【選手権神奈川県予選】平塚学園DF飯塚洸貴(3年)_抜群の身体能力と強さ発揮。サイドの攻防、空中戦を制圧
{by} web.gekisaka.jp

 

[9.21 選手権神奈川県予選2回戦 星槎国際高湘南 2-2(PK6-7)平塚学園高 桐蔭学園G]

 2得点に絡んだMF富田卓海(3年)やPK戦で2本をストップしたGK鈴木健太(3年)らヒーローの多かった平塚学園高だが、特に貢献度が大きかったのが左SB飯塚洸貴(3年)だ。

 身長は170cmと小柄だが、落下地点の予測が速く、跳躍力もある飯塚はチームでエアバトルを担当。この日は相手の180cmFW相手に空中戦を制圧していた。加えて、井原康秀監督が称賛したのが、対人守備の強さだ。平塚学園はスピードに乗って攻め上がってくる星槎国際高湘南の右SB 内田碧空(3年)を警戒。内田は幾度か良い形でハイサイドへ切れ込もうとしていたが、飯塚がギリギリのところで足に当てたり、奪い取ったりしていた。

 前方の左SH富田卓海(3年)と協力しながら、相手がスピードを上げたところでカバーリングする形で相手の突破を封殺。井原監督は「あそこをやられたら嫌だったけれど、彼が相手の右サイドの攻撃を半減してくれた」と感謝し、飯塚も「あそこを止めれば攻撃パターンも減ると思ったので、自分的には良かったと思います」と微笑んでいた。

 元FWの左SBは攻撃力も発揮。積極的にドリブルで仕掛けるMF 及川秀虎(3年)を追い越す形でPAへ侵入したり、バイシクルシュートを放つなど攻撃面でも目立っていた。

 昨年は右SBとして出場し、今年は本職の左SB。もちろん課題もあるが、力のある印象のSBだ。本格的にサッカーを続けるのは高校まで。だからこそ、目の前の選手権予選への意気込みは強い。「もちろん守備を欠かさずに得点に絡めるように前に仕掛けて、仕掛けて、ヘディングも負けずに存在感を出せればいい」。今後続く強敵との戦いでも左サイドと空中戦で目の前の相手を打破し続ける。

関連ニュース
【第98回全国高校サッカー選手権秋田予選】秋田4強が24日に激突 決勝進出目指す

第98回全国高校サッカー選手権秋田予選準決勝が10月24日に行われ、秋田商、明桜、西目、秋田南が決勝進出をかけてソユースタジアム(八橋陸上競技場)で激突する。決勝は26日に同会場で行われる。 5連覇を狙う第1シード・プリンスリーグ東北所属の秋田商は昨年度準優勝の明桜との一戦に臨む。秋田南は第2シードの新屋撃破の西目と対戦する。 ▽第98回全国高校サッカー選手権秋田予選 準決勝 2019.10.2411:00秋田商(秋田)-明桜(秋田)2019.10.2413:30秋田南(秋田)-西目(秋田) 決勝 2019.10.2613:05...

第98回全国高校サッカー選手権
秋田予選
{by} koko-soccer.com
ユース取材ライター陣が推薦する選手権予選注目の11傑vol.2

土屋氏が注目するFW戸坂隼人(國學院久我山高) 「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第2回は(株)ジェイ・スポーツで『デイリーサッカーニュース Foot!』を担当する傍ら、東京都中心にユース年代のチーム、選手を取材する土屋雅史氏による11名です。 土屋雅史氏「今回の企画でも日頃から重点的に取材させていただいており、『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』でも取り上げる機会の多い東京でプレーしている選手に絞り、選手権予選のAブロック、Bブロック共にベスト8まで勝ち上がってきたチームの中から、11傑を選出しました。設けている縛りもいつも通りに“1チーム1名”と“過去にご紹介したことのない選手”。また、選手権予選という大会の性質を考えて、11人すべて3年生を選出しています。高校サッカーをプレーする選手...

