップのピッチに木邨の姿はなかった。「足が攣りました(笑) もう緊張からです。終わった後にチームメイトからは『なんで攣ったん?』とか結構イジられました」。順調にスタートしたように見えた2019年シーズンだったが、すぐに試練がやってくる。第4節の名古屋グランパスU-18戦で、スタメンから外れたのだ。

 

「3節のセレッソ戦で、僕のミスで失点して負けてしまって、次の試合はスタメンを外れて… メッチャ悔しかったですね。なので、そのセレッソに負けた試合の、僕がミスした時のポジショニングの位置を何回もビデオで見直したり、コーチにディフェンスのことを聞きに行ったりして、何とか改善しようとしました」。

 

 グランパスにも競り負け、連敗を喫した中で迎えた第5節の愛媛FC U-18戦。キックオフを待つ木邨は燃えていた。「またスタメンに戻れて、『絶対にやってやろう』という気持ちで取り組みました」。前半39分。右CKのチャンスにファーサイドへ突っ込むと、夢中で蹴り込んだボールがゴールネットを揺らす。

 

 終わってみれば無失点勝利の上に、プレミア初ゴールのおまけ付き。「今は十分にサッカーできていないので、特に自分の課題を見つめ直せる期間やと捉えている中で、スタメンを外れた時に『自分の何があかんかったんやろう』って考えた経験が生きていると思います」。あの“3試合”が意味する所は、誰よりも自分がよくわかっている。

 

 昨シーズンの木邨を語る上で、重要なのは“先輩”の存在。一緒にセンターバックを組んでいた井上航希(現・沼津)からもたらされたものは、少なくないという。「試合中にミスしても、一番に声を掛けてくれるのが井上選手で、ディフェンスのやり方やヘディングの練習も一緒にやって、凄く参考になる先輩でした。ビルドアップも落ち着いていて、最終ラインのラインコントロールも率先してやってくれたので、とても学ぶことが多かったです」

 

 忘れられない言葉がある。「3年生がプレミアリーグを最後に戦った後で、『来年はオマエがチームを引っ張っていけよ』と言われて、それは心に残っています。嬉しかったですね」。それでも、最大限のリスペクトを払いながら、頼もしい言葉が口を衝く。「僕の夢に到達するためには、超えていかないといけない存在だと思います」。今よりもっと成長した彼らが再びコンビを組む日は、果たしてやってくるのだろうか。

 

 前嶋聰志監督は木邨の成長を誰よりも認めているうちの1人だ。「本当に粗削りな所が洗練されてきて、その成長スピードという意味で去年の1年は大きかったですね。彼は今年の副キャプテンにしたんですよ。タフに頑張り続けた結果、2年生で試合に全部出られて、『これから背負っていくものって何なの』と言った時に、外部から来た選手がそういうのを背負ってもいいんじゃないかなという想いもあって、『(中野)桂太のサポート頼むな』とお願いしてるんですけど、頑張ってやってくれています。メッチャいい男だなと思います」。

 

 憧れはレアル・マドリーのセルヒオ・ラモス。「闘争心を持っていて、キャプテンシーがあって、点も獲れるディフェンダーで、球際でも絶対に相手を潰していますし、ロングキックのサイドチェンジもできるので、参考にするべき選手やなと思っています」。自身も2年続けて4番を背負っていることに水を向けると、「実は結構意識しています」と再びかわいい笑顔が広がった。

 

 もう足を攣ってイジられていた時の自分とは違う。“僕の夢”を叶えるため、意識を一段高い所に置いている。「去年はほとんどの試合に出させてもらって、自分としては結構チームの活躍に貢献できたかなと考えていますし、今年はチームの中心としてやっていく中でも、“格の違い”を見せられる選手になって、プロの世界に入っていきたいなと思っています」。

 

