怪我でインハイ欠場のドリブラー、那覇西FW新垣有悟「次の大会で活躍するという思いは人一倍ある」
{by} web.gekisaka.jp

 

沖縄の名門・那覇西高が選手権での全国8強入りへ向けて再スタートを切った。FW新垣有悟(3年)は怪我のために地元開催のインターハイを欠場したドリブラー。欠場した悔しさを胸に冬への準備を始めているFWが、adidasのフットボールスパイク『X』の印象、また選手権への意気込みを語った。

―『X』を着用した感想を教えて下さい。
「ポイントがグラウンドに刺さって、切り返しの時にすぐに強く踏み込めるのでキレが上がるという感じがしました」

―今回は何故履いてみようと?
「久保(建英)選手とか、ドリブルの上手い選手が多く履いていて、軽いというのは知っていて、軽いスパイクがドリブルでは必要だと思ったので履いてみました」

―ドリブルが出しやすい?
「軽いし、ポイントが刺さるので、ドリブルの切り返しも動きの切り返しもキレが上がるので出しやすいですね」

―普段、スパイクを選ぶポイントは?
「軽さと履き心地で選んでいます。前の『X』は履きづらかったので止めたんですけれども、今回のモノは履きづらさがなくて、ポイントもよく刺さって感触も良かったので選択肢に入ってきました(微笑)」

―デザインについてはどうかな?
「結構好きな色で、格好良いと思います」

―やはり、ドリブラーにとっては踏み込みの部分は大事?
「スパイクによってポイントとか違っているんですけれども、ドリブルする場面で切り返しが大事で、切り返した後に滑ったりしたらチャンスが無駄になるので、動きやすくてなおかつ軽くて切り返ししやすいスパイクがドリブルする選手にとっては良いと思います」

―インターハイはメンバー外だった。
「県予選は入っていたんですけれども、その後に怪我をして外れてしまって、また復帰を目指してリハビリをしています」

―地元のインターハイで出たかったと思うが?
「中学校からの目標だったので悔しかったんですけれども、また次に向けて頑張ろうと思います」

―みんなのやっている姿を見てどう感じた?
「自分も出たいなと思ったし、でも陰からサポートすることで色々なことも分かったので次、チームが良い方向に向くように自分ができることを今からやっていきたいなと思っています」

―気づけたこととは?
「プレー以外の部分でも県外の強豪校とは差があって、挨拶、身だしなみとか、態度とかも強いチームはしっかりとしていて、まだ那覇西は技術面と生活面両方、県外の強豪校に比べたらできていないと思いました。でも、サッカーでは通用している部分もあったので、できていない部分と通用している部分を伸ばしてまた選手権に向けてやっていきたい」

―そこに自分が加わりたいという思い。
「見ていて悔しかったんですけれども、また選手権に向けて頑張ろうと決めました」

―自分が入ることで、どういう部分を加えたい?
「自分が戻ってきたらまず声がけとか、指示出すのは得意なので声かけて、あとは自分のプレースタイルがドリブルなので、ドリブルをどんどんしてチャンスメークしていきたい」

―他の選手とは違うモチベーションがある。
「インターハイに出れなかった分、次の大会で活躍するという思いは人一倍あるので、選手権に向けて頑張りたい」

―ベストだったらやれるという自信は?
「少しはあるんですけれども全国の強豪校はレベルが高いですし、今のままだったら全然通用しないと思うので、また今から練習していきたい」

―レベルアップさせたい部分は?
「止める・蹴るの基礎のところと、あとは自分の長所であるドリブルの部分でもっと磨きをかけて、試合に出た時にチャンスを作れれば良い」

―憧れの選手は?
「中島翔哉選手や左サイドから仕掛けてチャンスを作れる選手が良いですね」

―改めて選手権の目標を。
「県外に多く中学生が出る分、そういう大会で活躍していって沖縄の選手でもやれるんだということを証明しなければいけないという責任が自分たちにはある。あと、今まで応援してくれた人たちに感謝を表せる最後の大会なので、無駄にせずに沖縄県の誇りを持って全国ベスト8に入りたいと思います」

関連ニュース
【AFC U-16選手権予選2020予選】U-15日本代表、FW森本空斗がハット!U-15カンボジア代表に8-0で大勝

9月20日、U-15日本代表はAFC U-16選手権予選2020予選第2戦でU-15カンボジア代表と対戦し、8-0で大勝した。22日に日本は来年実施されるAFC U-16選手権2020出場を懸けてU-15マレーシア代表と激突する。 開始3分にFW森本空斗(サンフレッチェ広島ユース)のゴールで先制した日本は、その後も得点を重ね終わって見れば森本の3発などにより8-0で大勝し2連勝を飾った。 ▽先発GK:佐賀鉄生DF:鈴木吏玖、溝口修平、藤田崇弘、東廉太MF:北野颯太、大迫塁、福井太智、逢坂スィナFW:森本空斗、内藤大和 ▽控えGK:宮本流維、松原快晟DF:杉田隼、田代紘、池谷銀姿郎、植田悠太MF:山崎太新、楢原慶輝、坂井駿也、南野遥海FW:鈴木大翔 ▽交代61分福井太智 → 南野遥海67分北野颯太 → 山崎太新74分溝口修平 → 田代紘...