第98回全国高校サッカー選手権都道府県予選
高校サッカー選手
{by} web.gekisaka.jp
【第98回全国高校サッカー選手権新潟予選】帝京長岡、北越、新潟明訓、日本文理が準決勝へ

第98回全国高校サッカー選手権新潟予選の準々決勝がは22日に行われ、プリンスリーグ北信越勢の帝京長岡、北越、新潟明訓と日本文理が準決勝進出を決めた。準決勝は26日に行われる。 昨年度全国8強で今年度プリンスリーグ北信越を初制覇した帝京長岡は新潟工に5-0で勝利。夏の全国出場校の北越は3-1で高田を撃破。4年ぶりの優勝を目指す新潟明訓は延長戦の末に5年ぶり2回目の全国を狙う開志学園JSCを退け4強入りを決めた。2年ぶりの王座奪還を目指す日本文理は3-1で新潟西に勝った。 ▽第98回全国高校サッカー選手権新潟予選 準決勝 2019.10.26 10:00 北越(新潟)- 帝京長岡(新潟)2019.10.26 13:30 新潟明訓(新潟)- 日本文理(新潟) 決勝 2019.11.10 12:15...

第98回全国高校サッカー選手権
新潟予選
{by} koko-soccer.com
ベトナム遠征実施のU-20全日本大学選抜メンバーに田部井涼、根本凌ら

全日本大学サッカー連盟はこのほど、10月30日よりベトナムで開催されるU-21国際サッカートーナメント2019に出場するU-20全日本大学選抜のメンバーを発表した。メンバーは大学2年生で編成。背番号10は法政大のMF田部井涼。7月3日の天皇杯2回戦の名古屋戦でゴールを決めた鹿屋体育大のFW根本凌も選ばれている。大会でU-20全日本大学選抜は、10月30日に韓国の漢陽大、11月1日にボスニア・ヘルツェゴビナのU-19FKサラエボ、同3日にU-21ベトナム代表とグループリーグで対戦。同5日に3位決定戦か決勝を戦う。▽監督李宇韺(専修大)▽GK1 坪井湧也(中央大2年=神戸U-18)12 櫻庭立樹(筑波大2年=札幌U-18)▽DF2 蓑田広大(法政大2年=青森山田高)3 岡庭愁人(明治大2年=FC東京U-18)4 中村勇太(東洋大2年=鹿島ユース)7 塩崎悠司(中央大2年=興國高)8 稲見哲行(...

U-20全日本大学選抜
{by} web.gekisaka.jp
高校サッカー、スタンドから十数人落下 試合後握手しようと、2人軽傷

20日午後2時ごろ、札幌市の厚別公園競技場で開催された高校サッカーの決勝後、スタンドの観客が選手と握手をしようと最下段の手すりに寄りかかったため折れ曲がり、十数人が落下し、市内の高校2年の男子生徒2人がけがをした。いずれも軽傷。 競技場を管理する札幌市によると、閉会式終了後、バックスタンド側で応援していた観客や保護者が、あいさつに来た選手と握手やハイタッチを交わそうと手を伸ばし、手すりに寄りかかった。その際に重みで幅約9メートルに渡りフィールド側に曲がり、観客は約1・3メートル下に落ちた。...

高校サッカー
{by} www.sankei.com
【第98回全国高校サッカー選手権山形予選】羽黒、山形中央などが準決勝へ

10月20日、第98回全国高校サッカー選手権山形予選の準々決勝が行われ、羽黒と山形中央、米沢中央、山形城北が4強入りを決めた。 今夏の全国総体に出場した大会3連覇を狙う羽黒は山口葉輝の2発などにより6-1で鶴岡東に勝った。3年ぶりの優勝を目指す山形中央は山形商に3-0で、6年ぶりの優勝を目指す総体予選3位の米沢中央は東海大山形を延長戦の末に3-2で下した。山形城北は今年度の総体予選準優勝で4年ぶりの王座奪還を狙う日大山形をPK戦の末に下し準決勝進出を決めた。 ▽第98回全国高校サッカー選手権山形予選 準々決勝 2019.10.20 羽黒(山形)6 - 1 鶴岡東(山形)2019.10.20 山形商(山形)0 - 3 山形中央(山形)2019.10.20 米沢中央(山形)3 - 2 東海大山形(山形)2019.10.20 山形城北(山形)0 - 0 PK 4 - 3 日大山形(山...