 世代最高峰のステージで試合に出続けた経験は、自分の力を信じるに足る明確な後ろ盾として息衝いている。もっと大きく、もっと高く、羽ばたけると。京都サンガF.C.U-18のグラディエーター。向かってくるヤツはすべて潰してみせる。木邨優人はディフェンダーとして、“格の違い”を見せ付けられる戦士へ進化を遂げる。

 

■執筆者紹介:
土屋雅史
「(株)ジェイ・スポーツに勤務。群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」(亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ)。」

 

関連ニュース
来季湘南加入が内定した帝京長岡のディフェンスリーダー松村晟礼。春先の大敗、連敗も糧に…日本一への決意を語る

来季湘南加入が内定した帝京長岡のディフェンスリーダー松村晟礼。春先の大敗、連敗も糧に日本一への決意を明かす! 帝京長岡のキャプテンを務める松村。来季の湘南加入内定が発表された。写真:安藤隆人 2大会連続の選手権ベスト4に輝いた帝京長岡。昨年2年生で最終ラインを統率した松村の湘南加入内定が発表された 昨年、2大会連続の選手権ベスト4に輝いた帝京長岡から、新たなJリーガーが誕生した。昨年、2年生ディフェンスリーダーとして最終ラインを統率したCB松村晟礼の来季湘南ベルマーレ加入内定が発表された。 彼の特徴は182cmの高さを持ちながら、足もとの技術に長け、視野の広さも備える点だ。特に左足のキックの精度は高く、常にピッチを隅々まで見渡しており、最終ラインから対角に通すパスや同サイドにつける縦パス、そしてハーフスイングからFWにダイレクトにつけるクサビのパスなど攻撃の起点となるパ...

帝京長岡
高校サッカー
{by} soccerdigestweb
「プロ輩出」を最優先する淡路島の新設校から、無名の高校3年生・福井悠人がJ3デビューを果たすまで

小中高校を通して全国大会の経験が一度もなかった選手がJ3の舞台へ 7月10日、理想的な環境を整え「プロフェッショナル・フットボール・アカデミー」と命名された通信制高校の一期生がプロのピッチに立った。18歳の誕生日を2日後に控えた彼には、小中高校を通して全国大会出場の経験が一度もない。つまりJ3が、初めての「全国大会」になった。 福井悠人は、ラ・リーガでのプレーを夢見て、ネイマールに憧れるサッカー少年だった。小学生時代に一度大阪府トレセンに呼ばれたことはあるが、他に際立った勲章はない。大阪府内では強豪の賢明中学から同高校に進学するが、入学して間もない5月には退学してスペインへ留学した。 「マドリードのクラブチームでプレーし、どこかのタイミングでプロのカンテラ(下部組織)へ移籍しようと思っていました」 ところが留学して7か月後に、ビザの更新が叶わず帰国を強いられてしまう...

高校サッカー
福井悠人
{by} soccerdigestweb
何かを起こす男。京都U-18MF黒澤蒼太がジョーカー起用に応える同点弾!

[7.28 日本クラブユース選手権U-18大会グループステージ 大宮U18 1-1 京都U-18 前橋工業高校G] 残り10分での投入。自分のやるべきことは明確だった。「フレッシュな状態で入るので、前から追い掛けることと、蹴られた時にセカンドボール回収は考えていて、『とりあえず運動量を増やしてやってくれ』と言われたので、そういう気持ちで入りました」。京都サンガF.C.U-18のジョーカーとして、MF黒澤蒼太(2年=京都サンガF.C.U-15出身)は1点ビハインドのピッチに解き放たれる。 6分後。千載一遇のチャンスが到来する。左サイドを崩した流れから、SBの飯田陸斗(1年)が深い位置まで持ち運ぶと、黒澤は瞬時に自らの取るべきポジションを察知する。「最初はニアに飛び込もうと思ったんですけど、1人フォワードの選手が潰れてくれて、マイナスが空いていたので、そこで待っていたら良いボールが来て...

