ニュース > 海外 > 本文
2019年8月18日 プレミアリーグ シェフィールド・ユナイテッドFC対クリスタル・パレス【予想とオッズ】
{by} jp.7msport.com

 

シェフィールド・ユナイテッドFC
試合前のテストマッチ6戦で4勝2敗を記録した。
最近5試合で計13ゴールを収め、攻撃力が安定してる。
プレミアリーグ初戦でハンディ勝となった。
プレミアリーグ初戦で1-1の引分けになり、パフォーマンスが極普通だ。
双方の最近5対戦でシェフィールド・ユナイテッドが2勝1分け2敗を記録した。


クリスタル・パレス
今季リーグ初戦でハンディ勝を収めた。
リーグ初戦でスコアレスドローに終わった。
今季リーグ前のテストマッチ8戦で1勝2分け5敗とうまくいかなかった。
最近2試合とも完封負けを喫し、攻撃陣に問題が生じた。
昨季リーグ戦で勝点49を積み上げ、12位になった。


概説
シェフィールド・ユナイテッドは昨季EFLチャンピオンシップで準優勝となり、プレミアリーグ昇格を決めた。チームはプレミアリーグ初戦で1-1の引分けとなり、良い競争力を見せた。クリスタル・パレスはリーグ初戦でスコアレスドローとなり、パフォーマンスが普通だ。ハンディキャップから見れば、ブックメーカーもクリスタル・パレスはに信頼を寄せていない。今回シェフィールド・ユナイテッドの勝利を予想する。

 

LIVE試合速報はこちらでご覧いただけます

 

もっと見る

 

関連ニュース
“コロナウィルス揶揄投稿”で物議のデレ・アリ…FAが処分を発表

トッテナムのデレ・アリがイングランドサッカー協会(FA)から処分を受けることになるようだ。 現在、中国を中心に極東で猛威を振るう新型コロナウィルス。これを受け、アジア人への差別行為が欧米で広がりを見せる中、イングランド代表MFアリは、先日に物議を醸しだす動画をソーシャルメディア(SNS)に投稿する。 そこには、「Corona whattttt」のキャプションとともに黒のマスクを着用したアリが映し出される。そして、空港内のラウンジにいたアジア系男性を撮影し、その後消毒液のボトルとともに「僕を捕まえたければウィルスはもっと素早くならなきゃね」との文言を投稿していた。 その後、問題の投稿は直ちに削除されるも、不謹慎極まりないこの動画へ非難が集まり、さらに一部では“人種差別的投稿”とまで見なされていた。これを受け、アリは中国のSNSを通じて謝罪を行ったが、FAからの処分を免れることはで...

プレミアリーグ
トッテナム
デレ・アリ
{by} www.goal.com
リヴァプール、リーグの連勝記録「18」に並ぶ…ウェストハムとの打ち合い制す

アレクサンダー・アーノルド(右)が2アシストの活躍 [写真]=Getty Images プレミアリーグ第27節が24日に行われ、FW南野拓実が所属するリヴァプールとウェストハムが対戦した。南野はベンチ入りを果たしたが、出場はなかった。 試合が動いたのは9分、ホームのリヴァプールはトレント・アレクサンダー・アーノルドが右からクロスを上げると、ジョルジニオ・ワイナルドゥムが難しい体勢から頭で合わせてネットを揺らした。しかし、アウェイのウェストハムは12分、右のコーナーキックからイッサ・ディオプがヘディング弾を沈め、試合を振り出しに戻した。 その後攻め立てるリヴァプールは、31分にアレクサンダー・アーノルドがエリアの外からゴールを狙うが、シュートは惜しくも枠の左横に外れる。39分には左からのCKにフィルジル・ファン・ダイクが合わせたが、ヘディングはクロスバーに阻まれた。 すると...

