内側で揺らめく静かな炎。京都U-18MF中野瑠馬がドリブルの先に見据える未来
{by} web.gekisaka.jp

 

 悔しい気持ちがなかったと言ったら嘘になる。それでも、自分の中で折り合いを付けつつ、もっと活躍する未来をイメージしながら、謙虚に前を向いた。「あの時はちょっと自分を上に見過ぎていたというか、『代表に入らなあかん』みたいな感じで思っていたんです。でも、ワールドカップも学ぼうとテレビで見ていましたし、やっぱりもっと学ぶものがあったなと思っています」。内側で揺らめく静かな炎の温度は決して低くない。京都サンガF.C.U-18の超絶スラローマー。中野瑠馬(3年)は自らのドリブルの先に、確かな未来を見据えている。

 大阪の賢明学院中学サッカー部で技術を磨いていた15歳は、ある試合をきっかけに古都の名門へと進路を取ることになる。「プーマカップという大会でサンガと試合をして、その時に声を掛けてもらって、練習会に行ったんですけど、実際に寮も見させてもらって、学校にも行かせてもらって、『サッカーに集中できる環境が整っているな』と思ったのでサンガを選びました」。

 1年時から既に高円宮杯プレミアリーグWESTで2得点を挙げるなど、上々の高校生活を滑り出したものの、一転して昨年は想定外の事態からスタートした。「2月にケガして、プレミア開幕のちょっと前ぐらいに治ったんですけど、全然試合に絡めないうちにまたケガしてしまって、『2年ではもっと活躍しよう』と思っていたので、結構焦りが出てきていました」。最初の中断に入る6節までのリーグ戦出場は通算で20分程度。なかなか思うような流れを作り出せない。

 ようやく才能が輝いたのは、第8節のガンバ大阪ユース戦。2点リードで迎えた後半6分。左サイドでボールを受けた中野は、エリア内でマーカーを切り返しながらちぎると、飛び出したキーパーまでかわして中央にラストパス。完璧なアシストを決めてみせる。「アレ、ホンマはオウンゴールなんですよ。味方が触っていないんです」と本人は笑うが、そのドリブルの切れ味は驚異的。さらにカウンターから自らもゴールを奪い、結果という形でチームの勝利に貢献。ここを境に再び自信を纏(まと)い始める。

 その陰にあった“先輩たちのアシスト”も語り落とせないという。「去年は特にチームでプレーしやすかったですね。『ミスしてもどんどん仕掛けろ』みたいにずっと言われていて、日常でも学年とか良い意味であまり関係なく、メッチャ周りの人たちがやりやすかったので、それも調子が良くなってきた要因かなと思います。クラブユースもそういうのが出たから楽しかったですね」。

 本人も言及した真夏のクラブユース選手権でも、全6試合でスタメンに指名され、3得点を記録。ベスト4進出の一翼を担う活躍を披露する。だが、大きな目標に置いていた10月のFIFA U-17ワールドカップメンバーからは落選。世界の扉を叩く機会はお預けとなった。

「アジア予選が終わってから、去年はワールドカップを目標にやっていたんですけど、7月の新潟国際でのプレーが全然ダメ過ぎたので、逆に『そらそやろな』みたいな感じでしたね。結構落ち込みましたけど、切り替えようと思っていました」。悔しい気持ちがなかったと言ったら嘘になる。それでも、自分の中で折り合いを付けつつ、もっと活躍する未来をイメージしながら、謙虚に前を向いた。

「あの時はちょっと自分を上に見過ぎていたというか、『代表に入らなあかん』みたいな感じで思っていたんです。でも、ワールドカップも学ぼうとテレビで見ていましたし、やっぱりもっと学ぶものがあったなと思っています」。何を学ぶかは明確だった。ドリブルには自信がある。あとは試合の流れを感じて、どう動いていくか。とりわけ同い年で、タイプも近い三戸舜介(JFAアカデミー福島U-18)のプレーが参考になったという。

 今年からサンガの指揮官を務める前嶋聰志監督は、「表には出さないけど、かなり自分の中でメラメラしているものは抱えていたのかなと思います」と心情を推し量りながら、中野に対する期待を隠さない。「彼と言ったら『スピード、ドリブル突破、カットインからシュート』じゃないですか。でも、インサイドハーフとかやったら上手いんですよ。そういう前線のちょっと気を配ることが必要なポジションへトライさせた時に『こんな能力があるんだ』って一番思わされたのは瑠馬なんですよね。だからこそ、これからがものすごく楽しみです」。