日本クラブユース選手権U-18大会
{by} web.gekisaka.jp
クラセンはラウンド16のカードが決定!前回王者の鳥栖、プレミア勢の大宮、横浜FMがグループステージ敗退

第45回日本クラブユース選手権(U-18)大会は28日、グループステージ3日目の15試合を行った。 A組のサガン鳥栖U-18(九州1)と川崎フロンターレU-18(関東5)が対峙した一戦は、川崎F U-18が2-0で勝利。同組のFC東京U-18(関東9)も勝ったため、3チームが勝ち点6で並んだが、得失点差で川崎F U-18とFC東京U-18が勝ち抜け。前回王者の鳥栖U-18はグループステージで姿を消した。 B組はジェフユナイテッド千葉U-18(関東8)とV・ファーレン長崎U-18(九州2)がそれぞれ勝利し、勝ち点、得失点差、総得点とすべて並んだものの、直接対決の結果で千葉U-18がグループステージ突破。C組は大宮アルディージャU18(関東3)に終盤で追い付いた京都サンガF.C.U-18(関西2)が、この日試合のなかったジュビロ磐田U-18(東海3)とともに決勝トーナメントへ進出している。なお...

日本クラブユース選手権
{by} web.gekisaka.jp
第28回Jリーグユース選手権の大会方式が変更

Jリーグは理事会において、新型コロナウイルス感染拡大の影響により「2021Jユースリーグ第28回Jリーグユース選手権」の大会方式について変更することを決定した。変更点は下記のとおり。 【変更点】 1.グループステージの実施期間を延長し、完了期日を10月24日(日)から12月31日(金)とする2.10月30日(土)~11月13日(土)の日程にて予定していたノックアウトステージを中止とする3.グループステージの順位をもって、2021Jユースリーグの最終結果とし、表彰の対象をグループステージ1位のチームに変更 なお、変更に至った経緯としては、「新型コロナウイルス感染拡大によりアカデミー活動が制限される中、4月~6月の期間で多くの試合が中止・延期となっていることから、協議の結果、2021Jユースリーグのスケジュールにおいて現行の大会方式の実施は困難と判断したため」としている。...

第28回Jリーグユース選手権
{by} koko-soccer
全国の強豪チームが参加の和倉ユースがついに開幕!

高校年代最高峰の高円宮杯 JFA U−18サッカープレミアリーグ2021 EASTで現在首位に君臨し、前回大会を制した青森山田(青森)をはじめ、前回大会準優勝の履正社(大阪)、プレミアリーグ所属の流通経済大柏(千葉)と市立船橋(千葉)、大津(熊本)、ガンバ大阪ユース(大阪)といった全国の強豪40チームが出場する第9回和倉ユースサッカー大会が開幕した。 グループEでは青森山田(青森)対大津(熊本)というプレミアリーグに所属チーム同士が対戦し、1-0で青森山田が勝利、グループJではプレミアEAST所属の流通経済大柏(千葉)と武南(埼玉)の一戦が行われ、1-1の引き分けに終わっている。 またグループDではプレミアWESTに参戦しているユースの強豪・ガンバ大阪ユース(大阪)と、プリンス関東に所属している高体連の名門・前橋育英(群馬)が対戦し、前橋育英が3-1で勝利している。 なお、今日...

高円宮杯 JFA U−18
和倉ユース
{by} koko-soccer
日大藤沢・森重陽介「長所を増やして日本のトップレベルでプレーしたい」

198cmの長身や長い足を活かした走力、ダイナミックなプレーで将来を嘱望されている日大藤沢のFW森重陽介。チームではFWもCBもこなすなど、MLBの大谷翔平を思わせる“二刀流”も魅力だ。チームメイトで同学年のDFアッパ勇輝(2年)のU-17日本代表候補入りに触発され、練習の取り組み方も変わってきたという彼に、チームの話や将来の思いなどについて話を聞いた。 ーー試合前の練習を見ていて“大きいな”と思いましたが、身長はどれくらいありますか? 今は198cmです。 ーー前の所属チームを教えてください 東京ヴェルディジュニアユースです。 ーーチームメイトのアッパ選手(=勇輝)がU-17日本代表候補に選出されて、いちばん喜んでいて、いちばん悔しがっていたそうですが? ふたりで常に切磋琢磨してきたのでアッパがU-17日本代表候補に選ばれて、自分も負けていられないなと思っています...