日本代表U-15
{by} https://koko-soccer.com/
【選手権神奈川県予選】平塚学園DF飯塚洸貴(3年)_抜群の身体能力と強さ発揮。サイドの攻防、空中戦を制圧

[9.21 選手権神奈川県予選2回戦 星槎国際高湘南 2-2(PK6-7)平塚学園高 桐蔭学園G]2得点に絡んだMF富田卓海(3年)やPK戦で2本をストップしたGK鈴木健太(3年)らヒーローの多かった平塚学園高だが、特に貢献度が大きかったのが左SB飯塚洸貴(3年)だ。身長は170cmと小柄だが、落下地点の予測が速く、跳躍力もある飯塚はチームでエアバトルを担当。この日は相手の180cmFW相手に空中戦を制圧していた。加えて、井原康秀監督が称賛したのが、対人守備の強さだ。平塚学園はスピードに乗って攻め上がってくる星槎国際高湘南の右SB 内田碧空(3年)を警戒。内田は幾度か良い形でハイサイドへ切れ込もうとしていたが、飯塚がギリギリのところで足に当てたり、奪い取ったりしていた。前方の左SH富田卓海(3年)と協力しながら、相手がスピードを上げたところでカバーリングする形で相手の突破を封殺。井原監督は...

選手権神奈川県予選
{by} web.gekisaka.jp
本田圭佑プロデュース育成組織が新中学一年生対象のセレクション開催、本田の高校時代チームメイトが監督

MF本田圭佑がプロデュースする日本国内の育成組織であるSOLTILO FC U-15が、20年度入団選手のセレクションを行う。対象は来春に中学1年生になるフィールドプレーヤーとゴールキーパー。 同クラブは“本田圭佑を超えろ!”を合言葉に2016年に設立。人工芝のフルコートがある千葉県幕張にあるZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAを拠点に活動を行っている。今季は千葉県リーグ2部で2位を決定し、1部との入れ替え戦に臨むことが決まっている。 監督は星稜高時代に本田とチームメイトだった込山和樹さん。大阪体育大を卒業後、当時JFLのツエーゲン金沢でプレー。現役引退後は母校の星稜高などで指導歴を積んだ。 セレクションは9月24日、10月12日、同15日、同19日にいずれもZOZOPARKで開催。詳細は公式サイトを参照。...

本田圭佑
{by} web.gekisaka.jp
【第98回全国高校サッカー選手権沖縄予選】沖縄予選は来月5日にスタート

冬の全国選手権出場権をかけた54チームが出場する第98回全国高校サッカー選手権沖縄予選の組み合わせが決定している。 大会は10月5日に開幕する。総体予選優勝の那覇西、同準優勝の西原などは3回戦からの登場となっている。大会連覇を狙う那覇西は昭和薬科と豊見城南の勝者と、西原は中部農林・中農高支と名護の勝者と対戦する。2年ぶりの王座奪還を狙う宜野湾は沖縄尚学と開邦の勝者と激突する。また、前回大会4強の前原、宮古なども3回戦から登場する。なお、決勝は11月9日にタピック県総13 ひやごんスタジアムで行われる。 ▽第98回全国高校サッカー選手権沖縄予選 1回戦 2019.10.05 首里東(沖縄) - 宮古総実・宮古工2019.10.05 知念(沖縄) - 向陽(沖縄)2019.10.05 八重商工・八重農林 - 美来工科(沖縄)2019.10.05 陽明(沖縄) - 南風原(沖縄)2019...

全国高校サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
【第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会】32校が出場の女子選手権 今年も兵庫県内で開催

9月20日、日本サッカー協会(JFA)は32校が出場する高校女子サッカー界の日本一を決める第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の大会概要を発表した。組み合わせ抽選会は11月24日に行われる。 冬の女王の座をかけた戦いが今年も兵庫県内で行われる。1回戦は来年1月3日に開催。2回戦は4日、準々決勝は6日に行われ、7日の準決勝を経て12日に決勝がノエビアスタジアム神戸で行われる。 ▽大会スケジュール■1回戦:1月3日(金)■2回戦:1月4日(土) ■準々決勝:1月6日(月)■準決勝:1月7日(火)■決勝:1月12日(日)...

高校女子サッカー
女子サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
【第98回全国高校サッカー選手権福岡予選】全国制覇3度を誇る東福岡が1位 選手権出場回数ランク

高校年代最高峰のリーグ、プレミアリーグWEST所属の東福岡など24校が出場する第98回全国高校サッカー選手権福岡2次予選が10月19日に開幕する。 県内の選手権回数ランキングトップは長友佑都(ガラタサライ)、本山雅志(ギラヴァンツ北九州)ら名選手を多く輩出してきた全国制覇3回を誇る東福岡。1997年には公式戦52戦無敗で高校3冠(全国総体、高円宮杯、選手権)を達成。今年度も優勝候補筆頭の同校は大会7連覇を目指す。2位には通算14回の東海大福岡(東海大五)が位置している。 ▽選手権出場回数ランキング1位:20回東福岡2位:14回東海大福岡(東海大五)3位:5回福岡商4位:3回山田(山田中学)5位:2回筑陽学園、九州国際大付、豊国学園(門司工)8位:1回福岡大大濠、伝習館、嘉穂(嘉穂中学)...