プレミアリーグ
南野拓実
リヴァプール
{by} www.soccer-king.jp
“踏みつけ”ロ・チェルソの退場見逃しはVARの人為的ミス…審判協会が認める

トッテナムのジオヴァニ・ロ・チェルソは退場を命じられるべきだったとプロ審判協会(PGMOL)が認めた。 22日に行われたプレミアリーグ第27節の2-1で終わったチェルシーとトッテナムの一戦で、再びビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)への議論が巻き起こる。この試合の後半開始早々、ロ・チェルソがセサル・アスピリクエタを踏みつけるような激しいチャージがあり、VARが介入したものの、偶発的なプレーであると結論付け、アルゼンチン代表MFへのお咎めはなく、同選手は試合終了までピッチに立っていた。 しかし、チェルシーのフランク・ランパード監督やサポーターはこの判定に納得できず。また、『BTスポーツ』の解説者であるジェイク・ハンフリー氏は『Twitter』で「VARのオフィシャルは間違った判断だと認め、ロ・チェルソは退場になるべきだった」と投稿するなど、この判定は物議を醸しだしている。 ...

トッテナム
ジオヴァニ・ロ・チェルソ
プレミアリーグ
{by} www.goal.com
監督の師弟対決はランパードに軍配…チェルシーが両エース欠くトッテナムを下す

22日、プレミアリーグ第27節が行われ、チェルシーとトッテナムが対戦した。 ホームのチェルシーは前線に、今季出場機会の少ないFWオリヴィエ・ジルーらを起用。一方FWハリー・ケインやFWソン・フンミンをケガで欠くトッテナムは、新加入のFWステーフェン・ベルフワインを1トップに起用する5-4-1のシステムで試合をスタートした。 試合が動いたのは15分。MFジョルジーニョのスルーパスに反応したジルーのシュートをGKウーゴ・ロリスがセーブすると、そのこぼれ球をMFロス・バークリーがダイレクトシュート。これがポストに直撃し、最後は跳ね返りを収めたジルーがハーフボレーでニアサイドに叩き込んだ。 ベルフワインやFWルーカス・モウラのスピードを生かしたカウンターに活路を見出そうとするトッテナムだが、両チームにゴールは生まれず、前半はこのまま1-0で折り返すこととなる。 すると後半開始早々の...

チェルシー
トッテナム
プレミアリーグ
{by} www.soccer-king.jp
セリエA、ユーヴェvsインテルなど5試合が無観客試合に…新型コロナの影響で

セリエAは27日、ユヴェントスとインテルの一戦も含めた週末のリーグ戦5試合を無観客試合で行うことを決定した。 セリエAはコロナウィルスの影響で、前節は6試合のうち4試合が延期に。ジュゼッペ・コンテ首相が「ベネト州とロンバルディア州で23日に予定されているすべてのスポーツイベントを中止する」と声明を発表する事態となっていた。 今節も延期となる可能性が伝えられていたが、無観客試合で開催されることが決定した。対象試合は、ユヴェントスvsインテル、ミランvsジェノア、ウディネーゼvsフィオレンティーナ、パルマvsSPAL、サッスオーロvsブレシアの5試合となっている。 なお、ユヴェントスとインテルは首位と3位の上位対決であり、注目の一戦であった。...

セリエA
ユヴェントス
インテル
コロナウィルス
{by} www.goal.com
アーセナルやアヤックスがまさかの敗退…マンU、インテルは16強進出/EL決勝T1回戦

ELラウンド32の15試合が行われた [写真]=Getty Images ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグの15試合が、26日から27日にかけて行われた。なお、奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)と長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)のセカンドレグは、嵐の影響で日本時間2月28日26時(29日2時)キックオフに延期となった。 昨季のファイナリスト・アーセナル(イングランド)は、ホームでオリンピアコス(ギリシャ)と対戦。オリンピアコスが53分に合計スコアを1-1にすると、試合は延長戦に突入。アーセナルは113分に一時リードを広げたが、試合終了間際の120分に失点。アウェイゴール差でオリンピアコスの16強進出が決まった。 昨季のチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝まで進出したアヤックス(オランダ)は、ホームでヘタフェ(スペイン)...