第98回全国高校サッカー選手権
山形予選
{by} koko-soccer.com
【選手権東京都Aブロック予選】東京3冠、全国制覇へ。國學院久我山は選手権予選も初戦でエースFW山本航生がゴール

[10.19 選手権東京都Aブロック予選2回戦 國學院久我山高 1-0 早稲田実高 駒沢2]「ああいうゴールは新チームが始まって以来獲り続けてきたゴールですし、反応して点を獲るというのは自分の持ち味の一つだと思うので、今日はそこが良かったです」。東京3冠を狙う國學院久我山高は関東予選、インターハイ予選同様に初戦でFW山本航生(3年)が決めた。國學院久我山はボールを支配し、多彩な仕掛けを見せる一方、早稲田実高の好守の前になかなか1点を奪うことができていなかった。それでもエースストライカーがさすがの得点感覚を発揮する。0-0の後半13分、FW戸坂隼人(3年)のシュートのこぼれ球に反応した山本が左足で押し込み、決勝点。山本は「こうやって選手権の初戦でまた点を獲れたのは自分でもホッとして自信にもなりましたし、ここから勢いをつけるためにも良かったと思います」とはにかんだ。山本は今年、いずれも優勝した...

選手権東京都Aブロック予選
{by} web.gekisaka.jp
【第98回全国高校サッカー選手権予選】北海が全国一番乗り!代表決定日一覧

第98回全国高校サッカー選手権予選が10月20日も全国各地で行われた。 北海道では早くも決勝が行われ、北海がFW湊琢登の決勝弾により札幌第一を1-0で下し11年ぶり10回目となる全国大会出場を決めた。本大会は12月30日に開幕し、冬の高校日本一を決める決勝は来年1月13日に行われる。代表決定日は以下の通り。 ■代表決定日一覧▽北海道・東北北海道予選:北海(11年ぶり10回目)青森県予選:11月16日岩手県予選:11月3日宮城県予選:11月3日秋田県予選:10月26日山形県予選:11月2日福島県予選:11月17日 ▽関東茨城県予選:11月17日栃木県予選:11月9日群馬県予選:11月24日埼玉県予選:11月17日千葉県予選:11月30日東京都A予選:11月16日東京都B予選:11月16日神奈川県予選:11月30日山梨県予選:11月9日 ▽東海・北信越新潟県予選:11月...

第98回全国高校サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
【第98回全国高校サッカー選手権鳥取予選】米子北、10連覇に王手!決勝で境と激突

10月20日、第98回全国高校サッカー選手権鳥取予選準決勝が布勢球技場で行われ、米子北と境が勝利し決勝進出を決めた。決勝は26日にバードスタジアムで行われる。 大会10連覇を目指すプリンスリーグ中国所属の米子北は鳥取城北に3-0で勝利。10年ぶり9回目の優勝を目指す境は5-0で鳥取東を下し優勝に王手をかけた。 ▽第98回全国高校サッカー選手権鳥取予選 準決勝 2019.10.20 11:00 米子北(鳥取) 3 - 0 鳥取城北(鳥取)2019.10.20 13:15 鳥取東(鳥取) 0 - 5 境(鳥取)...

全国高校サッカー選手権
鳥取予選
{by} koko-soccer.com
【第98回全国高校サッカー選手権青森予選】青森山田、野辺地西などが青森4強

10月19日、第98回全国高校サッカー選手権青森予選の県大会準々決勝が行われ、青森4強が決定した。準決勝は26日に実施される。 大会22連覇中の昨冬の全国覇者・青森山田が今大会初登場。Jクラブユースも参戦する高校年代の最高峰のリーグ、プレミアリーグEASTでも首位を走る青森山田は8-0で三本木農を下し次戦に駒を進めた。2年連続準優勝の野辺地西は八戸工大一に4-0で勝利し準々決勝を突破。総体予選3位の八戸学院光星は三沢商に1-0で、弘前実は総体4強の十和田工を4-0で下し4強入りを決めている。 1回戦2019.08.24 11:15 五所川原農林(青森) 5 - 1 三本木(青森)2019.08.24 11:15 八戸工大二(青森) 0 - 3 百石(青森)2019.08.24 11:15 六ヶ所 0 - 10 青森商(青森)2019.08...

全国高校サッカー選手権青森予選
{by} https://koko-soccer.com/