 この自粛期間で、サッカーへ対する想いもより深まったようだ。「最初はこんなにサッカーできひんようになると思っていなかったですし、2か月ぐらいずっと寮から家に帰る期間があって、『サッカーをやりたいな』とずっと思っていて、やっぱりみんなでやるのは楽しいので、仲間の良さを感じました」。その上で、残された時間でやるべきことも明確に捉えている。

「1対1のドリブルは負けない自信があって、そういう所はまだまだ上でも戦えると思っていますけど、試合の中で相手のことを観察したりする部分が自分はまだ足りていないと思うので、そういう所をもっと伸ばしていかないといけないと感じています。U-17ではワールドカップに出られなかったので、大人になってA代表でワールドカップに出たいですね」。

「もともとはプレミアで得点王を目指していたんですけど、残っている試合でもチームの中心になって活躍したろと考えていますし、今年はトップに上がれるか決まる年なので、そのためにも最高学年として、チームの中心になって引っ張っていければいいと思っています」。

 内側で揺らめく青い炎の温度は決して低くない。次に世界と対峙するチャンスが来たら、自分が主役になってみせる。京都サンガF.C.U-18の超絶スラローマー。中野瑠馬は自らのドリブルの先に、確かな未来を見据えている。

関連ニュース
編集部が厳選!! 2020年の高校サッカー界を彩る注目株300選~北海道・東北編

名門・青森山田からふたりの逸材! 山形内定アタッカーも 北海道・東北の高校から注目すべきタレントを紹介。今年の高校サッカー界を賑わせる逸材はいったい…。(C)SOCCER DIGEST 夏のインターハイが史上初の中止となった。活躍の場を奪われて苦渋の日々を送りながらも、開幕が近づく高円宮杯や秋の選手権予選に向けて、全国各地のチームも選手たちも雌伏のときを過ごしている。 昨年以上に群雄割拠の様相を呈するなか、スターダムを駆けあがりそうな注目タレントは誰か。ここではプロ内定を勝ち取りそうなキラ星から一気に声価を高めている上昇株や期待のルーキーまで、編集部が厳選した男女300人の『逸材』たちを紹介する。初回は北海道・東北編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。U‒00=年代別日本代表(2019~20年実績)、高校選抜=日本高校選抜(欧州遠征メン...

高校サッカー
北海道
{by} https://www.soccerdigestweb.com/
【令和2年度徳島県高校総体代替大会サッカー競技】徳島市立、徳島北、徳島科技などが準々決勝進出

徳島北高のMF豊田雄也主将は突破力を示して快勝に貢献 新型コロナウイルスの影響により中止となった徳島県高校総体サッカー競技に代わる代替大会、令和2年度徳島県高校総体代替大会サッカー競技の大会2日目が7月5日に行われた。 昨年度は夏冬ともに全国大会で8強入りを果たした徳島市立は3-1で城東に勝利。令和元年度徳島新人戦(新人選手権大会)4強の徳島北と徳島科技はそれぞれ、徳島文理と鳴門渦潮に勝利し8強進出を決めた。そのほか、小松島と川島、池田、つるぎ、吉野川が勝利し準決勝進出を決めた。 準々決勝 2020.07.11 09:30 徳島市立 - 徳島科学技術 2020.07.11 10:00 小松島 - 川島 2020.07.11 11:00 徳島北 - 吉野川 2020.07.11 11:30 池田 - つるぎ...

高校サッカー
徳島市立
徳島北高
{by} koko-soccer.com
“セクシーフットボール”の深層(下)~無名の公立校が示した育成の本質~

監督として野洲高を日本一へ導いた山本佳司・現甲南高教頭(左)と山本氏の教え子でもある横江諒(甲南高サッカー部顧問) 野洲高が日本一を達成した2005年度は、近畿大会優勝の草津東高が強かった年代だ。当時、野洲の監督を務めていた山本佳司(現甲南高教頭)が、「(野洲は)『サッカーでは絶対に負けたくない』という選手が多かった」と振り返るものの、新人戦、インターハイ予選共に涙を飲んでいた。しかし、山本がアドバイザーとして関わった同年のU-18滋賀県選抜チームは、岡山国体(9月)で草津東を中心としたGKと3バック、中盤よりも前は野洲の選手というメンバー構成で挑み、3位に入賞。これで確かな自信を得た野洲の選手たちは、全国高校選手権予選でも備えていた力を発揮する。準決勝では後半アディショナルタイムに追いつかれながらも、延長戦で草津東を下すと決勝でも北大津高を撃破し、2度目の選手権出場権を手にした。 ...