ヨーロッパリーグ
アヤックス
アーセナル
EL決勝T1回戦
{by} www.soccer-king.jp
FFP違反のマンC、スポーツ仲裁裁判所に控訴…2年間のCL出場禁止と罰金処分

マンチェスター・CがCASに控訴した [写真]=Getty Images マンチェスター・Cは、欧州サッカー連盟(UEFA)から科された2シーズンのUEFA主催大会への出場禁止と罰金処分について、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴したようだ。26日、イギリスメディア『スカイスポーツ』や同『BBC』などが報じた。 UEFAは14日、マンチェスター・Cが2012年から2016年にかけてUEFAに提出した損益報告書においてスポンサー収入の水増しを行い、「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に違反していた」ことを発表。同クラブに「2020-21、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)などUEFA主催大会への参加禁止」と「3000万ユーロ(約35億7000万円)の罰金」処分を科した。 かねてよりUEFAからFFP違反の調査を受けていたマンチェスター・Cは、処分につ...

マンチェスター・C
出場禁止
UEFA
{by} www.soccer-king.jp
リヨン、ホームでユヴェントスに先勝! 前半の1点を守り切って完封勝利

先制点を挙げたリヨンのトゥザール [写真]=Getty Images チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが26日に行われ、リヨン(フランス)とユヴェントス(イタリア)が対戦した。 こう着状態が続く中、最初に決定機を迎えたのはホームのリヨンだった。21分、左のコーナーキックからフセム・アワールが、インスイングの低くて速いボールを供給する。これにニアサイドでカール・トコ・エカンビが頭で合わせたが、シュートはクロスバーに直撃してゴールとはならなかった。 31分、リヨンが先制に成功する。ユヴェントスは直前のプレーで味方との接触で出血したマタイス・デ・リフトを応急処置で欠くと、リヨンは数的優位を生かして敵陣に押し込む。そして、アワールが左サイドを突破してエリア内に侵入。浮き球で折り返すと、最後はリュカ・トゥザールがジャンピングボレーで押し込んだ。 41分...

チャンピオンズリーグ
ファーストレグ
リヨン
ユヴェントス
{by} www.soccer-king.jp
鎌田大地、フランクフルトと2023年まで契約延長へ…ELで6ゴールが評価に

フランクフルトはMF鎌田大地との契約延長を望んでいるようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』などが伝えた。 鎌田は2017年にフランクフルトへと加入。今シーズンからチームの主力として定着し、ここまでは公式戦33試合に出場。中でも、ヨーロッパリーグでは6ゴールを記録するなど、欧州の舞台で強さを発揮している。 そんな鎌田とフランクフルトの契約は2021年まで。ブンデスリーガでのゴールがなかったため、契約延長交渉にはなかなか至らなかったが、ELでのハットトリックなどで交渉の地位を改善。契約延長へと向かうことになるようだ。 フランクフルトとしては鎌田の契約延長に楽観的で、2023年までの契約延長になると伝えられている。23歳の鎌田は順調にフランクフルトで成長を遂げており、今後もドイツでプレーすることになりそうだ。...

ブンデスリーガ
フランクフルト
鎌田大地
{by} www.goal.com
FIFA、“過密”カレンダー見直しへ「徹底的に話し合う」

国際サッカー連盟(FIFA)は26日、2023年に向けた計画『フットボールを真にグローバルなものへ』を公開し、国際試合カレンダーによって発生している過密日程の見直しを表明した。イギリス『BBC』が報じている。計画は4つのコア領域、11のゴールで構成。ジャンニ・インファンティーノ会長は「サッカーをあらゆるレベルで真にグローバル化することが、これからの数年間で追及すべき中心課題だ」と強調する。中でも筆頭に記されているのが、1つ目のコア領域「サッカーを規定するフレームワークの近代化」だ。そこでは「グローバルなアプローチで国際試合カレンダーを確認する」「移籍システムを改革する」「ポテンシャルを最適化するために試合の法則を分析する」「サッカーのステークホルダーを保護する仕組みを導入する」の4つのゴールが掲げられている。『BBC』が着目するのは1つ目の「グローバルなアプローチで国際試合カレンダーを確認...

FIFA
{by} web.gekisaka.jp