【第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選】本日開幕!18日から1次予選 総体優勝の西武台などは決勝Tから出場
{by} koko-soccer.com

冬の選手権をかけた第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選の1次予選が8月18日に開幕する。

 

 出場校は27のブロックに分かれてトーナメントを行い、1次予選免除校が待つ決勝トーナメント進出を目指す。1回戦は18日に開催され、続く2回戦は22日、ブロック決勝は25日に行われ、1次予選突破校が決定する。

 

 なお、令和元年度全国高校サッカーインターハイ(総体)埼玉予選優勝校の西武台、同準優勝の聖望学園など総体上位校やSリーグ参加校は決勝トーナメントからの登場となる。

 

▽第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選

 

関連ニュース
帝京長岡MF田中克幸は明治大に進む。 進路決定に悩んだ高校3年生の話。

進路――。それは誰もが悩むことだ。近い将来のことをまっすぐに考えるか、それともその先のステージを見据えて逆算していくか。十人十色、人それぞれであり、「正解」はその選択した者にしかわからないものである。 高校サッカーにおいてもそうだ。卒業してすぐにJリーグに進む者もいれば、海外へ渡る者、JFL以下のリーグを経由してプロを志す道もある。 高校生に多いパターンとして、大学進学を選ぶことが挙げられる。中にはプロからのオファーを受けながらも、近年レベルが高い大学サッカーを自ら選択する高校生も少なくない。今回紹介するのも、その一例だ。 青森山田を苦しめた背番号7の左足。 静岡学園の優勝で幕を閉じた第98回全国高校サッカー選手権大会。準決勝で高円宮杯プレミアリーグ王者・青森山田と激戦を演じた新潟県代表・帝京長岡は、FW晴山岬(町田ゼルビア)、MF谷内田哲平(京都サンガ)、DF吉田晴稀(愛...

高校サッカー
帝京長岡
田中克幸
{by} https://number.bunshun.jp
サッカー王国静岡、苦悩の20年史。 長谷部誠や内田篤人を輩出の一方で

藤枝東時代の長谷部誠。ちなみに10番を背負ったのは成岡翔という豪華な陣容だった。 今から25年ほど前、大学進学のために上京した筆者が出身地を答えると、「やっぱり、サッカーやってたの?」と、必ずといっていいほど聞かれたものだ。 そう、筆者は静岡県出身である。 実際に高校時代はサッカー部だったが、住んでいたところはむしろ野球が盛んな地域(母校は高校3年時に甲子園に出場した)。某サッカー漫画の舞台となったために他県の人には強豪と思われたが、その実、県大会出場が目標の弱小チームだった。 当然、静岡県民全員がサッカーをやっているはずもなく、そのステレオタイプ的なものの見方は、我々日本人が、ブラジル人はみんなサッカーが上手いと思っているのと似ているだろう。 なぜ、ブラジル人にそうしたイメージを持っているかといえば、我々がそれ以外にブラジルのことをよく知らないからだ。つまり...

サッカー王国静岡
高校サッカー
{by} https://number.bunshun.jp
新型肺炎の影響でデンチャレの中止が決定…日韓戦も延期へ

昨年のデンチャレで優勝した全日本選抜 全日本大学サッカー連盟(JUFA)は27日、3月3日から5日にかけて宮崎県宮崎市で開催を予定していた『第34回デンソーカップチャレンジサッカー宮崎大会』について、新型コロナウイルスの感染が拡大する現状を考慮し、中止することが決定したと発表した。 また、3月22日に柏の葉総合競技場で開催予定だった『DENSO CUP SOCCER 第17回大学日韓定期戦』および『DENSO CUP SOCCER 第1回大学日韓新人戦チャンピオンシップ』についても、日本と韓国の現状を鑑み、延期することが決定。今後の日程は未定となっている。...

JUFA
デンチャレ
新型肺炎
日韓戦
{by} web.gekisaka.jp
【JENESYS2019 青少年サッカー交流大会】U-17日本代表、7発圧勝発進

2月26日、U-17日本代表が出場するJENESYS2019 青少年サッカー交流大会が開幕し、日本は第1戦で鹿児島県高校選抜U-18と対戦、7-1で大勝した。 日本は27日の第2戦でU-19ラオス代表、28日の第3戦でU-17マレーシア代表と激突する。その後、29日に順位決定戦が行われる予定となっている。 ▽グループAU-17マレーシア代表 1-1(PK:2-3)U-19ラオス代表U-17日本代表 7-1 鹿児島県選抜U-18 ▽グループBU-18カンボジア代表 3-7 U-19東ティモール代表U-18ミャンマー代表 7-1 鹿児島ユナイテッドFC U-18...

U-17日本代表
JENESYS2019 青少年サッカー
{by} koko-soccer.com
アディダス社が女子中学生のチーム創設を支援、“女子サッカーデー”の3月8日より始動

日本サッカー協会(JFA)は25日、都内で「JFA 女子サッカーデー」の取り組みについての説明会を行った。 JFAは昨年5月の理事会で、国際女性デーである3月8日を「女子サッカーデー」に制定。今年は3月7日にU-20女子代表の日本対ドイツの試合を行い、8日には女性のサッカーミュージアム入場を無料にするなど、女子サッカーの普及、発展に向けたイベントを集中的に開催する。 この取り組みに賛同したアディダス ジャパン株式会社からは、国内の女子中学生年代のチーム創設を支援する「HER TEAM」プロジェクトが発表された。JFAが2018年度に集計した競技者登録データによると、日本の女子サッカー競技人口は13歳(中学1年生)を迎えると2割(約1000人)減少する。中学生年代の女子チーム数が全国的に不足していることが大きな要因として挙げられていて、日本女子サッカーの強化を進めるうえでも彼女たちが...