日大藤沢
森重陽介
{by} koko-soccer
ジュニアから貫くV・ファーレン愛。長崎U-18MF安部大晴は「今を大事にして」さらなる成長を誓う

[7.26 日本クラブユース選手権U-18大会グループステージ 長崎U-18 1-0 秋田U-18 ロ ード宮城総合運動場陸上競技場] アカデミー生え抜きの自分が、このクラブで活躍することの意味は、もちろん十分過ぎるほどに理解している。「ずっと下部組織にジュニアからいるのは自分だけなので、そこはちゃんとクラブに育ててもらったという意味でも、頑張らないといけないなという想いはありますし、1,2年後にはトップチームでも主力でスタメンを獲って、活躍していきたいなと思います」。クラブ史上最年少の16歳でJリーグデビューを飾ったレフティ。V・ファーレン長崎U-18のキーマン、MF安部大晴(2年=V・ファーレン長崎U-15出身)の“クラブ愛”は間違いなく本物だ。 初戦のジェフユナイテッド千葉U-18戦は0-1の惜敗。チームとしても絶対に勝利の欲しい2戦目。ブラウブリッツ秋田U-18と対峙したゲームでも...

日本クラブユース選手権U-18
{by} web.gekisaka.jp
桃山学院大MF片淵竜鳳(2年)_快勝引き寄せた小兵、全国での“大暴れ”誓う

[7.22 第50回関西学生サッカー選手権準決勝大阪体育大1-4桃山学院大 ヤンマースタジアム長居] 「最初は上手くリズムを作れなかった」と桃山学院大・松本直也監督が話した試合の流れを変えたのは、サイドを切り裂くドリブラーMF片淵竜鳳(2年=立正大淞南高)の惜しみない動きだった。大阪体育大の左MF河村匠(3年=尚志高)に勢いあるサイド攻撃で圧力をかけられる分、桃山大の左がオープンになる。「飲水タイムで、右で作って左に展開っていうイメージを共有できた」と松本監督が狙った通りに、右サイドでボールを持ったMF水野畝蓮(2年=東福岡高)が中央へ出したクロスに、逆サイドから走り込んだ片淵がうまく合わせ、先制点。試合の流れを一気に桃山大に引き寄せた。 フィジカルの強さがある大体大に対峙すると、つぶされてしまう選手も多いが、片淵は小柄ながらも、そこでぐっと入っていき、一人で局面を打開できる力強さがある。...

関西学生サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp
関西福祉大GK水井龍也(4年)_亡き母への思い…得意のPK戦を制し、創部初の全国切符

[7.18 第50回関西学生サッカー選手権準々決勝京都産業大0-0(PK3-4)関西福祉大 J-GREEN堺メインフィールド] 創部7年目で初の全国大会出場権を獲得。関西福祉大にとって、チームの新たな歴史を刻む試合となった。 「京都産業大は巧い選手が多いので、ファーストDFをしっかりやろうということと、ボールを持たれたくない選手のケアを共有しよう」という中田洋平監督の意図どおり、前半は相手の攻撃をうまく封じられた。だが、後半になると前からのプレッシャーがかからなくなり、引いて守る時間帯が続いた。 そんな苦しい状況でも、格上相手に一歩も引かずに跳ね返した。試合前の円陣での「全国大会に出られるチャンスは、4回生にとってはこれが最後かもしれない」という言葉にいっそう気持ちが入り、最上級生を中心に粘り強く110分を闘いぬいた。 2回戦の大阪大戦に続いて、今大会2度目のPK戦となったが、GK水井龍也...

関西学生サッカー選手権
{by} web.gekisaka.jp