高校サッカー
野洲高
山本佳司
{by} web.gekisaka.jp
“セクシーフットボール”の深層(中)~夢を持ち続ける限り、夢は叶う~

野洲高の選手たちは歩みや学びを止めない。その代表格がMF乾貴士だ。(写真協力=高校サッカー年鑑) 山本佳司(現甲南高教頭)が就任6年目を迎えた2002年の野洲高は、初めて全国高校選手権に出場し、ベスト8まで進んだ。この年のエースは卒業後、柏へと進んだ中井昇吾。パスとドリブルを巧みに使い分け、相手ゴールに迫る155cmの小柄なテクニシャンで、当時1年生だった松尾元太(元・名古屋、現・大阪体育大監督)は、「とにかく上手くて、初めてこれほど高いレベルのサッカーを経験した。練習で緊張したのも、この時が初めて」と振り返る。 選手権での実績が評価され、翌2003年にはU-17日本代表のコーチも経験した山本だが、「選手にサッカーを教えようなんて思ったことは一度もない」とキッパリと言い切る。「サッカーは選手自身が学ぶものだ」「子どもたちの夢を育てるのが自分の仕事だと思っている。夢を持った志が高い子...

高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
“セクシーフットボール”の深層(上)~カッコいいの追求から始まった高校サッカー改革~

野洲高監督時代の山本佳司氏。(写真は05年度選手権決勝。写真協力=高校サッカー年鑑) この春、滋賀県の高校サッカー界に大きな動きがあった。野洲高監督時の2005年度にチームを全国高校サッカー選手権優勝へ導いた山本佳司氏が、甲南高に教頭として赴任した。新天地で新たな教員生活をスタートさせた山本氏のコメントと教え子の証言を交えながら、今だからこそ話せる野洲高の歴史と共に、17名ものJリーガーを輩出した育成方針について語ってもらった。 【カッコいいチームへの改革】 甲賀忍者と信楽焼で有名な甲賀市に位置する甲南高は、130年以上の歴史を持つ伝統校だ。のどかな雰囲気の最寄り駅を降りてすぐの同校に向かうと、玄関先で迎え入れてくれた山本は「俺がサッカー界から引退するみたいな雰囲気で書かんといてや。これからもサッカー界へのチャレンジは続けて行くから」と笑いながら、野洲高時代を振り返り始めた。...

野洲高
高校サッカー
{by} web.gekisaka.jp
元Jリーガーの監督からパワハラ 奈良、元部員が提訴

会見する元部員の保護者=29日午後、奈良市 奈良県立山辺高校サッカー部(奈良市)で元Jリーガーの興津(おきつ)大三監督(46)からパワハラを受け退部を余儀なくされたとして、元部員2人が興津氏と運営会社を相手取り、計1100万円の損害賠償を求める訴えを奈良地裁に起こした。10日付。 訴状によると、興津氏が監督を務める「ボスコヴィラサッカーアカデミー」(奈良市)は県立山辺高校と提携し、サッカー部と部員が生活する寮を管理運営している。平成29年4月に入学した元男子部員2人は、興津氏から暴言を浴びせられたり、他の部員の前で親の悪口を言われ続けたりして心身を疲弊。1人は適応障害を発症し、ともに退部を余儀なくされたとしている。 29日、奈良市内で記者会見した保護者は「息子はプロになりたいという思いをかなえるため、期待に胸を膨らませて入部した。サッカーに真剣に取り組んでいる子への裏切り行...