JFA 女子サッカーデー
{by} www.soccer-king.jp
国士舘大新入部員に流経柏MF大西、超大型DF望月ヘンリー、名門2クラブからは計5人が加入へ

関東大学リーグ1部へ復帰した国士舘大が、20年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、国士舘大)。プレミアリーグ勢の流通経済大柏高(千葉)でダイナミックな突破や高精度の右足など抜群の攻撃力を発揮していたMF大西悠介と推進力のあるMF小山開世が加入。また、三菱養和SCユース(東京)からU-18日本代表候補の超大型DF望月ヘンリー海輝が加わる。東京ヴェルディユースからは国体日本一を獲得しているストライカー、FW坂巻日向とオールラウンダーのMF山下柊飛、最前線で技巧を発揮していたMF天満恭平の実力派3選手が国士大へ。プレミアリーグ昇格の横浜F・マリノスユースからもU-17日本代表歴を持つMF岩井龍翔司(17年国体優勝)と10番MF粟飯原央統の両レフティーが進学する。加えて、全国高校選手権16強・日大藤沢高(神奈川)の攻撃の切り札、MF布方叶夢と、ともに2年時に選手権8強を経験してい...

関東大学リーグ1部
{by} web.gekisaka.jp
【京都高校サッカー新人大会】「より勝負に拘る」京都橘がパワフルな攻撃で京都共栄に完勝。2年連続5度目の頂点:京都

[2.23 令和元年度京都高校サッカー新人大会決勝 京都橘高 5-0 京都共栄高 サンガスタジアム]令和元年度京都高校サッカー新人大会は23日に決勝を行い、京都橘高と京都共栄高が対戦。FW木原励(1年)の2ゴールを含め、5得点を奪った京都橘が5-0で勝ち、2年連続5度目の優勝を飾った。サンガスタジアム by kyoceraで初の公式戦となった一戦は、「今年はより勝負に拘ることを徹底していきたい」(米澤一成監督)という京都橘に軍配が上がった。今年の京都橘は、小柄な技巧派が多く集いポゼッション志向が強かったここ数年と異なり、スタメンの半数近くを180cm近い選手が占めるフィジカルに長けた代だ。「今年は上手い選手が少ないので、僕の感覚を変えないといけないと思っていた。今までの橘のやりたいサッカーとは違う形で、彼らに寄り添いながら、徐々にサッカーらしくしたいと思う」と米澤監督が話すように、選手の特...

京都高校サッカー新人大会
{by} web.gekisaka.jp
英サッカー、ヘディング練習を制限 ユース年代で

イングランド・サッカー協会(FA)は24日、ユース年代の練習でヘディングを制限するガイドラインを発表した。11歳以下は原則禁止とし、12~18歳も最小限に抑えて段階的に増やすよう推奨している。試合中のヘディングは従来通り可能で、ルール変更はない。 昨年10月に英グラスゴー大が、元選手は認知症などを患う可能性が高いとの調査結果を発表した。FAは「ヘディングとの因果関係は証明されなかったが、どんなリスクも軽減するため」と新指針を導入した理由を説明した。欧州連盟(UEFA)も今後ガイドラインを発表する予定。〔ロンドン=共同〕...

イングランド・サッカー協会
ユース年代
ヘディング
{by} www.nikkei.com
内野流「感謝・人間力・メンタル」の育て方 興国高校 内野智章監督インタビュー

2020年2月、大阪府の興國高校で横浜F.マリノスへの仮契約が行われました。仮契約が決まった3名はいずれも高校2年生。同じ高校から、3人も同じJ1のチームと契約することは類を見ません。 この興国高校の監督が内野 智章監督です。 就任当時の2004年、サッカー部員はたったの12名だったといいます。2020年2月現在、引退した3年生も入れた部員数は270名。冬の選手権では初の大阪府優勝を勝ち取りました。ここ8年間で出したJリーガーの数は15名を超え、現在も数名の部員がJリーグの練習に参加しています。「2020年度の目標はJリーガーを5人出す」と話してくれた興国高校監督・内野智章監督にインタビューを行いました。 ▲右が内野監督 「富士山はエベレストの半分」 ーーー3人の入団内定、おめでとうございます。取材の中で、海外サッカーを意識している選手が多かったですが、興国高校サッ...

興国高校
内野智章監督
{by} www.juniorsoccer-news.com
【JENESYS2019 青少年サッカー交流大会】26日に開幕~最新メンバー・スケジュール

2月21日、日本サッカー協会(JFA)は外務省が推進する対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」に協力し、サッカーを通じて日本とASEAN諸国間のユース年代の交流促進を図る一環として、26日から29日にかけて「JENESYS2019 青少年サッカー交流大会」を開催することを発表した。 同大会は各国とも19歳以下の男子でチームを構成し、8チーム(ASEAN 4ヶ国:カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、東ティモールのU-17からU-19代表、U-17日本代表、鹿児島県選抜 U-18、鹿児島ユナイテッドFC U-18)を4チームの2グループに分けてリーグ戦を実施し、順位決定戦を行う。なお、各国代表チームは交流大会の他に視察や文化体験に参加する予定。 選手一覧 選手変更(2/23)原直生FW #9所属:湘南ベルマーレU-18理由:チーム事情のため 福田師王FW #9...

U-17日本代表
JENESYS2019
{by} koko-soccer.com