全国高校サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
2019年度 第98回全国高等学校サッカー選手権大会(高校選手権) 全国大会12/30開幕!

12月30日から行われる「第98回全日本高等学校サッカー選手権大会 全国大会」の結果をお知らせする予定です。組み合わせ抽選会は、2019年11月18日に行われます! <日程>2019年12月30日(月)~2020年1月13日(月) <会場>開会式:駒沢陸上競技場準決勝・決勝:埼玉スタジアム2002 <大会概要>主催(公財)日本サッカー協会、(公財)全国高等学校体育連盟、民間放送43社 参加チーム数本大会は46道府県代表各1チーム、加盟校数が最も多い東京都代表2チームの計48チームによって行う。 大会形式トーナメント方式により優勝以下第3位までを決定する。但し第3位決定戦は行わない。 2019年度地区予選北海道北海道10/12開幕、代表決定10/20 東北エリア秋田県10/5開幕、代表決定10/26岩手県10/4開幕、代表決定11/4青森県2次予選10/12開幕決勝11/...

全国高校サッカー選手権大会
{by} www.juniorsoccer-news.com
【第98回全国高校サッカー選手権山形予選】選手権山形予選の組み合わせが決まる 羽黒など42チームが熱戦

9月18日、42チーム参加の第98回全国高校サッカー選手権山形予選の組み合わせ抽選会が山形東高講堂で行われ、対戦カードが決まった。 今夏の全国総体に出場した大会3連覇を狙う羽黒や今年度の総体予選準優勝で4年ぶりの王座奪還を狙う日大山形、3年ぶりの優勝を目指す山形中央などが頂点を目指して熱戦を展開する。羽黒は創学館と新庄神室産の勝者と、日大山形は酒田東と山形工の勝者と2回戦で激突する。また、山形中央も2回戦からの登場となり初戦で新庄東と対戦する。 大会は10月12日に開幕。県代表が決まる決勝は11月2日に天童市のNDソフトスタジアム山形で行われる。 ▽第98回全国高校サッカー選手権山形予選 1回戦 2019.10.12 創学館 - 新庄神室産(山形)2019.10.12 長井工(山形) - 新庄北(山形)2019.10.12 上山明新館(山形) - 山形東(山形)2019.10....

全国高校サッカー選手権
{by} koko-soccer.com
【第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選】武南、市立浦和が優勝回数トップ 優勝回数ランク

冬の選手権をかけた第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選の決勝トーナメントの組み合わせが決まり、来月から1次予選を勝ち抜いた27校と令和元年度全国高校サッカーインターハイ(総体)埼玉予選優勝校の西武台、同準優勝の聖望学園など総体上位校やSリーグ参加校を合わせた52校が冬の全国を目指して熱戦を展開する。 埼玉予選の優勝回数ランキングは全国大会優勝を4回経験している市立浦和と全国を1回制覇している武南がトップで並んでいる。市立浦和は2013年度の第92回全国高校サッカー選手権に出場しており、6年ぶりの全国を目指す。今年度、令和元年度関東高校サッカー埼玉予選を制した古豪・武南はPK戦の末に盛岡商(岩手)に敗れ16強敗退となった2006年度の第85回大会を最後に全国から遠ざかっており、13年ぶりとなる夢の舞台を狙う。また、3位には前回大会覇者で大会連覇を狙う浦和南がランクイン。今月、85歳で死...

全国高校サッカー選手権
埼玉サッカー
{by} koko-soccer.com
【トレーニングキャンプ】U-17日本女子代表候補23人を発表 

9月18日、日本サッカー協会(JFA)は24日から27日まで静岡県内でトレーニングキャンプを行うU-17日本女子代表候補23人を発表した。今夏の全国総体を制した十文字(東京)からは4人が選出されている。発表されたメンバーは以下の通り。 ▽GK大矢内陽菜(聖和学園)野田明日香(十文字)竹下奏彩(大商学園) ▽DF杉澤海星(十文字)児玉耀(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18)百濃実結香(セレッソ大阪堺ガールズ)築地育(常葉橘)松本奈己(セレッソ大阪堺ガールズ)オモロジェバ英里香(暁星国際) ▽MF伊藤めぐみ(JFAアカデミー福島)渡部麗(JFAアカデミー福島)山崎愛海(INAC神戸レオンチーナ)松久栞南(十文字)高和芹夏(セレッソ大阪堺ガールズ)中山未咲(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)山田瑞穂(日ノ本学園)村田莉菜(十文字)渕上野乃佳(ジェフユナイテッド市原・...

U-17日本女子代表
{by} https://koko-soccer.com/