高校サッカー
立山辺高校
{by} www.sankei.com
迷わず志願したナンバー10。浦和ユースMF木下翼はプレッシャーも自らの力に

小さい頃から注目され続けてきた男は、追い込まれた状況すらも楽しんでしまうような、鋼のメンタルを既に持ち合わせているようだ。「小学生の時から期待されて、プレッシャーというのは掛け続けられていたと思うんですけど、そこで自分はプレッシャーに勝つ方法を身に付けてきていて、今はもうそういう状況も楽しみでしかないですし、メンタルは自分の特徴だと考えているので、そこは曲げないでいきたいです」。爽やかな笑顔の裏に秘められた強烈な闘志。浦和レッズユースのナンバー10。木下翼(3年)はやはり只者ではない。「練習が再開してから、最初の1、2週間は走り込みを結構やっていて、最近は徐々にポゼッションとかゲームに入ってきたので、やりたかったサッカーができるようになって嬉しいですけど、思った以上に体が動かなくてキツいです」。そう言って笑った表情に、改めて木下の“サッカー小僧”ぶりが透けて見える。「自分のプレーを表現し過...

浦和ユース
{by} web.gekisaka.jp
心に届いた指揮官のメッセージ。浦和ユースMF根岸恵汰は“当たり前のこと”を一番やれるキャプテンに

自分の中でも意外な指名ではあったものの、指揮官の熱いメッセージを受け取った時、すべてをこのエンブレムに捧げる覚悟は決まった。「『キャプテンをやって欲しい』と言われた時に、『オレでいいのかな』『こんな人間がキャプテンでいいのかな』って。でも、やっぱり選んでいただいたからには責任を持ってやらないといけないので、プレッシャーは相当ありますけど、最後は躊躇なくやらせてもらうことにしました」。浦和レッズユースのまとめ役。根岸恵汰(3年)は“当たり前のこと”を一番やれるキャプテンになるため、日々自身と向き合っている。昨シーズンの高円宮杯プレミアリーグEAST開幕戦。根岸はいきなりスタメンに抜擢され、プレミアデビューを飾ったものの、「ちょっと緊張してしまって、まったく自分のプレーを出せなかったです」と振り返るパフォーマンスの中、後半途中での交替を余儀なくされると、以降の試合ではベンチに入ることすらままな...

浦和ユース
{by} web.gekisaka.jp
京都U-18DF川島功奨は考える葦である。“古都のパスカル”が踏み入れる思索の向こう側

ここまで淀みなく、自身の想いを言語化できる高校生も珍しい。強気な発言が口を衝く反面、目立つのが好きではないという性格も一層興味を駆り立てる。「僕は今でもまだまだ成長していますし、自分でもその成長がわかるので、これでいいとか自分のラインを決めるんじゃなくて、行けるんだったら行ける所まで行ってやろうと思っているんです」。思い浮かんだフレーズは“古都のパスカル”。踏み入れていく思索の向こう側には、何が待っているのか。京都サンガF.C.U-18の理論家。川島功奨(3年)は考える葦である。もともと昨シーズンの開幕前はスタメン組に入っていなかったものの、先輩のケガもあって出番を得ると、高円宮杯プレミアリーグWESTでは第10節まで全試合にスタメンフル出場。少しU-17日本代表を意識するあまり、「自分で自分にプレッシャーを掛けていた所もあって、『空回りしていたな』という部分があったんですけどね」とは言い...

川島功奨
{by} web.gekisaka.jp
芽生え始めた確かな自信。京都U-18DF木邨優人は“格の違い”を見せ付けられる戦士へ

京都サンガF.C.U-18のグラディエーター、木邨優人(4番) 世代最高峰のステージで試合に出続けた経験は、自分の力を信じるに足る明確な後ろ盾として息衝いている。もっと大きく、もっと高く、羽ばたけると。「去年はほとんどの試合に出させてもらって、自分としては結構チームの活躍に貢献できたかなと考えていますし、今年はチームの中心としてやっていく中でも、“格の違い”を見せられる選手になって、プロの世界に入っていきたいなと思っています」。京都サンガF.C.U-18のグラディエーター。木邨優人(3年)はディフェンダーとして、“格の違い”を見せ付けられる戦士へ進化を遂げる。 威圧感すら漂わせる風貌とは対照的な、笑顔のかわいらしさが印象に残る。「練習が再開して最初の2週間は1時間ぐらいしかできなかったんですけど、ずっと1人でトレーニングとかしていたら、みんなとサッカーできひんのが違和感で、みんな...

高校サッカー
京都U-18
木邨優人
{by} web.gekisaka.jp